マニュアル キャンセル

Adobe Bridge でのファイルスタックの作成

  1. Bridge ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Bridge の新機能
    2. Bridge の必要システム構成
    3. Adobe Bridge ワークスペース
    4. Photo Downloader を使用した写真の読み込み
    5. Adobe Bridge を使用したコンテンツとアセットの整理
  3. アセットを使用した作業
    1. Bridge の Creative Cloud ライブラリ
    2. 出力ワークスペースで PDF コンタクトシートを作成
    3. Adobe Bridge でのファイルの表示と管理
    4. Adobe Bridge でのメタデータの処理
    5. Adobe Bridge のキャッシュの操作
    6. Adobe Bridge でのキーワードの使用
    7. Adobe Bridge の起動
    8. Adobe Bridge コンテンツパネルの表示の調整
    9. 画像のプレビューと撮影時刻の編集
    10. Adobe Bridge でのコレクションの使用
    11. Adobe Bridge でのファイルスタックの作成
    12. Adobe Bridge でのタスクの自動化
    13. Workflow Builder
    14. Adobe Bridge でのダイナミックメディアファイルのプレビュー
    15. Web ギャラリーと PDF の作成
    16. Bridge 共有キャッシュの操作
    17. メディアキャッシュの管理
  4. Bridge およびその他の Adobe アプリ
    1. Adobe Media Encoder の操作
    2. Adobe Premiere Pro の操作
  5. 書き出しと公開
    1. 書き出しパネルを使用したアセットの変換
    2. 画像を Adobe Stock に公開
    3. Adobe Portfolio にアセットを公開する
  6. ショートカットキー
    1. Adobe Bridge のショートカットキー
  7. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw 設定の管理
    2. 画像の回転、切り抜き、および調整
    3. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールを使用した画像の修復
    4. Camera Raw の円形フィルター
    5. Camera Raw での遠近法の自動補正
    6. パノラマの作成
    7. Camera Raw のプロセスバージョン
    8. Camera Raw での部分補正

 

スタックを使用すると、1 つのサムネールの下にファイルをグループ化することができます。あらゆる種類のファイルからスタックを作成できます。例えば、スタックを使用して、多くの画像ファイルを含むことが多い画像シーケンスを整理することができます。

注意:

Adobe Bridge のスタックは、画像のグループをレイヤーに変換してスマートオブジェクト内に格納する Photoshop の画像のスタックとは異なります。

単一のファイルに適用されるコマンドは、スタックにも適用されます。例えば、単一のファイルにラベルを付けるように、スタックにもラベルを付けることができます。展開されたスタックにコマンドを適用すると、スタック内のすべてのファイルに適用されます。表示が省略されているスタックに対して適用したコマンドは、スタックの一番上のファイルにのみ適用される(スタックの一番上のファイルのみ選択した場合)か、またはスタック内にあるすべてのファイルに適用されます(スタックの境界線をクリックしてスタック内のファイルをすべて選択した場合)。

スタックの初期設定の並べ替えの順序は、スタックが格納されているフォルダーの並べ替えの順序と同じになります。

コンテンツパネルの Adobe Bridge スタック(表示の省略時)。

展開されたスタック。

ファイルのスタックに関するチュートリアルについては、Conrad Chavez による Stacking and renaming files を参照してください。

ファイルスタックの作成

  1. スタックに含めるファイルを選択し、スタック/スタックにグループ化を選択します。最初に選択したファイルが、スタックのサムネールになります。スタック上に表示される数字は、スタック内のファイルの数を示します。

スタックの管理

  • スタックサムネールを変更するには、新しくサムネールにするファイルを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、スタック/スタックの最上位にプロモートを選択します。
  • 表示が省略されているスタックを展開するには、スタックの数字をクリックするか、スタック/スタックを開くを選択します。すべてのスタックを展開するには、スタック/すべてのスタックを展開を選択します。
  • 展開されているスタックの表示を省略するには、スタックの数字をクリックするか、スタック/スタックを閉じるを選択します。すべてのスタックの表示を省略するには、スタック/すべてのスタックを折りたたむ.を選択します。
  • スタックにファイルを追加するには、追加するファイルをスタックにドラッグします。

    注意:あるスタックを別のスタックに追加できますが、スタックを階層構造にすることはできません。追加されたスタック内のファイルは、既存のスタックのファイルと共にグループ化されます。

  • スタックからファイルを削除するには、スタックを展開し、スタックから外にファイルをドラッグします。スタックからすべてのファイルを削除するには、表示が省略されたスタックを選択し、スタック/スタックからグループ化解除を選択します。
  • 表示が省略されたスタック内のすべてのファイルを選択するには、スタックの境界線をクリックします。または、Alt キー(Windows)/ Control キー(Mac OS)を押しながら、スタックのサムネールをクリックします。

スタック内の画像のプレビュー

10 個以上の画像を含んだスタックでは、指定したフレームレートで画像をプレビュー(スクラブ)したり、オニオンスキンを有効にしたりできます。オニオンスキンを使用すると、先行するフレームや後続するフレームを、現在のフレーム上に半透明のオーバーレイとして表示できます。

  • スタックをプレビューするには、コンテンツパネルでスタック上にマウスポインターを置いてスライダーが表示されるまで待ち、「再生」をクリックするか、スライダーをドラッグします。「再生」ボタンまたはスライダーが表示されない場合は、Adobe Bridge ウィンドウの下部にあるサムネールのスライダーをドラッグしてサムネールのサイズを大きくします。
  • 再生フレームレートを設定するには、スタックを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、スタック/フレームレートメニューからフレームレートを選択します。
  • 初期設定のスタックの再生フレームレートを設定するには、再生環境設定のスタックの再生フレームレートメニューからフレームレートを選択します。
  • オニオンスキンを有効にするには、スタックを右クリック(Windows)または Control キーを押しながらクリック(Mac OS)し、スタック/オニオンスキンを有効化を選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン