Adobe Bridge の起動

システムで Bridge を起動して、Creative Cloud アプリから Bridge のファイルを参照する方法について説明します

Adobe Bridge は直接起動できるほか、任意のアドビ製品(After Effects、Captivate、Encore、Flash Professional、InCopy、InDesign、Illustrator、Photoshop および Premiere Pro)からも起動できます。

アドビ製品からの Adobe Bridge の起動

次のいずれかの操作を実行します。

  • ファイル参照またはファイルBridge で参照を選択します(選択可能な場合)。

    注意:After Effects または Adobe Premiere Pro でファイルBridge で参照を選択して Adobe Bridge を起動した場合、ファイルをダブルクリックすると、ネイティブのアプリケーションではなく、Adobe Bridge を参照している Creative Cloud アプリでファイルが開くか、読み込まれます。例えば、Adobe Premiere Pro でファイルBridge で参照を選択し、Photoshop ファイルをダブルクリックした場合は、ファイルは Photoshop で開かれるのではなく、Adobe Premiere Pro のプロジェクトパネルに追加されます。

  • アプリケーションバーで Adobe Bridge ボタン  を クリックします。

注意:

コンピューターに Bridge がインストールされていない場合は、「Bridge で参照」を選択すると、Creative Cloud デスクトップアプリが起動し、Bridge の最新バージョンをインストールできます。Bridge の最新バージョンがコンピューターにインストールされており、「Bridge で参照」オプションを選択すると Creative Cloud デスクトップアプリが起動される場合は、Adobe Bridge、および Bridge で参照する Adobe アプリケーションの両方をアンインストールして、アプリケーションを再インストールします。

Adobe Bridge から最後に開いたアドビ製品へ戻る

  1. ファイル[コンポーネント] に戻るを選択するか、アプリケーションバーにある [コンポーネント] に戻るボタン  をクリックします。

Adobe Bridge の直接起動

  • (Windows)スタートメニューのプログラムから Adobe Bridge を選択します。
  • (macOS)アプリケーション/Adobe Bridge フォルダーにある Adobe Bridge アイコンをダブルクリックします。

Adobe Bridge の自動起動

ログインするたびに Adobe Bridge を自動的にバックグラウンドで実行するように設定できます。Adobe Bridge をバックグラウンドで実行する場合、Adobe Bridge を使用するまでは必要なシステムリソースの量は抑えられています。

  1. ログイン時に自動的に起動するように Adobe Bridge を設定するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 初回に Adobe Bridge を起動したときに、ログイン時に Adobe Bridge を自動的に起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。

    • Adobe Bridge の環境設定ダイアログボックスの詳細設定パネルで、「ログイン時に Bridge を起動」を選択します。

    • (Windows)Adobe Bridge が開いているときに、システムトレイの Adobe Bridge アイコンを右クリックし、「ログイン時に Bridge を起動」を選択します。

Adobe Bridge の表示または非表示

(macOS)操作モードを切り替えるには、次のいずれかの操作を実行します。

  1. Dock 内の Adobe Bridge アイコンをクリックし、「表示」または「非表示」を選択します。
  2. Adobe Bridge をバックグラウンドで実行するには、Adobe Bridge で Adobe BridgeAdobe Bridge を非表示を選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン