マニュアル キャンセル

Adobe Bridge の起動

  1. Bridge ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Bridge の新機能
    2. Bridge の必要システム構成
    3. Adobe Bridge ワークスペース
    4. Photo Downloader を使用した写真の読み込み
    5. Adobe Bridge を使用したコンテンツとアセットの整理
  3. アセットを使用した作業
    1. Bridge の Creative Cloud ライブラリ
    2. 出力ワークスペースで PDF コンタクトシートを作成
    3. Adobe Bridge でのファイルの表示と管理
    4. Adobe Bridge でのメタデータの処理
    5. Adobe Bridge のキャッシュの操作
    6. Adobe Bridge でのキーワードの使用
    7. Adobe Bridge の起動
    8. Adobe Bridge コンテンツパネルの表示の調整
    9. 画像のプレビューと撮影時刻の編集
    10. Adobe Bridge でのコレクションの使用
    11. Adobe Bridge でのファイルスタックの作成
    12. Adobe Bridge でのタスクの自動化
    13. Workflow Builder
    14. Adobe Bridge でのダイナミックメディアファイルのプレビュー
    15. Web ギャラリーと PDF の作成
    16. Bridge 共有キャッシュの操作
    17. メディアキャッシュの管理
  4. Bridge およびその他の Adobe アプリ
    1. Adobe Media Encoder の操作
    2. Adobe Premiere Pro の操作
  5. 書き出しと公開
    1. 書き出しパネルを使用したアセットの変換
    2. 画像を Adobe Stock に公開
    3. Adobe Portfolio にアセットを公開する
  6. ショートカットキー
    1. Adobe Bridge のショートカットキー
  7. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw 設定の管理
    2. 画像の回転、切り抜き、および調整
    3. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールを使用した画像の修復
    4. Camera Raw の円形フィルター
    5. Camera Raw での遠近法の自動補正
    6. パノラマの作成
    7. Camera Raw のプロセスバージョン
    8. Camera Raw での部分補正

 

システムで Bridge を起動して、Creative Cloud アプリから Bridge のファイルを参照する方法について説明します

Adobe Bridge は直接起動できるほか、任意のアドビ製品(After Effects、Captivate、Encore、Flash Professional、InCopy、InDesign、Illustrator、Photoshop および Premiere Pro)からも起動できます。

アドビ製品からの Adobe Bridge の起動

次のいずれかの操作を実行します。

  • ファイル参照またはファイルBridge で参照を選択します(選択可能な場合)。

    注意:After Effects または Adobe Premiere Pro でファイルBridge で参照を選択して Adobe Bridge を起動した場合、ファイルをダブルクリックすると、ネイティブのアプリケーションではなく、Adobe Bridge を参照している Creative Cloud アプリでファイルが開くか、読み込まれます。例えば、Adobe Premiere Pro でファイルBridge で参照を選択し、Photoshop ファイルをダブルクリックした場合は、ファイルは Photoshop で開かれるのではなく、Adobe Premiere Pro のプロジェクトパネルに追加されます。

  • アプリケーションバーで Adobe Bridge ボタン  を クリックします。

注意:

コンピューターに Bridge がインストールされていない場合は、「Bridge で参照」を選択すると、Creative Cloud デスクトップアプリが起動し、Bridge の最新バージョンをインストールできます。Bridge の最新バージョンがコンピューターにインストールされており、「Bridge で参照」オプションを選択すると Creative Cloud デスクトップアプリが起動される場合は、Adobe Bridge、および Bridge で参照する Adobe アプリケーションの両方をアンインストールして、アプリケーションを再インストールします。

Adobe Bridge から最後に開いたアドビ製品へ戻る

  1. ファイル[コンポーネント] に戻るを選択するか、アプリケーションバーにある [コンポーネント] に戻るボタン  をクリックします。

Adobe Bridge の直接起動

  • (Windows)スタートメニューのプログラムから Adobe Bridge を選択します。
  • (macOS)アプリケーション/Adobe Bridge フォルダーにある Adobe Bridge アイコンをダブルクリックします。

Adobe Bridge の自動起動

ログインするたびに Adobe Bridge を自動的にバックグラウンドで実行するように設定できます。Adobe Bridge をバックグラウンドで実行する場合、Adobe Bridge を使用するまでは必要なシステムリソースの量は抑えられています。

  1. ログイン時に自動的に起動するように Adobe Bridge を設定するには、次のいずれかの操作を行います。
    • 初回に Adobe Bridge を起動したときに、ログイン時に Adobe Bridge を自動的に起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、「はい」をクリックします。

    • Adobe Bridge の環境設定ダイアログボックスの詳細設定パネルで、「ログイン時に Bridge を起動」を選択します。

    • (Windows)Adobe Bridge が開いているときに、システムトレイの Adobe Bridge アイコンを右クリックし、「ログイン時に Bridge を起動」を選択します。

Adobe Bridge の表示または非表示

(macOS)操作モードを切り替えるには、次のいずれかの操作を実行します。

  1. Dock 内の Adobe Bridge アイコンをクリックし、「表示」または「非表示」を選択します。
  2. Adobe Bridge をバックグラウンドで実行するには、Adobe Bridge で Adobe BridgeAdobe Bridge を非表示を選択します。
アドビのロゴ

アカウントにログイン