Bridge の書き出しパネルを使用して、サポートされているすべてのファイルタイプを画像ファイルとして書き出す方法について説明します。

Bridge の書き出しパネルで、ビデオ、PDF、画像などのアセットを変換し、画像ファイル形式として書き出すことができるようになりました。現在、Bridge では、変換後の画像形式として JPEG ファイル形式がサポートされています。

書き出しパネルにアクセスするには:

  1. メニューバーの「ウィンドウ」に移動します。
  2. 書き出しパネル」を選択します。
  3. 開かれた書き出しパネルの位置と幅を環境設定に従って調整します。書き出しパネルでは、「クイック書き出し」または「新規プリセットを作成」を選択して、書き出しプロセスを開始できます。
メニューバーの「ウィンドウ」オプションから書き出しパネルを選択
メニューバーの「ウィンドウ」から「書き出しパネル」を選択します。
Bridge の書き出しパネルでは、.jpeg 形式のアセットをディスクに書き出すことができます。
Bridge の書き出しパネルでは、.jpeg 形式のアセットをディスクに書き出すことができます。

アセットを書き出す方法

書き出しパネルを使用してアセットを jpeg ファイル形式に書き出すには、「クイック書き出し」または「新規プリセットを作成」を選択できます。

特殊書き出し

  1. コンテンツパネルから、書き出すアセットを選択し、次のいずれかの操作をおこないます。

    • コンテンツパネルから選択したアセットを、書き出しパネルの「クイック書き出し」オプションにドラッグ&ドロップします。
    Bridge のクイック書き出し
    Bridge のクイック書き出し
    • Ctrl キーを押しながらクリック(Mac)するか、右クリック(Win)して、コンテキストメニューを表示します。書き出し先/クイック書き出しを選択します。
    • ファイル(メニューバー)/書き出し先/クイック書き出しの順に選択します。
  2. 表示される書き出しダイアログで、プリセットの名前を入力し、保存オプション、画像形式、画像サイズメタデータの環境設定を設定します。

    保存オプション

    • 書き出し先:ドロップダウンオプションを展開して場所(オリジナルファイルの場所特定のフォルダー)を選択します。
    • 特定のフォルダー」オプションを選択した場合は、さらに「参照」フィールドを使用して、書き出されたファイルの場所を設定できます。
    • サブフォルダーに保存」チェックボックスをオンにし、名前を入力して、サブフォルダーの場所を指定します。
    • また、ドロップダウンからオプション(たとえば、「一意のファイル名を作成」、「既存のファイルを上書き」、「ファイルをスキップ」など)を選択して、競合を管理することもできます。
    保存オプション

    画像形式

    • 形式:このオプションを使用して、書き出しの形式を選択します。現時点で、Bridge は JPEG のみをサポートしています。
    • 画質:スライダーを使用して、書き出しの画質を設定します。値は 1(最低画質)から 12(最高画質)まで変更できます。
    画像形式オプション

    画像サイズ

    • 拡大・縮小:「拡大・縮小」を選択して、「画像」フィールドの拡大・縮小率を設定します。
    • 最大エッジに収まるように制限:このオプションを選択して、ピクセル数で測定される「寸法」フィールドを設定します。
    • 画像補間方式画像補間方式(「バイリニア法」、「バイキュービック法」(滑らかなグラデーションに最適)、「バイキュービック法(シャープ)」(縮小に最適))のいずれかを選択します。
    画像サイズオプション

    メタデータ

    オリジナルのメタデータを含める:ファイルに関連付けられているメタデータから、維持するメタデータを選択するには、このチェックボックスをオンにし、ドロップダウンメニューを使用します。書き出されたファイルから、場所固有のメタデータを削除する場合は、「場所情報を削除」チェックボックスをオンにします。

    メタデータテンプレートを適用:このチェックボックスをオンにし、次のいずれかのフィールドから選択します。

    • 名前:名前ドロップダウンから、利用可能なメタデータを選択します。
    • メソッド:メソッド(「メタデータを追加」または「メタデータを置き換え」)を選択します。
    • 追加キーワード(セミコロン区切り):書き出すファイルに追加キーワードを追加するには、このフィールドを使用します。

    メタデータテンプレートの適用について詳しくは、「メタデータテンプレートの操作」を参照してください。

    メタデータオプション
  3. 書き出しダイアログ内で、または書き出しパネルの下部から、「書き出しを開始」をクリックすると、書き出しプロセスが開始されます。

プリセットの新規作成

よく使用する書き出し設定を含んだカスタムプリセットを作成し、後で簡単にアクセスできるように保存できます。

新規プリセットを作成するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • 書き出しパネルで、「新規プリセットを作成」オプションをクリックします。
  • 書き出しパネルの下部から、プリセットを追加()アイコンをクリックします。
  • 書き出しパネルで Ctrl キーを押しながらクリック(Mac)するか、右クリック(Win)して、コンテキストメニューを表示します。「新規プリセットを作成」を選択します。

クイック書き出し」(手順 2~3)の場合と同様に、「新規プリセットを作成」ダイアログが開いたら、プリセットの名前を入力し、保存オプション、画像形式、画像サイズ、メタデータの環境設定を設定できます。「新規プリセットを作成」ダイアログで「保存」ボタンをクリックしてプリセットを保存し、そのプリセットが書き出しパネルに表示されることを確認します。

プリセットの新規作成パネル
アセットの書き出しのために新規プリセットを作成します。

書き出しプリセットの編集

書き出しパネルで、Ctrl キーを押しながらクリック(Mac)するか、右クリック(Win)して、コンテキストメニューオプションを表示します。

  • 複製:書き出しプリセットを複製し、最低限の変更を加えたら、後で使用するために保存しておくことができます。
  • 名前変更:書き出しプリセットの名前を変更します。
  • 削除:書き出しプリセットを削除します。
  • 編集:書き出しプリセット内のすべての設定を編集し、後で使用するために保存します。

書き出しパネルの下部にある、プリセットを編集()アイコンをクリックして、書き出し設定を編集することもできます。必要に応じて、プリセットを削除()アイコンをクリックしてプリセットを削除します。

書き出しプリセットの編集

書き出しの進行状況の表示

保留中のジョブ、アクティブなジョブ、完了したジョブを含む書き出しジョブリスト全体を表示できます。

書き出しジョブの進行状況を確認するには、次の操作をおこないます。

1. 書き出しパネルの下部から、「進行状況を表示」をクリックします。

2. 開かれた書き出しの進行状況ダイアログボックスに、書き出しジョブの進行状況が表示されます。

3. ジョブリストを削除するには「クリア」をクリックし、進行状況ウィンドウを閉じるには「閉じる」をクリックします。

書き出しの進行状況ウィンドウ
書き出しジョブの進行状況を表示する書き出し進行状況ウィンドウ。

書き出しのキャンセル

書き出しの進行状況ダイアログボックスでは、選択したジョブステータスの横にあるキャンセル()アイコンをクリックすることで、いつでも書き出し処理を停止できます。進行状況ウィンドウを閉じるには、「閉じる」をクリックします。

書き出しジョブが完了した場合、キャンセル()アイコンをクリックしても、ジョブ情報がリストから削除されるだけで、書き出しプロセスには影響しません。

書き出しのキャンセル

書き出し環境の設定

書き出し環境を設定するには、次の操作をおこないます。

1. Adobe Bridge/環境設定/書き出し(Mac)または編集/環境設定/書き出し(Win)に移動します。

2. オプションパネルでは、書き出しの進行状況ダイアログボックスに表示される情報について、環境を設定できます。

  • ジョブリストに保存できる書き出しジョブの最大数:目的の値を手動で入力します。ジョブの進行状況ダイアログの場合、ジョブに関する詳細情報の最大数はデフォルトで最大値 100 になります。Bridge では、100 よりも古いジョブの詳細の履歴が削除されます。
  • 進行中の書き出しジョブの最大数:目的の値を手動で入力します。一度に 20 個の書き出しジョブをキューに保存することができます。
書き出しの環境設定

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー