マニュアル キャンセル

Workflow Builder

  1. Bridge ユーザーガイド
  2. はじめに
    1. Bridge の新機能
    2. Bridge の必要システム構成
    3. Adobe Bridge ワークスペース
    4. Photo Downloader を使用した写真の読み込み
    5. Adobe Bridge を使用したコンテンツとアセットの整理
  3. アセットを使用した作業
    1. Bridge の Creative Cloud ライブラリ
    2. 出力ワークスペースで PDF コンタクトシートを作成
    3. Adobe Bridge でのファイルの表示と管理
    4. Adobe Bridge でのメタデータの処理
    5. Adobe Bridge のキャッシュの操作
    6. Adobe Bridge でのキーワードの使用
    7. Adobe Bridge の起動
    8. Adobe Bridge コンテンツパネルの表示の調整
    9. 画像のプレビューと撮影時刻の編集
    10. Adobe Bridge でのコレクションの使用
    11. Adobe Bridge でのファイルスタックの作成
    12. Adobe Bridge でのタスクの自動化
    13. Workflow Builder
    14. Adobe Bridge でのダイナミックメディアファイルのプレビュー
    15. Web ギャラリーと PDF の作成
    16. Bridge 共有キャッシュの操作
    17. メディアキャッシュの管理
  4. Bridge およびその他の Adobe アプリ
    1. Adobe Media Encoder の操作
    2. Adobe Premiere Pro の操作
  5. 書き出しと公開
    1. 書き出しパネルを使用したアセットの変換
    2. 画像を Adobe Stock に公開
    3. Adobe Portfolio にアセットを公開する
  6. ショートカットキー
    1. Adobe Bridge のショートカットキー
    2. Adobe Bridge のキーボードショートカットパネル
  7. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw 設定の管理
    2. 画像の回転、切り抜き、および調整
    3. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールを使用した画像の修復
    4. Camera Raw の円形フィルター
    5. Camera Raw での遠近法の自動補正
    6. パノラマの作成
    7. Camera Raw のプロセスバージョン
    8. Camera Raw での部分補正
  8. トラブルシューティング
    1. 解決済みの問題
    2. 既知の問題

ワークフローワークスペースを使用して、様々なタスクを簡単に組み合わせ、繰り返し使用するための独自のワークフローを作成する方法を学習します。

ワークフローワークスペース

ワークフローワークスペースには、上部のアプリケーションバーからアクセスできます。Windows > ワークスペース > ワークフローに移動して、ワークフローワークスペースに切り替えることもでき ます。

ワークフローワークスペース

ワークスペースは、次のパネルで構成されています。

  • タスク一覧:ワークスペースの中央に表示されます。このスペースを使用して、目的のワークフローを構築するために必要なタスクを追加します。
  • ワークフローの詳細:ワークフローとそのタスクの詳細が、右側に表示されます。このパネルを使用して、ワークフロープリセットに名前を付けたり、出力先フォルダーを指定したり、タスク設定をカスタマイズしたりすることができます。
  • ワークフローパネル:左下にあるフィルターコレクションパネルの横に、ワークフローパネルが表示されます。  ここには、すべてのワークフロープリセットが表示されます。ワークフローパネルの下部に、「ワークフローを開始」と「進行状況を表示」オプションが表示されます。
  • コンテンツパネルが中央下に表示され、フォルダーお気に入りパネルが左上に表示されます。

ワークフローの構築

ワークフローの構築を開始するには、ワークフローワークスペースに切り替えます。ワークフローワークスペースは、初期設定、ライブラリなどのその他のワークスペースと同じく、アプリケーションバーに表示されます。また、ワークスペースに切り替えるには、 Windows > ワークスペース > ワークフローに移動することもでき ます。

新しいワークフローの作成

  1. 新規プリセットを作成するには、次のいずれかの操作をおこないます。

    • ワークフローパネルの「+」アイコンをクリックします。
    • ワークフローパネルで、「新しいワークフローを作成」オプションをクリックします。
    • ワークフローパネルで Ctrl キーを押しながらクリック(macOS)するか、右クリック(Win)して、コンテキストメニューを表示します。「新規プリセットを作成」を選択します。
    新しいワークフローを作成

    プリセットの新規作成

  2. My Workflow」という名前の新しいワークフロープリセットが作成され、ワークフローパネルに表示されます。

ワークフローへのタスクの追加

空白のワークフローを作成したら、必要なタスクを追加してワークフローに結合することができます。

  1. タスクを追加するには、次のいずれかの操作を行います。

    • タスク一覧」セクションの「タスクを追加」をクリックします。
    • タスク一覧」セクションの左下隅にある「+」アイコンをクリックします。
    タスクを追加

  2. 使用可能なタスクのリスト(「ファイル名をバッチで変更」、「形式を変更」、「サイズ変更」、メタデータを適用)からタスクを選択し、必要な順序でタスクを追加してワークフローを構築します。

ワークフローとタスクの詳細の指定

ワークフローの詳細」セクションでは、「ワークフロープリセット名」、「ワークフロー保存オプション」(出力先)を指定でき、選択したタスクごとに「タスクの詳細」を指定できます。

ワークフロープリセット名

  • プリセット名:ワークフロープリセットの名前を入力します。
ワークフロープリセット名

注意:

「保存」オプションを選択すると、既存のプリセットが上書きされます。ワークフローのコピーを作成する場合は、ワークフロープリセットを右クリックしてワークフロープリセットを複製してから、編集および保存します。 

 

ワークフロー保存オプション

  • 保存先:ドロップダウンオプションを展開して場所(元のファイルの場所または特定のフォルダー)を選択します。
  • 特定のフォルダー」オプションを選択した場合は、さらに「参照」フィールドを使用して、書き出されたファイルの場所を設定できます。
  • サブフォルダーに保存」チェックボックスをオンにし、名前を入力して、サブフォルダーの場所を指定します。
  • また、ドロップダウンからオプション(たとえば、「一意のファイル名を作成」、「既存のファイルを上書き」、「ファイルをスキップ」など)を選択して、競合を管理することもできます。
ワークフロー保存オプション

タスクの詳細

形式を変更

このオプションを使用して、ワークフローパネルで形式を変更します。Bridge は、JPEG、DNG、TIFF、PNG へのコンバージョンをサポートしています。

形式を変更

メタデータを適用:

  • オリジナルのメタデータを含める:ファイルに関連付けられているメタデータから、維持するメタデータを選択するには、このチェックボックスをオンにし、ドロップダウンメニューを使用します。
  • 保存されたファイルから、ロケーション固有のメタデータを削除する場合は、「位置情報を削除」チェックボックスをオンにします。
  • メタデータテンプレートを適用:このチェックボックスをオンにし、次のいずれかのフィールドから選択します。
    • 名前:名前ドロップダウンから、利用可能なメタデータを選択します。
    • メソッド:メソッド(「メタデータを追加」または「メタデータを置き換え」)を選択します。
    • 追加キーワード(セミコロン区切り):書き出すファイルに追加キーワードを追加するには、このフィールドを使用します。

メタデータテンプレートの適用について詳しくは、「メタデータテンプレートの操作」を参照してください。

メタデータを適用

サイズ変更:

このオプションは、JPEGPNG、および TIFF にのみ適用されます。

  • 拡大・縮小画像:このオプションを選択して、拡大・縮小率を設定します。
  • サイズを変更:アセットのサイズを変更し、ターゲットの長方形領域に合わせたり塗りつぶしたりして寸法を設定するには、このオプションを選択します。画像のサイズを変更するには 、長辺、 短辺 、または 幅と高さを使用 します。
    • フィット」を選択すると、「長辺」、「短辺」、または「幅/高さ」に合わせて、画像のサイズを変更できます。
      1. 長辺:画像のサイズを変更する前に、「範囲」および「解像度」を手動で変更できます。
      2. 短辺:画像のサイズを変更する前に、「範囲」および「解像度」を手動で変更できます。
      3. 幅/高さ:画像のサイズを変更する前に、「」、「高さ」、および「解像度」を手動で変更できます。「フィット」オプションとして「幅/高さ」を選択すると、ターゲットの長方形に合わせて画像のサイズが変更されます
    • 塗りつぶすを選択すると、幅と高さに基づいてサイズを変更できます。画像のサムネールを確認できます。各サムネールの下に画像の元のサイズと新しいサイズが示されます。
    • 画像の解像度はピクセル/インチまたはピクセル/cm で指定でき、寸法メトリックはピクセル/インチ/cm で指定できます。
  • 拡大しない: このオプションを選択すると、画像のサイズ変更の際に拡大されないようにできます。
  • 画像補間方式画像補間方式(「バイリニア法」、「バイキュービック法」(滑らかなグラデーションに最適)、「バイキュービック法(シャープ)」(縮小に最適))のいずれかを選択します。
サイズ変更:

ファイル名をバッチで変更

  • プリセット名:よく使用する命名方法に従って名前を変更するには、プリセットメニューからプリセットを選択します。重要:「ファイル名をバッチで変更」プリセットは、Workflow Builder で参照として使用されます。名前変更設定へのすべての変更は、ワークフローで選択する前に保存する必要があります。

    注意:
    • Workflow Builder 以外の場所で「ファイル名をバッチで変更」プリセットを変更して、そのプリセットがワークフローで参照される場合は、「ファイル名をバッチで変更」プリセットで実行した変更が適用されます。
    • Workflow Builder 以外の場所で「ファイル名をバッチで変更」プリセットを削除した場合は、ワークフローでのそのプリセットの参照は失われます。
  • 新しいファイル名:ファイル名メニューから要素を選択し、必要に応じてテキストを入力して、新しいファイル名を作成します。プラスアイコン(+)または削除アイコン( )をクリックして、要素を追加または削除します。
  • オプション:メタデータ内に元のファイル名を保持する場合は、「XMP メタデータ内で現在のファイル名を保持」を選択します。「互換性」で、名前を変更したファイルと互換性を持たせるオペレーティングシステムを 1 つ以上選択します。初期設定で現在のオペレーティングシステムが選択されており、この選択を解除することはできません。
注意:

ワークフローの詳細とタスクの詳細を入力し、ワークフロープリセットを保存すると、そのプリセットがワークフローパネルに表示され、いつでも使用できるようになります。

 

ファイル名をバッチで変更

ワークフローの実行

ワークフローの詳細とタスクの詳細を入力し、ワークフロープリセットを保存すると、そのプリセットがワークフローパネルに表示されます。

  1. ワークフローを開始するには、次のいずれかの操作を行います。

    • コンテンツパネルからワークフローパネルのプリセットに、選択したアセットをドラッグ&ドロップして、「ワークフローを開始
      」をクリックします。
    • コンテンツパネルでアセットを選択し、Ctrl キーを押しながらクリック(macOS)するか、右クリック(Windows)して、コンテキストメニューを表示します。「ワークフロー」を選択して、目的のプリセットを選択します
    • ファイルワークフローに移動して、目的のプリセットを選択します
    注意:

    ワークフロープリセットに変更を加えた後、その設定が保存されていない場合は、これらの変更を保存して操作を続行するか、変更を破棄して操作を続行するかどうかを確認するメッセージが表示されます。

     

     

ワークフローの進行状況の表示

保留中のジョブ、アクティブなジョブ、完了したジョブを含むワークフロージョブリスト全体を表示できます。 ワークフローの進行状況を確認するには、次の操作を行います。

  1. ワークフローパネルの下部で、「進行状況を表示」をクリックします。

    進行状況を表示

  2. ワークフローの進行状況ダイアログボックスに、ワークフロージョブの進行状況が表示されます。

    ワークフローの進行状況

  3. ジョブリストを削除するには「消去」をクリックします。進行状況ウィンドウを閉じるには「閉じる」をクリックします。

ワークフローのキャンセル

ワークフローをキャンセルするには、次の操作を行います。

  1. ワークフローパネルの下部で、「進行状況を表示」をクリックします。

    進行状況を表示

  2. ワークフローの進行状況ダイアログボックスでは、選択したジョブステータスの横にあるキャンセル()アイコンをクリックすることで、いつでもワークフロー処理を停止できます。

    ワークフローのキャンセル

ワークフローの環境設定

ワークフロー環境を設定するには、次の操作を行います。

  1. Adobe Bridge環境設定ワークフロー(masOS)または編集環境設定ワークフロー(Windows)に移動します

  2. オプションパネルでは、ワークフローの進行状況ダイアログボックスに表示される情報について、環境を設定できます。

    • ジョブリストに保持するワークフロージョブの最大数:必要な値を手動で入力します。ジョブの進行状況ダイアログの場合、ジョブに関する詳細情報の最大数はデフォルトで最大値 100 になります。Bridge では、100 よりも古いジョブの詳細の履歴が削除されます。
    • 進行中のワークフロージョブの最大数:必要な値を手動で入力します。一度に 20 個の書き出しジョブをキューに保存することができます。
    ワークフローの環境設定

サポートされている画像形式

形式を変更」タスクでは、次の画像形式がサポートされています。

JPEG

画質:スライダーを使用して、画質を設定します。値は 1(最低画質)から 12(最高画質)まで変更できます。

形式を変更 JPG

PNG

  • ビット深度:16 ビットまたは 8 ビット版
  • カラースペース:カラーマネジメントをおこなうほとんどのワークフローには、sRGB などのアドビが提供するテスト済みのプリセットカラー設定を使用することをお勧めします。要件に基づいてカラースペースオプションを選択します。
  • 透明部分を保持:画像の透明度を保持できます。
形式を変更 PNG

TIFF

  • 圧縮:TIFF として画像を書き出す場合、圧縮を選択してファイルを圧縮できます。
  • カラースペース:カラーマネジメントをおこなうほとんどのワークフローには、sRGB などのアドビが提供するテスト済みのプリセットカラー設定を使用することをお勧めします。要件に基づいて選択します。
  • ビット深度:コンポーネントあたり 8 ビットまたは 16 ビットの 2 つのスキームでカラー情報を保存できます。
  • 透明部分を保持:画像の透明度を保持できます。
形式を変更 TIFF

DNG

  • JPEG プレビュー:プレビューオプション(なし、中、フル)を選択できます。
  • 元の Raw ファイルを埋め込み:有効にすると、元の Raw ファイルを埋め込むことができます。
  • 元のファイルを削除:有効にすると、ファイル形式が正常に変更された後に、元のファイルが削除されます。
形式を変更 DNG

サンプルのワークフロープリセットを使用して実際のワークフロープリセットを表示

デフォルトでは、名前を変更、形式を変更、サイズを変更の名前が付いたサンプルのワークフロープリセットを使用できます。このワークフロープリセットをクリックして、詳細を表示します。

サンプルワークフロー

このプリセットを複製し、新しい名前を付けて保存して、オプションを調整することもできます。

プリセットを複製

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン