マニュアル キャンセル

Camera Raw での部分補正

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop と Adobe のサービス
    1. Photoshop と Adobe Stock
    2. Creative Cloud ライブラリ
    3. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    4. Photoshop での Touch Bar の使用
    5. Photoshop で Illustrator アートワークを作業する
    6. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
    7. グリッドとガイド
    8. アクションの作成
    9. 取り消しおよびヒストリー
    10. 初期設定のショートカットキー
    11. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. ドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. 画像サイズを編集する
    23. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    24. 修復ブラシで不具合を修正する
    25. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
    26. Camera Raw ファイルの操作
    27. スマートオブジェクトの作成と操作
    28. 覆い焼きと焼き込みを使用した画像の露出調整
  5. Photoshop web 版(ベータ版)
    1. よくある質問 | Photoshop web 版(ベータ版) 
    2. ワークスペースの概要
    3. 必要システム構成 | Photoshop web 版(ベータ版)
    4. キーボードショートカット | Photoshop web 版(ベータ版)
    5. サポートされるファイルの種類 | Photoshop Web ベータ版
    6. クラウドドキュメントを開いて操作する
    7. 関係者との共同作業
    8. クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用
  6. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
    9. アプリ内でファイルとコメントを共有する
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. ドキュメントの作成
    3. Photoshop での Touch Bar の使用
    4. Photoshop での Microsoft Dial のサポート
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 作品の手軽な配信
    13. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    14. 環境設定
    15. 初期設定のショートカットキー
    16. 定規
    17. プリントしないエクストラの表示または非表示
    18. 画像のコラムの指定
    19. 取り消しおよびヒストリー
    20. パネルとメニュー
    21. ファイルの配置
    22. スナップを使用した要素の配置
    23. ものさしツールを使用した配置
    24. プリセット
    25. キーボードショートカットのカスタマイズ
    26. グリッドとガイド
  8. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. デバイスプレビュー
    4. レイヤーから CSS をコピー
    5. Web ページのスライス
    6. スライスの HTML オプション
    7. スライスのレイアウトの変更
    8. Web グラフィックの使用
    9. Web フォトギャラリーの作成
  9. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  10. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  11. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  12. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  13. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  14. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  15. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  16. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. グラデーション補間
    14. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    15. ペンツールによる描画
    16. パターンの作成
    17. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    18. パスの管理
    19. パターンライブラリとプリセットの管理
    20. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    21. テクスチャブラシの作成
    22. ブラシへの動的な要素の追加
    23. グラデーション
    24. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    25. パターンによるペイント
    26. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  17. テキスト
    1. OpenType SVG フォントの操作
    2. 文字の書式設定
    3. 段落の書式設定
    4. テキスト効果の作成方法
    5. テキストの編集
    6. 行と文字の間隔
    7. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    8. フォント
    9. フォントのトラブルシューティング
    10. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    11. テキストの入力
    12. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
    13. アジア言語スクリプト用多言語対応コンポーザー
    14. Photoshop でのテキストの追加および編集方法
  18. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  19. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  20. 保存と書き出し
    1. Photoshop でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの書き出し
    3. サポートされているファイル形式
    4. グラフィック形式でのファイルの保存
    5. Photoshop と Illustrator 間でのデザインの移動
    6. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    7. PDF ファイルを保存
    8. Digimarc 著作権保護
  21. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  22. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  23. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正
  24. コンテンツ認証情報
    1. コンテンツ認証情報の詳細
    2. NFT の ID と来歴
    3. クリエイティブ属性のアカウントの接続
  25. 3D と技術的な画像の処理
    1. Photoshop の 3D 機能 | 廃止された 3D 機能に関するよくある質問
    2. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    3. 3D オブジェクトのプリント
    4. 3D ペイント
    5. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    6. 3D の基本概念とツール
    7. 3D レンダリングと保存
    8. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    9. 画像のスタック
    10. 3D ワークフロー
    11. 計測
    12. DICOM ファイル
    13. Photoshop と MATLAB
    14. 画像内のオブジェクトのカウント
    15. 3D オブジェクトの結合と変換
    16. 3D テクスチャ編集
    17. HDR の露光量とトーンの調整
    18. 3D パネルの設定

警告:次の記事は、Camera Raw バージョン 14.0(2021 年 10 月リリース)以降には適用されません。アプリを最新バージョンに更新し、「Camera Raw でのマスク」を参照して最新の部分補正ツールを利用してください。

部分補正について

Camera Raw の各種画像調整タブのコントロールを使用すると、写真全体のカラーとトーンを調整できます。写真の特定範囲に対する修正作業(覆い焼きや焼き込みなどの部分補正)をおこなうには、Camera Raw の補正ブラシツール 段階フィルターツール 、または円形フィルターツールを使用します。

補正ブラシツールでは、露光量、テクスチャ、明瞭度などの調整を、写真の特定範囲を「塗りつぶす」操作によって選択的に適用できます。

段階フィルターツールでは、写真内の特定領域全体にわたって、同じ種類の調整を段階的に適用できます。適用対象の範囲は、必要に応じて広くすることも、狭くすることもできます。

円形フィルターツールを使用すると、被写体の周囲に楕円形の領域を描画し、選択した領域の外側または内側のいずれかに選択的に調整を適用できます。詳細については、Camera Raw の円形フィルターを参照してください。

補正ブラシツールと段階フィルターツールの両方の部分補正を写真に適用できます。選択した複数の画像間で部分補正の設定を同期することや、使用頻度が高い効果をすぐに適用できるように部分補正プリセットを作成しておくこともできます。

Camera Raw の部分補正を適切におこなうには、多少の試行錯誤が必要です。まずツールを選択し、ツールのオプションを指定してから、写真に補正を適用するというワークフローをお勧めします。そうすれば、前に戻って補正オプションを変更したり、新しい補正を適用したりできます。

Camera Raw での他の調整と同じように、部分補正も元の写真には影響しません。調整によって元の写真が変更されることはありません。部分補正の内容は、Camera Raw 環境設定に応じて、XMP サイドカーファイルまたは Camera Raw データベース内に画像と共に保存されます。

Camera Raw の補正ブラシツールによる部分補正の適用

  1. ツールバーから補正ブラシツール  を選択します(または K キーを押します)。

    補正ブラシツールのオプションがヒストグラムの下に表示され、マスクモードが「新規」に設定されます。

  2. 補正ブラシツールオプションで調整の種類を選択し、必要に応じて効果のスライダーをドラッグします。

    注意:

    使用できる効果は、以下に示すように、プロセスバージョン(2012、2010、2003)によって異なります。写真を PV2012 に更新するには、画像プレビューの右下にある感嘆符のアイコンをクリックします。

    色温度

    画像の一部の領域の色温度を上下させて調整します。段階フィルターの色温度効果を使用すると、混光照明の下で撮影した画像を改善することができます。

    色かぶり補正

    グリーンまたはマゼンタの色合いを補正します。

     

    露光量

    全体的な画像の明るさを設定します。露光量を部分的に補正することで、従来の覆い焼きと焼き込みに似た効果が得られます。

    コントラスト

    画像のコントラストを調整します。中間調に大きな影響を与えます。 

    ハイライト

    画像内の露出過多のハイライト領域のディテールを復元します。

     

    シャドウ

    画像内の露出不足のシャドウ領域のディテールを復元します。

    白レベル

    写真内の白い点を補正します。

    黒レベル

    写真内の黒い点を補正します。

    テクスチャ

    写真のテクスチャの外観を強調または低減します。ディテールを滑らかにする場合はスライダーを左に、強調する場合は右に動かします。テクスチャスライダーを調整しても、カラーやトーンは変更されません。

    明瞭度

    明瞭度の設定では、部分的なコントラストを上げることにより画像に奥行きを出します。

    かすみの除去

    写真内の既存のかすみを増減させます。

    彩度

    カラーの鮮やかさや純度を変更します。

    シャープ

    写真のエッジを強調して詳細を鮮明にします。負の値を指定すると細部が不鮮明になります。

    ノイズリダクション

    シャドウ領域に発生しやすい輝度ノイズを軽減します。

    モアレ軽減

    モアレアーチファクト、つまりカラーエイリアシングを除去します。

    フリンジ軽減

    エッジのカラーフリンジを除去します。部分的なカラーフリンジの除去を参照してください。

    カラー

    選択した領域に色かぶり補正を適用します。効果名の右のカラーサンプルボックスをクリックしてカラーを選択します。

    注意:

    プラスアイコン(+)またはマイナスアイコン(-)をクリックすると、設定済みの単位で効果が増加または低下します。クリックを繰り返すと、より強い調整が選択されます。スライダーをダブルクリックすると、効果がゼロにリセットされます。

  3. 次のブラシオプションを指定します。

    サイズ

    ブラシ先端の直径をピクセル数で指定します。

    ぼかし

    ブラシストロークの硬さを指定します。

    流量

    調整を適用する速さを指定します。

    密度

    ストロークの透明度をコントロールします。

    自動マスク

    ブラシストロークを似た色の領域内のみに限定します。

    マスクを表示

    画像プレビュー内のマスクオーバーレイ表示をオンまたはオフにします。

  4. 補正ブラシツールを画像上で動かします。

    適用ポイントが十字カーソルで示されます。実線で表示された円は、ブラシサイズを示します。黒と白の破線で表示された円は、ぼかしの量を示します。

    注意:

    「ぼかし」の設定が 0 の場合、黒と白の円はブラシサイズを示します。ぼかしの量が非常に小さい場合は、実線で表示された円が見えないことがあります。

  5. 調整したい画像内の領域を、補正ブラシツールで塗りつぶします。

    マウスを放すと、ピンアイコン  が適用ポイントに表示されます。補正ブラシオプションで、マスクモードを「追加」に変更します。

  6. (オプション)次のいずれかの操作をおこない、フィルターを微調整します。
    • 画像内での効果をカスタマイズするには、補正ブラシオプションのいずれかの効果のスライダーをドラッグします。
    • ピンアイコンを非表示にするには、V キーを押します。
    • マスクオーバーレイの表示と非表示を切り替えるには、「マスクを表示」オプションを使用するか、Y キーを押すか、ポインターをピンアイコンに重ねます。
    注意:

    マスクオーバーレイの色をカスタマイズするには、「マスクを表示」オプションの横にあるカラースウォッチをクリックします。次に、カラーピッカーから新しい色を選択します。

    • 調整を部分的に取り消すには、補正ブラシオプションでマスクモードの「消去」をクリックし、補正した箇所を塗りつぶします。
    注意:

    現在の補正ブラシツールから様々な特性の消しゴムブラシを作成するには、部分補正の設定メニューボタン をクリックし、「消去のサイズを分ける」を選択します。次に、消しゴムのサイズ、ぼかし、流量、密度を指定します。

    • 調整を完全に取り除くには、ピンを選択して Delete キーを押します。
    • 最後におこなった調整を元に戻すには、Ctrl + Z キー(Windows)、または Command + Z キー(Mac OS)を押します。
    • 補正ブラシツールのすべての調整を削除してマスクモードを「新規」に設定するには、補正ブラシオプションの下部にある「すべて消去」をクリックします。
  7. (オプション)マスクモードの「新規」をクリックして、補正ブラシツールで別の調整を適用し、手順 6 のテクニックを使用して必要な微調整をおこないます。
    注意:

    補正ブラシツールで複数箇所の調整についての作業をおこなう場合は、マスクモードの「追加」をクリックしてそれらの間を切り替えます。ピンアイコンをクリックして調整箇所を選択し、微調整をおこないます。

Camera Raw の段階フィルターツールによる部分補正の適用

  1. ツールバーから段階フィルターツール  を選択します(または G キーを押します)。

    段階フィルターツールのオプションがヒストグラムの下に表示され、マスクモードが「新規」に設定されます。

  2. 段階フィルターオプションでおこなう調整の種類を選択し、次のいずれかの効果のスライダーをドラッグします。

    注意:

    使用できる効果は、以下に示すように、プロセスバージョン(2012、2010、2003)によって異なります。 写真を PV2012 に更新するには、画像プレビューの右下にある感嘆符のアイコンをクリックします。

    色温度

    画像の一部の領域の色温度を上下させて調整します。段階フィルターの色温度効果を使用すると、混光照明の下で撮影した画像を改善することができます。

    色かぶり補正

    グリーンまたはマゼンタの色合いを補正します。

    露光量

    全体的な画像の明るさを設定します。 露光量に段階フィルターを適用することで、従来の覆い焼きと焼き込みに似た効果が得られます。

    コントラスト

    画像のコントラストを調整します。中間調に大きな影響を与えます。

    ハイライト

    画像内の露出過多のハイライト領域のディテールを復元します。

    シャドウ

    画像内の露出不足のシャドウ領域のディテールを復元します。

    白レベル

    写真内の白い点を補正します。

    黒レベル

    写真内の黒い点を補正します。

    テクスチャ

    写真のテクスチャの外観を強調または低減します。ディテールを滑らかにする場合はスライダーを左に、強調する場合は右に動かします。テクスチャスライダーを調整しても、カラーやトーンは変更されません。

    明瞭度

    明瞭度の設定では、部分的なコントラストを上げることにより画像に奥行きを出します。

    かすみの除去

    写真内の既存のかすみを増減させます。

    彩度

    カラーの鮮やかさや純度を変更します。

    シャープ

    写真のエッジを強調して詳細を鮮明にします。負の値を指定すると細部が不鮮明になります。

    ノイズリダクション

    シャドウ領域に発生しやすい輝度ノイズを軽減します。

    モアレ軽減

    モアレアーチファクト、つまりカラーエイリアシングを除去します。

    フリンジ軽減

    エッジのカラーフリンジが除去されます。部分的なカラーフリンジの除去を参照してください。

    カラー

    選択した領域に色かぶり補正を適用します。効果名の右のカラーサンプルボックスをクリックしてカラーを選択します。

    注意:

    プラスアイコン(+)またはマイナスアイコン(-)をクリックすると、設定済みの単位で効果が増加または低下します。スライダーをダブルクリックすると、効果がゼロにリセットされます。

  3. 写真内をドラッグして、効果の範囲や向きを指定するグラデーションを作成します。

    フィルターは赤のドットおよび赤の破線から開始し、緑のドットおよび緑の破線まで適用されます。

    段階フィルターオプションで、マスクモードが「編集」に切り替わります。

  4. (オプション)次のいずれかの操作をおこない、フィルターを微調整します。
    • フィルターをカスタマイズするには、段階フィルターオプションのいずれかの効果のスライダーをドラッグします。
    • ガイドオーバーレイの表示と非表示を切り替えるには、「オーバーレイ」オプションをクリックします(または V キーを押します)。
    • 緑のドットまたは赤のドットをドラッグすると、効果の範囲を自由に拡大、縮小、回転できます。
    • 効果をシフトするには、白黒の破線をドラッグします。
    • 緑と白の破線または赤と白の破線上で、緑のドットまたは赤のドットに近い位置にポインターを置き、両方向の矢印を表示します。次に、効果をドラッグして範囲を拡大または縮小し、範囲の終了点を指定します。
    • 緑と白の破線または赤と白の破線上で、緑のドットまたは赤のドットから遠い位置にポインターを置き、カーブした両方向の矢印を表示します。次に、ドラッグして効果を回転させます。
    • フィルターを削除するには、Delete キーを押します。
    • 最後におこなった調整を元に戻すには、Ctrl + Z キー(Windows)、または Command + Z キー(Mac OS)を押します。
    • マスク」オプションを使用して、マスクの可視化を有効にします。または、「Y」を押して、マスク設定を切り替えます。
    • 段階フィルターツールのすべての調整を削除してマスクモードを「新規」に設定するには、段階フィルターオプションの下部にある「すべて消去」をクリックします。
  5. (オプション)マスクモードの「新規」をクリックして段階フィルターツールで別の効果を作成し、手順 4 のテクニックを使用して必要な微調整をおこないます。
    注意:

    段階フィルターツールの複数の効果を使用する場合は、緑のドットまたは赤のドットをクリックして各効果を選択し、微調整をおこないます。

ブラシコントロールを使用した段階フィルターのインスタンスの変更

ブラシコントロールを使用して段階フィルターのマスクを変更できます。マスクを追加した後、ブラシコントロールにアクセスするには、新規/編集の横にあるブラシオプションを選択します。または、段階フィルターインスタンスを選択した状態で、Shift + K キーを押します。

必要に応じて、+ ブラシおよび – ブラシを使用します。

ブラシコントロールのビデオでの説明については、Adobe Camera Raw のフィルターブラシを参照してください。

注意:

追加/削除機能は、Camera Raw 8.5 以降を使用している Photoshop CC ユーザーのみが使用できます。

カラー範囲マスク、輝度範囲マスク、奥行き範囲マスクを使用した部分補正の適用

Camera Raw 2018 年 10 月リリースのアップデート

カラー範囲マスク輝度範囲マスク奥行き範囲マスクコントロールを使用すると、写真上に正確なマスキング領域をすばやく作成して、部分補正を適用することができます。

まず、補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して、初期マスキング選択をすばやく作成します。 次に、色域セレクターを使用してマスク領域内のカラーをサンプリングするか、輝度範囲セレクターまたはスライダーを使用して選択マスクの輝度範囲の端点を設定するか、奥行き範囲セレクターまたはスライダーを使用して選択マスクの奥行き範囲の端点を設定することで、選択範囲を微調整します

深度範囲マスクを使用した選択範囲の微調整

注意:

奥行き範囲マスクは、深度マップ情報が埋め込まれている写真にのみ使用できます。これは、現時点では、iOS 付属のカメラアプリケーションのポートレイトモードを使用して Apple iPhone 7+、8+ および X、XS、XS MAX、および XR(サポートされている Apple iPhone のリストを参照)で撮影した HEIC 写真に制限されています。写真の深度情報がない場合は、範囲マスクドロップダウンリストで「深度」マスキングオプションが無効になっています。

補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して初期選択マスクを作成した後、選択の奥行き範囲に基づいてマスク領域を微調整できます。深度範囲マスキングを使用するには、次の手順に従います。

  1. Adobe Camera Raw で写真を開きます。

  2. Camera Raw ダイアログボックスのツールバーで、補正ブラシツール、段階フィルターツール、円形フィルターツールを選択します。次に、修正する写真の特定の領域に対して初期選択マスクを作成します。

    初期マスク
    写真全体をカバーする段階フィルターを使用して作成された初期マスク領域。

  3. 右側の補正パネルにあるツールオプションで、ドロップダウンリストから深度として範囲マスクタイプを選択します。デフォルトでは、範囲マスクは「なし」に設定されています(デフォルトでは無効)。

    深度範囲マスクコントロール

  4. マスク領域の奥行き範囲を選択するには、次の操作をおこないます。

    • 深度範囲スライダーを調整して、選択した深度範囲の端点を設定します。または、スポイトツール深さ範囲スライダーの上)を選択します。画像上の領域をクリックしてドラッグし、深度範囲を設定します。このツールを使用する際はより小さい領域を選択するようにし、特定の奥行き範囲に絞り込むことをお勧めします。
    • 滑らかさスライダーを使用して、選択した奥行き範囲の両端でフォールオフの滑らかさを調整します。
    注意:

    マスク領域をより正確に表示するには、Alt(Win)/Option(Mac)キー領域を押しながら奥行き範囲または滑らかさスライダーを動かし、写真上で白黒の可視化をおこないます。

  5. 深度マスクを表示」チェックボックスを選択して、写真の深度情報を白黒で表示します。 写真の白い部分は前景を表し、黒い部分は背景を表します。レッドのカラーは、深度と適用される部分補正の交差である、マスクされる実際の領域を示します。

    深度マップを表示
    「深度マップを表示」を選択して、写真の深度情報を表示します。

    マスク領域を微調整した後は、補正パネルで選択範囲を補正し、正確な写真編集をおこないます。

カラー範囲マスクの使用

補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して写真上に初期選択マスクを作成した後、マスク領域内でサンプリングしたカラーに基づいて選択マスクを微調整することができます。

  1. Adobe Camera Raw で写真を開きます。

    Camera Raw で編集する写真
    Camera Raw で編集する写真

  2. Camera Raw ダイアログボックスのツールバーから、補正ブラシツール、段階フィルターツール、または円形フィルターツールを選択します。次に、修正する写真の特定の領域に対して初期選択マスクを作成します。

    写真全体をカバーする段階フィルターを使用して作成された初期マスク領域
    写真全体をカバーする段階フィルターを使用して作成された初期マスク領域

  3. 右側の補正パネルにあるツールオプションで、ドロップダウンリストからカラーとして範囲マスクタイプを選択します。デフォルトでは、範囲マスクは「なし」に設定されています(デフォルトでは無効)。

  4. マスク領域内でカラーをサンプリングするには、(範囲マスクオプションの近くにある)スポイトを使用します。必要に応じて次のいずれかの操作をおこないます。

    • マスク領域内で単一のカラーをサンプリングするには、写真上の必要な場所でスポイトをクリックします。 
    • より正確なカラーを選択するには、調整する写真のカラーの周りの領域をクリックしてドラッグします。
    • 複数の選択肢からカラーをサンプリングするには、Shift キーを押しながら、単一の色を選択するか(Shift +クリック)または領域を選択します(Shift +クリック+ドラッグ)。最大 5 つのカラーサンプルを追加できます。
    写真の背景トーンをカバーするカラー範囲マスク。

  5. カラー範囲スライダーを調整して、選択したカラーの範囲を狭くしたり広げたりします。

    注意:

    マスク領域をより正確に表示するには、Alt(Win)/Option(Mac)キー領域を押しながらカラー範囲スライダーを動かし、写真上で白黒の可視化をおこないます。

    カラーサンプリングを終了するには、Esc キーを押すか、スポイト(範囲マスクオプションの近く)をクリックします。

    カラーマスクに適用された部分補正
    カラーマスクに適用された部分補正。「効果」メニューの「露出」、「ハイライト」、および「彩度」を下げて背景を暗くし、より目立たせます。

マスク領域を微調整した後で、選択的な補正をおこなって正確な写真編集を作成できるようになりました。

Adobe Camera Raw 10.1 以降を使用して、カラー範囲マスクのサンプルを削除できます。これをおこなうには、Alt(Windows の場合)/Option(Mac の場合)を押して、カラー範囲マスクサンプルをクリックします。

輝度範囲マスクの使用

補正ブラシまたは円形フィルター/段階フィルターを使用して写真上に初期選択マスクを作成した後、選択の輝度範囲に基づいてマスク領域を微調整できます。

  1. Adobe Camera Raw で写真を開きます。

  2. Camera Raw ダイアログボックスのツールバーから、補正ブラシツール、段階フィルターツール、または円形フィルターツールを選択します。次に、修正する写真の特定の領域に対して初期選択マスクを作成します。

    段階フィルターを使用して作成された初期マスク領域
    段階フィルターを使用して作成された初期マスク領域

  3. 右側の補正パネルにあるツールオプションで、ドロップダウンリストから輝度として範囲マスクタイプを選択します。デフォルトでは、範囲マスクは「なし」に設定されています。

    輝度範囲マスク
    輝度範囲マスクコントロール

    • 輝度範囲スライダーを調整して、選択した輝度範囲の端点を設定します。または、スポイトツール輝度範囲スライダーの上)を選択します。調整したい写真の領域をクリックしてドラッグします。小さな領域を選択することで、特定の輝度範囲に絞り込むことをお勧めします。
    • 滑らかさスライダーを使用して、選択した輝度範囲の両端でフォールオフが滑らかになる度合いを調整します。
    注意:

    マスク領域をより正確に表示するには、Alt(Win)/ Option(Mac)キー領域を押しながら輝度範囲または滑らかさスライダーを動かし、写真上で白黒の可視化をおこないます。

    輝度範囲マスクに適用された部分補正
    輝度範囲マスクに部分補正を適用します。

  4. 輝度マップを表示」チェックボックスを選択して、写真の輝度情報を白黒で表示します。赤い部分は、深度と適用される部分補正の交差である、マスクされる実際の領域を示します。

    輝度マップを表示
    「輝度マップを表示」を選択して、写真の輝度情報を表示します。

マスク領域を微調整した後で、選択的な補正をおこなって正確な写真編集を作成できます。

部分補正プリセットの保存と適用

部分補正をプリセットとして保存すると、同じ効果を他の画像にすばやく適用できます。部分補正プリセットの作成、選択および管理には、補正ブラシツールまたは段階フィルターツールのオプションで、Camera Raw 設定メニュー  を使用します。部分補正プリセットの適用には、補正ブラシツール  または段階フィルターツール  を使用します。

注意:

部分補正は、Camera Raw 画像プリセットを使用して保存できません。

  1. Camera Raw ダイアログボックスの、補正ブラシツールまたは段階フィルターツールのオプションで、Camera Raw 設定メニューボタン  をクリックします。その後、次のいずれかのコマンドを実行します。

    新規部分補正設定

    現在の部分補正効果の設定をプリセットとして保存します。名前を入力して、「OK」をクリックします。保存したプリセットは部分補正の設定メニューに表示され、Camera Raw で開く任意の画像に適用できます。

    削除「プリセット名」

    選択した部分補正プリセットを削除します。

    「プリセット名」を変更

    選択した部分補正プリセットの名前を変更します。名前を入力して、「OK」をクリックします。

    プリセット名

    補正ブラシツールまたは段階フィルターツールで、適用するプリセットとその設定を選択します。

セグメントを編集する際は、以下の点に注意してください。

  • 一度に複数の部分補正プリセットを選択することはできません。

  • 補正ブラシツールで部分補正プリセットを適用する際には、ブラシのサイズ、ぼかし、流量、密度など、ブラシの各種オプションをカスタマイズすることもできます。プリセットに設定した効果が、指定のブラシサイズに合わせて適用されます。

  • 部分補正プリセットは、適用後にも微調整できます。

  • 指定できる効果設定項目は、補正ブラシツールでも段階フィルターツールでも同じです。したがって、部分補正プリセット作成時にどちらのツールを使用したかに関係なく、どちらのツールにもプリセットを適用できます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン