Adobe Camera Raw 9.4 以降では、パノラマシーケンス内の DNG 画像ファイルを、素晴らしいパノラマ合成写真に結合することができます。結合した画像を生成する前に、パノラマをプレビューですばやく確認し、画像を調整することができます。

Adobe Camera Raw 11.0 以降では、(露光量オフセットが同じである)露光量がブラケットされた複数の画像をシングルステップで結合して、HDR パノラマを作成できます。結合した画像を生成する前に、作成される HDR パノラマをプレビューで確認し、画像を調整することができます。

Adobe Camera Raw を使用したパノラマの作成
Adobe Camera Raw を使用した素晴らしいパノラマの作成。

画像を結合してパノラマまたは HDR パノラマを作成

画像を結合してパノラマまたは HDR パノラマを作成するには、次の手順に従います。

  1. ファイル/開くを選択し、ソースの DNG 画像を選択します。Camera Raw ダイアログボックスで画像が開きます。

  2. Camera Raw ダイアログボックスの左側にあるフィルムストリップパネルで、結合する画像を選択します。フィルムストリップパネルですべての画像を選択するには、Ctrl(Win)/Control(Mac) + A キーを押します。

    Adobe Camera Raw ダイアログボックスのフィルムストリップパネル
    Adobe Camera Raw ダイアログボックスのフィルムストリップパネルで、目的の画像を選択します。
  3. フィルムストリップパネルで アイコンをクリックするか、パネルを右クリックして、次のいずれかの操作を行います。

    • 標準露光量の写真の場合は、「パノラマに結合」を選択するか、Ctrl(Win)/Control(Mac) + M キーを押して、パノラマに結合します。
    • 露光量がブラケットされた写真の場合は、「HDR パノラマに統合」を選択して、HDR パノラマに結合します。シングルステップの HDR パノラマ結合は、スマートプレビューと同時に使用はできません。
    パノラマの作成
    画像を結合してパノラマを作成

    次に、画像結合の進行状況バーを表示して、パノラマプレビューを生成できます。

  4. パノラマ統合プレビューHDR パノラマ統合プレビューダイアログボックスで、手動でレイアウト投影法を選択することができます。

    球面法球面内部にマッピングするように画像を整列および変換します。この投影モードは、非常にワイドなパノラマや複数行のパノラマに適しています。

    円筒法:円筒の内側にマッピングされているかのようにパノラマを投影します。この投影モードはワイドなパノラマで有効ですが、垂直線も真っ直ぐに保たれます。

    遠近法:フラットな表面にマッピングされているかのようにパノラマを投影します。このモードでは直線が真っ直ぐに保たれるため、構造写真に適しています。投影されたパノラマのエッジ近辺が大きく歪むため、このモードでは非常にワイドなパノラマには適していません。

  5. 境界線ワープスライダー設定(0~100)を使用してパノラマ/HDR パノラマをワープし、キャンバスを塗りつぶすことができます。結合した画像の境界線近くにある画像コンテンツを保持するために、この設定を使用します。この設定を使用しないと、切り抜きによって失われる可能性があります。スライダーを使用して、境界線ワープをどの程度適用するかを制御します。

    スライダー値が高いほど、パノラマの境界線が、取り囲んでいる長方形の枠により近づくように調整されます。

  6. パノラマのプレビュー中に、自動切り抜き設定を選択して、結合した画像の周りの不要な領域を削除します。パノラマ統合プレビューHDR パノラマ統合プレビューダイアログボックスで、結合した画像の合計数を表示することもできます。

    HDR パノラマ統合プレビュー
    結合した画像の合計数を表示してパノラマを作成
  7. 目的の設定を適用したら、プレビューダイアログボックスで「結合」をクリックします。

    結合の結果ダイアログボックスに、場所とファイル名を入力して、「保存」をクリックします。または、Alt キーを押しながら「結合」をクリックして、ソース画像と同じフォルダーに初期設定のファイル名でパノラマを保存します。

    注意:

    パノラマの生成後は、レイアウトの投影法設定と境界線ワープは編集できません。ただし、画像ワークフロー設定は編集できます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー