プロセスバージョンは、写真の補正とレンダリングをおこなうために Camera Raw で使用するテクノロジーです。使用するプロセスバージョンに応じて、「基本補正」タブの使用時および部分補正の実行時に利用できるオプションおよび設定が異なります。

プロセスバージョン 5

Camera Raw 11 で編集された新しい画像は、プロセスバージョン 5 を使用します。PV5 では、高 ISO レンダリングが改善され、低照度画像のシャドウに表示される場合があるパープルの色かぶりを除去しやすくなりました。また、PV5 には改善されたかすみの除去スライダーがあります。これにより、かすみの除去スライダーを左に移動することで、クリエイティブな理由によるかすみの追加も簡単にできます。

プロセスバージョン 4

Camera Raw 10 で初めて編集される画像には、プロセスバージョン 4 が使用されます。PV4 では、範囲マスク機能のサポートが追加され、画像ノイズをより適切に処理する自動マスクが改善されています。PV3(2012)画像は、自動マスク調整が適用されていない場合に、自動的に PV4 にアップグレードされます。

プロセスバージョン 3(2012)

Camera Raw 7 で初めて編集される画像には、プロセスバージョン 3 が使用されます。PV3 には、コントラストの強い画像に対応した新しいトーンコントロールおよびトーンマッピングのアルゴリズムが導入されています。PV3 を使用すると、基本補正パネルでハイライト、シャドウ、白レベル、黒レベル、露光量およびコントラストを調整できます。ホワイトバランス(色温度と色かぶり)、ハイライト、シャドウ、ノイズ、モアレに部分補正を適用することもできます。

 

プロセスバージョン 2(2010)

Camera Raw 6 で編集される画像には、初期設定で PV2 が使用されていました。PV2 では、以前のプロセスバージョン 1 に比べて、シャープさが増し、ノイズが軽減されています。

プロセスバージョン 1(2003)

Camera Raw 5.x 以前で使用されていたオリジナルの処理エンジンです。

以前のバージョンで編集されている写真を現在のプロセスバージョンに更新すると、新しいプロセスを利用できます。

写真を Camera Raw 10 のプロセス(PV4)に更新するには、次のいずれかの操作を実行します。

  • 画像プレビューの右下にある最新の処理に更新ボタン(感嘆符アイコン)をクリックします。
  • カメラキャリブレーション」タブで、処理バージョン 4(現在)を選択します。

写真に以前のプロセスバージョンを適用するには、「カメラキャリブレーション」タブで、処理
バージョン 3(2012)処理バージョン 2(2010)、または処理バージョン 1(2003)を選択します。