Adobe Creative Cloud の一部となっている Adobe Bridge を使用すると、印刷、Web およびビデオのコンテンツの作成に使用するアセットを整理できます。Adobe Bridge では、アドビ製品のネイティブファイル(PSD や PDF など)とアドビ製品以外のファイルに簡単にアクセスできます。必要に応じて、レイアウト、プロジェクトまたは作品にアセットをドラッグしたり、ファイルをプレビューしたりできます。また、メタデータ(ファイル情報)を追加できるため、ファイルの検索が容易になります。

ファイルの参照

Adobe Bridge では、画像、ページレイアウト、Adobe PDF およびダイナミックメディアファイルの表示、検索、並べ替え、フィルター処理、管理および操作ができます。ファイル名の変更、ファイルの移動と削除、メタデータの編集、画像の回転、バッチコマンドの実行も可能です。デジタルスチルカメラやビデオカメラから取り込んだファイルおよびデータを表示することもできます。ファイルの表示と管理を参照してください。

Camera Raw

Adobe Photoshop または Adobe Lightroom がインストールされている場合は、Adobe Bridge で Camera Raw ファイルを開いて保存できます。画像は、Photoshop や Lightroom を起動したり、ある画像から別の画像へ設定をコピーしたりしなくても、Camera Raw ダイアログボックスから直接編集できます。Photoshop がインストールされていない場合でも、Adobe Bridge で Camera Raw ファイルをプレビューできます。Camera Raw の紹介を参照してください。

カラーマネジメント

Adobe Bridge を使用して、カラーマネジメントされた Adobe Cloud コンポーネントのカラー設定を同期することができます。この同期によって、すべての Adobe Creative Cloud アプリで一貫したカラー表示を行えます。詳しくは、カラーの管理を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー