書き出しパネルを使用したアセットの変換

Bridge の書き出しパネルを使用して、サポートされているすべてのファイルタイプを画像ファイルとして書き出す方法について説明します。

Bridge の書き出しパネルで、ビデオ、PDF、画像などのアセットを変換し、画像ファイル形式として書き出すことができるようになりました。デフォルトでは、Bridge の初期設定および出力ワークスペースで作業する場合、書き出しパネルがフォーカスされます。

書き出しパネルにアクセスするには:

  1. メニューバーの「ウィンドウ」に移動します。

  2. ドロップダウンオプションから、書き出しパネルを選択します。

  3. 開かれた書き出しパネルの位置と幅を環境設定に従って調整します。書き出しパネルでは、「特殊書き出し」または「新規プリセットを作成」を選択して、書き出しプロセスを開始できます。

メニューバーの「ウィンドウ」オプションから書き出しパネルを選択
メニューバーの「ウィンドウ」から「書き出しパネル」を選択します。

Bridge の書き出しパネルでは、.jpeg 形式のアセットをディスクに書き出すことができます。
Bridge の書き出しパネルでは、さまざまな形式の画像のアセットをディスクに書き出すことができます。

アセットを書き出す方法

書き出しパネルを使用してファイルを書き出すには、「特殊書き出し」または「新規プリセットを作成」を選択できます。

特殊書き出し

  1. コンテンツパネルから、書き出すアセットを選択し、次のいずれかの操作をおこないます。

    • コンテンツパネルから選択したアセットを、書き出しパネルの「特殊書き出し」オプションにドラッグ&ドロップします。
    Bridge の特殊書き出し
    Bridge の特殊書き出し

    • Ctrl キーを押しながらクリック(Mac)するか、右クリック(Win)して、コンテキストメニューを表示します。書き出し先/特殊書き出しを選択します。
    • ファイル(メニューバー)/書き出し先/特殊書き出しの順に選択します。
  2. 表示される書き出しダイアログで、プリセットの名前を入力し、保存オプション、画像形式、画像サイズメタデータの環境設定を設定します。

    保存オプション:

    • 書き出し先:ドロップダウンオプションを展開して場所(オリジナルファイルの場所特定のフォルダー)を選択します。
    • 特定のフォルダー」オプションを選択した場合は、さらに「参照」フィールドを使用して、書き出されたファイルの場所を設定できます。
    • サブフォルダーに保存」チェックボックスをオンにし、名前を入力して、サブフォルダーの場所を指定します。
    • また、ドロップダウンからオプション(たとえば、「一意のファイル名を作成」、「既存のファイルを上書き」、「ファイルをスキップ」など)を選択して、競合を管理することもできます。
    保存オプション

    画像形式:書き出しパネルを使用して、このオプションから形式を選択します。Bridge は、JPEG、DNG、TIFF、PNG への書き出しをサポートしています。選択した形式に基づいて、さらに設定を選択できます。

    画像形式オプション

    画像サイズ:

    • 拡大・縮小:「拡大・縮小」を選択して、「画像」フィールドの拡大・縮小率を設定します。
    • サイズを変更:アセットのサイズを変更し、ターゲットの長方形領域に合わせたり塗りつぶしたりして寸法を設定するには、このオプションを選択します。 書き出しパネルの「長辺」、「短辺」、または「幅と高さ」に基づいて、画像のサイズを変更できます拡大しないオプションを有効にして、書き出し時に画像が拡大されないようにすることもできます。初期設定では、拡大しないは「合わせる」に対して有効、「塗りつぶす」に対して無効になっています。
      • 合わせるを選択すると、「長辺」、「短辺」、または「幅と高さ」に基づき、画像に合わせてサイズを変更できます。
        1. 長辺:画像を書き出す前に、寸法および解像度を手動で変更できます。
        2. 短辺:画像を書き出す前に、寸法および解像度を手動で変更できます。
        3. 幅と高さ:画像を書き出す前に、幅、高さ、および解像度を手動で変更できます。「合わせる」オプションとして「幅と高さ」を選択すると、ターゲットの長方形に合わせて画像のサイズが変更されます。
      • 塗りつぶすを選択すると、幅と高さに基づいてサイズを変更できます。また、「サイズを変更」の下に画像のサムネールを表示して、各サムネールの下に画像の元のサイズと新しいサイズを記載することもできます。
      • 画像の解像度はピクセル/インチまたはピクセル/cm で指定でき、寸法メトリックはピクセル/インチ/cm で指定できます。
    • 画像のプレビュー:サイズ変更オプションの横に画像のプレビューを表示して、「幅と高さ」オプションに適用した変更をすばやく確認することもできます。
    • 画像補間方式画像補間方式(「バイリニア法」、「バイキュービック法」(滑らかなグラデーションに最適)、「バイキュービック法(シャープ)」(縮小に最適))のいずれかを選択します。
    サイズを変更して合わせる
    サイズを変更して合わせる

    サイズを変更して塗りつぶす
    サイズを変更して塗りつぶす

    メタデータ:

    • オリジナルのメタデータを含める:ファイルに関連付けられているメタデータから、維持するメタデータを選択するには、このチェックボックスをオンにし、ドロップダウンメニューを使用します。
    • 書き出されたファイルから、場所固有のメタデータを削除する場合は、「場所情報を削除」チェックボックスをオンにします。
    • メタデータテンプレートを適用:このチェックボックスをオンにし、次のいずれかのフィールドから選択します。
    1. 名前:名前ドロップダウンから、利用可能なメタデータを選択します。
    2. メソッド:メソッド(「メタデータを追加」または「メタデータを置き換え」)を選択します。
    3. 追加キーワード(セミコロン区切り):書き出すファイルに追加キーワードを追加するには、このフィールドを使用します。

    メタデータテンプレートの適用について詳しくは、「メタデータテンプレートの操作」を参照してください。

    メタデータオプション

  3. 書き出しダイアログ内で、または書き出しパネルの下部から、「書き出しを開始」をクリックすると、書き出しプロセスが開始されます。

    書き出しの進行状況ウィンドウ

プリセットの新規作成

よく使用する書き出し設定を含んだカスタムプリセットを作成し、後で簡単にアクセスできるように保存できます。

新規プリセットを作成するには、次のいずれかの操作をおこないます。

  • 書き出しパネルで、「新規プリセットを作成」オプションをクリックします。
  • 書き出しパネルの下部から、プリセットを追加()アイコンをクリックします。
  • 書き出しパネルで Ctrl キーを押しながらクリック(Mac)するか、右クリック(Win)して、コンテキストメニューを表示します。「新規プリセットを作成」を選択します。

特殊書き出し」(手順 2~3)の場合と同様に、「新規プリセットを作成」ダイアログが開いたら、プリセットの名前を入力し、保存オプション、画像形式、画像サイズ、メタデータの環境設定を設定できます。「新規プリセットを作成」ダイアログで「保存」ボタンをクリックしてプリセットを保存し、そのプリセットが書き出しパネルに表示されることを確認します。

プリセットの新規作成パネル
アセットの書き出しのために新規プリセットを作成します。

書き出しプリセットの並べ替え

書き出しパネルでは、書き出しプリセットを簡単にドラッグし、好みの順序に並べることができます。これにより、簡単にアクセスできるようになります。プリセットの順序は、Bridge の初期設定またはカスタムのワークスペース全体において変更されません。また、プリセットの順序は、次回の Bridge の起動時において変更されません。初期設定では、新しいプリセットは書き出しパネルのプリセットリストの一番下に追加されます。

書き出しプリセットを並べ替え
書き出しプリセットの並べ替え

サポートされるイメージ形式

JPEG

画質:スライダーを使用して、書き出しの画質を設定します。値は 1(最低画質)から 12(最高画質)まで変更できます。

画像形式オプション

PNG

画像は PNG に書き出すことができ、PNG に書き出す前に次のオプションを設定できます。

  • ビット深度:16 ビットまたは 8 ビット版
  • カラースペース:カラーマネジメントをおこなうほとんどのワークフローには、sRGB などのアドビが提供するテスト済みのプリセットカラー設定を使用することをお勧めします。要件に基づいてカラースペースオプションを選択します。
  • 透明度を保存:画像の透明度を保持できます。
PNG 書き出し

TIFF

TIFF は、出版業界やグラフィックデザイナー、アーティスト、写真家などのクリエイティブなプロフェッショナルに人気のある形式です。TIFF に書き出す前に、次のオプションを構成できます。

  • 圧縮:TIFF で画像を書き出す場合、圧縮を選択してファイルを圧縮できます。
  • カラースペース:カラーマネジメントをおこなうほとんどのワークフローには、sRGB などのアドビが提供するテスト済みのプリセットカラー設定を使用することをお勧めします。要件に基づいて選択します。
  • ビット深度:コンポーネントあたり 8 ビットまたは 16 ビットの 2 つのスキームでカラー情報を保存できます。
  • 透明度を保存:画像の透明度を保持できます。
TIFF 書き出し

DNG

アドビが開発した Raw 画像形式である DNG を選択すると、書き出す前に次のオプションを設定できます。

  • JPEG プレビュー:プレビューオプション(なし、中、フル)を選択できます。
  • オリジナルの Raw ファイルを埋め込む:有効にすると、書き出し中にオリジナルの Raw ファイルを埋め込むことができます。
  • オリジナルのファイルを削除:有効にすると、書き出しが成功した後にオリジナルのファイルを削除します。
DNG 書き出し

DNG プリセットに書き出し:これは、DNG 形式に書き出すように設定された既定のオプションで、ファイルを書き出すための組み込みのサンプルプリセットです。このプリセットを簡単に操作したり、編集したり、削除したりすることもできます。ただし、一度削除すると、このプリセットは書き出しパネルで使用できなくなります。

DNG プリセットに書き出し

DNG への書き出しでオプションを無効にする:DNG にファイルを書き出すと、書き出しダイアログの「画像サイズ」とメタデータ/オリジナルのメタデータを含めるオプションは無効になります。

書き出しプリセットの編集

書き出しパネルで、Ctrl キーを押しながらクリック(Mac)するか、右クリック(Win)して、コンテキストメニューオプションを表示します。

  • 複製:書き出しプリセットを複製し、最低限の変更を加えたら、後で使用するために保存しておくことができます。
  • 名前変更:書き出しプリセットの名前を変更します。
  • 削除:書き出しプリセットを削除します。
  • 編集:書き出しプリセット内のすべての設定を編集し、後で使用するために保存します。

書き出しパネルの下部にある、プリセットを編集()アイコンをクリックして、書き出し設定を編集することもできます。必要に応じて、プリセットを削除()アイコンをクリックしてプリセットを削除します。

書き出しプリセットの編集

書き出しの進行状況の表示

保留中のジョブ、アクティブなジョブ、完了したジョブを含む書き出しジョブリスト全体を表示できます。

書き出しジョブの進行状況を確認するには、次の操作をおこないます。

1. 書き出しパネルの下部から、「進行状況を表示」をクリックします。

2. 開かれた書き出しの進行状況ダイアログボックスに、書き出しジョブの進行状況が表示されます。

3. ジョブリストを削除するには「クリア」をクリックし、進行状況ウィンドウを閉じるには「閉じる」をクリックします。

書き出しの進行状況ウィンドウ
書き出しジョブの進行状況を表示する書き出し進行状況ウィンドウ。

書き出しのキャンセル

書き出しの進行状況ダイアログボックスでは、選択したジョブステータスの横にあるキャンセル()アイコンをクリックすることで、いつでも書き出し処理を停止できます。進行状況ウィンドウを閉じるには、「閉じる」をクリックします。

書き出しジョブが完了した場合、キャンセル()アイコンをクリックしても、ジョブ情報がリストから削除されるだけで、書き出しプロセスには影響しません。

書き出しのキャンセル

書き出し環境の設定

書き出し環境を設定するには、次の操作をおこないます。

1. Adobe Bridge/環境設定/書き出し(Mac)または編集/環境設定/書き出し(Win)に移動します。

2. オプションパネルでは、書き出しの進行状況ダイアログボックスに表示される情報について、環境を設定できます。

  • ジョブリストに保存できる書き出しジョブの最大数:目的の値を手動で入力します。ジョブの進行状況ダイアログの場合、ジョブに関する詳細情報の最大数はデフォルトで最大値 100 になります。Bridge では、100 よりも古いジョブの詳細の履歴が削除されます。
  • 進行中の書き出しジョブの最大数:目的の値を手動で入力します。一度に 20 個の書き出しジョブをキューに保存することができます。
書き出しの環境設定

アドビのロゴ

アカウントにログイン