マニュアル キャンセル

スキン

  1. Captivate ユーザーガイド
  2. Captivate の紹介
    1. Adobe Captivate の新機能
    2. Adobe Captivate の必要システム構成
    3. Adobe Captivate のダウンロード
    4. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 5 の新機能
    5. Adobe Captivate (2019 release) アップデート 2 の新機能
    6. Adobe Captivate 11.8 リリースノート
    7. Adobe Captivate リリースノート
    8. Adobe Captivate Draft の必要システム構成とダウンロード手順
    9. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
  3. プロジェクトの作成
    1. Adobe Captivate での各種プロジェクトの作成
    2. Adobe Captivate のプロジェクトのサイズをカスタマイズする方法
    3. Adobe Captivate でのレスポンシブプロジェクトのデザイン
    4. バーチャルリアリティ(VR)プロジェクトの作成
    5. Adobe Captivate のレスポンシブテキストを操作する
    6. Adobe Captivate におけるテーマの操作
    7. レスポンシブプロジェクトでビュー固有のプロパティを適用する方法
    8. Adobe Captivate プロジェクトのバックアップファイルを作成する方法
    9. アセットパネル
    10. Captivate での分岐および強制ナビゲーションの作成
    11. ステージ上の画像の置き換え
  4. オブジェクトの追加と管理
    1. Adobe Captivate におけるマルチステートのオブジェクトの使用
    2. オブジェクトエフェクト
    3. Adobe Captivate プロジェクトへの Web オブジェクトの挿入
    4. Adobe Captivate におけるオブジェクトスタイルを操作する
    5. Adobe Captivate でオブジェクトを回転させる方法
    6. ピクセル単位でのオブジェクトのサイズおよび位置の変更
    7. メインオプションツールバーを使用してオブジェクトを管理する方法
    8. スライド内のオブジェクトをマージする方法
    9. ライブラリ内のオブジェクトを管理する方法
    10. Adobe Captivate でオブジェクトをグループ化する方法
    11. 詳細なインタラクションパネルを使用したオブジェクト情報の編集
    12. Adobe Captivate でオブジェクトをコピー、貼り付け、複製する方法
    13. オブジェクトの表示を制御する
    14. Adobe Captivate でオブジェクトの表示順序を変更する方法
    15. オブジェクトへのシャドウの適用
    16. Adobe Captivate でオブジェクトを整列させる方法
    17. Adobe Captivate のオブジェクトにリフレクションを追加する方法
    18. Captivate プロジェクトにアセットをインポートする
  5. スライド
    1. Adobe Captivate プロジェクトにスライドを追加する
    2. Adobe Captivate プロジェクトにおけるスライドの編集
    3. Adobe Captivate プロジェクトのスライドを削除する方法
    4. Adobe Captivate でスライドの順序を変更する方法
    5. Adobe Captivate でスライドプロパティを設定する
    6. Adobe Captivate でスライドメモを音声ファイルに追加および変換する
    7. Adobe Captivate でナレッジチェックスライドを設定する
    8. Adobe Captivate でスライドトランジションを追加する方法
    9. Adobe Captivate でマスタースライドを使用する方法
    10. Adobe Captivate のスライドをロックする方法
    11. Adobe Captivate のプロジェクトでスライドを非表示にする方法とスライドを除外する方法
    12. Adobe Captivate でスライドのグループ化とグループ化の解除を行う方法
  6. タイムラインとグリッド
    1. ルーラーとガイドを使用する
    2. Adobe Captivate でのグリッドを操作する
    3. タイムラインの操作
    4. Adobe Captivate におけるショートカットキー
    5. フィルムストリップの操作
    6. Adobe Captivate のワークスペースをカスタマイズする方法
    7. Adobe Captivate ライブラリの使用方法
    8. Adobe Captivate で「分岐」パネルを使用する方法
  7. クイズを作成
    1. Adobe Captivateプロジェクトに質問スライドを挿入する
    2. Adobe Captivate でのクイズ環境設定の設定
    3. 学習者がすべてのクイズ応答を同時に提出する方法
    4. Adobe Captivate を使った質問スライドの設定方法
    5. Adobe Captivate でランダム質問スライドを使用する
    6. ユーザーがクイズに戻ることができるようにする方法
    7. CSV 形式ファイルから質問を読み込む
    8. GIFT 形式ファイルから質問をインポート
    9. Adobe Captivate 内にプレテストを挿入する方法
  8. オーディオ
    1. Adobe Captivate プロジェクトへの音声の挿入方法
    2. Adobe Captivate で音声をプレビューする方法
    3. Adobe Captivate での音声ファイルの編集方法
    4. Adobe Captivate でオーディオの詳細を表示する
    5. オーディオ録音環境設定の設定とオーディオの録音
    6. Adobe Captivate から音声を書き出す方法
  9. ビデオ
    1. スライドビデオ
    2. Adobe Captivate でイベントビデオを操作する
    3. Adobe Captivate におけるイベントと同期ビデオの違い
  10. インタラクティブなオブジェクト
    1. Adobe Captivate プロジェクトへのインタラクティブボタンの追加
    2. Adobe Captivate でクリックボックスを作成する
    3. Adobe Captivate でテキスト入力ボックスを追加する
    4. ボックスとボタンに音声を追加する方法
    5. Adobe Captivate のボックスとボタンに JavaScript を追加する方法
  11. インタラクション
    1. Adobe Captivate を使用した学習インタラクションの作成
    2. Adobe Captivate でのドラッグ&ドロップインタラクションの作成
    3. Adobe Captivate でウィジェットとインタラクションを設定する方法
    4. ウィジェットで Adobe Captivate の変数を使用する
    5. Adobe Captivate でのウィジェットのプロパティの設定
    6. Adobe Captivate で静的ウィジェット、インタラクティブウィジェット、および質問ウィジェットを作成する方法
    7. Adobe Captivate プロジェクトにウィジェットを追加する方法
  12. 非インタラクティブなオブジェクト
    1. スマートシェイプの作成と編集
    2. Captivate でのテキストキャプションの編集と作成
    3. Captivate での画像およびロールオーバー画像の使用方法
    4. Adobe Captivate でスマートシェイプをカスタマイズする方法
    5. Adobe Captivate でズーム領域を作成する方法
    6. 非インタラクティブなオブジェクトに音声を設定する方法
    7. Adobe Captivate でロールオーバースライドレットを作成する方法
    8. Adobe Captivate でロールオーバーキャプションを作成する方法
    9. Adobe Captivate でマウスのプロパティを変更する
    10. Adobe Captivate でのハイライトボックスの使用
    11. Adobe Captivate でスウォッチを操作する
    12. 非インタラクティブオブジェクトのサイズと位置の変更
    13. Adobe Captivate プロジェクトにアニメーションを追加する
  13. 詳細な編集とプロジェクトのレビュー
    1. Adobe Captivate のプロジェクトをリンクする方法
    2. コンテンツの読み込み、書き出し、削除
    3. スキン
    4. Adobe Captivate でアクセシブルプロジェクトを作成する
    5. Adobe Captivate で目次を作成する
    6. Adobe Captivate プロジェクトのサイズを変更する
    7. プロジェクトとその環境設定
    8. Adobe Captivate でプロジェクトをプレビューする方法
  14. 変数および高度なアクション
    1. Adobe Captivate の変数
    2. Adobe Captivate でユーザー定義変数を作成する方法
    3. Adobe Captivate の高度なアクション
    4. Adobe Captivate プロジェクトの共有アクション
    5. ユーザー定義変数を Adobe Captivate で編集または削除する方法
    6. イベントに高度なアクションを割り当てるには
  15. プロジェクトの記録
    1. インタラクティブビデオの作成
    2. Captivate による自動記録と手動記録
    3. Adobe Captivate の録画設定を変更する
    4. Adobe Captivate でのビデオデモンストレーションの記録
    5. Adobe Captivate でソフトウェアシミュレーションを記録する方法
    6. 録音を一時停止する方法
  16. プロジェクトをパブリッシュ
    1. レスポンシブプロジェクトのプレビューとパブリッシュ
    2. Adobe Captivate Prime にプロジェクトを公開する
    3. Adobe Captivate で HTML5 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    4. 実行ファイルとしてのプロジェクトのパブリッシュ
    5. Adobe Captivate で MP4 ファイルとしてプロジェクトをパブリッシュする
    6. Adobe Captivate で公開設定を設定する
    7. Adobe Captivate での Adobe Fonts の使用
    8. 内部サーバーへのクイズ結果の報告
  17. Adobe Captivate と他のアプリケーションとの連携
    1. Captivate での PowerPoint プレゼンテーションの読み込みと編集
    2. Adobe Captivate プロジェクトの学習管理システムへのアップロード
    3. Adobe Captivate の共通 JavaScript インターフェイスについて学習する
    4. Adobe Captivate プロジェクトを Microsoft Word 形式でパブリッシュする方法
    5. Captivate で Adobe Connect を使用する方法
    6. Captivate のプロジェクトを RoboHelp のオンラインヘルプシステムに追加する方法
    7. Adobe Multi-SCORM Packager を使用して複数の SCO をパッケージ化する方法
  18. Adobe Captivate でトラブルシューティングを行う
    1. Adobe Captivate、Adobe FrameMaker、Adobe RoboHelp の最新バージョンにおける既知の問題および制限事項を解決します。
    2. MacOS ビッグ Sur (macOS 11) の Captivate 用初期ビルド (2019 リリース)
    3. デバイスで VR コンテンツが再生されない問題の Hotfix
    4. デバイスでライブプレビュー向けの SSL 設定を行う
    5. macOS Catalina における Captivate (2019 release) のライセンス認証の問題
    6. Captivate のレスポンシブコースが、ブラウザーで自動的に再生されない
    7. Adobe Captivate (2019 release) でのアセットパネルの問題
    8. Adobe Captivate のインストール中にエラー 103 が発生する
    9. Captivate プロジェクトのプレビュー時の問題

 

Adobe Captivate にはデフォルトのスキンが用意されています。カスタマイズしたスキンを作成するには、スキンエディターで様々なオプションを変更し、その変更をテーマとして保存します。Adobe Captivate のスキンには、再生コントロール、枠線、目次があります。

再生コントロール

再生コントロールは、再生バーと進行状況バーで構成されます。これらのバーを使用して、ユーザーは再生時にムービーを制御できます。再生バーには、ムービーの動作を制御するボタンが表示されます。進行状況バーは、ムービーの進行状況を追跡し、現在のスライドの位置を示します。

スキンエディター(プロジェクト/スキンエディター)を使用して、再生コントロールの外観を変更できます。再生コントロールの次のオプションをカスタマイズできます。

再生コントロールを表示

ムービーを再生するときに再生コントロールオプションをユーザーに対して表示するかどうかを指定できます。

クイズ内で再生バーを非表示にする

質問スライドの再生バーを非表示にできます。

注意:

プリテスト質問スライドでは、再生バーは常に非表示です。

再生バーのオーバーレイ

コンテンツ上に再生バーを配置できます。再生バーは、余分のスペースを必要としません。このオプションは、作成者の希望によりムービーのサイズを維持したい場合に便利です。

位置

ムービーに対する再生バーの位置です。ムービーの 4 辺のいずれかに再生バーを配置できます。

レイアウト

ムービーに対するツールバーの配置です。再生バーコントロールを、中央に配置したり、左端または右端に揃えたり、ムービーの幅いっぱいに広げたりできます。

再生/一時停止

ユーザーがプロジェクトの一時停止と再開を行うことができます。

最初に戻る

ムービーを最初のスライドから再生します。

進む

プレイヘッドを次のスライドに移動します。

クローズドキャプション

プロジェクトにクローズドキャプションを表示します。クローズドキャプション設定ダイアログボックスを使用して、クローズドキャプション内のテキストの外観を変更します。

戻る

前のスライドに戻ることができます。

閉じる

プロジェクトを終了できます。このボタンでは、ウィンドウをすばやく閉じることができるため、フルスクリーンプロジェクトで役立ちます。

ミュート

ユーザーが音声をオフにできます。

進行状況バー

プロジェクトの進行状況を確認できます。進行状況バーの再生ヘッドをドラッグすることで、プロジェクト内を前後に移動することもできます。

早送り

ムービーを通常の速度の 2 倍または 4 倍で再生します。

アルファ

再生バーの背景色の透明度を示します。

実行時にツールヒントを非表示にする

プレゼンテーションのスタイルに適していないと判断した場合、ツールヒントを無効にできます。

テーマ

デフォルトでは、「テーマ」セクションの設定値は、プロジェクトに現在適用されているテーマから継承されます。

再生バー

再生時にムービーを制御するボタンが配置されます。再生バーメニューには、Adobe Captivate で再生バーに使用できるスキンが表示されます。

再生バー 2 行

プログレスバーと再生コントロールを別の行に表示します。

再生カラー

再生バーの様々な部分に使用する色を示します。ボックスをクリックして色を変更します。

注意:

プロジェクトのテーマを保存する(テーマ/テーマを保存)場合は、スキンエディターのテーマ設定の変更も保存します。

プロジェクトの枠線

スキンエディターダイアログボックスを使用して、プロジェクトを囲む枠線のスタイル、サイズ、テクスチャおよび幅を指定できます。

枠線を表示

ムービーに枠線を有効または無効にできます。ボタンは、枠線を追加するプロジェクトウィンドウの辺を表します。任意に組み合わせた辺に枠線を指定できます。

スタイル

枠線の端のシェイプを決定します。枠線の角は、鋭角にすることも丸くすることもできます。

テクスチャ

枠線のテクスチャに使用するイメージを選択できます。テクスチャを選択すると、枠線の色の設定が上書きされます。枠線に対して特定の色を選択するには、「テクスチャ」リストから「なし」を選択します。

プロジェクトの枠線の太さを表示します。

プロジェクトの枠線の色を表示します。カラーパレットやスポイトを使用して、画面の色を選択してコピーすることもできます。

HTML 背景色

プロジェクトの周囲の背景領域の色を表示します。

カスタムの Flash 再生コントロール

プロジェクト用のカスタムの Flash 再生コントロールを作成できます。

カスタムの SWF 再生バーコントロールを作成する場合は、次のガイドラインに従います。

  • スキンのソース FLA ファイルを C:¥Program Files¥Adobe¥Adobe Captivate 6¥Templates¥PlaybackFLA に保存します.

  • コントロール名やシンボルは変更しないでください。

  • 再生バーは、pbcBar_mc というインスタンス名でステージ上に配置する必要があります。

  • ライブラリ内に再生バーの識別子 cpPlaybar が必要です。

  • ライブラリ内の cpPlaybar に対して「アクションスクリプト用に書き出し」オプションを選択する必要があります。

  • アクションレイヤーのアクションは変更しないでください。

  • すべてのボタンはライブラリルートに格納する必要があります。

  • 登録ポイントは変更しないでください。次のシンボルを除くすべてのシンボルの登録ポイントは、中央にあります(編集で重要)。

    • - icoProgress(左上)

    • - icoThumb(中央上)

    • - icoThumbBase(左上)

  • スキンのパブリッシュされた SWF ファイルを次の場所に保存します。

    <インストールディレクトリ>\Gallery\Widgets\Playbars、/Applications/Adobe Captivate 6/Gallery/Widgets/Playbars(Mac OS)。 スキンエディターは、ここからファイルを取得します。

Flash ボタンの名前付け規則

各 SWF ボタンには、ボタンレイヤー、アイコンレイヤー、およびアクションレイヤーの 3 つのレイヤーが含まれます。

SWF ファイル名には以下の要素が含まれています。

  • 再生コントロールの略語(「pbc」)

  • 再生エレメントの ID(ボタンの場合「Btn」、バーの場合「Bar」など)

  • ボタンの名前(「play」)

スキンのプレビュー

スキンエディターダイアログボックスから、プロジェクトスキンに加えた変更をプレビューできます。ボタンの色の設定、メニューの追加または削除、再生バーの位置の設定を行うたびに、その変更がプレビューに即座に反映されます。

スキンプレビューには、プロジェクトの最初のスライドが表示されます。背景画像(存在する場合)またはスライドの色が表示されます。最初のスライド上のオブジェクトは、スキンプレビューに表示されません。

注意:

大きな背景画像がある場合、スキンプレビューは遅くなります。この対策として、スキンダイアログの設定時に空白のスライドを挿入し、それを最初のスライドとして設定できます。次にスキンエディターダイアログボックスを開き、スキンの変更を設定します。これらの変更を行った後で、最初のスライドを非表示にすることができます。背景画像を持つ次のスライドが、最終的な確認のためにスキンプレビューに表示されます。

カスタマイズしたスキンの保存

スキンエディターでオプションをカスタマイズした後、カスタマイズしたオプションのセットをテーマとして保存できます。テーマは、スキンエディターのスキンメニューに追加されます。次回、カスタマイズされたスキンをプロジェクトに使用する場合は、メニューからスキンを選択します。

  1. プロジェクト/スキンエディターを選択します。

  2. 環境設定に従って、ダイアログボックスで設定をカスタマイズします。

  3. 保存アイコンをクリックし、名前を付けて保存ダイアログボックスでテーマの名前を入力します。「OK」をクリックします。

保存した新しいスキンが「スキン」リストに表示されます。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン