メンバーシップ(サブスクリプション)を解約する方法および返金と途中解約手数料について説明します。

解約手順

アドビから直接購入した場合

Creative Cloud プランのサブスクリプションは、いつでも解約できます。手順は以下のとおりです。

  1. Adobe ID(通常は電子メールアドレス)とパスワードを使用して、Adobe ID アカウントにログインします。

  2. プラン」で、解約するサブスクリプションの「プランを管理」をクリックします。

    プランを管理」が表示されない場合は、サブスクリプションの解約についてアドビのカスタマーサポートまでお問い合わせください。

    Manage-plan
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    • プランとお支払い」で「プランを解約」をクリックします。
    • プランを解約」が表示されない場合は、サブスクリプションの解約についてアドビのカスタマーサポートまでお問い合わせください。
    Cancel-plan
  4. 解約の理由を選択して、「続行」をクリックします。

  5. 表示される画面で、「別のプランを選択する」、「プランを継続する」、「解約を続行する」、または「アドビのカスタマーサポートとチャットする」のいずれかを選択できます。

解約の手続きを続行すると、解約の手続きが完了したことを知らせる確認メールが届きます。

注意:

新しい Creative Cloud プランを開始する場合は、Creative Cloud プランのページにアクセスしてください。

販売店から購入した場合(Amazon、iTunes、Best Buy など)

アドビ以外の販売店からプランを購入した場合は、販売店にお問い合わせください。

Creative Cloud グループ版サブスクリプションを購入した場合

Creative Cloud グループ版サブスクリプションの解約については、アドビのカスタマーサポートまでお問い合わせください。

解約後

返金は受けられますか?

年間サブスクリプション(月々払い)

ご注文後 14 日以内に解約した場合は、料金の返金を全額受け取ることができます。

14 日が経過してから解約する場合、サービスはその月の請求期間の終わりまで継続され、残りの契約期間で発生する料金の 50%が途中解約手数料として請求されます。例えば、解約時に月額 20 ドルで 5 ヶ月間の契約期間が残っている場合、残り期間の利用料金 100 ドルの 50%に相当する 50 ドルを途中解約手数料として支払う必要があります。

年間サブスクリプション(一括払い)

ご注文後 14 日以内に解約した場合は、料金の返金を全額受け取ることができます。14 日が経過してから解約する場合、料金は返金されず、サービスは契約期間の終わりまで継続されます。

月々サブスクリプション

ご注文後 14 日以内に解約した場合は、料金の返金を全額受け取ることができます。14 日が経過してから解約する場合、料金は返金されず、サービスはその月の請求期間の終わりまで継続されます。

注意:

返金は初回購入後 14 日間のみ適用され、以降の更新には適用されません。

Creative Cloud サブスクリプションプランの利用条件を参照して、返金の条件を確認してください。

解約後の無料メンバーシップ特典

  • 解約した後、無料の Creative Cloud メンバーシップに引き続きアクセスできます。
  • 作業をコンピューターに保存した場合、デバイス上のそれらのファイルに引き続きアクセスできます。
  • Creative Cloud アプリケーションと、有料の Creative Cloud プランのサブスクリプションに含まれるほとんどのサービスには、アクセスできなくなります。
  • 使用できるクラウドストレージの容量は 2 GB になります。 ストレージの上限を超えるファイルがオンラインにアップロードされたまま 90 日以上経過すると、Creative Cloud サーバーに保存されているファイルの一部または全部にアクセスできなくなります。ストレージについては、「ストレージ容量をどれだけ使用したか確認するにはどうすればよいですか」を参照してください。
  • Adobe XD の無償のスタータープランと Premiere Rush CC の無償のスタータープランを引き続き利用することができます。 

Lightroom CC または Lightroom Classic CC ユーザーの場合

  • Lightroom CC:アドビでは、お客様のメンバーシップが終了した後も、お客様の画像を 1 年間保存します。この期間中、お客様は、Lightroom CC を起動して、自分のファイルをクラウドサービスからダウンロードすることができます。
  • Lightroom Classic CC:お使いのコンピューターのローカルハードディスク上のすべての写真は、デスクトップ用 Lightroom から引き続きアクセスできます。写真を読み込んで整理できるだけでなく、書き出し、公開、印刷、Web、スライドショーによって、編集した写真を出力することもできます。現像モジュール、マップモジュール、Lightroom モバイルアプリは、メンバーシップが終了するとアクセスできなくなります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー