この文書では、Adobe Acrobat で表示している PDF ファイルを回転する方法について説明します。Acrobat では、横向きと縦向きのページが混在するような PDF 文書でページの向きを揃えたい場合、PDF を回転することができます。印刷には影響させず、画面上でのみ回転することも可能です。

注意:

以下の B. の操作ではプレビュー機能の 1 つとして一時的に表示を回転させるだけです。この場合、回転させた状態の保存や印刷結果への反映はできません。 回転させた表示を印刷にも反映させる場合や、他のユーザーと共有したい場合、縦書きページの ファイルの中で例外的に横書きページを入れたい場合などは A. の操作を行い、ファイル自体に回転したページを設定します。

A. ページの回転

ページの回転 機能を使用すると、ページの向きを回転させてファイルを 保存/印刷することができます。

注意:

Acrobat Reader(Adobe Reader)では、ページの回転を行うことはできません。

  1. Acrobat を起動し、PDF ファイルを開きます。
  2. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ツール/ページを整理 を選択します。
    • Acrobat XI
      ツールパネルから、ページ/回転 を選択します。
  3. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      回転を適用するページ範囲を指定し、「左 90°」 または「右 90°」 を選択します。
      ※ページ範囲はプルダウンメニューから選択するほか、ページ番号を入力することもできます。
    • Acrobat XI
      ページを回転 ダイアログボックスで、回転の方向、回転するページの範囲を設定し、「OK」をクリックします。

    ※ ページの向きは右回転、左回転ともに 90 度ずつ回転することができます。また、180 度回転することもできます。

B. 表示上の回転

下記の方法では、ページの表示を画面上でだけ回転します。この操作で変更されるのはページの表示方法だけで、実際のページの向きを変更したり保存することはできません。 

  1. Acrobat を起動し、PDF ファイルを開きます。
  2. 表示/表示を回転から「右 90° 回転」または「左 90° 回転」を選択します。
    ※ ツールバーから「表示を回転」アイコンをクリックしても行うことができます。

    注意:

    「表示を回転」アイコンが表示されていない場合は、以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      表示/表示切り替え/ツールバー項目/ページ表示ツールを表示 を選択し、「右 90° 回転」および「左 90° 回転」を選択します。
    • Acrobat XI
      表示/表示切り替え/ツールバー項目/ページを回転/すべての「表示を回転」ツールを表示 を選択します。

手順説明の動画

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー