Adobe Reader および Acrobat は重要なアップデートの有無を定期的に確認し、アップデートを自動的にインストールできます。これらの中には、重要なセキュリティに関するものや、製品の拡張が含まれています。

Acrobat Reader DC

Adobe Acrobat Reader DC は、初期設定で、自動アップデートするように設定されています。Acrobat Reader DC の環境設定には、この設定を制御する UI オプションはありません。

IT 管理者は、Adobe Customization Wizard DC か、または Windows レジストリを使用してアップデートの設定を制御できます。

Adobe Acrobat DC

アップデートは 2つのオプションを経由して提供されます :

  • アップデートを自動的にインストール(推奨) : Acrobat Reader DC および Acrobat DC は重要なアップデートを定期的に確認し、これらをダウンロードし、自動的にインストールします。完了すると、システムトレイに短いメッセージが出され、ソフトウェアが更新されたことを知らせれます。この方法が推奨されるのは、エンドユーザーの手をわずらわせることがないためです。それは Acrobat Reader DC および Acrobat DC を最新の状態およびよりセキュアに保つための最良の方法です。
  • 手動でアップデートを確認し、インストール: Acrobat Reader DC および Acrobat DC はアップデートの有無について確認しません。代わりに、ユーザーが「アップデートの有無をチェック」を選択します。この方法は最もセキュリティが低く、他の方法でシステムを更新している組織でのみ推奨します。

Reader および Acrobat XI

アップデート設定は、Acrobat/ Reader の環境設定で制御できます。

  1. 編集環境設定(Windows)または Acrobat/Adobe Reader環境設定(Mac OS)と移動します。
  2. 左側のパネルで、「アップデーター」を選択します。

 

バージョン 11 には、次の 4 つの更新オプションが用意されています。

  • 更新の自動インストール(推奨):製品が定期的に重要な更新をチェックし、自動的にダウンロードしインストールします。完了すると、システムトレイに短いメッセージが出され、ソフトウェアが更新されたことを知らされます。これは、Adobe Acrobat および Reader を最新で安全な状態に保つための最善の方法です。
  • 更新をダウンロードするが、インストールするかどうかを選択したい:製品が定期的に重要な更新をチェックし、ダウンロードします。アップデートをインストールする前に、Adobe Acrobat および Reader がインストールを開始するように促すメッセージを表示します。
  • 通知はするが、更新をダウンロードおよびインストールするかどうかを選択したい:製品が定期的に重要な更新をチェックし、ダウンロードおよびインストールできる更新の準備が整ったら通知します。
  • 更新を自動的にダウンロードまたはインストールしない:製品が更新をチェックしません。代わりに、「ヘルプ/アップデートの有無をチェック」を使用してアップデートを探すタイミングを選択します。この方法は最もセキュリティが低く、他の方法でシステムを更新している組織でのみ推奨します。

今後、これらのオプションを変更しようとする場合、環境設定の、アップデーター(「編集」>「環境設定」と選択します)。

Reader および Acrobat X

バージョン 10 には、次の 3 つの更新オプションが用意されています。

  • 更新の自動インストール(推奨):製品が定期的に重要な更新をチェックし、自動的にダウンロードしインストールします。完了すると、システムトレイに短いメッセージが出され、ソフトウェアが更新されたことを知らされます。これは、Adobe Acrobat および Reader を最新で安全な状態に保つための最善の方法です。
  • 更新をダウンロードするが、インストールするかどうかを選択したい:製品が定期的に重要な更新をチェックし、ダウンロードします。アップデートをインストールする前に、Adobe Acrobat および Reader がインストールを開始するように促すメッセージを表示します。
  • 更新を手動でチェックしてインストールする:製品が更新をチェックしません。代わりに、「ヘルプ/アップデートの有無をチェック」を使用してアップデートを探すタイミングを選択します。このオプションは最もセキュリティが低く、他の方法でシステムを更新している組織でのみ推奨します。

今後、これらのオプションを変更しようとする場合、環境設定の、アップデーター(「編集」>「環境設定」と選択します)。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー