印刷ボタンが表示されない

印刷」ボタンや「キャンセル」ボタンが表示されない場合は、モニターの解像度が低く設定されていると考えられます。低解像度ディスプレイは Acrobat DC および Acrobat Reader DC の使用に適していません(1,024 x 768 以上で使用することをお勧めします)。ただし、この制限を回避する方法はあります。文書を印刷するには、次のいずれかの操作を行います。

  • Enter キーまたは Return キーを押します。
  • ダイアログボックスの右側にスクロールバーが表示されている場合は、スライダーを下に動かしてボタンが見えるようにします。

注意:

(Windows)モニターの設定によっては、「印刷」ボタンが Windows タスクバーに隠れて見えないことがあります。この問題は、マウスポインターが画面の下辺にあるとき以外はタスクバーを表示しないようにすると解決できます。そのように設定するには、タスクバーを右クリックし、「プロパティ」を選択します。プロパティダイアログボックスで、「タスクバーを自動的に隠す」をオンにし、「OK」をクリックします。

印刷ボタンが表示されない
タスクバーのプロパティで、タスクバーを隠す設定に切り替え、「印刷」ボタンが見えるようにします

一般的な印刷のタスク

用紙の両面に印刷

プリンターが両面印刷機能をサポートしていれば、両面に印刷できます。

Adobe Acrobat または Adobe Reader ではなく、プリンタードライバーがこのオプションを制御します。プリンターのマニュアルを参照して、プリンターがサポートしている機能を確認してください

  • 印刷ダイアログボックスで、「用紙の両面に印刷」を有効にして、綴じ方向を選択します。

注意:プリンターが両面印刷をサポートしていても、このオプションが印刷ダイアログに表示されない場合もあります。その場合は、プリンタープロパティをクリックしてプリンターの環境設定から直接このオプションにアクセスできます。


白黒で印刷

カラー PDF をモノクロ階調(グレースケールまたはコンポジットグレーとも呼ばれる)で印刷できます。

  • 印刷ダイアログボックスで、「グレースケール (白黒) で印刷」を有効にします。
白黒で印刷

異なるサイズで印刷

印刷時にページを拡大したり、縮小したりできます。自動的に用紙の幅に合わせることも、手動で拡大・縮小するパーセンテージを指定することもできます。

  • 印刷ダイアログボックスで、「サイズ」をクリックし、拡大・縮小オプションを指定します。
印刷ダイアログボックスで「サイズ」をクリック

合わせる:現在選択されている用紙サイズの印刷可能領域に合わせて、各ページを縮小または拡大します。PostScript® プリンターでは、用紙の印刷可能領域は PPD により決まります。

実際のサイズ:ページを拡大/縮小せずに印刷します。用紙に入りきらないページや領域は自動的にトリミングされます。印刷プリセットを「なし」にすると、このオプションをデフォルトとして設定できます。印刷プリセットの作成を参照してください。

特大ページを縮小:大きいページは、現在選択されている用紙サイズに合わせて縮小されますが、小さいページは拡大されません。領域が選択され、かつその領域が現在選択されている用紙サイズの印刷可能領域より大きい場合、選択された領域が印刷可能領域に合わせて縮小されます。このオプションは、N-up 印刷中は常に有効です。印刷プリセットを「デフォルト」にすると、このオプションをデフォルトとして設定できます。印刷プリセットの作成を参照してください。

カスタム倍率:指定した比率(パーセント)でページのサイズを変更します。

PDF のページサイズに合わせて用紙を選択(Windows):ページ設定オプションではなく PDF ページサイズに基づいて出力トレイを決定します。このオプションは、ページサイズが統一されていない PDF を、複数の出力トレイが装着されているプリンターで印刷するときに便利です。

ポスターやバナーの印刷

ポスターやバナーなど大きいフォーマットの文書は、ページを複数の用紙に分けて印刷できます(「タイル」と呼ばれます)。「ポスター」オプションによって、必要な用紙の枚数が計算されます。元の文書のサイズを用紙に最適なサイズに調整して、各「タイル」の重なりを指定します。その後、タイルを組み合わせます。

  • 印刷ダイアログボックスで、「ポスター」をクリックし、タイルオプションを指定します。
印刷ダイアログボックスで「ポスター」をクリック

倍率:指定した比率でページを拡大または縮小します。

重なり:個々のタイルを隣のタイルと重ね合わせる度合いを指定します。

タイルマーク:各ページに、重なりをトリミングする目安になるガイドマークを付加します。

ラベル:個々のタイルにファイル名とページ番号を付加します。

大きいページのみを分割:選択した用紙サイズに、指定した倍率で収まりきれないページについては、分割を行います。分割されたページは、複数の用紙にマッピングされます。

複数のページを 1 枚の用紙に印刷

PDF の複数のページを 1 枚の用紙に印刷できます。1 枚の用紙に複数のページを印刷することは、N-up 印刷(2-up や 6-up)と呼ばれます。ページの順序を、縦または横で指定できます。

1 枚に複数のページを印刷

1 枚あたりのページ数:用紙 1 枚の上に横および縦に並べて印刷するページの数を、定義済みの値またはカスタムの値(最大 99)で指定します。メニューから定義済みのページ数を選択すると、用紙の最適な向きが自動的に選択されます。

ページの順序:用紙の上にページをどのように並べるかを指定します。「横」を選択すると、ページは左から右、上から下に配置されます。「横(右から左)」を選択すると、ページは右から左、上から下に配置されます。「」を選択すると、ページは上から下、左から右に配置されます。「縦(右から左)」を選択すると、ページは上から下、右から左に配置されます。(右から左)の両オプションは、日中韓言語の文書に適しています。

ページ境界線を印刷:トリミングボックス(PDF のページ境界線)を印刷します。

注意:Acrobat で 複数のページを 1 枚の用紙に印刷する指定は、プリンタードライバーに対するページ割り付け指定とは別のものです。Acrobat の印刷設定には、プリンタードライバーの割り付け設定は反映されません。ページ割り付けは Acrobat またはプリンタードライバーのいずれか一方に対してのみ指定します。両方を指定しないでください。

小冊子を印刷

複数ページの文書を小冊子として印刷できます。1 枚の用紙に 2 ページずつ配置されます。両面印刷された用紙をページ順に重ね、2 つ折りにして綴じれば、ページが正しく配列された 1 つの冊子ができあがります。

  • 印刷ダイアログボックスで、「小冊子」をクリックし、小冊子オプションを指定します。

詳しくは、小冊子とPDFポートフォリオの印刷を参照してください。

小冊子を印刷

注釈を印刷

注釈を一覧の形式または配置された注釈(ページ上のノート注釈など)として印刷できます。

次のいずれかの操作を行います。

一覧 - 「注釈とフォーム」領域の「注釈の一覧」をクリックします。

注釈 - 「注釈とフォーム」領域で、「文書と注釈」を選択します。

注釈を印刷

ページ上の注釈 - 次の手順に従います。

  1. 環境設定ダイアログボックスを開いて、左側にある「注釈」をクリックし、「ノートとポップアップを印刷」を選択します。
  2. 注釈リストが開いているときは注釈ポップアップを非表示」(Windows)または「注釈リストが開いているときは注釈ポップアップを隠す」(Mac OS)の選択を解除します。
  3. 印刷するポップアップ注釈を開きます。
  4. ページ上でポップアップ注釈の位置を調整して、重なったりページからはみ出さないようにします。
  5. 印刷ツール をクリックします。
  6. 注釈とフォーム」領域で、「文書と注釈」を選択します。

ページの一部の印刷

PDF 内のページの一部を印刷できます。スナップショットツール編集スナップショット)を使用して、印刷する領域を選択します。テキスト、グラフィック、またはその両方を選択できます。選択した領域は、フルサイズで印刷するか、用紙に合わせてサイズを変更して印刷できます。

  1. 編集スナップショットを選択します。
  2. 長方形を描画し、ページの一部を選択します。
  3. ファイル印刷を選択します。
  4. 印刷ダイアログボックスで、「選択したグラフィック」をクリックします。
編集/スナップショットを選択

ファイルに出力

デバイス依存の PostScript ファイルとして文書を作成できます。出力ファイルには、デバイス固有の機能を有効にし、制御するコードが含まれます。このコードにより、出力ファイルを指定のデバイス以外のデバイスで印刷すると、同じ結果が得られないことがあります。より良い結果を得るには、PostScript ファイルの作成時に、その他の形式で保存その他のオプションPostScript を使用します。

  • 詳細設定」ボタンをクリックし、「ファイルに出力」を選択して「OK」をクリックします。
ファイルに出力

印刷ダイアログボックスのオプション

Acrobat の印刷ダイアログボックスのほとんどのオプションは、他のアプリケーションのオプションと同じですが、一部のオプションはプリンターや選択した印刷対象により異なります。

注釈とフォーム

「注釈とフォーム」のオプションでは、印刷に含める表示コンテンツの種類を指定します。

「注釈とフォーム」のオプション(Acrobat)

文書

文書の内容およびフォームフィールドが印刷されます。

文書と注釈

文書の内容、フォームフィールドおよび注釈が印刷されます。

文書とスタンプ

文書、フォームフィールドおよびスタンプは印刷されますが、ノートや鉛筆の線など他のマークアップは印刷されません。

フォームフィールドのみ

インタラクティブなフォームフィールドは印刷されますが、文書の内容は印刷されません。

注釈の一覧

文書内にある注釈を印刷可能な PDF として別途作成します。このオプションは、Web ブラウザーから印刷する場合や PDF ポートフォリオ内の複数の文書を印刷する場合には使用できません。

印刷するページ

印刷するページ」のオプションでは、印刷に含めるページの範囲を指定します。

「印刷するページ」のオプション(Acrobat)

現在のページ

現在画面に表示されているページを印刷します。

ページ

印刷するページの範囲を指定します。範囲はハイフンを使用して指定します。複数のページまたは複数の範囲を指定する場合は、それぞれをコンマで区切ります(例えば、6, 10-31, 42)。ページ番号を指定する方法は、環境設定の「ページ表示」の設定によって異なります。環境設定ダイアログボックスの「ページ表示」で「論理ページ番号を使用」を選択した場合、ページの番号と同じ番号を指定します。例えば、文書の最初のページに「iii」というページ番号が付いている場合、そのページを印刷するには「iii」と入力します。 

注意:

特定のページから文書の最後のページまで印刷する場合は、ページ番号にハイフンを付けて入力します。例えば「11-」と入力すると、11 ページから文書の最後のページまでが印刷されます。

詳細オプション

印刷するページを制御するための追加のオプションを表示します。

現在の表示範囲/選択したグラフィック

(「印刷するページ」の下の「詳細オプション」をクリックします。)現在表示されている領域、選択したページ、またはスナップショットツールでコピーしたテキストやグラフィックを印刷します。このオプションの名前は、ページを選択しているか、スナップショットツールを使用しているかに応じて変わります。

偶数または奇数ページ

印刷するページを選択します。「範囲内のすべてのページ」、「奇数ページのみ」、または「偶数ページのみ」のいずれかを選択します。例えば、印刷範囲を「2, 7–10」に指定して「偶数ページのみ」を選択すると、2 ページ、8 ページおよび 10 ページが印刷されます。

逆順に印刷

ページが逆順に印刷されます。ページ範囲が入力されている場合は、入力された順序と逆の順序でページが印刷されます。例えば、「ページ指定」ボックスに「3–5, 7–10」と表示されている場合、「逆順に印刷」を選択すると、まず 10 ページから 7 ページまでが印刷され、続いて 5 ページから 3 ページまでが印刷されます。

向き

自動縦/横

コンテンツと用紙に最も適した印刷の向きを自動で選択します。例えば、スプレッドシートを横に印刷したり、ニュースレターを縦に印刷したりします。「自動縦/横」オプションで選択した印刷の向きは、「ページ設定」で選択した印刷の向きより優先されます。

その他のリソース

印刷について詳しくは、印刷とプリプレスに関するフォーラムを参照してください。

通常は、レイヤーがある PDF を印刷すると、画面に表示されている内容だけが印刷されます。レイヤーがある PDF の作成者は、印刷する内容を、画面上の表示に関係なく制御することができます。透かし情報を強制的に印刷させたり、機密情報を印刷させないように指定することができます。文書の設計により、実際に印刷されるものが画面上の現在の表示とは異なる場合は、印刷ダイアログボックス(Windows)またはプリントダイアログボックス(Mac OS)にメッセージが表示されます。印刷ダイアログボックスのプレビュー画像は、常に印刷されるとおりにそのページを表示します。

注意:

Acrobat でレイヤーを扱えるようにするには、オリジナルの文書を、Acrobat 6(PDF 1.5)以降のレイヤーを保持するプリセットを使用して PDF に変換する必要があります。

レイヤーの印刷状態の表示

  1. ナビゲーションパネルのレイヤーアイコン をクリックします(レイヤーアイコンが表示されない場合は、表示表示切り替えナビゲーションパネルレイヤーを選択します)。

  2. オプションメニューから「印刷の設定を優先して適用」を選択します。

    注意:

    PDF の作成時に指定した表示設定によっては、オプションメニューで「印刷の設定を優先して適用」を使用できない場合があります。

レイヤーの印刷設定の変更

  1. ナビゲーションパネルのレイヤーアイコン をクリックします(レイヤーアイコンが表示されない場合は、表示表示切り替えナビゲーションパネルレイヤーを選択します)。

  2. レイヤー領域を展開して、レイヤーを選択したら、オプションメニュー から「レイヤーのプロパティ」を選択します。

  3. レイヤーのプロパティダイアログボックスで、印刷ポップアップメニューから次のいずれかのオプションを選択します。

    常に印刷

    常にレイヤーを印刷します。

    常に印刷しない

    常にレイヤーを印刷しません。

    表示のときに印刷

    印刷結果と画面上の表示を一致させます。

    注意:

    Reader では、レイヤーのプロパティダイアログボックスを開くことができますが、設定を変更することはできません。

印刷プリセットの作成

PDF には、文書に固有の基本的な印刷オプションの設定を指定した印刷プリセットを含めることができます。文書に印刷プリセットを作成することにより、印刷ダイアログボックスの一定のオプションを毎回手動で設定する必要がなくなります。PDF を作成したときに印刷設定を行うのが最も確実ですが、印刷プリセットを使用すると文書にいつでも基本的な印刷設定を含めることができます。

  1. ファイルプロパティを選択し、文書のプロパティで「詳細設定」タブをクリックします。

  2. 印刷ダイアログプリセット」セクションで、オプションを設定し「OK」をクリックします。

次回、印刷ダイアログボックスを開くと、その値が印刷プリセット値に設定されます。これらの設定は、PDF ポートフォリオ内の個々の PDF を印刷する際にも使用されます。

注意:

PDF の印刷プリセットを保持するには、印刷プリセットを作成した後で PDF を保存してください。

ページの拡大/縮小

印刷ダイアログボックスのページのページサイズ処理メニューを、選択したオプションでプリセットします。

デフォルト

アプリケーションのデフォルトである「大きいページを縮小」を使用します。

なし

印刷可能領域に合わせて自動的に拡大縮小を行いません。この設定は、技術文書でページコンテンツの倍率を保存したり、法律上の規定に沿って文書を特定のポイントサイズで印刷したりする場合に便利です。

注意:

印刷ダイアログボックスのページのページサイズ処理メニューにはその他のオプションも表示されますが、これらのオプションはプリセットできません。これらのオプションは、印刷時に選択してください。

両面印刷モード

両面オプションを選択する場合、選択したプリンターが両面印刷に対応している必要があります。

片面

用紙の片面に印刷します。

両面(左右に開く)

用紙の両面に印刷します。縦目に沿って用紙を裏返します。

両面(上下に開く)

用紙の両面に印刷します。横目に沿って用紙を裏返します。

ページサイズに合わせて用紙を選択

印刷ダイアログボックスでも同じオプションを選択できます。ページ設定オプションではなく、PDF ページサイズに基づいて出力トレイを決定します。このオプションは、ページサイズが統一されていない PDF を、複数の出力トレイが装着されているプリンターで印刷するときに便利です。

ページ指定

ここに入力したページ範囲で、印刷ダイアログボックスの印刷するページセクションの「ページ指定」ボックスをプリセットします。この設定は、文書に説明ページと版権ページが両方とも含まれているワークフローの場合に便利です。例えば、1 ~ 2 ページがフォームへの記入に関する説明ページに相当する場合、フォームだけを印刷するように印刷ジョブを設定できます。

部数

印刷ダイアログボックスの「部数」ボックスをプリセットします。2 ~ 5 の数字を選択するか、「デフォルト」を選択して、アプリケーションのデフォルトである 1 部数を使用します。このように数値を制限するのは、不要なコピーを何枚も印刷しないようにするためです。

文書を印刷できない

トラブルシューティングのヒントから開始

印刷の問題の原因はさまざまです。問題を特定するには、テクニカルノート「PDF 印刷の問題解決 | Acrobat、Reader」から開始してください。

PDF がパスワードで保護されており、印刷できない

パスワードで保護された PDF を受け取った場合は、指定されたパスワードを入力して文書を印刷します。保護された文書によっては、文書のコンテンツの印刷、編集またはコピーができないように制限されている場合があります。文書の印刷が制限されている場合は、PDF の作成者にお問い合わせください。

(Windows のみ)保護モードが干渉している

デフォルトの保護モードでは、Reader のセキュリティが大幅に向上します。保護モードが印刷と干渉しているかどうかを判断するには、一時的に保護モードを無効にします。文書を右クリックし、「ページ表示の環境設定」を選択します。左側の「一般」をクリックし、「起動時に保護モードを有効にする」を選択解除します。Reader 閉じて再起動した後、文書をもう一度印刷してみてください。

注意:

セキュリティを最大にするには、印刷が終了したら、「起動時に保護モードを有効にする」を再選択します。

文書の印刷時にファイルの保存を求めるメッセージが表示されたら

「印刷」をクリックしたときにファイルの保存を求めるメッセージが表示される場合は、印刷ダイアログの「詳細設定」をクリックし、「ファイルに出力」オプションをオフにします。

注意:

  • Adobe PDF/XPS/Send note またはその他の仮想プリンターではなく、実際のプリンター機器を選択するようにしてください。
  • Acrobat 10.X バージョンまでは印刷ダイアログ自体に「ファイルに出力」オプションがありました。

PDF 文書上の注釈を印刷するには

PDF 文書には、特定の注釈(ポップアップノートなど)がありますが、注釈は、故意に印刷しようとしない限り、デフォルトでは印刷されません。

注釈の後ろのコンテンツの表示を妨げないように、敢えてこうした設計になっています。

しかし、注釈を印刷したい場合もあるでしょう。ポップアップノートなどの注釈を印刷するには、次の手順に従います。

  1. 編集/環境設定を選択します。
  2. 「注釈」をクリックします。
  3. 「ノートとポップアップを印刷」オプションを有効にします。

印刷時に Acrobat Reader DC がクラッシュする、または「印刷」ボタンをクリックしても印刷されない

Adobe Acrobat のインストールファイルが破損していることが原因である可能性があります。この問題を解決するには、Adobe Reader/Acrobat アプリケーションの最新バージョンを使用してください。

最新バージョンでこの問題が発生する場合は、以下の手順に従ってください。

  1. Acrobat Cleaner ユーティリティを使用して、Acrobat Reader をアンインストールします。
  2. Adobe Reader を再インストールします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー