マニュアル キャンセル

Camera Raw の紹介

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop と Adobe のサービス
    1. Photoshop と Adobe Stock
    2. Creative Cloud ライブラリ
    3. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    4. Photoshop での Touch Bar の使用
    5. Photoshop で Illustrator アートワークを作業する
    6. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
    7. グリッドとガイド
    8. アクションの作成
    9. 取り消しおよびヒストリー
    10. 初期設定のショートカットキー
    11. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. ドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. 画像サイズを編集する
    23. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    24. 修復ブラシで不具合を修正する
    25. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
    26. Camera Raw ファイルの操作
    27. スマートオブジェクトの作成と操作
    28. 覆い焼きと焼き込みを使用した画像の露出調整
  5. Photoshop web 版(ベータ版)
    1. よくある質問 | Photoshop web 版(ベータ版) 
    2. ワークスペースの概要
    3. 必要システム構成 | Photoshop web 版(ベータ版)
    4. キーボードショートカット | Photoshop web 版(ベータ版)
    5. サポートされるファイルの種類 | Photoshop Web ベータ版
    6. クラウドドキュメントを開いて操作する
    7. 関係者との共同作業
    8. クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用
  6. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
    9. アプリ内でファイルとコメントを共有する
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. ドキュメントの作成
    3. Photoshop での Touch Bar の使用
    4. Photoshop での Microsoft Dial のサポート
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 作品の手軽な配信
    13. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    14. 環境設定
    15. 初期設定のショートカットキー
    16. 定規
    17. プリントしないエクストラの表示または非表示
    18. 画像のコラムの指定
    19. 取り消しおよびヒストリー
    20. パネルとメニュー
    21. ファイルの配置
    22. スナップを使用した要素の配置
    23. ものさしツールを使用した配置
    24. プリセット
    25. キーボードショートカットのカスタマイズ
    26. グリッドとガイド
  8. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. デバイスプレビュー
    4. レイヤーから CSS をコピー
    5. Web ページのスライス
    6. スライスの HTML オプション
    7. スライスのレイアウトの変更
    8. Web グラフィックの使用
    9. Web フォトギャラリーの作成
  9. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  10. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  11. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  12. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  13. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  14. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  15. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  16. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. グラデーション補間
    14. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    15. ペンツールによる描画
    16. パターンの作成
    17. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    18. パスの管理
    19. パターンライブラリとプリセットの管理
    20. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    21. テクスチャブラシの作成
    22. ブラシへの動的な要素の追加
    23. グラデーション
    24. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    25. パターンによるペイント
    26. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  17. テキスト
    1. OpenType SVG フォントの操作
    2. 文字の書式設定
    3. 段落の書式設定
    4. テキスト効果の作成方法
    5. テキストの編集
    6. 行と文字の間隔
    7. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    8. フォント
    9. フォントのトラブルシューティング
    10. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    11. テキストの入力
    12. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
    13. アジア言語スクリプト用多言語対応コンポーザー
    14. Photoshop でのテキストの追加および編集方法
  18. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  19. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  20. 保存と書き出し
    1. Photoshop でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの書き出し
    3. サポートされているファイル形式
    4. グラフィック形式でのファイルの保存
    5. Photoshop と Illustrator 間でのデザインの移動
    6. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    7. PDF ファイルを保存
    8. Digimarc 著作権保護
  21. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  22. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  23. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正
  24. コンテンツ認証情報
    1. コンテンツ認証情報の詳細
    2. NFT の ID と来歴
    3. クリエイティブ属性のアカウントの接続
  25. 3D と技術的な画像の処理
    1. Photoshop の 3D 機能 | 廃止された 3D 機能に関するよくある質問
    2. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    3. 3D オブジェクトのプリント
    4. 3D ペイント
    5. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    6. 3D の基本概念とツール
    7. 3D レンダリングと保存
    8. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    9. 画像のスタック
    10. 3D ワークフロー
    11. 計測
    12. DICOM ファイル
    13. Photoshop と MATLAB
    14. 画像内のオブジェクトのカウント
    15. 3D オブジェクトの結合と変換
    16. 3D テクスチャ編集
    17. HDR の露光量とトーンの調整
    18. 3D パネルの設定

Camera Raw ファイルについて

Camera Raw ファイルには、デジタルカメラのイメージセンサーから得られた圧縮されていない未処理グレースケール画像データと、その画像のキャプチャ方法に関する情報(メタデータ)が含まれています。Photoshop® Camera Raw ソフトウェアでは、カメラに関する情報と画像のメタデータを使用して Camera Raw ファイルが解釈され、カラー画像が生成されます。

Camera Raw ファイルは写真のネガと考えてください。このファイルはいつでも、好みの結果が得られるようにホワイトバランス、色調範囲、コントラスト、彩度およびシャープの量を調整できます。Camera Raw 画像を調整するとき、元の Camera Raw データは保持されています。おこなった調整は、対応するサイドカーファイル、データベースまたはファイル自体(DNG 形式の場合)にメタデータとして保存されます。

JPEG ファイル形式でデジタルカメラの撮影をおこなうと、カメラによって、JPEG ファイルの画像に増幅や圧縮を施す処理が自動的に実行されます。このカメラによる処理は、通常はユーザーがほとんどコントロールできません。デジタルカメラで Camera Raw 画像を撮影すると、JPEG 画像を撮影する場合に比べてファイル処理を自由にコントロールできます。Camera Raw でも JPEG 画像や TIFF 画像を編集できますが、カメラが既に処理したピクセルを編集することになります。Camera Raw ファイルには、カメラからの元の未処理ピクセルが常に含まれています。

Camera Raw 画像を撮影するには、そのカメラ独自の Camera Raw ファイル形式でファイルを保存するようにカメラを設定する必要があります。

注意:

Photoshop の汎用フォーマットは、異なるアプリケーション間やプラットフォーム間で画像の読み込みと書き出しをおこなうためのファイル形式です。Photoshop の汎用フォーマットと Camera Raw ファイル形式を混同しないようにしてください。Camera Raw ファイルのファイル拡張子は、カメラのメーカーによって異なります。

サポートするカメラの全リストは、ここを参照してください。

デジタルカメラでは、線形トーン応答曲線(ガンマ 1.0)を使用して Camera Raw データがキャプチャされ保存されています。フィルムでも肉眼でも、光に対する反応は線形的ではなく対数的(ガンマ 2 超)です。未処理の Camera Raw 画像をグレースケール画像として表示すると、非常に暗く見えます。これは、感光装置とコンピューターには 2 倍の明るさと認識される光が、肉眼には 2 倍未満の明るさに認識されるからです。

サポートされているカメラや Camera Raw の詳細については、デジタルカメラ RAW ファイルのサポートを参照してください。

カメラ名と各カメラで必要となる Camera Raw バージョンの一覧については、Camera Raw がサポートするカメラを参照してください。

Adobe Camera Raw について

Camera Raw ソフトウェアは、Adobe After Effects® と Adobe Photoshop にプラグインとして組み込まれ、さらに Adobe Bridge に追加機能を提供します。Camera Raw を使用すると、これらのアプリケーションで Camera Raw ファイルを読み込んで処理できるようになります。Camera Raw を使用して JPEG および TIFF ファイルを処理することもできます。

注意:

Camera Raw でサポートされている最大のサイズは、寸法では長辺 65,000 ピクセル、ピクセル数では 512 メガピクセルです。CMYK 画像を Camera Raw で開くと、RGB に変換して開かれます。サポートされているカメラの一覧表については、デジタルカメラ RAW ファイルのサポートを参照してください。

Adobe Bridge の Camera Raw ダイアログボックスでファイルを開くには、Photoshop または After Effects がインストールされている必要があります。ただし Photoshop や After Effects がインストールされていない場合でも、Adobe Bridge には画像のプレビューとメタデータが表示されます。画像ファイルタイプに別のアプリケーションが関連付けられている場合は、Adobe Bridge からそのアプリケーションでファイルを開くことができます。

Adobe Bridge を使用すると、画像設定を適用したり、コピーしたり、消去したりできます。また、Camera Raw ダイアログボックスを開くことなく Camera Raw ファイルのプレビューやメタデータを確認できます。Adobe Bridge で表示されるプレビューは、現在の画像設定を使用して生成された JPEG 画像です。このプレビューは Camera Raw データそのものではありません。Camera Raw データそのものは、非常に暗いグレースケール画像として表示されることがあります。

注意:プレビューが Camera Raw 画像から生成されているときは、Camera Raw ダイアログボックスのサムネールとプレビュー画像に注意アイコン が表示されます。

特定のカメラモデルに対して Camera Raw で使用される初期設定を変更できます。特定の ISO 設定またはカメラ(シリアル番号別)に対する初期設定を、カメラモデルごとに変更することもできます。画像設定は、他の画像に使用するプリセットとして変更し保存できます。

Camera Raw を使用して Camera Raw 画像に対する調整(角度補正や切り抜きを含む)をおこなうとき、画像の元の Camera Raw データは保持されています。調整内容は、Camera Raw データベースに保存されるか、画像ファイルにメタデータとして埋め込まれるか、またはサイドカー XMP ファイル(各 Camera Raw ファイルに付随するメタデータファイル)に保存されます。詳しくは、Camera Raw の設定の保存場所の指定を参照してください。

Camera Raw プラグインを使用して Camera Raw ファイルを処理および編集した後は、Adobe Bridge の画像サムネールにアイコン が表示されます。

Camera Raw ファイルを Photoshop で開いた場合は、PSD、JPEG、ビックドキュメント形式(PSB)、TIFF、Cineon、Photoshop 汎用フォーマット、PNG、PBM などの他の画像形式で画像を保存できます。Photoshop の Camera Raw ダイアログボックスから、処理済みのファイルを Digital Negative(DNG)、JPEG、TIFF または Photoshop(PSD)形式で保存できます。Adobe Camera Raw ソフトウェアでは、Camera Raw 画像ファイルを開いて編集することはできますが、画像を Camera Raw 形式で保存することはできません。

新しいバージョンの Camera Raw が出たときは、新しいバージョンのプラグインをインストールすることによってこのソフトウェアをアップデートできます。ヘルプ/アップデートを選択すると、Adobe ソフトウェアのアップデート情報を確認できます。

Camera Raw 画像の保存方法は、カメラモデルごとに異なるため、保存形式に応じてデータを解釈する必要があります。Camera Raw は様々なカメラモデルをサポートする機能を備えており、多数の Camera Raw 形式を解釈できます。

注意:

Camera Raw ファイルを開く際に問題が生じる場合は、使用している Photoshop や Lightroom のバージョンで、カメラがサポートされていない理由(英語) を参照してください。

Digital Negative(DNG)形式について

Digital Negative(DNG)形式は、未処理のデジタルカメラデータを保存するデータ形式です。特定企業が所有権を持たず、一般に公開され幅広くサポートされています。DNG を使用すると、Camera Raw データを処理したりアーカイブしたりするワークフローが柔軟になります。このため、多くのハードウェアおよびソフトウェア開発会社が DNG を採用しています。DNG 形式は、特定企業の Camera Raw 形式でキャプチャされた画像を保存し、後で別の形式で利用するための橋渡しとして使用することもできます。

DNG メタデータは一般に公開されているため、DNG をサポートするカメラで作成されたファイルは、カメラ固有のデータがなくても Camera Raw などのソフトウェアリーダーでデコードしたり処理したりできます。特定企業のファイル形式は企業の都合でサポートが中止される可能性があります。その場合、その形式で保存した画像には永久にアクセスできなくなります。DNG の仕様は一般に公開されているので、DNG ファイルで保存した未処理データは遠い将来も読み取れる可能性が高く、長期保存する方法としてより安全です。

DNG ファイルとして保存した画像への調整に関するメタデータは、サイドカー XMP ファイルや Camera Raw データベースではなく、DNG ファイル自体に埋め込めます。

Adobe DNG Converter または Camera Raw ダイアログボックスを使用すると、Camera Raw ファイルを DNG 形式に変換できます。DNG 形式および DNG Converter について詳しくは、Digital Negative(DNG)製品ページを参照してください。最新の DNG Converter をダウンロードするには、アドビダウンロードページをご利用ください。

Camera Raw を使用した画像の処理

Camera Raw ファイルをハードディスクにコピーし、整理し、DNG に変換します(オプション)。

Camera Raw ファイルで表現される画像への作業をおこなう前に、画像を利用しやすい状態にします。例えば、カメラのメモリカードからファイルを転送し、整理し、わかりやすい名前を付けます。Adobe Bridge の「写真をカメラから取り込む」コマンドを使用すると、これらの作業が自動的に完了します。

Camera Raw で画像ファイルを開きます。

Camera Raw ファイルは Adobe Bridge、After Effects または Photoshop から Camera Raw で開くことができます。Adobe Bridge から Camera Raw で JPEG および TIFF ファイルを開くこともできます

カラーを調整します。

カラー調整には、ホワイトバランス、トーンおよび彩度が含まれます。ほとんどの調整を「基本補正」タブでおこない、他のタブのコントロールは微調整に使用します。Camera Raw の自動画像分析によっておおよその色調を適用する場合は、「基本補正」タブの「自動」をクリックします。

前の画像に使用した設定を適用する場合や、そのカメラモデル、カメラまたは ISO 設定の初期設定を適用する場合は、Camera Raw 設定メニュー から適切なコマンドを選択します(保存した Camera Raw 設定の適用を参照してください)。

その他の調整や画像補正をおこないます。

Camera Raw ダイアログボックスの他のツールおよびコントロールを使用して、画像のシャープ調整、ノイズの軽減、レンズの欠点の補正、リタッチなどの作業を実行します。

(オプション)画像設定をプリセットまたは初期画像設定として保存します。

同じ調整を後で他の画像に適用する場合は、設定をプリセットとして保存します。特定のカメラモデル、特定のカメラまたは特定の ISO 設定から取得したすべての画像に適用される初期設定として調整を保存するには、その画像設定を新しい Camera Raw 初期設定として保存します(Camera Raw 設定の保存、リセットおよび読み込みを参照してください)

Photoshop のワークフローオプションを設定します。

Camera Raw からの画像の保存方法を指定するオプションと、Photoshop での画像の開き方を指定するオプションを設定します。ワークフローオプション設定にアクセスするには、Camera Raw ダイアログボックスの画像プレビューの下のリンクをクリックします。

画像を保存するか、Photoshop または After Effects で開きます。

Camera Raw での画像の調整を終えた後は、Camera Raw ファイルに調整を適用する、調整された画像を Photoshop または After Effects で開く、調整された画像を別の形式で保存する、調整をキャンセルして破棄するなどの操作を実行できます。After Effects から Camera Raw ダイアログボックスを開いた場合、「画像を保存」ボタンと「終了」ボタンは使用できません。

  • 画像を保存 Camera Raw の設定を画像に適用し、それらのコピーを JPEG、PSD、TIFF または DNG 形式で保存します。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押すと、Camera Raw の保存オプションダイアログボックスが表示されず、前回の保存オプションの設定でファイルが保存されます(別の形式での Camera Raw 画像の保存を参照してください)。
  • 画像を開くまたは OK Photoshop または After Effects で、Camera Raw 画像ファイルのコピー(Camera Raw 設定を適用)を開きます。元の Camera Raw 画像ファイルは、まったく変更されません。Photoshop で Raw ファイルをスマートオブジェクトとして開くには、Shift キーを押したまま「 画像を開く」をクリックします。Raw ファイルを含むスマートオブジェクトレイヤーをダブルクリックすれば、いつでも Camera Raw 設定を調整できます。
  • 完了 Camera Raw ダイアログボックスを閉じ、ファイル設定を Camera Raw データベースファイル、サイドカー XMP ファイルまたは DNG ファイルに保存します。
  • キャンセル Camera Raw ダイアログボックスで指定した調整をキャンセルします。

Camera Raw プラグインの概要

Adobe Camera Rawワークスペース
Photoshop での Camera Raw のワークスペース

histogram-camera-raw
Adobe Camera Raw のリボンヒストグラム

画像内のシャドウとハイライトの領域を表示するには、それぞれ左上隅のシャドウクリッピングインジケーターと右上隅のハイライトクリッピングインジケーターを使用します。シャドウはブルーのマスクで表示され、ハイライトはレッドで表示されます。

パネル

編集

ダイアログボックスの右側の編集パネルにアクセスします。

Adobe Bridge では、これらのオプションは編集/現像設定からも使用できます。

必要に応じてパネルを開いたり、折りたたんだりします。パネルで調整をおこなった後、目のアイコンを長押しすると、プレビューでそのパネルの調整を非表示にできます。プロファイルドロップダウンメニューからプロファイルを選択することもできます。必要な調整を行ったら、「完了」をクリックします。

編集パネルの詳細は次のとおりです。

  • 基本 スライダーを使用したホワイトバランス、色温度、色かぶり補正、露光量、ハイライト、シャドウなどの調整
  • カーブ カーブを使用してトーンスケールを微調整。パラメトリックカーブ、ポイントカーブ、レッドチャンネル、グリーンチャンネルブルーチャンネルから選択
  • ディテール スライダーを使用したシャープ、ノイズ軽減、カラーノイズ軽減の調整
  • カラーミキサーHSL (色相、彩度、輝度)」と「カラー」を選択して画像内の様々な色相を調整
  • カラーグレーディング カラーホイールを使用して、シャドウ、中間調ハイライトの色相を精密に調整。また、これらの色相のブレンドバランスを調整することも可能
  • レンズ 色収差やゆがみ、周辺光量補正を除去。「フリンジ軽減」を使用して、画像内のパープルまたはグリーンの色相をサンプリングし、修正することもできます。
  • ジオメトリ 様々なタイプの遠近法やレベル補正を調整。「切り抜きを固定」を選択すると、「ジオメトリ」調整を適用した後、白い境界線をすばやく削除可能
  • 効果 スライダーを使用した粒子または周辺光量補正の追加
  • キャリブレーション プロセスドロップダウンメニューから「プロセスバージョン」を選択し、「シャドウ」、「レッドプライマリ」、「グリーンプライマリ」、「ブループライマリ」のスライダーを調整

切り抜きと回転

縦横比角度を調整します。また、画像を回転したり反転したりすることもできます。

スポット削除

画像の特定の領域を修復またはコピーします。

補正ブラシ

ブラシツールを使用して、画像の特定の領域を編集します。

段階フィルター 

平行線を使用して選択範囲を作成します。選択した領域について様々なコントロールを調整します。

円形フィルター

楕円を使用して選択範囲を作成します。選択した領域について様々なコントロールを調整します。

赤目修正

画像内の赤目やペットアイを簡単に除去できます。「瞳の大きさ」または「暗くする」を調整します。

スナップショット

画像の様々な編集バージョンを作成して保存します。

プリセット

様々なスキントーンのポートレート、シネマティック、トラベル、ビンテージなどのプレミアムプリセットにアクセスして参照できます。ユーザープリセットには、ここからもアクセスできます。プリセットの上にマウスを置くとプレビューでき、クリックすると適用されます。

Adobe Camera Raw バージョン 14.4(2022年6月リリース)以降では、プリセット適用量スライダーを使用して、適用されるプリセットの適用量を制御できます。

プリセット適用量スライダー
プリセット適用量スライダーを使用して、選択したプリセットの適用量を調整します。

プレビュー

左側の選択した画像に、編集を適用したプレビューが表示されます。右下隅のアイコンをクリックすると、補正前と補正後のビューを交互に切り替えることができます。 設定を切り替えて、補正前と補正後の編集を含む画像を並行して表示できます。 パネルの目のアイコンを長押しすると、そのパネルの編集内容を一時的に非表示にすることもできます。

Camera Raw でのプレビュー
補正前と補正後の表示を交互に切り替えるか、切り替え(2 番目のアイコン)を使用して、補正前の画像を表示します。何らかの編集を行わないと、切り替えアイコンはアクティブになりません。次に示すのは、デフォルトで表示される非アクティブな切り替えアイコンです

フィルムストリップ

Camera Raw で開いた画像は、フィルムストリップに表示され、プレビューの下に配置されます。フィルムストリップを非表示にしたり、撮影日、ファイル名、星評価カラーラベルに基づいて画像を並べ替えたり、フィルターアイコンを使用して写真をフィルターしたりできます。

フィルムストリップを左のパネルに移動することもできます。これは、ポートレートの作業時に特に便利です。これをおこなうには、フィルムストリップを、Ctrl キーを押しながらクリック(macOS)/右クリック(Windows)し、フィルムストリップの向き/縦を選択します。

Camera Raw でのフィルムストリップ
次のアイコンを使用して、フィルムトリップの非表示化、フィルター、フィルムトリップ内の写真の並べ替え

その他のコントロール

ズームツール

右パネルの下部にあるズームツールを使用すると、プレビュー画像をズームインまたはズームアウトできます。ズームアイコンをダブルクリックすると、「表示サイズに合わせる」に戻ります。

フィルムストリップの下にあるズームレベルメニューを使用してズームを制御することもできます。デフォルト値は 100%に設定されています。

手のひらツール

ズームインしたら、手のひらツールを使用して、画像内の領域をあちこち移動してプレビューで表示できます。別のツールを使用しているときに手のひらツールを一時的に使用可能にするには、スペースバーを押します。手のひらツールをダブルクリックすると、プレビュー画像をウィンドウの大きさに合わせられます。

ズームツールと手のひらツール
右側パネルでのズームツールと手のひらツール

注意:

Adobe Bridge または Photoshop から Camera Raw ダイアログボックスを開いたときに使用できる、「ワークフロー」オプションリンクなどのコントロールの一部は、After Effects から Camera Raw ダイアログボックスを開いた場合は使用できません。

Adobe Bridge での Camera Raw キャッシュの使用

Adobe Bridge で Camera Raw ファイルを表示すると、サムネールおよびプレビューには初期設定またはユーザーが調整した設定が使用されます。Adobe Bridge のキャッシュには、ファイルのサムネール、メタデータおよびファイル情報に関するデータが保存されます。これらのデータがキャッシュされることにより、Adobe Bridge で以前に表示したフォルダーに戻ったときの読み込み時間が短くなります。Camera Raw のキャッシュにより、Camera Raw で画像を開く処理と、Camera Raw で画像の設定が変更された場合に Adobe Bridge のプレビューを再構築する処理が高速化されます。

キャッシュは非常に大きくなることがあるので、必要に応じて Camera Raw キャッシュのクリアやキャッシュサイズ制限の設定をおこなってください。また、キャッシュの内容が壊れているか内容が古くなっていると考えられる場合は、キャッシュをクリアして再生成してください。

注意:

Camera Raw キャッシュには、割り当てディスク容量 1 ギガバイト当たり約 200 枚の画像のデータが保持されます。初期設定では、Camera Raw キャッシュは最大サイズが 1 GB に設定されます。Camera Raw 環境設定で、この制限を大きくすることができます。

  1. Adobe Bridge で、編集/Camera Raw 環境設定(Windows)、または Bridge/Camera Raw 環境設定(macOS)を選択します。または、Camera Raw ダイアログボックスの「環境設定ダイアログを開く」ボタン をクリックします。

  2. 必要に応じて次のいずれかの操作を行います。
    • キャッシュサイズを変更する場合は、「最大サイズ」の値を入力します。
    • Camera Raw キャッシュをクリアする場合は、「キャッシュをクリア」ボタンをクリックします。
    • Camera Raw キャッシュの場所を変更する場合は、「フォルダーを選択」をクリックします。

Camera Raw と Lightroom の使用

Camera Raw と Lightroom には、アプリケーション間で差異がなく互換性のある処理結果が得られるように、同じ画像処理テクノロジーが使用されています。Lightroom の現像モジュールでおこなった画像の補正を Camera Raw で表示するには、Lightroom でメタデータの変更が XMP に保存される必要があります。

Camera Raw でおこなった補正は、Adobe Bridge のコンテンツパネルおよびプレビューパネルにも表示されます。

Lightroom での変更を Camera Raw で表示し、Camera Raw での補正を Lightroom および Adobe Bridge で表示できるようにするには、次の操作を実行します。

  1. Adobe Bridge で、編集/Camera Raw 環境設定(Windows)または Bridge/Camera Raw 環境設定(Mac OS)を選択します。または、Camera Raw ダイアログボックスを開いた状態で、「環境設定ダイアログを開く」ボタン をクリックします。

  2. 画像設定の保存先/サイドカー ".xmp" ファイルを選択し、「サイドカー ".xmp" ファイルを無視」の選択を解除します。
  3. Camera Raw で写真に補正を適用したら、「完了」または「画像を開く」をクリックして補正内容を保存します。
注意:

Camera Raw では、Lightroom カタログ内のプライマリ画像の現在の設定しか読み取られません。仮想コピーに対する補正は、Camera Raw からは表示も使用もできません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン