問題点

プリセットパネルを開く際に、Lightroom CC 1.4(2018 年 6 月リリース)がクラッシュします。

影響を受ける製品バージョン

Lightroom CC 1.4

オペレーティングシステム

Windows および macOS

解決策

この問題は、Lightroom CC 1.5 (2018 年 8 月リリース)で修正されました。

Lightroom Clasic CC を最新バージョンにアップデートするには、ヘルプ/アップデートと選択します。

詳細については、Creative Cloud アプリをアップデートを参照してください。

回避策

  1. User Presets フォルダーの名前を変更します。

    ファイルエクスプローラー(Win)または Finder(Mac)で、以下に記載のフォルダーパスに移動します。

    Windows: \Users\[ユーザー]\AppData\Roaming\Adobe\Lightroom CC\Develop Presets

    Mac: /Users/[ユーザー名]/Library/Application Support/Adobe/Lightroom CC/Develop Presets

    Develop Presets フォルダーの下にある、User Presets フォルダーを確認し、一時的に任意の別の名前に変更します。

  2. Lightroom CC を起動して、プリセットパネルを開きます。

    これでクラッシュの問題は解決されます。

  3. (オプション)プリセットパネルで、プリセットグループの名前を再度ユーザープリセットに変更できるようになります。

    プリセットグループを右クリック(Win)/Control キーを押しながらクリック(Mac)して、ポップアップメニューから「名前変更」を選択します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー