切り抜きとは、構図の焦点や強調部分を作成するために、写真の一部を取り除く処理です。切り抜きツールを使用して、Photoshop 内の写真の切り抜きと角度補正を行います。切り抜きツールは非破壊ツールなので、切り抜いたピクセルを選択して保存し、後で切り抜きの境界線を最適化できます。また、切り抜きの操作時は直感的に写真の角度補正を行うことができます。

ビジュアルガイドにより、すべての操作で対話型のプレビューを利用できます。写真の切り抜きまたは角度補正を行う際は、リアルタイムのフィードバックにより最終結果を視覚化できます。

写真の切り抜き

  1. ツールバーから、切り抜きツール を選択します。写真のエッジで境界線表示を切り抜きます。

  2. 新しい切り抜き範囲を描画するか、コーナーとエッジハンドルをドラッグして、写真に切り抜き境界線を指定します。

  3. (オプション)コントロールバーを使用して切り抜きオプションを指定します。

    コントロールバーを使用して切り抜きオプションを指定します
    Creative Cloud 切り抜きツールのオプションバー

    A. 縦横比メニュー B. 幅と高さの値を入れ替え C. オーバーレイオプション 

    サイズと縦横比

    切り抜きボックスの比率とサイズを選択します。プリセットを選択する、任意の値を入力する、または将来使用するために独自のプリセット値を定義することができます。

    オーバーレイオプション

    表示を選択して、切り抜き時にオーバーレイガイドを表示します。三分割法、グリッド、黄金比などのガイドを利用できます。すべてのオプションを順番に表示するには、O キーを押します。

    切り抜きオプション

    設定(歯車アイコン)メニューをクリックし、追加の切り抜きオプションを指定します。

    クラシックモードを使用

    以前のバージョン(CS5 以前)の Photoshop と同じように切り抜きツールを使用したい場合はこのオプションを有効にします。

    自動中央揃えのプレビュー

    カンバスの中央にプレビューを配置するには、このオプションを有効にします。

    切り抜き範囲を表示

    切り抜いた範囲を表示するには、このオプションを有効にします。このオプションが無効の場合は、最終的な範囲でプレビューされます。

    切り抜きシールドを有効にする

    切り抜きシールドを使用して、切り抜き範囲を着色して重ね合わせます。カラーと不透明度を指定できます。「不透明度を自動調整」を有効にした場合、切り抜き境界線を編集すると、不透明度は低下します。

    切り抜いたピクセルを削除

    このオプションを無効にして、非破壊切り抜きを適用すると、ピクセルは切り抜き境界線の外側に保存されます。非破壊切り抜きではピクセルは一切削除されません。後でこの画像をクリックして、現在の切り抜き境界線の外側の範囲を見ることができます。

    このオプションを有効にすると、切り抜き範囲の外側にあるピクセルがすべて削除されます。これらのピクセルは消失するため、将来の調整に使用することはできません。

    注意:

    切り抜きボックスを右クリックし、コンテキストメニューから一般的な切り抜きオプションにアクセスします。

  4. Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押して、写真を切り抜きます。

切り抜き機能について詳しくは、ビデオ写真の不要な部分を切り抜くを参照してください。

次の更新が、Photoshop CS6 の Creative Cloud リリースに導入されました。

  • 前景および縦横比メニューの新しいプリセットが変更されました。
  • 二重矢印のアイコンをクリックすると、高さの値を入れ替えることで、切り抜きの方向が変更されます。このアイコンは、「切り抜きボックスを回転」ボタンを置き換えます。
  • 縦横比メニューから「幅 x 高さ x 解像度」を選択すると、オプションバーに解像度フィールドが表示され、高さの値が自動的に挿入されます。
  • 「消去」ボタンをクリックすると、オプションバー内の高さフィールドの値が消去されます。表示される場合、解像度フィールド内の値も消去されます。
  • 前景に対応するキーボードショートカットが、切り抜きツールと遠近法の切り抜きツールの両方に対して、F から I に変更されました。

切り抜きのコンテンツに応じた塗りつぶし

Photoshop CC 2015.5 リリースで導入

Photoshop CC では、コンテンツに応じた技術が搭載され、切り抜きツールを使用して画像の角度補正や回転、および画像の元のサイズよりもさらに大きくカンバスを拡大して、空白をインテリジェントに塗りつぶしできます。

次の手順に従います。

  1. ツールバーから、切り抜きツール()を選択します。写真のエッジで境界線表示を切り抜きます。
  2. オプションバーで、「コンテンツに応じる」を選択します。初期設定の切り抜き長方形は、画像全体を含めるために拡大できます。
  1. 画像の周りのハンドルを使用して、角度補正や回転を行います。または、画像の元のサイズよりもさらに大きくカンバスを拡大します。
  2. 満足する結果が得られた場合は、オプションバーで をクリックして、切り抜き操作を確定します。Photoshop では、画像内の空白領域をインテリジェントに塗りつぶします。

例:切り抜きのコンテンツに応じた塗りつぶし

例 1

例 2

注意:

切り抜きのコンテンツに応じた塗りつぶしは、切り抜きツールのクラシックモードでサポートされていません。クラッシックモードを無効にするには、次の操作を行います。

  1. 選択済みの切り抜きツールで、ツールバーの切り抜きの追加オプションを設定アイコンをクリックします。
  2. メニューで表示している設定で、「クラシックモードを使用」を無効にします。

切り抜きツール | クラッシックモードを無効にする

写真を切り抜きながら角度補正

注意:

Photoshop CC の最新リリースを使用している場合は、切り抜きのコンテンツに応じた塗りつぶしを使用して、画像の角度補正ができます。

写真を切り抜きながら、角度補正ができます。写真を回転させて、まっすぐに調整します。カンバスは回転ピクセルを調整できるように自動的にサイズ変更されます。

切り抜きツールを使用して写真を回転させ角度補正する
切り抜きツールを使用して写真を回転させ角度補正する

  • 写真を角度補正するには、次のいずれかの操作を行います。

    • コーナーハンドルの少し外側にポインターを配置し、画像をドラッグして回転させます。切り抜きボックス内にグリッドが表示され、画像がそのグリッドの背後で回転します。
    • コントロールバーの「角度補正」をクリックし、角度補正ツールを使用して基準線を引き、写真を角度補正します。例えば、水平にまたはエッジに沿って線を引き、その線に合わせて画像を角度補正します。

ゆがんだ画像の角度補正のビデオを参照してください。切り抜きツールを使用した画像の角度補正について説明しています。

切り抜き時の遠近法の変形

遠近法の切り抜きツールを使用すると、切り抜き時に画像の遠近法を変形できます。台形ひずみが含まれる画像を操作する際に遠近法の切り抜きツールを使用します。台形ひずみは、オブジェクトの写真を正面からではなく斜めから撮影すると発生します。例えば、高いビルの写真を地上から撮影すると、ビルの上端の辺は下端の辺より短く写ります。

Photoshop 遠近法の変更
遠近法を変更するための手順

A. 元の画像 B. 切り抜き選択範囲を調整し、オブジェクトのエッジに合わせる C. 最終的な画像 
  1. 画像の遠近法を修正するには、切り抜きツールを押したまま、遠近法の切り抜きツールを選択します。

  2. ゆがんだオブジェクトの周囲に選択範囲を描画します。選択範囲のエッジをオブジェクトの長方形のエッジに合わせます。

  3. Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押して、遠近法の切り抜きを完了します。

詳しくは、ビデオ写真の遠近法を調整するを参照してください。

切り抜きツールを使用したカンバスサイズの変更

切り抜きツールを使用して、画像のカンバスサイズを変更できます。

  1. ツールバーから、切り抜きツール を選択します。画像のエッジで境界線表示を切り抜きます。

  2. 切り抜きハンドルを外側にドラッグし、カンバスを拡大します。Alt キーまたは Option キーを使用して、すべての側面から拡大します。

  3. Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押して、アクションを確定します。

カンバスサイズを変更するには、イメージカンバスサイズを選択します。詳しくは、カンバスサイズの変更、またはチュートリアルビデオカンバスサイズについてを参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー