Photoshop レイヤーについて

Photoshop のレイヤーは、積み重ねられた透明フィルムのようなものです。レイヤーの透明部分では、下のレイヤーが透けて見えます。レイヤーは、透明フィルムをスライドさせるように動かして、レイヤーのコンテンツを希望の位置に配置することができます。また、レイヤーの不透明度を変更して、コンテンツを部分的に透明にすることもできます。

Photoshop レイヤーのシンプルな図
レイヤーの透明部分では、その下にあるレイヤーが透けて見えます。

レイヤーを使用すると、複数の画像を使った合成や、画像への文字入力、ベクトルシェイプの追加などを行うことができます。レイヤースタイルを適用すると、ドロップシャドウや光彩などの特殊効果を追加できます。

レイヤーの概要

レイヤーの概要
Train Simple

Photoshop レイヤーの整理

新規に作成した画像には、1 つのレイヤーがあります。画像に追加できるレイヤー、レイヤー効果、レイヤーセットの数は、コンピューターのメモリ容量によって決まります。

レイヤーを処理するには、レイヤーパネルを使用します。レイヤーグループは、レイヤーを編成したり、管理する際に使用できます。グループを使用すると、論理的な順序でレイヤーを並べたり、レイヤーパネルの内容を整頓したりすることができます。レイヤーグループ内には、他のレイヤーグループを入れ子にすることができます。また、グループを使用して、複数のレイヤーに同時に属性やマスクを適用することもできます。

レイヤーの操作に関する役に立つヒントについては、チュートリアルビデオレイヤーとレイヤーグループの整理を参照してください。

非破壊編集のための Photoshop レイヤー

レイヤーには、識別しにくいコンテンツが含まれていることがあります。例えば、調整レイヤーは、その下にある複数のレイヤーのカラーや階調を調整するためのものです。調整レイヤーを使えば、下のレイヤーにあるピクセルを変更せずに画像を調整することができます。

1 つ以上のコンテンツレイヤーを含むスマートオブジェクトという特殊なレイヤーもあります。スマートオブジェクトは、画像のピクセルを直接編集せずに、拡大・縮小、ゆがみ、変形などを適用することができます。または、スマートオブジェクトを Photoshop 画像に配置した後、個別の画像として編集することもできます。スマートオブジェクトには、スマートフィルター効果を適用できます。これを使用すると、フィルターを後で微調整したりフィルター効果を削除するなど、非破壊的な(元のデータを損なわない)方法で画像にフィルターを適用できます。非破壊編集スマートオブジェクトの操作を参照してください。

ビデオレイヤー

ビデオレイヤーを使用すると、画像にビデオを追加できます。ビデオクリップをビデオレイヤーとして画像に読み込んだ後、レイヤーへのマスク、変形、レイヤー効果の適用、または個別のフレームへのペイントを行ったり、個別フレームをラスタライズした後で標準レイヤーに変換したりすることができます。タイムラインパネルを使用すると、その画像内でビデオを再生したり、個別のフレームにアクセスしたりできます。サポートされているビデオおよび画像シーケンスの形式を参照してください。

Photoshop レイヤーパネルの概要

Photoshop のレイヤーパネルには、画像に含まれているすべてのレイヤー、レイヤーグループおよびレイヤー効果が一覧表示されます。レイヤーパネルを使用すると、レイヤーの表示と非表示を切り替えたり、新しいレイヤーを作成したり、レイヤーグループを操作したりすることができます。追加のコマンドやオプションはレイヤーパネルメニューから使用できます。

Photoshop レイヤーパネル
Photoshop レイヤーパネル

A. レイヤーパネルメニュー B. フィルター C. レイヤーグループ D. レイヤー E. レイヤー効果の展開と折りたたみ F. レイヤー効果 G. レイヤーサムネール 

Photoshop レイヤーパネルの表示

  • ウィンドウ/レイヤーを選択します。

Photoshop レイヤーパネルメニューでのコマンドの選択

  • パネルの右上隅にある三角形をクリックします。

Photoshop レイヤーのサムネールのサイズ変更

  • レイヤーパネルメニューから「パネルオプション」を選択し、サムネールサイズを選択します。

サムネールの内容の変更

  • レイヤーパネルメニューから「パネルオプション」を選択し、「ドキュメント全体を表示」を選択すると、ドキュメント全体の内容を表示します。「レイヤー範囲のみを表示」を選択すると、レイヤー上のオブジェクトが含まれるピクセルだけをサムネールに表示します。

    注意:

    サムネールを非表示にすると、パフォーマンスが向上し、画面領域も広く使用できるようになります。

グループの展開と折りたたみ

Photoshop レイヤーのフィルター

レイヤーパネルの上部にあるフィルタリングオプションを使用すると、複雑なドキュメント内で主要なレイヤーをすばやく見つけることができます。名前、種類、効果、モード、属性、カラーラベルに基づいてレイヤーのサブセットを表示できます。

Photoshop レイヤーパネルにある「フィルターレイヤー」オプション
レイヤーパネルにある「フィルターレイヤー」オプション

  1. ポップアップメニューからフィルターの種類を選択します。

  2. フィルターの条件を選択するか、入力します。

  3. 切り替えスイッチをクリックして、レイヤーフィルタリングのオンとオフを切り替えます。

背景と Photoshop レイヤーの変換

背景が白またはカラーの画像を新規に作成すると、レイヤーパネルの一番下の画像が背景レイヤーになります。1 つの画像に含めることができる背景レイヤーの数は 1 つだけです。背景レイヤーの重なり順、描画モードまたは不透明度を変更することはできません。ただし、背景レイヤーを通常のレイヤーに変換し、この属性を変更することはできます。

透明な内容を含む画像を新規に作成したときには、その画像には背景レイヤーがありません。一番下のレイヤーには背景レイヤーのような制限がありませんので、レイヤーパネルで任意の場所に移動したり、不透明度や描画モードを変更することができます。

背景を Photoshop レイヤーに変換

  1. レイヤーパネルで背景をダブルクリックするか、レイヤー/新規/背景からレイヤーへを選択します。

  2. レイヤーオプションを設定します(レイヤーとグループの作成を参照)。

  3. 「OK」をクリックします。

Photoshop レイヤーから背景への変換

  1. Photoshop レイヤーパネルからレイヤーを選択します。

  2. レイヤー/新規/レイヤーから背景へを選択します。

    レイヤー内の透明ピクセルが背景色に変換され、レイヤーはレイヤーの重なり順の一番下に移動します。

    注意:

    通常のレイヤーに「背景」という名前を付けても背景レイヤーにはなりません。「レイヤーから背景へ」コマンドを使用してください。

ビデオチュートリアル | 背景レイヤーを通常のレイヤーに変換する

ビデオチュートリアル | 背景レイヤーを通常のレイヤーに変換する
スコット ケルビー

Photoshop レイヤーの複製

画像内でレイヤーを複製したり、別の画像や新しい画像にレイヤーを複製したりすることができます。

画像内での Photoshop レイヤーまたはグループの複製

  1. レイヤーパネルでレイヤーまたはグループを選択します。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • レイヤーまたはグループを、新規レイヤーを作成ボタン にドラッグします。

    • レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから、「レイヤーを複製」または「グループを複製」を選択します。レイヤーまたはグループの名前を入力し、「OK」をクリックします。

別の画像内に Photoshop レイヤーまたはグループを複製します。

  1. コピー元とコピー先の画像を開きます。

  2. コピー元の画像のレイヤーパネルで、レイヤーまたはレイヤーグループを選択します。

  3. 次のいずれかの操作を行います。

    • レイヤーパネルからレイヤーまたはグループをコピー先の画像にドラッグします。

    • 移動ツール を選択し、元の画像をコピー先の画像にドラッグします。複製されたレイヤーまたはグループが、コピー先画像のレイヤーパネルに追加されます。Shift キーを押しながらドラッグすると、画像の内容が、コピー元の画像と同じ場所(コピー元とコピー先の画像のピクセル寸法が同じ場合)、またはドキュメントウィンドウの中央(コピー元とコピー先の画像のピクセル寸法が異なる場合)にコピーされます。

    • レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから、「レイヤーを複製」または「グループを複製」を選択します。ドキュメントポップアップメニューからコピー先のドキュメントを選択し、「OK」をクリックします。

    • 選択範囲/すべてを選択して、レイヤー上の全ピクセルを選択し、編集/コピーを選択します。次に、コピー先の画像で、編集/ペーストを選択します(この方法では、ピクセルだけがコピーされ、描画モードなどのレイヤープロパティはコピーされません)。

Photoshop レイヤーまたはグループからのドキュメントの新規作成

  1. レイヤーパネルでレイヤーまたはグループを選択します。

  2. レイヤーメニューまたはレイヤーパネルメニューから、「レイヤーを複製」または「グループを複製」を選択します。

  3. ドキュメントポップアップメニューから「新規」を選択し、「OK」をクリックします。

表示されたすべての Photoshop レイヤーからのサンプル

混合ブラシ、自動選択ツール、指先ツール、ぼかしツール、シャープツール、塗りつぶしツール、コピースタンプツール、修復ブラシツールは、初期設定ではアクティブレイヤーに含まれるピクセルだけからカラーをサンプルします。つまり、1 つのレイヤーだけで、こすったりサンプルしたりすることができます。

  • 表示されているすべてのレイヤーのピクセルをこれらのツールでこすったりサンプルしたりするには、オプションバーから「全レイヤーを対象」を選択します。

透明部分の環境設定の変更

  1. Windows では、編集/環境設定/透明部分・色域を選択します。Mac OS では、Photoshop/環境設定/透明部分・色域を選択します。
  2. 「透明色の設定」でグリッドサイズとグリッドカラーを選択します。透明なチェッカーパターンを非表示にするには、グリッドサイズで「なし」を選択します。
  3. 「OK」をクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー