レイヤー効果とレイヤースタイル

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop と Adobe のサービス
    1. Photoshop と Adobe Stock
    2. Creative Cloud ライブラリ
    3. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    4. グリッドとガイド
    5. アクションの作成
    6. 取り消しおよびヒストリー
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    9. Photoshop での Touch Bar の使用
    10. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. クラウドドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. システム要件 1.x | Photoshop iPad 版
    23. システム要件 2.x | Photoshop iPad 版
    24. 画像サイズを編集する
    25. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    26. 修復ブラシで不具合を修正する
    27. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
  5. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
  6. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. ドキュメントの作成
    3. Photoshop での Touch Bar の使用
    4. Photoshop での Microsoft Dial のサポート
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 作品の手軽な配信
    13. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    14. 環境設定
    15. 初期設定のショートカットキー
    16. 定規
    17. プリントしないエクストラの表示または非表示
    18. 画像のコラムの指定
    19. 取り消しおよびヒストリー
    20. パネルとメニュー
    21. ファイルの配置
    22. スナップを使用した要素の配置
    23. ものさしツールを使用した配置
    24. プリセット
    25. キーボードショートカットのカスタマイズ
    26. グリッドとガイド
  7. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. Photoshop でのファイルの書き出し
    4. デバイスプレビュー
    5. レイヤーから CSS をコピー
    6. Web ページのスライス
    7. スライスの HTML オプション
    8. スライスのレイアウトの変更
    9. Web グラフィックの使用
    10. Web フォトギャラリーの作成
  8. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  9. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  10. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  11. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  12. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  13. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  14. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  15. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    14. ペンツールによる描画
    15. パターンの作成
    16. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    17. パスの管理
    18. パターンライブラリとプリセットの管理
    19. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    20. テクスチャブラシの作成
    21. ブラシへの動的な要素の追加
    22. グラデーション
    23. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    24. パターンによるペイント
    25. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  16. テキスト
    1. OpenType SVG フォントの操作
    2. 文字の書式設定
    3. 段落の書式設定
    4. テキスト効果の作成方法
    5. テキストの編集
    6. 行と文字の間隔
    7. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    8. フォント
    9. フォントのトラブルシューティング
    10. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    11. テキストの入力
    12. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
    13. アジア言語スクリプト用多言語対応コンポーザー
    14. Photoshop でテキストを追加および編集する方法
  17. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  18. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  19. 保存と書き出し
    1. グラフィック形式でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの保存
    3. ファイル形式
    4. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    5. PDF ファイルを保存
    6. Digimarc 著作権保護
  20. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  21. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  22. 3D と技術的な画像の処理
    1. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    2. 3D オブジェクトのプリント
    3. 3D ペイント
    4. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    5. 3D の基本概念とツール
    6. 3D レンダリングと保存
    7. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    8. 画像のスタック
    9. 3D ワークフロー
    10. 計測
    11. DICOM ファイル
    12. Photoshop と MATLAB
    13. 画像内のオブジェクトのカウント
    14. 3D オブジェクトの結合と変換
    15. 3D テクスチャ編集
    16. HDR の露光量とトーンの調整
    17. 3D パネルの設定
  23. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正

Photoshop では、シャドウ、光彩、ベベルなどの様々な効果を使用して、レイヤーの内容の外観を非破壊的な方法ですばやく変更できます。レイヤー効果は、レイヤーの内容にリンクされています。レイヤーの内容を移動または編集すると、変更された内容にも同じ効果が適用されます。例えば、テキストレイヤーにドロップシャドウを適用した後、新しいテキストを追加した場合、新しいテキストにも自動的にシャドウが追加されます。

レイヤースタイルは、レイヤーまたはレイヤーグループに適用された 1 つ以上の効果です。Photoshop に用意されているプリセットスタイルを適用することも、レイヤースタイルダイアログボックスを使用してカスタムスタイルを作成することもできます。レイヤーパネルのレイヤー名の右にレイヤー効果アイコン  が表示されます。レイヤーパネルでスタイルを展開し、スタイルを構成している効果を表示したり、編集したりすることができます。

単一のレイヤースタイルで複数の効果を適用できます。また、いくつかの効果の複数のインスタンスで、1 つのレイヤースタイルを構成することができます。

Photoshop レイヤーパネル
複数の効果が適用されたレイヤーを表示するレイヤーパネル

A. レイヤー効果アイコン B. クリックしてレイヤー効果を展開および表示 C. レイヤー効果 

カスタムスタイルを保存すると、そのスタイルがプリセットスタイルとなります。プリセットスタイルはスタイルパネルに表示され、マウスを 1 回クリックするだけでレイヤーやグループに適用できます。

Photoshop で新しいプリセットを使用する方法

Photoshop の新しく改善されたプリセットパネルの適用方法について説明します。Julieanne Kost が、スウォッチ、パターン、グラデーション、スタイルおよびシェイプについて詳しく解説します。

Julieanne Kost

プリセットスタイルの適用

スタイルパネルからプリセットスタイルを適用できます。Photoshop で提供されているレイヤースタイルは、機能別のライブラリにグループ化されています。例えば、あるライブラリには Web 用のボタンを作成するためのスタイルが保存され、別のライブラリにはテキストに効果を適用するためのスタイルが保存されています。これらのスタイルにアクセスするには、適切なライブラリを読み込む必要があります。スタイルの読み込みや保存について詳しくは、プリセットスタイルの作成と管理を参照してください。

注意:

背景、ロックされたレイヤー、グループには、レイヤースタイルを適用できません。

スタイルパネルの表示

  1. ウィンドウ/スタイルを選択します。

プリセットスタイルのレイヤーへの適用

通常、プリセットスタイルを適用すると、現在のレイヤースタイルが置き換えられます。ただし、現在のスタイルの属性に 2 番目のスタイルの属性を追加することはできます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • スタイルパネルでスタイルをクリックすると、現在選択されているレイヤーにそのスタイルが適用されます。

    • スタイルパネルからレイヤーパネルのレイヤーにスタイルをドラッグします。

    • スタイルパネルのスタイルをドキュメントウィンドウにドラッグし、スタイルを適用するレイヤーの内容上でマウスボタンを放します。

      :Shift キーを押しながらクリックまたはドラッグした場合は、適用先のレイヤーの既存の効果がそのスタイルに置き換えられるのではなく、既存の効果にスタイルが追加されます。

    • レイヤー/レイヤースタイル/レイヤー効果を選択し、レイヤースタイルダイアログボックスで「スタイル」という文字列(ダイアログボックスの左側の一覧に含まれる最上部の項目)をクリックします。適用するスタイルをクリックし、「OK」をクリックします。

    • シェイプツールまたはペンツールをシェイプレイヤーモードで使用している場合は、シェイプを描画する前に、オプションバーのポップアップパネルからスタイルを選択します。

    注意:

    一部の効果には、1つのレイヤースタイルに複数回適用できることを示す、+アイコンがあります。

別のレイヤーへのスタイルの適用

  • スタイルを別のレイヤーにコピーするには、レイヤーパネルで、レイヤーの「効果」を別のレイヤーに、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながらドラッグします。
  • スタイルを別のレイヤーに移動するには、レイヤーパネルで、レイヤーの「効果」をクリックし、別のレイヤーにドラッグします。

プリセットスタイルの表示方法の変更

  1. スタイルパネル、レイヤースタイルダイアログボックスの「スタイル」セクション、オプションバーのスタイルポップアップパネルのいずれかで、右上の三角形をクリックします。
  2. パネルメニューから表示オプションを選択します。
    • 「テキスト表示」では、レイヤースタイルがリスト表示されます。

    • 「サムネール(小)を表示」または「サムネール(大)を表示」では、レイヤースタイルがサムネールで表示されます。

    • 「リスト(小)を表示」または「リスト(大)を表示」では、レイヤースタイルがサムネール付きでリスト表示されます。

レイヤースタイルダイアログボックスの概要

レイヤースタイルダイアログボックスを使用して、レイヤーに適用するスタイルを編集したり、新しいスタイルを作成したりすることができます。

Photoshop レイヤースタイルダイアログボックス
レイヤースタイルダイアログボックス。チェックボックスをクリックすると、効果のオプションを表示せずに現在の設定を適用できます。効果名をクリックすると、効果のオプションが表示されます。

次の効果を使用してカスタムスタイルを作成できます。

  • ドロップシャドウ:レイヤーの内容の背後にシャドウを追加します。
  • シャドウ(内側):レイヤーの内容のエッジの内側にシャドウを追加し、窪んでいるように見せることができます。
  • 光彩(外側)と光彩(内側):レイヤーの内容のエッジの外側または内側から放射する光彩を追加します。
  • ベベルとエンボス:ハイライトとシャドウの様々な組み合わせをレイヤーに追加します。
  • サテン:レイヤーの形状に応じた陰影(特につや出し仕上げのような効果)をレイヤー内に適用します。
  • カラー、グラデーション、およびパターンオーバーレイ:レイヤーの内容をカラー、グラデーション、またはパターンで塗りつぶします。
  • ストローク:カラー、グラデーションまたはパターンを使用して、現在のレイヤー上のオブジェクトにアウトラインを作成します。これは、文字のように硬いエッジを持つシェイプを描画するのに特に便利です。

カスタムレイヤースタイルの適用または編集

注意:

背景レイヤー、ロックされたレイヤー、グループには、レイヤースタイルを適用できません。背景レイヤーにレイヤースタイルを適用するには、まず背景レイヤーを通常のレイヤーに変換します。

  1. レイヤーパネルからレイヤーを 1 つ選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーのレイヤー名およびサムネール以外の場所をダブルクリックします。

    • レイヤーパネルの下部にあるレイヤースタイルを追加アイコン をクリックして、リストから効果を選択します。

    • レイヤー/レイヤースタイルを選択し、サブメニューから効果を選択します。

    • 既存のスタイルを編集するには、レイヤーパネルで、レイヤー名の下に表示されている効果をダブルクリックします(レイヤースタイルを追加アイコン の隣にある三角形をクリックして、スタイルに含まれている効果を表示します)。

  3. レイヤースタイルダイアログボックスで効果オプションを設定します。詳しくは、レイヤースタイルオプションを参照してください。
  4. 必要に応じて、スタイルに他の効果を追加します。レイヤースタイルダイアログボックスで、効果名の左側にあるチェックボックスをクリックすると、各効果のオプションが初期設定のまま追加されます。
    注意:

    レイヤースタイルダイアログボックスを閉じずに、複数の効果を編集できます。ダイアログボックスの左側で効果の名前をクリックして、効果のオプションを表示します。

スタイルの初期設定値のカスタム値への変更

  1. レイヤースタイルダイアログボックスで、設定をカスタマイズします。
  2. 「初期設定にする」をクリックします。

    次にダイアログボックスを開くときに、カスタム初期設定が自動的に適用されます。設定を調整した後にカスタム初期設定に戻る場合は、「初期設定に戻す」をクリックします。

レイヤースタイルオプション

Photoshop 21.2 以降では、角度を設定してパターンオーバーレイを回転させ、方向を簡単に変更することもできます。

高度

ベベルとエンボス効果について、光源の高さを設定します。0 に設定すると真横に相当し、90 はレイヤーの真上です。

角度

照明角度またはグラデーション角度を決定します。ドキュメントウィンドウ内のドラッグ操作によって、パターンオーバーレイ、ドロップシャドウ、シャドウ(内側)、サテン効果の角度を調整することができます。

アンチエイリアス

輪郭または光沢輪郭のエッジピクセルを合成します。このオプションは、複雑な輪郭を持つ小さいシャドウで特に役立ちます。

描画モード

このレイヤースタイルを下のレイヤーとどのように合成するかを指定します。合成対象となるレイヤーには、効果を設定するアクティブレイヤーが含まれる場合もあります。例えば、シャドウ(内側)は、効果がアクティブレイヤーの上に描画されるので、アクティブレイヤーと合成されます。一方、ドロップシャドウは、アクティブレイヤーより下のレイヤーとだけ合成されます。多くの場合、初期設定のモードを使用して効果を適用すると最良の結果が得られます。詳しくは、描画モードを参照してください。

チョーク

シャドウ(内側)または光彩(内側)のマットの境界線を、ぼかしを行う前に縮小します。

カラー

シャドウ、光彩またはハイライトのカラーを指定します。カラーボックスをクリックし、カラーを選択できます。

輪郭

単一色の光彩で、透明のリングを作成できます。グラデーションで塗りつぶした光彩を使用すると、グラデーションカラーと不透明部分が反復するバリエーションを作成できます。ベベルとエンボスでは、輪郭を使用して、エンボス処理で陰影が付けられた立体的な折り返し、谷、山を作成できます。シャドウを使用すると、輪郭にフェードを指定できます。詳しくは、輪郭を使用したレイヤー効果の変更を参照してください。

距離

シャドウ効果またはサテン効果のオフセット距離を指定します。ドキュメントウィンドウ内のドラッグ操作によってオフセット距離を調整することができます。

深さ

ベベルの深さを指定します。深さは、パターンの深さも指定します。

包括光源を使用

この設定を使用すると、陰影を使用するすべてのレイヤー効果(ドロップシャドウ、シャドウ(内側)、ベベルとエンボス)で使用できる「マスター」光源の角度を設定できます。これらの効果のいずれかで、「包括光源を使用」を選択し、光源の角度を設定している場合、その角度が包括光源の角度になります。「包括光源を使用」を選択している他のすべての効果では、同じ角度の設定が自動的に継承されます。「包括光源を使用」の選択を解除すると、設定した光源の角度は「ローカル」になり、その効果にのみ適用されます。レイヤースタイル/包括光源を選択して、包括光源の角度を設定することもできます。

光沢輪郭

光沢のある金属のような外観を作成します。光沢輪郭は、ベベルまたはエンボスへの陰影付けの後に適用されます。

グラデーション

レイヤー効果のグラデーションを指定します。グラデーションをクリックしてグラデーションエディターを表示します。または、下向き矢印をクリックし、ポップアップパネルからグラデーションを選択します。グラデーションエディターを使用してグラデーションを編集および作成できます。グラデーションオーバーレイパネルでは、グラデーションエディターと同じ方法でカラーや不透明度を編集できます。効果によっては、追加のグラデーションオプションを指定できます。「逆方向」は、グラデーション方向を反転します。「シェイプ内で作成」は、シェイプの大きさに合わせてグラデーション塗りつぶしを計算します。「比率」は、グラデーションの適用率を決定します。画像ウィンドウ内をクリックしてドラッグして、グラデーション中心を移動することもできます。「スタイル」はグラデーション形状を指定します。

ハイライトのモードまたはシャドウのモード

ベベルまたはエンボスの描画モード(ハイライトまたはシャドウ)を指定します。

適用度

グラデーションカラーと不透明度の適用度を変化させます。

レイヤーがドロップシャドウをノックアウト

半透明レイヤーにおける、ドロップシャドウの可視性を指定します。

ノイズ

光彩またはシャドウの不透明度のランダムエレメントの量を指定します。値を入力するか、スライダーをドラッグします。

不透明度

レイヤー効果の不透明度を設定します。値を入力するか、スライダーをドラッグします。

パターン

レイヤー効果のパターンを指定します。ポップアップパネルをクリックしてパターンを選択します。角度セレクターを特定の角度に設定するか、角度値を手動で入力して、パターンを目的の角度で回転させます。現在のパターンからプリセットを作成ボタン をクリックして、現在の設定に基づく新しいプリセットパターンを作成します。「元の場所にスナップ」をクリックすると、「レイヤーにリンク」が選択されている場合は、パターンの原点がドキュメントの原点と同じになり、「レイヤーにリンク」が選択されていない場合は、レイヤーの左上隅に原点が配置されます。レイヤーが移動したときにパターンも移動するようにするには、「レイヤーにリンク」を選択します。パターンのサイズを指定するには、比率スライダーをドラッグするか、値を入力します。パターンをドラッグしてレイヤー内に配置します。位置をリセットするには、「元の場所にスナップ」ボタンを使用します。パターンが 1 つも読み込まれていないときには、「パターン」オプションは使用できません。

位置

境界線効果の位置として、「外側」、「内側」、「中央」のいずれかを指定します。

範囲

輪郭の対象となる光彩部分または光彩範囲を設定します。

サイズ

半径、ぼかしのサイズ、またはシャドウサイズを指定します。

ソフト

陰影付けの結果をぼかして、不要なピクセルが生成されないようにします。

ソース

内側の光彩のソースを指定します。「中央」を選択すると、レイヤーの内容の中央から放射する光彩が適用され、「エッジ」を選択するとレイヤーの内容のエッジから放射する光彩が適用されます。

スプレッド

ぼかしの前にマット境界を拡張します。

スタイル

ベベルのスタイルを指定します。「ベベル(内側)」を指定すると、レイヤー内容のエッジの内側にベベルが作成され、「ベベル(外側)」を指定すると、レイヤー内容のエッジの外側にベベルが作成されます。「エンボス」を指定すると、下のレイヤーに対してレイヤー内容のエンボス効果がシミュレートされます。「ピローエンボス」を指定すると、レイヤー内容のエッジを下のレイヤーにスタンプする効果がシミュレートされます。「エンボスの境界線を描く」を指定すると、レイヤーに適用された境界線効果の境界線にエンボスが限定されます(レイヤーに境界線が適用されていないと、境界線エンボス効果は目に見えません)。

テクニック

「滑らかに」、「シゼルハード」および「シゼルソフト」はベベルとエンボス効果で使用できます。「さらにソフトに」と「精細」は光彩(内側)効果と光彩(外側)効果に適用されます。

滑らかに」では、マットのエッジをわずかにぼかすことができます。エッジがハードなものからソフトなものまで、あらゆるタイプのマットに対して有効です。サイズが大きい場合は、細部の特徴が保持されません。「シゼルハード」では、距離計算テクニックを使用します。主に、文字のようにアンチエイリアスしたシェイプから作成されたハードエッジのマットに対して有効です。「シゼルハード」では、「滑らかに」よりも細部の特徴が保持されます。「シゼルソフト」では、修正距離計算テクニックを使用します。「シゼルハード」ほど正確ではありませんが、広範囲のマットに適しています。「シゼルソフト」の方が「滑らかに」よりも特徴を保持します。「さらにソフトに」では、ぼかしを適用することができます。エッジがハードなものからソフトなものまで、あらゆるタイプのマットに有効です。サイズが大きい場合、「さらにソフトに」では細部の特徴が保持されません。「精細」では、距離計算テクニックを使用して光彩を作成します。主に、文字のようにアンチエイリアスした幾何形状から作成されたハードエッジのマットに対して有効です。「精細」では、「さらにソフトに」よりも特徴が保持されます。

 

 

テクスチャ

テクスチャを適用します。「比率」を使用して、テクスチャサイズを拡大・縮小します。レイヤーが移動したときにテクスチャも移動するようにするには、「レイヤーにリンク」を選択します。「階調の反転」を選択すると、テクスチャが反転します。「深さ」を選択すると、テクスチャを適用する角度と方向(上または下)が変更されます。「元の場所にスナップ」を選択すると、「レイヤーにリンク」が選択されていない場合は、パターンの原点がドキュメントの原点と同じになり、「レイヤーにリンク」が選択されている場合は、レイヤーの左上隅に原点が配置されます。テクスチャをドラッグしてレイヤー内での配置を変更します。

輪郭を使用したレイヤー効果の変更

カスタムレイヤースタイルの作成時には、輪郭を使用して、特定の範囲に適用されたドロップシャドウ、シャドウ(内側)、光彩(内側)、光彩(外側)、ベベルとエンボス、サテンの各効果の形を制御することができます。例えば、ドロップシャドウに線形の輪郭を使用すると、不透明度が線形に減衰します。カスタム輪郭を使用すると、シャドウを独自の形で変化させることができます。

輪郭ポップアップパネルとプリセットマネージャーを使用して、輪郭の選択、初期化、削除または表示方法の変更を行うことができます。

Photoshop ドロップシャドウ効果のレイヤースタイルダイアログボックスの詳細
レイヤースタイルダイアログボックスのドロップシャドウ効果の輪郭

A. クリックして輪郭エディターダイアログボックスを表示 B. クリックしてポップアップパネルを表示 

カスタム輪郭の作成

  1. レイヤースタイルダイアログボックスで、「ドロップシャドウ」、「シャドウ(内側)」、「光彩(内側)」、「光彩(外側)」、「ベベルとエンボス」、「輪郭」および「サテン」の効果を選択します。
  2. レイヤースタイルダイアログボックスで輪郭のサムネールをクリックし、輪郭エディターダイアログボックスを表示します。
  3. マッピング内の線上をクリックしてポイントを追加し、ドラッグして輪郭を調整します。または、「入力」と「出力」に値を入力します。
  4. 滑らかなカーブの代わりに尖った角を作成するには、ポイントを選択し、「コーナー」をクリックします。
  5. 輪郭をファイルに保存するには、「保存」ボタンをクリックし、輪郭のファイル名を指定して保存します。
  6. 輪郭をプリセットとして保存するには、「新規」ボタンを選択します。
  7. 「OK」をクリックします。新しい輪郭がポップアップパネルの一番下に追加されます。

輪郭の読み込み

  1. レイヤースタイルダイアログボックスで輪郭のサムネールをクリックし、輪郭エディターダイアログボックスで「読み込み」ボタンを選択します。読み込む輪郭ライブラリが含まれているフォルダーに移動して、「読み込み」ボタンをクリックします。

輪郭の削除

  1. 輪郭のサムネールの横の下向き矢印をクリックして、ポップアップパネルを表示します。Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、削除する輪郭をクリックします。

すべてのレイヤーに対する包括光源の角度の設定

包括光源を使用すると、画像が 1 つの共通の光源で照らされているように見せることができます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤー/レイヤースタイル/包括光源を選択します。包括光源ダイアログボックスで、値を入力するか、円の半径をドラッグして角度と高度を設定し、「OK」をクリックします。

    • ドロップシャドウ、シャドウ(内側)、ベベルのためのレイヤースタイルダイアログボックスで、「包括光源を使用」を選択します。「角度」で、値を入力するか半径スライダーをドラッグして、「OK」をクリックします。

    包括光源は、包括光源の角度を使用するすべてのレイヤー効果に適用されます。

レイヤースタイルの表示と非表示の切り替え

レイヤーにスタイルが割り当てられている場合は、レイヤーパネルのレイヤー名の右にレイヤー効果アイコン が表示されます。

画像内のすべてのレイヤースタイルの表示と非表示の切り替え

  1. レイヤー/レイヤースタイル/すべての効果を隠す、またはすべての効果を表示を選択します。

レイヤーパネルでのレイヤースタイルの展開または折りたたみ

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤースタイルを追加アイコン の隣にある三角形 をクリックして、そのレイヤーに適用されるレイヤー効果のリストを拡張します。

    • レイヤー効果のリストを折りたたむには、三角形をもう一度クリックします。

    • グループ内で適用されているすべてのレイヤースタイルを展開したり、折りたたんだりするには、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、グループの三角形または下向き矢印をクリックします。同じグループ内のすべてのレイヤーに適用されているレイヤースタイルが、同時に展開されたり、折りたたまれたりします。

レイヤースタイルのコピー

スタイルをコピーしたり、ペーストしたりすると、同じ効果を簡単に複数のレイヤーに適用できます。

レイヤー間でのレイヤースタイルのコピー

  1. レイヤーパネルで、コピーするスタイルを含むレイヤーを選択します。
  2. レイヤー/レイヤースタイル/レイヤースタイルをコピーを選択します。
  3. レイヤーパネルでコピー先のレイヤーを選択し、レイヤー/レイヤースタイル/レイヤースタイルをペーストを選択します。

    ペースト先レイヤー(複数可)の既存のレイヤースタイルが、ペーストしたレイヤースタイルで置き換えられます。

ドラッグによるレイヤー間でのレイヤースタイルのコピー

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルで、Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら 1 つのレイヤー効果を別のレイヤーにドラッグしてレイヤー効果を複製するか、「効果」を別のレイヤーにドラッグしてレイヤースタイルを複製します。

    • レイヤーパネルから個別のレイヤー効果または「効果」をドキュメントウィンドウにドラッグすると、ドロップした場所にピクセルを持つレイヤーのうち、レイヤーパネルの一番上にあるレイヤーにスタイルまたはレイヤー効果が適用されます。

レイヤー効果の拡大・縮小

レイヤースタイルは、ターゲット解像度で特定のサイズで表示したときに最適に見えるように調整されている場合があります。「効果を拡大・縮小」を使用すると、レイヤースタイルを適用するオブジェクトを拡大・縮小することなく、レイヤースタイル内の効果だけを拡大・縮小できます。

  1. レイヤーパネルでレイヤーを選択します。
  2. レイヤー/レイヤースタイル/効果を拡大・縮小を選択します。
  3. 「比率」に値を入力するか、ポップアップスライダーをドラッグします。
  4. 「プレビュー」を選択して変更結果を画像内に表示します。
  5. 「OK」をクリックします。

レイヤー効果の削除

レイヤーに適用されたスタイルから個々の効果を削除することも、レイヤーからスタイル全体を削除することもできます。

スタイルからの効果の削除

  1. レイヤーパネルでレイヤースタイルを展開し、レイヤー効果を表示します。
  2. 削除アイコン に効果をドラッグします。

レイヤーからのスタイルの削除

  1. レイヤーパネルで、削除するスタイルが含まれているレイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • レイヤーパネルで、レイヤーを削除アイコン に効果をドラッグします。

    • レイヤー/レイヤースタイル/レイヤースタイルを消去を選択します。

    • レイヤーを選択し、スタイルパネルの下部にあるスタイルを消去ボタン をクリックします。

レイヤースタイルから画像レイヤーへの変換

レイヤースタイルの外観をカスタマイズまたは微調整するために、レイヤースタイルを通常の画像レイヤーに変換することができます。レイヤースタイルを画像レイヤーに変換すると、ペイントしたり、フィルターやコマンドを適用したりして、効果を拡張することができます。ただし、変換後は元のレイヤー上でレイヤースタイルを編集することはできません。また、元の画像レイヤーを変更してもレイヤースタイルは更新されません。

注意:

この方法で生成したレイヤーは、レイヤースタイルを使用して作成したアートワークとは、完全には一致しない可能性があります。新しいレイヤーを作成するときに警告が表示される場合があります。

  1. レイヤーパネルで、変換するレイヤースタイルが含まれているレイヤーを選択します。
  2. レイヤー/レイヤースタイル/レイヤーを作成を選択します。

    新しく作成されたレイヤーは、通常のレイヤーと同様に、内容を変更したり重なり順を変更することができます。光彩(内側)など一部の効果は、クリッピングマスク内のレイヤーに変換されます。

プリセットスタイルの作成と管理

カスタムスタイルを作成し、プリセットとして保存して、スタイルパネルで使用することができます。プリセットスタイルをライブラリに保存し、必要に応じてスタイルパネルに読み込んだり、スタイルパネルから削除したりすることができます。

新しいスタイルの作成

  1. レイヤーパネルで、プリセットとして保存するスタイルを含むレイヤーを選択します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • スタイルパネルの空白部分をクリックします。

    • スタイルパネルの下部にある新規スタイルを作成ボタンをクリックします。

    • スタイルパネルメニューから「新規スタイル」を選択します。

    • レイヤー/レイヤースタイル/レイヤー効果を選択し、レイヤースタイルダイアログボックスで「新規スタイル」ボタンをクリックします。

  3. プリセットスタイルの名前を入力し、スタイルオプションを設定して、「OK」をクリックします。

プリセットスタイルの名前の変更

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • スタイルパネルでスタイルをダブルクリックします。スタイルパネルでスタイルがサムネールとして表示されるように設定されている場合には、ダイアログボックスのスタイル名に新しい名前を入力して「OK」をクリックします。それ以外の場合は、スタイルパネルで新しい名前を直接入力して、Enter キー(Windows)または Return キー(Mac OS)を押します。

    • レイヤースタイルダイアログボックスの左側で「スタイル」を選択し、スタイルリストでスタイルを選択します。ポップアップメニューから「スタイル名の変更」を選択し、新しい名前を入力して「OK」をクリックします。

    • シェイプツールまたはペンツールを使用している場合は、オプションバーのスタイルポップアップパネルからスタイルを選択します。次に、ポップアップパネルメニューから「スタイル名の変更」を選択します。

プリセットスタイルの削除

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • スタイルをスタイルパネルの下部にあるスタイルを削除アイコン にドラッグします。

    • Alt キー(Windows)または Option キー(Mac OS)を押しながら、スタイルパネル内のレイヤースタイルをクリックします。

    • レイヤースタイルダイアログボックスの左側で「スタイル」を選択し、スタイルリストでスタイルを選択します(詳しくは、プリセットスタイルの適用を参照してください)。次に、スタイルリストのポップアップメニューから「スタイルを削除」を選択します。

    • シェイプツールまたはペンツールを使用している場合は、オプションバーのスタイルポップアップパネルからスタイルを選択します。次に、ポップアップパネルメニューから「スタイルを削除」を選択します。

プリセットスタイルのセットのライブラリとしての保存

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • スタイルパネルメニューの「スタイルを保存」を選択します。

    • レイヤースタイルダイアログボックスの左側で「スタイル」を選択します。スタイルリストのポップアップメニューから「スタイルを保存」を選択します。

    • シェイプツールまたはペンツールを使用している場合は、オプションバーのスタイルポップアップパネルをクリックします。ポップアップパネルメニューから「スタイルを保存」を選択します。

  2. スタイルライブラリの保存先を選択し、ファイル名を入力して「保存」をクリックします。

    ライブラリは任意の場所に保存できます。ただし、ライブラリファイルをプリセットの初期設定の保存場所にある Presets フォルダーの中の Styles フォルダーに保存すると、Photoshop の再起動後に、スタイルパネルメニューの下部にライブラリ名が表示されるようになります。

    注意:

    プリセットマネージャーを使用して、プリセットスタイルのライブラリの、名前変更、削除および保存を行うこともできます。

プリセットスタイルのライブラリの読み込み

  1. スタイルパネル、レイヤースタイルダイアログボックスの「スタイル」セクション、オプションバーのスタイルポップアップパネルのいずれかで、右上の三角形をクリックし、パネルメニューを表示します。
  2. 次のいずれかの操作を行います。
    • ライブラリを現在のリストに追加するには、「スタイルを読み込み」を選択します。次に、使用するライブラリファイルを選択し、「読み込み」ボタンをクリックします。

    • 現在のリストを別のライブラリに置き換えるには、「スタイルの置き換え」を選択します。次に、使用するライブラリファイルを選択し、「読み込み」ボタンをクリックします。

    • パネルメニューの下部に表示されているライブラリファイルを選択します。「OK」をクリックして現在のリストを置換するか、または「追加」をクリックして現在のリストに追加します。

  3. プリセットスタイルの初期設定のライブラリに戻るには、「スタイルの初期化」を選択します。現在のリストを置換したり、現在のリストに初期設定のライブラリを追加したりできます。
    注意:

    プリセットマネージャーを使用して、スタイルライブラリを読み込んだり、初期化したりすることもできます。プリセットマネージャーの使用をご覧ください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン