ファイルのバッチ処理

  1. Photoshop ユーザーガイド
  2. Photoshop の概要
    1. 夢をカタチに
    2. Photoshop の新機能
    3. 初めての写真編集
    4. ドキュメントの作成
    5. Photoshop | よくある質問
    6. Photoshop の必要システム構成
    7. プリセット、アクションおよび設定の移行
    8. Photoshop とは
  3. Photoshop と Adobe のサービス
    1. Photoshop と Adobe Stock
    2. Creative Cloud ライブラリ
    3. Photoshop の Creative Cloud ライブラリ
    4. グリッドとガイド
    5. アクションの作成
    6. 取り消しおよびヒストリー
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    9. Photoshop での Touch Bar の使用
    10. Photoshop の Capture アプリ内拡張機能の使用
  4. Photoshop iPad 版
    1. Photoshop iPad 版 | よくある質問
    2. ワークスペースについて
    3. システム要件 | Photoshop iPad 版
    4. クラウドドキュメントの作成、表示、書き出し
    5. 写真の追加
    6. レイヤーの操作
    7. ブラシを使った描画とペイント
    8. 範囲の選択とマスクの追加
    9. コンポジットを修正する
    10. 調整レイヤーを使用する
    11. トーンカーブでコンポジットの色調を調整する
    12. 変形操作を適用する
    13. 合成画像の切り抜きと回転
    14. カンバスの回転、パン、ズーム、リセット
    15. テキストレイヤーを使用する
    16. Photoshop と Lightroom の連携
    17. Photoshop iPad 版で環境にないフォントを取得する
    18. Photoshop iPad 版での日本語テキスト
    19. アプリの設定を管理する
    20. タッチショートカットとジェスチャー
    21. キーボードショートカット
    22. システム要件 1.x | Photoshop iPad 版
    23. システム要件 2.x | Photoshop iPad 版
    24. 画像サイズを編集する
    25. Photoshop iPad 版での制作過程をライブストリームで配信
    26. 修復ブラシで不具合を修正する
    27. Capture でブラシを作成して Photoshop で使用する
  5. Photoshop Web 版
    1. Photoshop Web 版| よくある質問
    2. ワークスペースの概要
    3. 必要システム構成 | Photoshop Web 版
    4. キーボードショートカット | Photoshop Web 版
    5. サポートされるファイルの種類 | Photoshop Web 版
    6. クラウドドキュメントを開いて操作する
    7. 関係者との共同作業
    8. クラウドドキュメントに対する制限付き編集の適用
  6. クラウドドキュメント
    1. Photoshop クラウドドキュメント | よくある質問
    2. Photoshop クラウドドキュメント | ワークフローに関する質問
    3. Photoshop でのクラウドドキュメントの管理と操作
    4. Photoshop 用クラウドストレージのアップグレード
    5. クラウドドキュメントを作成または保存できない
    6. Photoshop クラウドドキュメントのエラーを解決する
    7. クラウドドキュメントの同期ログの収集
    8. アクセスを共有してクラウドドキュメントを編集
  7. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. ドキュメントの作成
    3. Photoshop での Touch Bar の使用
    4. Photoshop での Microsoft Dial のサポート
    5. ツールギャラリー
    6. パフォーマンス環境設定
    7. ツールの使用
    8. タッチジェスチャー
    9. タッチ機能とカスタマイズ可能なワークスペース
    10. テクノロジープレビュー
    11. メタデータと注釈
    12. 作品の手軽な配信
    13. ほかのアプリケーションへの Photoshop 画像の配置
    14. 環境設定
    15. 初期設定のショートカットキー
    16. 定規
    17. プリントしないエクストラの表示または非表示
    18. 画像のコラムの指定
    19. 取り消しおよびヒストリー
    20. パネルとメニュー
    21. ファイルの配置
    22. スナップを使用した要素の配置
    23. ものさしツールを使用した配置
    24. プリセット
    25. キーボードショートカットのカスタマイズ
    26. グリッドとガイド
  8. Web、画面、アプリデザイン
    1. デザインに最適な Photoshop
    2. アートボード
    3. Photoshop でのファイルの書き出し
    4. デバイスプレビュー
    5. レイヤーから CSS をコピー
    6. Web ページのスライス
    7. スライスの HTML オプション
    8. スライスのレイアウトの変更
    9. Web グラフィックの使用
    10. Web フォトギャラリーの作成
  9. 画像とカラーの基本
    1. 画像のサイズを変更する方法
    2. ラスター画像とベクトル画像の操作
    3. 画像サイズと解像度
    4. カメラやスキャナーからの画像の取り込み
    5. 画像を作成、開く、読み込む
    6. 画像の表示
    7. 無効な JPEG マーカーエラー | 画像を開く
    8. 複数の画像の表示
    9. カラーピッカーとスウォッチのカスタマイズ
    10. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    11. 画像のカラーの適用
    12. カラーモードの変換
    13. カラーモード
    14. 画像の一部の消去
    15. 描画モード
    16. カラーの選択
    17. インデックスカラーのカラーテーブルのカスタマイズ
    18. 画像情報
    19. ゆがみフィルターが使用できない
    20. カラーについて
    21. チャンネルを使用したカラーおよびモノクロの補正
    22. カラーパネルとスウォッチパネルでのカラーの選択
    23. サンプル
    24. カラーモードまたは画像モード
    25. 色かぶり
    26. アクションへの条件付きモード変更の追加
    27. HTML CSS と SVG からスウォッチを追加
    28. ビット数と環境設定
  10. レイヤー
    1. レイヤーの基本
    2. 非破壊編集
    3. レイヤーとグループの作成および管理
    4. レイヤーの選択、グループ化、リンク
    5. 画像をフレームに配置する
    6. レイヤーの不透明度と描画
    7. レイヤーのマスク
    8. スマートフィルターの適用
    9. レイヤーカンプ
    10. レイヤーの移動、重なり順の変更およびロック
    11. ベクトルマスクによるレイヤーのマスク
    12. レイヤーとグループの管理
    13. レイヤー効果とレイヤースタイル
    14. レイヤーマスクの編集
    15. アセットを抽出
    16. クリッピングマスクを使用したレイヤーの表示
    17. レイヤーからの画像アセットの生成
    18. スマートオブジェクトの操作
    19. 描画モード
    20. 複数の画像のグループ写真への合成
    21. レイヤーを自動合成を使用して画像を結合
    22. レイヤーの整列と分布
    23. レイヤーから CSS をコピー
    24. レイヤーまたはレイヤーマスクの境界線からの選択範囲の読み込み
    25. ノックアウトして他のレイヤーからコンテンツを表示
    26. レイヤー
    27. レイヤーの統合
    28. 合成
    29. 背景色
  11. 選択範囲
    1. 選択とマスクワークスペース
    2. クイック選択の実行
    3. 選択の基本を学ぶ
    4. 選択ツールによる選択
    5. なげなわツールによる選択
    6. 画像内のカラーの範囲の選択
    7. ピクセル選択範囲の補正
    8. パスと選択範囲の境界線の変換
    9. チャンネルの基本
    10. 選択したピクセルの移動、コピー、削除
    11. 一時的なクイックマスクの作成
    12. 選択範囲とアルファチャンネルマスクの保存
    13. 画像の焦点領域の選択
    14. チャンネルの複製、分割、および統合
    15. チャンネルの演算
    16. 選択範囲
    17. バウンディングボックス
  12. 画像調整
    1. 遠近法ワープ
    2. カメラの振動によるぶれの軽減
    3. 修復ブラシの使用例
    4. カラールックアップテーブルの書き出し
    5. 画像のシャープとぼかしの調整
    6. カラー調整について
    7. 「明るさ・コントラスト」補正の適用
    8. シャドウとハイライトのディテールの調整
    9. レベル補正
    10. 色相と彩度の調整
    11. 自然な彩度の調整
    12. 画像領域内のカラーの彩度の調整
    13. 色調のクイック補正
    14. 画像への特殊なカラー効果の適用
    15. カラーバランスの補正による画像の演出
    16. ハイダイナミックレンジ(HDR)画像
    17. ヒストグラムとピクセル値の表示
    18. 画像のカラーの適用
    19. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    20. カラー画像の白黒画像への変換
    21. 調整レイヤーと塗りつぶしレイヤー
    22. トーンカーブの補正
    23. 描画モード
    24. 出力用画像のターゲット指定
    25. レベル補正およびトーンカーブスポイトツールを使用したカラーと色調の補正
    26. HDR の露光量とトーンの調整
    27. フィルター
    28. ぼかし
    29. 画像領域の覆い焼きまたは焼き込み
    30. 特定色域の色調の補正
    31. オブジェクトカラーの置き換え
  13. Adobe Camera Raw
    1. Camera Raw の必要システム構成
    2. Adobe Camera Raw の新機能
    3. Camera Raw の紹介
    4. パノラマの作成
    5. サポート対象レンズ
    6. Camera Raw の周辺光量補正、粒状、かすみの除去の効果
    7. 初期設定のショートカットキー
    8. Camera Raw の自動的な遠近法の補正
    9. Camera Raw で非破壊的な編集を行う方法
    10. Camera Raw の円形フィルター
    11. Camera Raw 設定の管理
    12. Camera Raw での画像のオープン、処理、および保存
    13. Camera Raw の強化されたスポット除去ツールで画像を修復
    14. 画像の回転、切り抜きおよび調整
    15. Camera Raw でのカラーレンダリングの調整
    16. 機能の概要 | Adobe Camera Raw | 2018 年リリース
    17. 新機能の概要
    18. Camera Raw のプロセスバージョン
    19. Camera Raw での部分補正
  14. 画像の修復および復元
    1. コンテンツに応じた塗りつぶしを使用して写真からオブジェクトを削除
    2. コンテンツに応じたパッチと移動
    3. 写真のレタッチと修復
    4. 画像のゆがみとノイズの修正
    5. 多くの問題を解決するための基本的なトラブルシューティング手順
  15. 画像変換
    1. オブジェクトの変形
    2. 切り抜き、回転およびカンバスサイズを調整
    3. 写真を切り抜きおよび角度補正する方法
    4. パノラマ画像の作成と編集
    5. 画像、シェイプ、パスのワープ
    6. Vanishing Point
    7. ゆがみフィルターの使用
    8. コンテンツに応じた拡大・縮小
    9. 画像、シェイプ、パスの変形
    10. ワープ
    11. 変形
    12. パノラマ
  16. 描画とペイント
    1. 対称パターンのペイント
    2. 長方形の描画とストロークオプションの変更
    3. 描画の概要
    4. シェイプの描画と編集
    5. ペイントツール
    6. ブラシの作成と修正
    7. 描画モード
    8. パスへのカラーの追加
    9. パスの編集
    10. 混合ブラシによるペイント
    11. ブラシプリセット
    12. グラデーション
    13. 選択範囲、レイヤーおよびパスの塗りつぶしおよび境界線の描画
    14. ペンツールによる描画
    15. パターンの作成
    16. パターンメーカーを使用したパターンの生成
    17. パスの管理
    18. パターンライブラリとプリセットの管理
    19. グラフィックタブレットによる描画またはペイント
    20. テクスチャブラシの作成
    21. ブラシへの動的な要素の追加
    22. グラデーション
    23. アートヒストリーブラシによる、スタイル化されたストロークのペイント
    24. パターンによるペイント
    25. 複数のデバイスでのプリセットの同期
  17. テキスト
    1. OpenType SVG フォントの操作
    2. 文字の書式設定
    3. 段落の書式設定
    4. テキスト効果の作成方法
    5. テキストの編集
    6. 行と文字の間隔
    7. アラビア語およびヘブライ語のテキスト
    8. フォント
    9. フォントのトラブルシューティング
    10. 日本語、中国語、韓国語のテキスト
    11. テキストの入力
    12. Photoshop で文字ツールを使用したときのテキストエンジンエラー | Windows 8
    13. アジア言語スクリプト用多言語対応コンポーザー
    14. Photoshop でテキストを追加および編集する方法
  18. ビデオとアニメーション
    1. Photoshop でのビデオの編集
    2. ビデオおよびアニメーションレイヤーの編集
    3. ビデオとアニメーションの概要
    4. ビデオとアニメーションのプレビュー
    5. ビデオレイヤーのフレームのペイント
    6. ビデオファイルと画像シーケンスの読み込み
    7. フレームアニメーションの作成
    8. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    9. タイムラインアニメーションの作成
    10. ビデオ用の画像の作成
  19. フィルターと効果
    1. ゆがみフィルターの使用
    2. ぼかしギャラリーの使用
    3. フィルターの基本
    4. フィルター効果リファレンス
    5. 照明効果の追加
    6. 広角補正フィルターの使用
    7. 油彩フィルターの使用
    8. レイヤー効果とレイヤースタイル
    9. 特定フィルターの適用
    10. 画像領域をこする
  20. 保存と書き出し
    1. グラフィック形式でのファイルの保存
    2. Photoshop でのファイルの保存
    3. ファイル形式
    4. ビデオとアニメーションの保存と書き出し
    5. PDF ファイルを保存
    6. Digimarc 著作権保護
  21. プリント
    1. 3D オブジェクトのプリント
    2. Photoshop を使用したプリント
    3. カラーマネジメントを使用したプリント
    4. コンタクトシートと PDF プレゼンテーション
    5. ピクチャパッケージレイアウトでの写真のプリント
    6. スポットカラーのプリント
    7. ダブルトーン
    8. 業務用プリンターでの画像のプリント
    9. Photoshop からのカラー印刷の改善
    10. 印刷問題のトラブルシューティング | Photoshop
  22. 自動化
    1. アクションの作成
    2. データ駆動型グラフィックの作成
    3. スクリプト
    4. ファイルのバッチ処理
    5. アクションの再生と管理
    6. 条件付きアクションの追加
    7. アクションおよびアクションパネルについて
    8. アクションへのツールの記録
    9. アクションへの条件付きモード変更の追加
    10. プラグインとスクリプト用の Photoshop UI ツールキット
  23. 3D と技術的な画像の処理
    1. Creative Cloud 3D アニメーション(プレビュー)
    2. 3D オブジェクトのプリント
    3. 3D ペイント
    4. 3D パネルの拡張機能 | Photoshop
    5. 3D の基本概念とツール
    6. 3D レンダリングと保存
    7. 3D オブジェクトおよび 3D アニメーションの作成
    8. 画像のスタック
    9. 3D ワークフロー
    10. 計測
    11. DICOM ファイル
    12. Photoshop と MATLAB
    13. 画像内のオブジェクトのカウント
    14. 3D オブジェクトの結合と変換
    15. 3D テクスチャ編集
    16. HDR の露光量とトーンの調整
    17. 3D パネルの設定
  24. カラーマネジメント
    1. カラーマネジメントの設定
    2. 一貫した色の保持
    3. カラー設定
    4. カラープロファイルの操作
    5. オンライン表示用ドキュメントのカラーマネジメント
    6. 印刷時におけるドキュメントのカラーマネジメント
    7. 読み込んだ画像のカラーマネジメント
    8. 色の校正

イメージプロセッサーでのファイルの変換

イメージプロセッサーは、複数のファイルを同時に変換して処理します。「バッチ」コマンドとは異なり、イメージプロセッサーでは最初にアクションを作成せずにファイルを処理できます。イメージプロセッサーでは、次のいずれかの操作を実行できます。

  • ファイルのセットを JPEG、PSD または TIFF の各形式に変換するか、同時に 3 つすべての形式に変換します。

  • 同じオプションを使用して Camera Raw ファイルのセットを処理します。

  • 指定したピクセル寸法内に収まるように画像のサイズを変更します。

  • カラープロファイルを埋め込むか、プロファイルを sRGB に変換して Web 用の JPEG 画像として保存します。

  • 著作権のメタデータを変換後の画像内に挿入します。

イメージプロセッサーは、Photoshop(PSD)、JPEG および Camera Raw の各ファイルに使用できます。

  1. 必要に応じて次のいずれかの操作を行います。
    • (Photoshop)ファイル/スクリプト/イメージプロセッサーを選択します。

    • (Bridge)ツール/Photoshop/イメージプロセッサーを選択します。

  2. 処理する画像を選択します。開いている任意のファイル、またはファイルのフォルダーを選択して処理できます。
  3. (オプション)「設定を適用する前に画像を開く」を選択すると、同じ設定がすべての画像に適用されます。

    同じ照明条件の下で撮影された Camera Raw ファイルのグループを処理する場合は、最初の画像の設定を満足できる状態に調整して、同じ設定を残りの画像に適用します。

    PSD または JPEG ソース画像ファイルのカラープロファイルが作業用プロファイルと一致しない場合は、このオプションを使用します。最初の画像とフォルダー内のすべての画像を変換するためのカラープロファイルを選択することができます。

    注意:

    イメージプロセッサーで適用する設定は一時的なものであり、イメージプロセッサーでのみ使用されます。イメージプロセッサーで変更しない限り、画像の現在の Camera Raw 設定を使用して画像が処理されます。

  4. 処理後のファイルを保存する場所を選択します。

    同じファイルを複数回処理して同じ保存先を指定すると、ファイルは上書きされずに、毎回異なる名前で保存されます。

  5. 保存するファイルの種類とオプションを選択します。

    JPEG として保存

    保存先フォルダー内の JPEG というフォルダー内に JPEG 形式で画像を保存します。

    画質

    JPEG 画質を 0 ~ 12 の範囲で設定します。

    サイズを変更して合わせる

    「W」および「H」ボックスに入力した寸法内に収まるように画像の幅と高さを変更します。画像の元の縦横比は維持されます。

    プロファイルを sRGB に変換

    カラープロファイルを sRGB に変換します。画像と共にプロファイルを保存する場合は、「ICC プロファイルを含める」が選択されていることを確認します。

    PSD として保存

    保存先フォルダーの PSD というフォルダー内に Photoshop 形式で画像を保存します。

    互換性を優先

    レイヤーを含む画像を読み込めないアプリケーションとの互換性を維持するために、レイヤーを含む画像の合成バージョンをターゲットファイル内に保存します。

    TIFF として保存

    保存先フォルダーの TIFF というフォルダー内に TIFF 形式で画像を保存します。

    LZW 圧縮

    LZW 圧縮方式を使用して TIFF ファイルを保存します。

  6. その他の処理オプションを設定します。

    アクションを実行

    Photoshop アクションを実行します。最初のメニューからアクションセットを選択し、2 番目のメニューからアクションを選択します。これらのメニューに表示されるアクションセットは、アクションパネルに事前に読み込まれている必要があります。

    著作権情報

    ファイルの IPTC 著作権メタデータに入力するテキストを挿入します。ここで挿入したテキストにより、元のファイルの著作権メタデータが上書きされます。

    ICC プロファイルを含める

    保存後のファイルにカラープロファイルを埋め込みます。

  7. 「実行」をクリックします。
注意:

画像を処理する前に、「保存」をクリックすると、ダイアログボックスの現在の設定が保存されます。この設定を使用して次回にファイルを処理する場合は、「読み込み」をクリックすると、保存したイメージプロセッサーの設定を使用できます。

ファイルのバッチ処理

「バッチ」コマンドは、ファイルのフォルダーに対してアクションを実行します。デジタルカメラやドキュメントフィーダの付いたスキャナーをお持ちの場合は、1 回のアクションで複数の画像を読み込み、処理することができます。スキャナーやデジタルカメラには、アクションをサポートする対応プラグインモジュールが必要な場合もあります。

注意:

一度に複数のドキュメントを読み込むようには設計されていないサードパーティ製のプラグインの場合、バッチ処理を行ったりアクションの一部として使用したときにプラグインが機能しない可能性があります。詳しくは、プラグインのメーカーに確認してください。

Acrobat Capture やその他のソフトウェアから、PDF 画像を読み込むこともできます。

ファイルのバッチ処理では、すべてのファイルを開いた状態または閉じた状態のままにしたり、元のファイルに加えられた変更を保存することができます。また、元のファイルを変更することなく、修正したファイルのバージョンだけを新しい場所に保存することもできます。処理済みのファイルを新しい場所に保存する場合は、処理済みファイル用の新しいフォルダーを作成してから、バッチ処理を開始します。

複数のアクションをバッチ処理するには、すべてのアクションを再生するアクションを別に新規作成し、その新規作成したアクションを使用してバッチ処理します。複数のフォルダーのバッチ処理を行うには、1 つのフォルダー内に、他の処理対象フォルダーに対応するエイリアスを作成し、「サブフォルダーをすべて含める」を選択します。

注意:

バッチ処理のパフォーマンスを向上させるには、保存されているヒストリーの数を減らし、ヒストリーパネルオプションの「最初のスナップショットを自動的に作成」オプションの選択を解除します。

ファイルのバッチ処理

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • (Photoshop)ファイル/自動処理/バッチを選択します。

    • (Bridge)ツール/Photoshop/バッチを選択します。

  2. セットポップアップメニューおよびアクションポップアップメニューから、ファイルを処理するためのアクションを選択します。この 2 つのメニューには、アクションパネルに読み込まれているアクションが表示されます。必要なアクションが表示されていない場合は、別のセットを選択したり、パネルにセットを読み込む必要があります。
  3. ソースポップアップメニューから処理するファイルを選択します。

    フォルダー

    指定したフォルダー内のファイルを処理します。「選択」をクリックしてフォルダーを検索し、選択します。

    読み込み

    デジタルカメラ、スキャナーまたは PDF ドキュメントの画像を処理します。

    開いたファイル

    すべての開いているファイルを処理します。

    Bridge

    Adobe Bridge で選択されたファイルを処理します。選択されているファイルがない場合は、現在の Bridge フォルダー内のファイルが処理されます。

  4. 処理、保存およびファイル命名オプションを設定します。バッチダイアログボックスの設定について詳しくは、バッチおよびドロップレット処理オプションを参照してください。

ファイル形式別の階層構造になっているフォルダーのバッチ処理

  1. 実行後メニューのステップまで、通常どおりにフォルダーを処理します。
  2. 実行後ポップアップメニューから「保存して閉じる」を選択します。「"別名で保存" コマンドを省略」オプションを選択すると、次の操作を行うことができます。
    • アクション内の「別名で保存」コマンドにファイル名が含まれている場合、このオプションを選択すると、ファイル名は保存対象のドキュメントの名前で上書きされます。アクション内のすべての「別名で保存」コマンドは、ファイル名なしで記録されたかのように扱われます。

    • アクション内の「別名で保存」コマンドで指定したフォルダーは、ドキュメントの元のフォルダーで上書きされます。

    注意:

    アクションに「別名で保存」コマンドを含める必要があります。「バッチ」コマンドでは、ファイルが自動的には保存されないからです。

    以上の手順を使用すると、例えば、画像をシャープにし、サイズ変更してから元のフォルダーに JPEG として保存するといったことができます。この場合、画像をシャープにするステップ、画像をサイズ変更するステップおよび JPEG で保存するステップをこの順番でアクションに作成します。このアクションのバッチ処理では、「サブフォルダーをすべて含める」を選択し、実行後ポップアップメニューの「保存して閉じる」を選択し、「"別名で保存" コマンドを省略」オプションを選択します。

アクションからのドロップレットの作成

ドロップレットは、ドロップレットアイコンにドラッグされた画像または画像のフォルダーにアクションを適用します。ドロップレットは、デスクトップやディスク上の別の場所に保存できます。

Photoshop ドロップレットアイコン
ドロップレットアイコン

アクションは、ドロップレットを作成するときの元になるものです。ドロップレットを作成するには、事前にアクションパネルで必要なアクションを作成する必要があります(詳しくは、アクションの作成を参照してください)。

  1. ファイル/自動処理/ドロップレットを作成を選択します。
  2. ドロップレットの保存先を指定します。ダイアログボックスの「ドロップレットを保存」セクションで、「選択」をクリックし、ドロップレットの保存先に移動します。
  3. セットポップアップメニューおよびアクションポップアップメニュー内で使用するアクションセットおよびアクションを指定します。ダイアログボックスを開く前にアクションパネルでアクションを選択しておくと、これらのポップアップメニューであらかじめ選択されている状態になります。
  4. 処理、保存およびファイルの名前オプションを設定します。バッチダイアログボックスの設定について詳しくは、バッチおよびドロップレット処理オプションを参照してください。

クロスプラットフォームのドロップレットに関するヒント

Windows と Mac OS の両方で使用されるドロップレットを作成するときは、互換性に関して次の点に留意してください。

  • Windows で作成したドロップレットを Mac OS で使用する際は、ドロップレットをデスクトップの Photoshop アイコン上にドラッグする必要があります。Mac OS で使用できるようにドロップレットが更新されます。

  • Mac OS でドロップレットを作成するときには、Windows と Mac OS でドロップレットの互換性が保たれるようにするため、.exe という拡張子を使用します。

  • オペレーティングシステム間のファイル名の参照はサポートされていません。ファイル名やフォルダー名を参照するアクションステップ(「開く」コマンド、「別名で保存」コマンド、ファイルから設定を読み込む調整コマンドなど)では、実行が一時停止し、ユーザーはファイル名を入力することを求められます。

ドロップレットによるファイルの処理

  1. ファイルまたはフォルダーをドロップレットアイコンにドラッグします。Photoshop を実行していない場合は、Photoshop が起動されます。

バッチおよびドロップレット処理オプション

バッチダイアログボックスおよびドロップレットダイアログボックスで次のオプションを指定します。

「開く」コマンドを無視

アクションの「開く」コマンドで指定していた場合に、ファイルを開かずに、選択したファイルが「バッチ」コマンドで処理されるようにします。保存したファイルを開く「開く」コマンドがアクションに含まれている場合に、このオプションを選択しないと、「バッチ」コマンドは「開く」コマンドを記録するときに使用したファイルのみを開いて処理します。これは、「バッチ」コマンドが、バッチソースフォルダー内の各ファイルを開いた後、アクションで指定されたファイルを開くからです。最後に開いたファイルが、アクションで名前が指定されているファイルなので、「バッチ」コマンドはそのファイルに対してアクションを実行し、バッチソースフォルダー内のファイルは何も処理されません。

このオプションを使用するには、アクションに「開く」コマンドが含まれている必要があります。含まれていない場合、「バッチ」コマンドはバッチ処理用に選択されたファイルを開きません。このオプションを選択した場合、「開く」コマンドのすべての設定が無視されるわけではなく、開くファイルの選択だけが無視されます。

アクションが開いているファイルに対して実行されるように記録されている場合や、アクションに必要な特定のファイルに対する「開く」コマンドがアクションに含まれている場合は、このオプションの選択を解除します。

サブフォルダーをすべて含める

指定したフォルダーのサブフォルダー内のファイルを処理します。

カラープロファイル警告を非表示

カラーポリシーメッセージを非表示にします。

開くダイアログを非表示

ファイルを開くオプションダイアログボックスを非表示にします。これは、Camera Raw 画像ファイルに対してアクションのバッチ処理を実行するときに便利です。以前に設定したことがあればその設定が使用され、以前に設定したことがなければ初期設定が使用されます。

保存先メニュー

処理済のファイルの保存場所を設定します。

なし

変更を保存せずにファイルが開いたままになります(アクションに「保存」コマンドが含まれていない場合)。

保存して閉じる

ファイルを現在の場所に保存して元のファイルを上書きします。

フォルダー

処理済みファイルを別の場所に保存します。「選択」をクリックして保存先のフォルダーを指定します。

「別名で保存」コマンドを省略

処理済みのファイルを、「バッチ」コマンドで指定した保存先フォルダー(または「保存して閉じる」を選択している場合は元のフォルダー)に保存します。ファイル名は、元の名前またはバッチダイアログボックスの「ファイル名」セクションで指定した名前になります。

このオプションを選択していない場合に、アクションに「別名で保存」コマンドが含まれている場合、ファイルは、「バッチ」コマンドで指定されているフォルダーではなく、アクションの「別名で保存」コマンドで指定されているフォルダーに保存されます。さらに、このオプションを選択していない場合に、アクションの「別名で保存」コマンドでファイル名を指定している場合、「バッチ」コマンドは画像を処理するたびに同じファイル(アクションで指定されているファイル)を上書きします。

注意:

「バッチ」コマンドでファイルを処理し、「バッチ」コマンドで指定したフォルダー内の元のファイル名を使用する場合は、アクションで画像を保存します。次に、バッチを作成するときに、「"別名で保存" コマンドを省略」を選択し、保存先フォルダーを指定します。「バッチ」コマンドで画像の名前を変更する場合に、「"別名で保存" コマンドを省略」を選択していない場合、処理済みの画像は 2 回保存されます。1 回は指定したフォルダーに新しい名前で保存され、1 回はアクションの「別名で保存」コマンドで指定したフォルダー内に元の名前で保存されます。

このオプションを使用するには、アクションに「別名で保存」コマンドが含まれている必要があります。含まれていない場合、「バッチ」コマンドは処理済のファイルを保存しません。このオプションを選択した場合、「別名で保存」コマンドのすべての設定が無視されるわけではなく、指定したファイル名とフォルダーだけが無視されます。

注意:

一部の「保存」オプションは「バッチ」コマンドや「ドロップレットを作成」コマンドで利用できません(JPEG 圧縮や TIFF オプションなど)。これらのオプションを使用するには、適切なオプションを含むアクションに別名で保存の手順を記録し、次に「"別名で保存" コマンドを省略」オプションを使用して「バッチ」コマンドや「ドロップレットを作成」コマンドで指定した場所にファイルが保存されるようにします。アクションの「別名で保存」コマンドで指定されているファイル名やパスは無視され、バッチダイアログボックスで指定した新しいパスとファイル名を使用する保存オプションが保持されます。

ファイルの名前

新しいフォルダーにファイルを書き込む場合のファイルの命名規則を指定します。ポップアップメニューからエレメントを選択するか、またはテキストをフィールドに入力して、すべてのファイルの初期設定の名前と組み合わせます。フィールドでは、ファイル名の各部の順番や書式を変更することができます。相互に上書きされないよう、各ファイルに少なくとも 1 つの任意のフィールド(ドキュメントの名前、シリアル番号、シリアル文字など)を使用します。「シリアルの開始番号」には、各シリアル番号フィールドに共通する開始番号を指定します。1 つ目のファイルの場合、シリアル文字フィールドは常に文字「A」または「a」で始まります。

互換性のある形式

ファイル名を Windows、Mac OS および UNIX オペレーティングシステムで互換性のある形式にします。

注意:

「バッチ」コマンドのオプションを使用してファイルを保存すると、通常、元のファイルと同じ形式で保存されます。新しい形式でファイルを保存するバッチ処理を作成するには、元のアクションの一部として、「別名で保存」コマンドと「閉じる」コマンドを続けて記録します。次に、バッチ処理の設定時に、保存先メニューで「"別名で保存" コマンドを省略」を選択します。

エラーメニュー

処理エラーを処理する方法を指定します。

エラー発生時に中止

エラーメッセージを確認するまで処理を中断します。

エラーログファイルを生成

処理を中断せずに各エラーをファイルに記録します。エラーをファイルにログ出力する場合、メッセージは処理後に表示されます。エラーログファイルの内容を確認するには、「バッチ」コマンド終了後にエラーログファイルをテキストエディターで開きます。

アドビのロゴ

アカウントにログイン