Photoshop CC 専用の選択とマスクワークスペースを使用する方法について学習します。

Photoshop では、正確な選択とマスクの作成が今まで以上にすばやく、簡単にできるようになりました。新しい専用ワークスペースを活用すれば、正確な選択とマスクの作成ができます。境界線調整ブラシなどのツールを使用して、前景エレメントと背景エレメントを分離して際立たせることができます。

注意:

選択とマスクワークスペースは、Photoshop の以前のバージョンの境界線を調整ダイアログボックスに置き換わるものであり、同じ機能をより効率的な方法で提供します。詳しくは、ツールを参照してください。

選択とマスクワークスペースの起動

Photoshop で画像を開き、次のいずれかを実行します。
  • 選択/選択とマスクを選択します。
  • Ctrl + Alt + R(Windows)または Cmd + Option + R(Mac)を押します。
  • クイック選択自動選択ツール、またはなげなわなどの選択ツールを有効にします。次に、オプションバーの選択とマスクをクリックします。
options-bar-select-mask
オプションバー | 選択とマスクボタン

  • レイヤーマスクの属性パネルで、選択とマスクをクリックします。

注意:

レイヤーマスクをダブルクリックすると選択とマスクワークスペースが開くように、初期設定のツールの動作を設定できます。最初にレイヤーマスクをダブルクリックし、動作を設定します。または、 環境設定/ツールを選択して、レイヤーマスクをダブルクリックすると、選択とマスクワークスペースが起動します

コミュニティビデオ:選択とマスクのワークスペースを使用する

アドビの Julieanne Kost が Photoshop CC の選択とマスクを使って、選択範囲とマスクをより簡単、正確、効率的に作成する方法を説明します。
Julienne Kost

ユーザーインターフェイス

select_mask_1
ユーザーインターフェイス:選択とマスクワークスペース

A. ツールオプション B. ツール C. 調整可能な属性 

様々なツール

選択とマスクワークスペースは、使い慣れたツールと新しいツールの組み合わせが特徴となっています。

Select_and_Mask_Tools

クイック選択ツール

選択する領域をクリックするかまたはクリックしてドラッグするときに、カラーとテクスチャの類似性に基づいてクイック選択を行います。ユーザーが作成するマークは、あまり正確である必要はありません。クイック選択ツールによって自動的に直感的に境界線が作成されるからです。

クイック選択ツールは、従来の Photoshop の対応ツールと同様に動作します。詳しくは、クイック選択の実行を参照してください。

境界線調整ブラシツール

境界線の調整が行われる境界領域を精確に調整します。例えば、髪の毛や毛皮などのやわらかい領域をブラシして、選択範囲に細かいディテールを追加します。ブラシサイズを変更するには、括弧キーを押します。

ブラシツール

クイック選択ツール(または他の選択ツール)を使用しておおまかな選択を開始し、次に境界線調整ブラシツールを使用して選択範囲を調整します。その後、ブラシツールを使用して、細かな部分を仕上げたり、クリーンアップを行ったりします。

ブラシツールを使用して選択範囲を微調整するには 2 つの方法があります。1 つは追加モードで選択したい領域をペイントする方法、もう 1 つは削除モードで選択したくない領域をペイントする方法です。

選択とマスクワークスペースのブラシツールは、従来の Photoshop の対応するツールと同様に動作します。

なげなわツール

選択範囲の境界線をフリーハンドで描画します。このツールを使用して、正確な選択を行うことができます。

選択とマスクワークスペースのなげなわツールは、従来の Photoshop の対応ツールと同様に動作します。詳しくは、なげなわツールによる選択を参照してください。

多角形選択ツール

選択範囲の境界線の直線セグメントを描きます。このツールを使用して、直線またはフリーハンドで選択範囲を描くことができます。選択とマスクワークスペースのなげなわツールは、従来の Photoshop の対応ツールと同様に動作します。詳しくは、多角形選択ツールによる選択を参照してください。

このツールを選択するには、「なげなわツール」を右クリックして、オプションを選択します。

Lasso_tools

手のひらツール

画像ドキュメント上をすばやく移動します。このツールを選択し、画像キャンバス上でドラッグします。また、他のツールを使用している間に H を押すと、手のひらツールに簡単に切り替えることができます。この写真は、従来の Photoshop の手のひらツールと同様に動作します

ズームツール

写真を拡大して、移動します。従来の Photoshop のズームツールと同様に動作します他の多くのアプリケーションでも実行可能です。

オプションバー

追加 または 削除:調整領域への追加または削除を行います。必要に応じてブラシサイズを調整します。

Options-bar
オプションバー


全レイヤーを対象:現在選択されているレイヤーのみではなく、すべてのレイヤーに基づいて選択範囲を作成します。

選択範囲を調整

選択とマスクワークスペースの属性パネルで選択範囲を調整できます。次の設定値を調整します。

表示モード設定

表示モード。表示ポップアップメニューから、選択範囲に対して次のいずれかの表示モードを選択します。

  • オニオンスキン(O): アニメーションスタイルのオニオンスキンスキームとして選択範囲を可視化します
  • 点線(M): 選択範囲の境界線を点線として可視化します
  • オーバーレイ(V): 透明なカラーオーバーレイとして選択範囲を可視化します。選択されていない領域がそのカラーで表示されます。初期設定のカラーはレッドです。
  • 黒地(A): 選択範囲を黒の背景の上に配置します
  • 白地(T): 選択範囲を白の背景の上に配置します
  • 白黒(K): 選択範囲を白黒のマスクとして可視化します
  • レイヤー上(Y): 選択範囲を透明な領域で囲みます

F を押すとモードが順番に表示され、X を押すとすべてのモードが一時的に無効になります。

境界線を表示: 調整領域を表示します。

元画像を表示: 元の選択範囲を表示します。

高品質プレビュー:変更の正確なプレビューをレンダリングします。このオプションはパフォーマンスに影響を与える可能性があります。画像編集中にこのオプションが選択されている場合、マウスの左ボタン(マウスダウン)を押すと、高解像度のプレビューが表示されます。このオプションが選択されていない場合、マウスダウンすると低解像度のプレビューが表示されます。

透明度/不透明度:表示モードの透明度/不透明度を設定します。従来の Photoshop のオーバーレイ表示モードでは、この設定は選択とマスクワークスペースの範囲を超えて適用されます。

エッジの検出設定

半径。境界線の調整が行われる選択範囲の境界領域のサイズを指定します。境界線をシャープにするには小さな半径を使用し、境界線をソフトにするには大きな半径を使用します。

スマート半径。選択範囲の境界の調整領域を可変幅にすることができます。このオプションはさまざまな利用方法が考えられます。例えば、髪と肩が含まれる人物写真を選択するとします。そのような写真を調整する場合、肩と比べて髪は調整領域をより大きくしなければなりませんが、境界線は比較的一貫性が保たれています。

グローバル調整設定

滑らかに。選択範囲の境界領域の不規則な部分(「ギザギザ」の部分)を減らし、アウトラインを滑らかにします

ぼかし。選択範囲とその周りのピクセルの間をぼかします

コントラスト。値を大きくすると、選択範囲の境界線に沿ったソフトなエッジが明確になります。一般的に、「スマート半径」オプションと調整ツールを使用する方が効果的です。

エッジをシフト。負の値を設定するとソフトなエッジの境界線は内側に移動し、正の値の場合は外側に移動します。境界線を内側に移動すると、選択範囲の境界線から不要な背景を削除できます。

出力設定

不要なカラーの除去。カラーのフリンジを、完全に選択された近隣のピクセルのカラーで置き換えます。カラーの置き換えの強さは、選択範囲の境界線の柔らかさに比例します。

重要: このオプションはピクセルのカラーを変更するため、新規レイヤーや新規ドキュメントへの出力が必要です。元のレイヤーを保持すれば、必要に応じて元に戻すことができます。

出力先。調整された選択範囲が、現在のレイヤー上の選択範囲またはマスクになるのか、それとも新しいレイヤーまたはドキュメントを作成するのかを指定します。

注意:

  • 選択とマスクワークスペースを開いたときの状態に設定を戻すには、ワークスペースをリセット)をクリックします。このオプションを選択すると、画像に適用されている選択/マスクも、選択とマスクワークスペースを開いたときの状態に戻されます。
  • 設定を保存」を選択すると、設定が保存され、今後の画像で使用できるようになります。これらの設定は、今後のすべての画像に新たに適用されます。これには、現在の画像(選択とマスクワークスペースで再度開いた場合)も含まれます。

コミュニティビデオ:選択とマスクを使用して髪をマスクする

Scott Kelby が選択とマスクのワークスペースを使用して髪をマスクする方法を紹介します。
Scott Kelby

その他の関連ヘルプ

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー