機能の概要 | Bridge | 2018 リリース

Bridge CC の 2018 リリースの新機能を説明します。

Adobe Bridge CC の 2017 年 10 月のリリースおよび 2018 年 7 月のリリースは、デザイナー、デジタルフォトグラファー、クリエイティブプロフェッショナル向けに優れた各種新機能を搭載しています。これらの新機能の簡単な紹介と詳細を記載したリソースのリンクを参照してください。

Adobe Bridge CC の以前のリリースで導入された機能の概要については、機能の概要 | Adobe Bridge CC | 以前のリリースを参照してください。

Creative Cloud ライブラリ

Adobe Bridge CC 2018 年 7 月リリースの新機能

Bridge CC は、Creative Cloud ライブラリと連携するようになりました。Creative Cloud ライブラリを使用すれば、クリエイティブアセットの整理、参照、およびアクセスができます。例えば、特定のプロジェクトで最も頻繁に使用されるすべてのコンポーネントを含む Creative Cloud ライブラリを作成することができます。

  • アセットのリンク:即時に編集 - どこからでもアップデート.
    アセットのリンクを活用して、常に最新のイテレーションまたはバージョンのアセットを使用します。ライブラリのコピーを編集した場合、アセットの使用場所にかかわらず、すべてのプロジェクトが編集されたアセットにアップデートされます。Adobe CreativeSync では、デスクトップおよびモバイルプロジェクトでアセットを再使用する際に、アップデートされた最適なアセットが必ず選択されます。
  • 場所や 時間を選ばずにアクセス可能.
    ライブラリには、Bridge、Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、After Effects、Creative Cloud アセットなどの各種 Creative Cloud デスクトップアプリ、および Comp や Draw などの Adobe モバイルアプリからアクセスでき、オフラインの場合でも使用できます。
  • 共有とコラボレーション.
    ライブラリのアセットおよびコンポーネントは、他のユーザーと共有できます。共有ライブラリ内のアイテムを使用した作業を他のユーザーにも許可するか、アイテムを共有します。グラフィック、カラー、文字のスタイル指定、またはスタイルガイドなどの共通アセットを使用して、プロジェクト全体の一貫性を確保します。
  • Adobe Stock の統合.
    新しい Adobe Stock サービスでは、5 千万点の高品質なロイヤリティーフリー画像、ビデオ、およびグラフィックにアクセスできます。ライブラリパネルを使用して、Illustrator 内から画像やグラフィックへの移動、ライセンス管理、および使用ができます。
  • 整理.
    ワークフローやクリエイティブプロジェクトに関連するライブラリに、コンポーネントを分類します。
  • 毎回最適なアセットを選択.
    デスクトップおよびモバイルプロジェクトでアセットを再使用する際に、正しくないバージョンを選択したり、誤って削除または上書きする心配がありません。
  • Creative Cloud ライブラリに簡単に保存.
    アセットは、エクスプローラー、Finder、Photoshop、Illustrator、InDesign、Premiere Pro、および Shape、Brush、Color、Comp、Hue などの Adobe モバイルアプリやサービスから直接ライブラリに保存できます。

Bridge から Creative Cloud ライブラリにアクセスするには、次のいずれかの操作を行います。

  • アプリケーションバーのワークスペース一覧からライブラリワークスペースを選択、または Windowワークスペースライブラリを選択します。
  • ウィンドウライブラリを選択して、その他の任意のワークスペースでライブラリパネルを開きます。
Bridge CC で Creative Cloud ライブラリにアクセス
Bridge CC で Creative Cloud ライブラリにアクセス

詳しくは、Bridge の Creative Cloud ライブラリを参照してください。

PNG ファイルおよび SVG ファイルで透明をサポート

Adobe Bridge CC 2018 年 7 月リリースの新機能

Bridge CC では、PNG ファイルおよび SVG ファイルで透明をサポートするようになりました。これらのファイルの透明領域を確認するために、コンテンツパネルとプレビューパネルにチェック柄の背景が表示されます。チェック柄のグリッドを表示するには、次のいずれかの操作を行います。

  • 編集環境設定サムネール(Windows)、または Adobe Bridge CC環境設定サムネール(macOS)に移動して、透明グリッドを表示を選択します。
  • 右上隅にあるサムネール画質オプションとプレビュー生成ボタン()をクリックして、ドロップダウンメニューから透明グリッドを表示を選択します。
PNG ファイルおよび SVG ファイルで透明をサポート
プレビューパネルのチェック柄の背景で透明を設定した PNG 画像と SVG 画像を表示

A. 透明グリッドなしの画像のプレビュー B. 透明グリッドありの画像のプレビュー 

PNG および SVG 画像の透明を、出力ワークスペースに保存することもできます。次のいずれかの操作を行います。

  • 編集環境設定出力(Windows)、またはAdobe Bridge CC環境設定出力(macOS)に移動し、画像用の透明部分を保持オプションを選択します。
  • 出力ワークスペース(Ctrl + F4 キーまたは Command + F4 キー)の出力設定パネルメニューで、画像用の透明部分を保持を選択します。
出力ワークスペースに PNG 画像と SVG 画像の透明を保存
出力ワークスペースに PNG 画像と SVG 画像の透明を保存

Adobe Portfolio にアセットを公開する

Adobe Bridge CC 2017 年 10 月リリースの新機能

公開パネルを使用すると、Adobe Bridge から新しい Adobe Portfolio プロジェクトを作成して、クリエイティブな作業を世界に公開することができます。Portfolio プロジェクトとして、RAW および JPEG 画像、オーディオ、ビデオファイルをアップロードできます。

公開パネル

Adobe Portfolio にアセットを公開

詳しくは、Adobe Portfolio にアセットを公開を参照してください。

PDF コンタクトシートを作成するネイティブの出力ワークスペース

Adobe Bridge CC 2017 年 10 月リリースの新機能

Adobe Bridge CC では、出力という新しいワークスペースが導入されています。出力ワークスペースを使用して、定義済みのテンプレートとカスタムのテンプレートを使用してアセットの PDF コンタクトシートを作成できます。

A. 出力プレビューパネル B. 出力設定パネル C. 出力ワークスペース D. PDF に書き出しボタン E. コンテンツパネル F. フィルターパネルとコレクションパネル G. お気に入りパネルとフォルダーパネル 

機能について詳しくは、出力ワークスペースで PDF コンタクトシートを作成を参照してください。

Adobe Stock ワークフローへの公開での UI の機能強化

Adobe Bridge CC 2017 年 10 月リリースの機能強化

Adobe Stock Contributor への公開は、Bridge の既存の機能です。このリリースでは、画像を Adobe Stock Contributor にアップロードするためのユーザーインターフェイスが機能強化されています。

公開パネル

Adobe Stock セットアップへの公開

詳しくは、画像を Adobe Stock に公開を参照してください。

フィルターパネルの新しいフィルター条件

Adobe Bridge CC 2017 年 10 月リリースの機能強化

Bridge CC のこのリリースでは、次の新しいフィルター条件がフィルターパネルに導入されています。

  • 著者名:選択した著者名に基づいてファイルを表示します。
  • カラープロフィール:選択したカラープロフィールに基づいてファイルを表示します。
  • ビット深度:選択したビット深度に基づいてファイルを表示します。
フィルターパネル

詳しくは、ファイルのフィルター処理を参照してください。

ファイル情報ダイアログの機能強化

Adobe Bridge CC 2017 年 10 月リリースの機能強化

ファイル情報ダイアログ(ファイル/ファイル情報)の機能強化により、Photoshop CC と同じようになりました。メタデータパネルでメタデータを編集する場合またはファイルにキーワードを割り当てるときに、ファイル情報ダイアログに同じ情報が表示されます。逆も同様です。

ファイル情報ダイアログ

CEP エクステンションのサポート

Adobe Bridge CC 2017 年 10 月リリースの新機能

Bridge CC が、Common Extensibility Platform(CEP)をサポートするようになりました。Bridge CC 2018 バージョン 8.0 以降で HTML5\CSS ベースのエクステンションを作成して実行することができます。Bridge のエクステンションにアクセスするには、メニューバーからウィンドウ/エクステンションを選択します。

Bridge 用の独自の CEP エクステンションを作成する開発者は、ドキュメントCEP Extensions Cookbook for Bridgeを参照して、詳細な手順を確認できます。Bridge CEP 関連のリソースについては、https://github.com/Adobe-CEPを参照してください。

スクロールの機能強化

Adobe Bridge CC 2017 年 10 月リリースの機能強化

Bridge CC のこのリリースでは、コンテンツパネルでアセットを参照する際のスクロールの機能が大幅に向上しました。

アドビのロゴ

アカウントにログイン