アドビの新しいドキュメント形式であるクラウドドキュメントについては、よくある質問の回答をご覧ください。

クラウドドキュメントとその他のクラウドファイル

クラウドドキュメントとは

クラウドドキュメントは、Adobe Photoshop、Adobe Illustrator、Adobe XD、Adobe Fresco および Adobe Aero などの特定の Creative Cloud アプリケーションから作成されたドキュメントです。これらのドキュメントはクラウドネイティブであり、それらをサポートするアプリケーションからシームレスにアクセスできるという独自の利点があります。クラウドドキュメントは、どこにいても、常にすべてのデバイスでの作業を更新します。

クラウドドキュメントの概要については、クラウドドキュメントとはを参照してください。

クラウドドキュメントをオフラインで使用できますか?

はい、クラウドドキュメントをオフラインで使用できます。オフラインで使用するには、そのクラウドドキュメントをあらかじめ開いておく必要があります。詳しくは、クラウドドキュメントのオフラインでの使用を参照してください。

すべてのクラウドドキュメントは、オフラインであっても Creative Cloud アプリケーションのホーム画面から利用できます。オンラインに戻ると、クラウドドキュメントが同期され、すべてのデバイスと Creative Cloud web サイトで最新バージョンが利用できるようになります。

Creative Cloud ライブラリにクラウドドキュメントを保存できますか?

Creative Cloud ライブラリにクラウドドキュメントは保存できません。クラウドドキュメントは、アプリケーションまたは Creative Cloud web サイトからオンラインまたはオフラインで直接アクセスできる新しいタイプのネイティブファイルです。詳しくは、クラウドドキュメントと他の Creative Cloud ファイルの違いを参照してください。

クラウドドキュメントでは共有や共同作業ができますか?

Adobe XD は、共有および共同編集機能を含む共同作業をサポートしています。詳しくは、プロトタイプ、デザインスペックおよびクラウドドキュメントの共有を参照してください。

Photoshop、Illustrator、Adobe Aero、および Adobe Fresco ドキュメントの場合、クラウドドキュメントへのリンクを生成し、他の関係者と共有できます。Creative Cloud web サイトからファイルを共有できます。(ファイルを選択して「共有」アイコン をクリックします。)

クラウドドキュメントと他の Creative Cloud ファイルの違いは何ですか?

クラウドファイルを常に整理された状態に維持する方法を教えてください。

クラウド内に保存されたすべてのアセットは、Creative Cloud web サイトまたは Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して整理できます。ファイルを管理するための各オプションは、「作品」タブにあります。

Creative Cloud web サイト

Creative Cloud web サイトを使用したファイルの整理

Creative Cloud デスクトップアプリケーション

Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用したファイルの整理

ドキュメントとストレージの保存

クラウドドキュメントはどこに保存されますか?

クラウドドキュメントは、Creative Cloud に保存されます。アプリケーションや web から簡単にアクセスできます。

  • アプリケーション内からの場合: ホーム画面で、クラウドドキュメントまたは作品クラウドドキュメントを選択します。
  • web の場合:https://assets.adobe.com/cloud-documents に移動します。

クラウドドキュメントで自動保存はどのように機能しますか?

クラウドドキュメントでは、ドキュメントを保存し続ける必要がありません。ドキュメントは作業中に自動的に保存されます。ドキュメントが自動保存されるたびに、新しいバージョンが作成されます。以前のバージョンは、Creative Cloud web サイトの「作品」セクションから簡単に見つけて復元できます。

クラウド以外にあるドキュメントをクラウドドキュメントに変換できますか?

はい。クラウド以外にあるドキュメントをクラウドドキュメントとして簡単に保存できます。ファイル別名で保存をクリック後、適切なオプションを選択して、ドキュメントをクラウドドキュメントとして保存します。利用可能なオプションは、アプリケーションおよび既存のドキュメントの保存方法によって異なります。

Adobe XD で、クラウドドキュメントとして保存
Adobe XD で、クラウドドキュメントとして保存する場合
Adobe Photoshop で、クラウドドキュメントとして保存する場合
Adobe Photoshop で、クラウドドキュメントとして保存する場合

Photoshop および Illustrator では、以前のドキュメントをクラウドドキュメントとして保存した場合、別のダイアログボックスが表示される場合があります。

新しく作成されるクラウドドキュメントは、既存のファイルを上書きせず、新しい拡張子が付いた別のファイルとして保存されます。

保存できるクラウドドキュメントの数に制限はありますか?

いいえ、Creative Cloud のストレージ容量以外に制限はありません。

他のユーザーからクラウドドキュメントを共有された場合、Creative Cloud のストレージ容量は消費されますか?

他のユーザーから共有されたクラウドドキュメントは、ストレージ容量を消費しません。ストレージクォータを消費するのは、自分で保存したクラウドドキュメントのみです。 

既知の問題と制限事項

問題 回避策

Photoshop デスクトップ版でクラウドドキュメントを操作しているときに、次の問題またはエラーが発生する場合があります。

  • クラウドドキュメントを作成または保存できない。
  • ホーム画面の最近使用したドキュメントに空のリストが表示されるか、「問題が発生しました」というメッセージが表示される。
  • 「クラウドドキュメントは利用できません」というダイアログ、または「お使いのバージョンの CoreSync はこのバージョンの Photoshop と互換性がありません」というダイアログが表示される。
Creative Cloud の同期機能が更新を必要とするか、正しく実行されない。詳細なトラブルシューティング手順については、クラウドドキュメントを作成または保存できないを参照してください。
Photoshop ファイルをクラウドドキュメントとして保存する場合、互換性を最大化するためのダイアログが表示されない。  この動作は仕様です。互換性を最大化するためのダイアログは、ドキュメントをコンピューターのローカルドライブに保存するときにのみ表示されます。 
ドキュメントサイズが 2 GB を超える場合、クラウドドキュメントを PSD としてエクスポートできない。 TIFF ファイルまたは PSB ファイルとして保存します。
クラウドドキュメントを操作しているときにエラーが発生する。 クラウドドキュメントのエラーを解決するを参照して、クラウドドキュメントのエラーコードに対する解決策を確認してください。