覆い焼きツールと焼き込みツールは、画像の領域を明るくまたは暗くします。これらのツールは、プリントの特定の領域の露光を調整する従来の暗室技術を基にしています。写真家は、バックライトを保持してプリントの特定の領域を明るくするか(覆い焼き)、または露光量を増やして、プリントの領域を暗くします(焼き込み)。覆い焼きツールまたは焼き込みツールで領域をペイントするほど、その領域は明るくまたは暗くなります。

注意:

覆い焼きツールまたは焼き込みツールを背景レイヤーに適用すると、画像情報が永続的に変更されます。画像を非破壊的に編集するには、複製レイヤーで作業します。複製レイヤーについて詳しくは、レイヤーの基本を参照してください。

  1. 覆い焼きツール  または焼き込みツール  を選択します。
  2. オプションバーでブラシ先端を選択し、ブラシのオプションを設定します。
  3. オプションバーの範囲ポップアップメニューから次のいずれかのオプションを選択します。

    中間調

    グレーの中間範囲を変更する

    シャドウ

    暗い領域を変更する

    ハイライト

    明るい領域を変更する

  4. 覆い焼きツールまたは焼き込みツールの露光量を指定します。
  5. エアブラシボタン をクリックして、ブラシをエアブラシとして使用します。また、ブラシパネルで「エアブラシ」オプションを選択することもできます。
  6. 「トーンを保護」オプションを選択して、シャドウやハイライトのクリッピングを最小化します。また、このオプションを選択することによって色相の変化を防ぎます。
  7. 画像内で、明るくする、または暗くする部分をドラッグします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー