この文書では Creative Cloud Packager の使用方法を説明しています。

注意:

パッケージの作成および展開の流れは、プラットフォーム、ライセンスの種類、Acrobat のバージョンにより異なります。お客様の環境に合った文書をご覧ください。

展開先PC ライセンス種別 Acrobat バージョン 文書
Windows ユーザー指定 DC こちらをご覧ください
Windows ユーザー指定 XI こちらをご覧ください
Windows シリアル番号 DC こちらをご覧ください
Windows シリアル番号 XI こちらをご覧ください
Mac OS
ユーザー指定 DC 本文書です
Mac OS ユーザー指定 XI こちらをご覧ください
Mac OS シリアル番号 DC こちらをご覧ください
Mac OS シリアル番号 XI こちらをご覧ください

この文書では、Adobe Creative Cloud Packager(CCP)を使用して、エンタープライズ版(CCE)のインストール用パッケージを作成し、インストールする方法について説明しています。

Adobe Acrobat DC を含み、ライセンスタイプはユーザーライセンス(ID でサインインを行う方式)で、Creative Cloud アプリのアップデートはユーザーが行う方式を説明します。

Adobe Enterprise Dashboardのデプロイメントにはご契約内容に合わせて「自動作成されたパッケージ」をご用意しております。CCPを利用することなくインストールパッケージを編集、作成できます。詳しくは Enterprise ヘルプ | デプロイメントダッシュボードをご覧ください。

利用する Creative Cloud アプリ、およびアップデートをユーザー(社員の方々など)にお任せする場合にはCCP でインストールパッケージを作成する必要はありません。IT 管理者はユーザーを Creative Cloud へ招待します。ユーザーは招待を承認し、Creative Cloud デスクトップアプリを利用してアプリのインストール、アップデートを行います。詳しくは以下の文書をご覧ください。

Enterprise ヘルプ | ユーザーの管理

Adobe Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用して、アプリケーションやサービスの管理、アプリケーションのダウンロード、ファイルの共有、フォントの検索などを行う

A. はじめに

Creative Cloud Packager の入手方法についてはこちらをご確認ください。

エンタープライズ運用開始前の準備 6 - Creative Cloud Packager の入手

ネットワーク環境に関する注意事項

アプリケーションのダウンロード、インストール、ライセンス認証の際、以下の URL とポート番号へのアクセスが必要となります。必要に応じて、以下の URL とポート番号の組み合わせをあらかじめホワイトリストに登録してください。

アドレス ポート  
ccmdls.adobe.com   443
ims-na1.adobelogin.com 80 443
ims-prod06.adobelogin.com   443
na1r.services.adobe.com 80 443
prod-rel-ffc-ccm.oobesaas.adobe.com   443
prod-rel-ffc.oobesaas.adobe.com   443
lm.licenses.adobe.com 80 443
ccmdl.adobe.com 80  
swupmf.adobe.com 80  
swupdl.adobe.com 80  

ハードディスクの空き容量について

パッケージを作成する前に、ハードディスクの空き容量を十分に確保してください。例えばすべてのアプリケーションを選択したパッケージを作成する場合、ダウンロードするファイルのキャッシュサイズと、作成されるパッケージのサイズ を合わせて、40 GB 以上の空き容量が必要です。

既知の問題

既知の問題と新機能についての詳細はこちらの文書をご覧下さい。
http://helpx.adobe.com/jp/creative-cloud/packager/ccp-readme.html

B. パッケージを作成する

  1. 以下のフォルダーから、CreativeCloudPackager.app を起動します。

    Macintosh HD/アプリケーション/ユーティリティ/Adobe Application Manager/CCP 

  2. ウィンドウが表示されたら、「Creative Cloud エンタープライズ版」をクリックします。

  3. ログイン画面が表示されたら、Adobe ID とパスワードを入力して「ログイン」をクリックします。

    注意:

    CCPにサインインする方はEnterprise Dashboardのシステム管理者またはデプロイメント管理者であることを推奨します。これはデプロイメントに作成されたインストールパッケージが記録されるからです。詳しくはパッケージの表示と追跡をご覧ください。

  4. ログインの完了後、右上のプルダウンメニューから「ヘルプ」、「製品情報」、「環境設定」、「サインアウト」が選択できます。

    「環境設定」を選択すると、ダウンロードしたインストーラーを保存するためのキャッシュフォルダーが指定できます。保存されたインストーラーの削除もこちらから行います。

  5. 「パッケージの作成」をクリックします。

  6. 「パッケージの詳細」画面が表示されたら、以下の各項目を指定して、「次へ」をクリックします。

    • パッケージ名 : 任意の名前を指定します。指定した名前がフォルダー名になります。
    • 保存先 : 右にあるフォルダーのアイコンをクリックし、パッケージの保存先を指定します。
    • ライセンスの種類 :ユーザーがサインインしてライセンス認証する「ユーザーライセンス」を選択します。
    • アプリケーションパネルを使用してアプリケーションとアップデートを表示:ユーザーにアプリケーションのインストールを行わせる(許可する)場合にはチェックマークを付けます。ユーザーにアプリケーションのインストールを行わせない(制限する)場合にはチェックマークを取ります。
    • 管理者特権:OSの管理者権限がない場合でも、ユーザーがアプリケーションとアップデートを管理できます。管理者資格情報のないユーザーにアプリケーションとアップデートのインストールおよびアンインストール)を許可する場合は、このオプションを選択します。

    注意:

    「パッケージ設定」の「(変更)」をクリックしてください。詳細設定画面の詳細については、Creative Cloud Packager の詳細設定についてを参照してください。

    • インストール時に競合プロセスが実行されている場合では「競合を無視してインストールを続行」を選択します。
    • Adobe Update Managerは無効(アップデートの配布はITが管理する):ユーザーにアップデートをさせない場合にはこのオプションを選択します。アップデートは管理者による配布が必要になります。参考Webページ= 製品のアップデートのみをパッケージする方法(Creative Cloud Packager)
      https://helpx.adobe.com/j...date-only-package-jp.html
    • Adobe Update Managerを使用した管理ユーザーによるアップデート:OSの管理者権限があるユーザーにアプリケーションのアップデートを許可する場合にはこのオプションを選択します。[アプリケーションパネルを使用してアプリケーションとアップデートを表示]を選択していなくてもアプリケーションのヘルプ>アップデートからアップデートのインストールが可能になります。
    • 内部アップデートサーバーを使用:このオプションは、Adobe Update Server Setup Tool(通称:AUSST)を利用して組織内に独自のアップデートサーバーを用意している場合に選択するオプションです。[Adobe Update Serverにより上書きされるファイルの埋め込み]が表示されます。AdobeUpdater.Overridesを指定します。作成方法は< https://helpx.adobe.com/j...e-server-setup-tool.html#クライアント構成ファイルの生成 > をご覧ください。
    • Remote Update Managerでは「Remote Update Managerの展開を有効にする」を選択します。
    • インストール先については「初期設定のアプリケーションディレクトリに展開」を推奨します。

  7. アプリケーションの一覧が表示されたら、パッケージするアプリケーションを選択し、「ビルド」をクリックします。

    注意:

    一部のアップデーターは複数のアプリケーションによって共有されるため、選択していないアプリケーションに「-」のチェックが入ることがあります。右向き 矢印を展開して、インストールされるコンポーネントの詳細を確認し、必要に応じてコンポーネント単位で選択してください。

    注意:

    「以前のバージョンを表示」をチェックすると、旧バージョン(CC、CS6)のアプリケーションも選択することができます。 

    注意:

    Creative Cloud Packager では、CS6 から最新バージョンまでのバージョンを選択することができます(旧バージョンを選択するには、「以前のバージョンを表示」にチェックを入れます)。また、アップデーターのみのアプリケーションも展開パッケージとして作成することが可能です。

    注意:

    「OS 言語と一致させる」にチェックを入れて作成されたインストーラーにはすべての言語パックが含まれます。

    インストール処理を行う際にインストーラーがインストール対象の OS 言語を自動判別し、その言語に準じた言語で製品がインストールされます。

    これにより、国をまたいで事業所を持つ企業や、利用ユーザーが別々の言語OSを利用している場合等に、今までは言語毎にパッケージを作る必要がありましたが、今後は一つのインストーラーで済むことになります。

  8. ダウンロードおよびパッケージの作成処理が開始されます。このまましばらくお待ちください。

  9. 「完了」画面に、パッケージされたアプリケーションのアイコンが表示されます。この画面では、以下の 3 つの情報を確認することができます。必要な情報を確認、または保存したら、「閉じる」をクリックします。

    注意:

    • パッケージ名をクリックすると、Finder でパッケージの保存フォルダーが開かれます。

    以下の 2 つのリンクについてはテキストファイルが開かれます。

    • 「アップデート」をクリックすると、パッケージされたアップデートの内容を確認できます。
    • 「Build Log」をクリックすると、コンソールが起動しログファイルが開きます。

    パッケージの作成中に問題が発生した場合は、これらの情報をサポート窓口にお送りいただくことで、問題の原因を特定しやすくなります。これら 2 つのファイルをデスクトップなどに別名で保存することをお勧めします。

C. 作成されたパッケージの確認

C-1. パッケージの内容

パッケージは、以下の 2 つのフォルダーによって構成されます。

  • Build フォルダー
    メインのインストーラーが生成されます。一部のアプリケーションを除き、ほとんどのアプリケーションが Build フォルダーに含まれています。
  • Exceptions フォルダー
    Exceptions フォルダーには、Build フォルダーのインストーラーではインストールされないコンポーネントのペイロードが生成されます。これらのペイロードはそれぞれ個別にインストールする必要があります。以下のアプリケーション、コンポーネントは Exceptions フォルダーに生成されます。
    • Dreamweaver Widgets Browser*
    • Muse CC*
    • Community Help Client を含む Adobe AIR コンポーネント(パッケージの詳細設定画面で「パッケージ内の AIR コンポーネントを無効化」を選択した場合)

    *旧バージョンの Dreamweaver、または Muse CC を選択した場合に生成されます。

C-2. 展開の順序(重要)

パッケージを展開する場合は、必ず Build フォルダーを最初に展開し、次に Exceptions フォルダーのパッケージを展開します。

注意:

例外ペイロード(Exceptions)に分類される製品のみでパッケージを作成した場合でも、Build フォルダーは生成されます。

C-3. Exceptions Deployer

Exceptions フォルダーには、例外ペイロードの他に、ExceptionDeployer という実行ファイルも生成されます。ExceptionDeployer を利用することにより、必要な例外ペイロードを自動的に展開することができます。Exceptions Deployer のコマンドラインオプションなど、詳細については Exceptions フォルダーに生成される ExceptionInfo.txt ファイルまたは以下の文書を参照してください。

Adobe Exceptions Deployer の使用

D. パッケージの展開

一般的な展開の順序として、D-1 ~ D-2. を順に行うことにより、すべてのパッケージを展開することができます。

D-1. Build フォルダーのパッケージを展開

以下のインストーラーを使用して、Build フォルダー内のパッケージを展開します。

  • <パッケージ名>/Build/<パッケージ名>_Install.pkg

D-2. 例外ペイロードの展開

  1. Finder の移動/ユーティリティを選択し、ターミナルを起動します。
  2. ターミナルが起動したら cd コマンドで Exceptions フォルダーに移動し、以下のコマンドを入力します。
    ExceptionDeployer --workflow=install --mode=post
  3. Return キーを押し、コマンドを実行します。

E. Muse の起動

注意:

Muse CC 2014.3 以降のバージョンでは以下の操作は不要です。

Muse の初回起動時には、以下の操作を行います。

  1. 以下のフォルダーから Muse を起動します。

    Macintosh HD/アプリケーション

  2. 「言語を選択」画面が表示されたら、使用する言語を選択して「次へ」をクリックします。

  3. 「Adobe Muse へようこそ」画面が表示されたら、「既存のサブスクリプションへのサインイン」を選択します。

  4. 「アドビソフトウェア使用許諾契約書」画面が表示されます。内容をお読みいただき、同意する場合は「同意する」をクリックします。

  5. Adobe ID とパスワードを入力し、「サインイン」をクリックします。

    注意:

    重要 : Creative Cloud または単体サブスクリプションの有料プランに登録されている Adobe ID は使用しないでください。必要に応じて Adobe ID を新規作成し、作成した Adobe ID でサインインしてください。Adobe ID の作成について、詳しくは以下の文書を参照してください。

    Adobe ID の作成方法

  6. 「体験版の使用を開始」を選択します。

  7. Muse が起動します。

初回起動時、Muse は体験版として動作しますが、次回以降はライセンス認証された状態で Muse が使用できるようになります。

追加情報 (Additional Information)

Apple Remote Desktop を使用してパッケージを展開する方法については、以下の文書を参照してください。

Apple Remote Desktop でパッケージを展開する(Creative Cloud Packager)

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー