概要

Admin Console のパッケージページは、Creative Cloud アプリケーションと Document Cloud アプリケーションを社内のエンドユーザーに対してデプロイするときに使用できる、以下の機能を備えています。

  • Adobe テンプレートを使用して設定済みパッケージをダウンロードする。
  • エンドユーザーに必要な構成とアプリケーションを含む、完全にカスタマイズされたパッケージを作成する。
  • 電子メール通知を有効にして、製品の新しいバージョンが利用可能になったときに通知を受ける。
  • 自分または組織の他の管理者が作成したパッケージを表示する。また、特定のパッケージの詳細を表示して、パッケージ内のアプリケーションの利用可能なアップデートを追跡する。
  • Remote Update ManagerAdobe Update Server Setup Tool などの IT ツールをダウンロードする。
  • Extension Manager コマンドラインツールをダウンロードして、ZXP ファイルコンテナフォーマットから拡張機能とプラグインのインストールができます。

アドビエンタープライズ組織の管理者として、以下の 2 つの方法で、Creative Cloud および Document Cloud アプリケーションを利用できるようにすることが可能です。セルフサービスパッケージおよびマネージドパッケージ。Creative Cloud または Document Cloud に含まれない Adobe Captivate や Presenter などの製品のパッケージを作成するには、使用可能な Adobe テンプレートをカスタマイズする必要があります。

セルフサービスパッケージ

多くのアドビユーザーと同様に、Creative Cloud デスクトップアプリケーションを使用してエンドユーザーがアプリケーションとアップデートをインストールできるようにすることが可能です。これによって、IT 部門の負荷が減り、エンドユーザーは必要なツールをすべて利用できるだけでなく、アップデートがリリースされたときにすぐに利用できるようになります。

エンドユーザーが管理者権限を持っていない場合でも、セルフサービスを有効にする場合、次のいずれかの操作を行うことができます。

  • セルフサービスパッケージの作成
  • 管理者特権をオンにした状態でのマネージドパッケージの作成
  • 管理者特権をオンにした状態での Adobe テンプレートに基づくパッケージの作成

マネージドパッケージ

マネージドパッケージを使用すると、デプロイするものと、アップデートするタイミングを判断できます。アドビ製品の最新バージョンまたはアーカイブ版を含むパッケージを作成することができます。作成したパッケージは、組織内のユーザーのコンピューターにデプロイできます。インストール時にユーザーからの入力が不要な、サイレントおよびカスタムデプロイメントを実行することもできます。

マネージドパッケージを使用する場合は、以下の操作を行うことができます。

Admin Console のパッケージページの使用

パッケージ

パッケージの作成

パッケージを一から作成することで、パッケージに含めるアプリケーションと必要な設定オプションを決定します。

パッケージの管理

自身や同じ組織内の管理者が作成したパッケージの表示、追跡、削除を行えます。特定のパッケージのアプリケーションで利用可能なアップデートを追跡し、そのアップデートを適切に適宜デプロイすることも計画できます。

詳しくは、パッケージの管理を参照してください。

Adobe テンプレート

Adobe テンプレートに基づくパッケージの作成

1 回クリックするだけで、一般的な構成を簡単にダウンロードできます。Adobe テンプレートに基づいてパッケージを作成してダウンロードします。

Adobe テンプレートに基づくパッケージのカスタマイズ

Adobe テンプレートの作成済みの一般的なオプションをカスタマイズした後、カスタマイズされたパッケージをダウンロードします。

ツール

Creative Cloud Packager、Extension Manager コマンドラインツール、Adobe Update Server Setup Tool、または Remote Update Manager をダウンロードします。

Admin Console にログインし、パッケージ/ツールに移動します。

ツール

Creative Cloud Packager

Adobe Creative Cloud Packager を使用すると、Adobe Creative Cloud の製品とアップデートを含むパッケージを簡単に作成できます。このパッケージを組織のクライアントコンピューターにデプロイできます。

詳しくは、Packager を参照してください。

注意:

Enterprise アカウントに Creative Cloud の使用権限が含まれている場合は、Creative Cloud Packager タイルが表示されます。

Adobe Update Server Setup Tool

Adobe Update Server Setup Tool を使用すると、Creative Cloud アップデートをホストするオンプレミスサーバーを設定することができます。エンドユーザーがアップデートを使用できるようになったときに、IT 部門が帯域幅を節約し、制御することができます。

詳しくは、Adobe Update Server Setup Tool の使用を参照してください。

Remote Update Manager

Remote Update Manager を使用すると、クライアントコンピューター上でリモートでアップデーターを呼び出すことができます。クライアントシステムでアップデートをインストールするタイミングをシームレスに管理することができます。特定の製品を指定したり、すべての製品を同時にアップデートすることができます。Adobe Update Server Setup Tool と一緒に使用すると、アップデートはオンプレミスサーバーから取得されます。

詳しくは、Adobe Remote Update Manager の使用を参照してください。

Extension Manager コマンドラインツール

ExMan コマンドラインツールを使用すると、管理者は ZXP ファイルコンテナフォーマットから拡張機能とプラグインをインストールできます。パッケージの作成時に、拡張機能を含めるよう選択するか、Mac または Windows 用のスタンドアロンのツールをダウンロードすることができます。

環境設定

環境設定ダイアログ

通知

Creative Cloud 製品に利用可能なアップデートに関する電子メール通知を受信するかどうかを選択できます。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ/環境設定に移動します。

  2. 通知を有効または無効にするには、通知セクションの該当するチェックボックスをオンまたはオフにします。

内部アップデートサーバー

内部アップデートサーバーを構成するには、「ツール」セクションから Adobe Update Server Setup Tool をダウンロードし、オーバーライドファイルを作成して、オーバーライドファイルの内容を、内部アップデートサーバーボックスにコピー&ペーストします。

また、パッケージを作成ワークフロー内で、このオプションを選択してアップデートを内部アップデートサーバーにリダイレクトする必要があります。

カスタムインストールディレクトリ

作成するパッケージ内のアプリケーションがカスタムインストールディレクトリをサポートしている場合は、作成されたパッケージによってこれらのアプリケーションがインストールされるディレクトリを指定します。詳しくは、パッケージの作成を参照してください。

注意:

指定するディレクトリパスは、絶対パスである必要があります。Windows コンピューターにデプロイするパッケージを作成する場合は、ドライブ文字を含むパスを指定する必要があります。例えば、C:\<フォルダーパス> のように入力します。

また、フォルダーの作成時に Windows でサポートされていない文字( \/:*?<>|)は使用できません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー