マニュアル キャンセル

Admin Console でのアプリのパッケージ化

  1. アドビエンタープライズ版とグループ版:管理ガイド
  2. デプロイメントの計画
    1. 基本概念
      1. ライセンス
      2. ID
      3. ユーザー管理
      4. アプリのデプロイメント
      5. Admin Console の概要
      6. 管理ロール
    2. デプロイメントガイド
      1. ユーザー指定デプロイメントガイド
      2. SDL デプロイメントガイド
      3. Adobe Acrobat のデプロイ 
    3. Creative Cloud 教育機関向けのデプロイ
      1. デプロイメントガイド
      2. Google Classroom で Adobe Express を有効にする
      3. Canvas LMS との連携
      4. Blackboard Learn との連携
      5. 地域ポータルと LMS 用の SSO の構成
      6. Roster Sync を使用したユーザーの追加
      7. Kivuto のよくある質問
      8. 初等および中等教育機関の購入資格のガイドライン
  3. 組織の設定
    1. ID タイプ | 概要
    2. ID の設定 | 概要
    3. Enterprise ID を使用した組織の設定
    4. Azure AD フェデレーションと同期の設定
      1. Azure OIDC を介した Microsoft との SSO の設定
      2. Azure Sync のディレクトリへの追加
      3. Azure Connector の FAQ
    5. Google Federation と Sync の設定
      1. Google Federation を使用した SSO の設定
      2. ディレクトリへの Google Sync の追加
      3. Google Federation の FAQ
    6. Microsoft ADFS を使用した組織の設定
    7. 組織の教育委員会ポータルと LMS の設定
    8. 他の ID プロバイダーを使用した組織の設定
      1. ディレクトリの作成
      2. ドメインの所有権の確認
      3. ディレクトリへのドメインの追加
    9. SSO に関するよくある質問とトラブルシューティング
      1. SSO のよくある質問
      2. SSO のトラブルシューティング
      3. 教育機関に関するよくある質問
  4. 組織の設定の管理
    1. 既存のドメインとディレクトリの管理
    2. アカウントの自動作成の有効化
    3. ディレクトリの信頼を介した組織の設定
    4. 新しい認証プロバイダーへの移行 
    5. アセットの設定
    6. 認証の設定
    7. プライバシーとセキュリティの担当者
    8. Console の設定
    9. 暗号化の管理  
  5. 製品および使用権限の管理  
    1. ユーザーの管理
      1. 概要
      2. 管理ロール
      3. ユーザー管理テクニック
        1. ユーザーの個別管理   
        2. 複数のユーザーの管理(一括 CSV)
        3. ユーザー同期ツール(UST)
        4. Microsoft Azure Sync
        5. Google Federation Sync
      4. ユーザーの ID タイプの変更
      5. ユーザーグループの管理
      6. ディレクトリユーザーの管理
      7. 開発者の管理
      8. Adobe Admin Console への既存のユーザーの移行
      9. Adobe Admin Console へのユーザー管理の移行
    2. 製品および製品プロファイルの管理
      1. 製品を管理
      2. エンタープライズユーザーの製品プロファイルの管理
      3. 自動割り当てルールの管理
      4. 製品リクエストのレビュー
      5. セルフサービスポリシーの管理
      6. アプリ統合を管理
      7. Admin Console での製品権限の管理  
      8. 製品プロファイルのサービスの有効化/無効化
      9. 単体プラン | Creative Cloud エンタープライズ版
      10. オプションのサービス
    3. 共有デバイスライセンスの管理
      1. 新機能
      2. デプロイメントガイド
      3. パッケージの作成
      4. ライセンスの復元
      5. デバイスライセンスからの移行
      6. プロファイルの管理
      7. Licensing Toolkit
      8. 共有デバイスライセンスに関する FAQ
  6. ストレージとアセットの管理
    1. ストレージ
      1. エンタープライズストレージの管理
      2. Adobe Creative Cloud:ストレージ機能の更新について
      3. アドビストレージの管理
    2. アセットの移行
      1. アセットの自動移行
      2. アセットの自動移行に関する FAQ  
      3. 転送されたアセットの管理
    3. ユーザーのアセットの再利用
    4. 学生アセットの移行 | 教育機関のみ
      1. 学生アセットの自動移行
      2. アセットの移行
  7. Managed Services
    1. Adobe Stock
      1. Adobe Stock クレジットパックグループ版
      2. Adobe Stock エンタープライズ版
      3. Adobe Stock エンタープライズ版の使用
      4. Adobe Stock ライセンス承認
    2. カスタムフォント
    3. Adobe Asset Link
      1. 概要
      2. ユーザーグループの作成
      3. Adobe Experience Manager アセットの構成
      4. Adobe Asset Link の構成とインストール
      5. アセットの管理
      6. XD 用 Adobe Asset Link
    4. Adobe Acrobat Sign
      1. Adobe Acrobat Sign エンタープライズ版またはグループ版の設定
      2. Adobe Acrobat Sign - グループ版機能管理者
      3. Admin Console での Adobe Acrobat Sign の管理
    5. Creative Cloud エンタープライズ版 – 無料メンバーシップ
      1. 概要
      2. はじめに
  8. アプリおよびアップデートのデプロイ
    1. 概要
      1. アプリとアップデートのデプロイと提供
      2. デプロイするプラン
      3. デプロイメントの準備
    2. パッケージの作成
      1. Admin Console でのアプリのパッケージ化
      2. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      3. パッケージ用のアドビテンプレート
      4. パッケージの管理
      5. デバイスライセンスの管理
      6. シリアル番号ライセンス
    3. パッケージのカスタマイズ
      1. Creative Cloud デスクトップアプリのカスタマイズ
      2. パッケージへのエクステンションの格納
    4. パッケージのデプロイ 
      1. パッケージのデプロイ
      2. Microsoft Intune を使用したアドビパッケージのデプロイ
      3. SCCM によるアドビパッケージのデプロイ
      4. ARD によるアドビパッケージのデプロイ
      5. Exceptions フォルダーの製品をインストール
      6. Creative Cloud 製品のアンインストール
      7. Adobe Provisioning Toolkit Enterprise Edition の使用
      8. Adobe Creative Cloud ライセンス識別子
    5. アップデートの管理
      1. Adobe のエンタープライズ版およびグループ版のお客様向け変更の管理
      2. アップデートのデプロイ
    6. Adobe Update Server Setup Tool(AUSST)
      1. AUSST の概要
      2. 内部アップデートサーバーのセットアップ
      3. 内部アップデートサーバーのメンテナンス
      4. AUSST の一般的な使用例   
      5. 内部アップデートサーバーのトラブルシューティング
    7. Adobe Remote Update Manager(RUM)
      1. Adobe Remote Update Manager の使用
      2. Adobe Remote Update Manager で使用するチャネル ID
      3. RUM のエラーの解決
    8. トラブルシューティング
      1. Creative Cloud アプリのインストールとアンイストールのエラーのトラブルシューティング
      2. クライアントコンピューターでのパッケージのデプロイ結果の確認
      3. Creative Cloud パッケージの「インストールに失敗しました」というエラーメッセージ
    9. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成(CC 2018 以前のアプリ)
      1. Creative Cloud Packager について
      2. Creative Cloud Packager リリースノート
      3. アプリケーションパッケージ
      4. Creative Cloud Packager を使用したパッケージの作成
      5. ユーザー指定ライセンスパッケージの作成
      6. デバイスライセンスを使用したパッケージの作成
      7. ライセンスパッケージの作成
      8. シリアル番号ライセンスを使用したパッケージの作成
      9. Packager の自動化
      10. Creative Cloud 以外の製品のパッケージ化
      11. 設定の編集と保存
      12. システムレベルでのロケールの設定
  9. アカウントの管理
    1. グループ版アカウントの管理
      1. 概要
      2. 支払詳細を更新
      3. 請求書の管理
      4. 契約所有者の変更
      5. 販売店の変更
    2. グループ版ユーザーへのライセンスの割り当て
    3. 製品とライセンスの追加
    4. 更新
      1. グループ版メンバーシップ:更新
      2. VIP エンタープライズ版:更新とコンプライアンス
    5. ETLA 契約の自動期限切れステージ
    6. 既存の Adobe Admin Console 内での契約タイプの切り替え
    7. 購入リクエストコンプライアンス
    8. 中国における Value Incentive Plan(VIP)
    9. VIP Select のヘルプ
  10. レポートとログ
    1. 監査ログ
    2. 割り当てレポート
    3. コンテンツログ
  11. ヘルプを表示
    1. アドビカスタマーサポートへのお問い合わせ
    2. グループ版アカウントのサポートオプション
    3. エンタープライズ版アカウントのサポートオプション
    4. Experience Cloud のサポートオプション

はじめに

Admin Console のパッケージページは、以下の機能を提供します。Creative Cloud および Document Cloud アプリケーションをエンタープライズのエンドユーザーにデプロイする場合に使用します。

  • Adobe テンプレートを使用して設定済みパッケージをダウンロードする。
  • エンドユーザーに必要な設定とアプリケーションを含む、カスタマイズされたユーザー指定ライセンスまたは共有デバイスライセンス教育機関向け)パッケージを作成する。
  • メール通知を有効にして、製品の新しいバージョンが利用可能になったときに通知を受ける。
  • 自分または組織の他の管理者が作成したパッケージを表示する。また、特定のパッケージの詳細を表示して、パッケージ内のアプリの利用可能なアップデートを追跡する。
  • Remote Update ManagerAdobe Update Server Setup Tool などの IT ツールをダウンロードする。
  • Adobe Extension Manager コマンドラインツールをダウンロードして、ZXP ファイルコンテナフォーマットから拡張機能とプラグインをインストールする。
警告:

デバイスライセンスレガシー)またはシリアル番号ライセンス(レガシー)パッケージを作成するには、Creative Cloud Packager を使用します。

Creative Cloud Packager は開発を終了しており、今後アップデートは提供されません。また Creative Cloud Packager は、Creative Cloud 2019 以降のアプリを含むパッケージの作成には使用できません。詳細情報

Adobe Admin Console で用意されているパッケージ作成ワークフローの使用をお勧めします。

ユーザー指定ライセンスパッケージと共有デバイスライセンスパッケージの作成方法を参照してください。

Admin Console でのパッケージの使用

ツール

Creative Cloud Packager、Adobe Extension Manager コマンドラインツール、Adobe Update Server Setup Tool、または Remote Update Manager をダウンロードします。

Admin Console にログインし、パッケージ/ツールに移動します。

Creative Cloud Packager

Adobe Creative Cloud Packager を使用すると、Adobe Creative Cloud の製品とアップデートを含むパッケージを簡単に作成できます。このパッケージを組織のクライアントコンピューターにデプロイできます。

詳しくは、Packager を参照してください。

注意:

2018 年 10 月 15 日以降にリリースされた Creative Cloud アプリ(Creative Cloud 2019)以降は、Creative Cloud Packager で使用することはできません。詳しくは、こちらのドキュメントを参照してください。

Adobe Update Server Setup Tool

Adobe Update Server Setup Tool を使用すると、Creative Cloud アップデートをホストするオンプレミスサーバーを設定することができます。エンドユーザーがアップデートを使用できるようになったときに、IT 部門が帯域幅を節約し、制御することができます。

詳しくは、Adobe Update Server Setup Tool の使用を参照してください。

Remote Update Manager

Remote Update Manager を使用すると、クライアントコンピューター上でリモートでアップデーターを呼び出すことができます。クライアントシステムでアップデートをインストールするタイミングをシームレスに管理することができます。特定の製品を指定したり、すべての製品を同時にアップデートすることができます。Adobe Update Server Setup Tool と一緒に使用すると、アップデートはオンプレミスサーバーから取得されます。

詳しくは、Adobe Remote Update Manager の使用を参照してください。

Adobe Extension Manager コマンドラインツール

ExMan コマンドラインツールを使用すると、管理者は ZXP ファイルコンテナフォーマットから拡張機能とプラグインをインストールできます。パッケージの作成時に、拡張機能を含めるよう選択するか、Mac または Windows 用のスタンドアロンのツールをダウンロードすることができます。

環境設定

通知、AUSST およびパッケージディレクトリに関する環境設定を指定します。

注意:

パッケージの環境設定は、ログインしている管理者にローカルに適用されます。つまり、指定した環境設定はすべて、自分と作成したパッケージに適用されます。

Admin Console にログインし、パッケージ環境設定に移動します。

パッケージの環境設定

通知

Creative Cloud 製品に利用可能なアップデートに関するメール通知を受信するかどうかを選択できます。

  1. Admin Console にログインし、パッケージ環境設定に移動します。

  2. 通知を有効または無効にするには、通知セクションの該当するチェックボックスをオンまたはオフにするかハイライト表示とハイライト解除を切り替えます。

利用可能なアプリケーションバージョン」を選択し、セキュリティアップデートや機能アップデートを受けていないアプリのバージョンを表示します。

パッケージの作成中に、アプリを選択画面で「以前のバージョンを表示」を選択します。

警告:

アドビは最新バージョンのアプリを完全にサポートしていますが、古いバージョンのサポートには限りがあります。Creative Cloud エンタープライズ版プランには、セキュリティアップデートを受ける設定の LTS バージョンも含まれています。アドビでは、アプリの最新バージョンまたは LTS バージョンでパッケージを作成することを推奨しています。ただし、古いバージョンのアプリを選択した場合は、Creative Cloud のサポートポリシーを参照して、アドビがどの程度のサポートを提供しているかを確認してください。

Adobe Genuine Service(AGS)

Adobe Genuine Service(AGS)は、マシン上のアドビアプリが正規品かどうかを定期的に検証し、正規品でない場合はお客様に通知するサービスです。正規品ではないアドビソフトウェアは改変されていることが多いため、使用すると以下のような問題が発生するため、個人や組織にとってのリスクとなります。

  • データを侵害するウイルスやマルウェアにさらされるリスクの増大
  • ソフトウェアが正しく機能しない、または完全に失敗する可能性の増大

この環境設定を使用して、AGS をパッケージインストールの一部として確実にクライアントマシンにインストールしてください。

  • このオプションをオンにすると、作成した新しいパッケージとともに AGS がインストールされます。
  • AGS は、ユーザー指定ライセンスと共有デバイスライセンスのパッケージでのみインストールされます。
  • このオプションの選択を解除して作成パッケージを作成し、AGS が既にインストールされているマシンにデプロイすると、それまでにインストールされていたバージョンの AGS がアンインストールされます。

詳しくは、この「アドビ正規品に関する FAQ(法人向け)」を参照してください。

Adobe Genuine Service についての詳細情報はこちらを参照してください。

AGS をインストールする場合は、こちらの記事に記載されている手順に従ってください。

内部アップデートサーバー

内部アップデートサーバーをセットアップするには、ツールセクションから Adobe Update Server Setup Tool をダウンロードします。次に、オーバーライドファイルを生成し、その内容を「内部アップデートサーバー」ボックスにペーストします。

パッケージを作成ワークフローで、このオプションを選択してアップデートを内部アップデートサーバーにリダイレクトします。

内部アップデートサーバーのバイパス

次の環境設定を使用して、内部アップデートサーバーが使用できない場合にエンドユーザーのコンピューターがアドビサーバーから Adobe アップデートを確実に取得できるようにします。詳細情報

カスタムインストールディレクトリ

パッケージ内のアプリがカスタムインストールディレクトリをサポートしている場合は、パッケージによってこれらのアプリがインストールされるディレクトリを指定します。詳しくは、パッケージの作成を参照してください。

注意:

指定するディレクトリパスは、絶対パスである必要があります。Windows コンピューターにデプロイするパッケージを作成する場合は、ドライブ文字を含むパスを指定します。例えば、C:¥<フォルダーパス> のように入力します。

また、フォルダーの作成時に Windows でサポートされていない文字( \/:*?<>|)は使用できません。

アドビのロゴ

アカウントにログイン