この文書では、PDF の テキストの追加または置換、入力ミスの修正、フォントおよび書体の変更、配置の調整、テキストのサイズ変更をおこなう方法を説明します。(画像、オブジェクトまたはスキャンされた PDF の編集方法については、上の適切なリンクをクリックしてください)。

目的の作業を選択

By Matthew Pizzi (http://www.trainsimple.com/)

Acrobat を使用して PDF にテキストを追加するときは、デフォルトで新しいテキストの近くにあるフォント属性が選択されます。同様に、PDF 内の既存のテキストを編集するときに、システム上にフォントがない場合は、デフォルトで該当する書体の特定のフォントが代わりに使用されます。例えば、ローマ文字では Minion Pro フォントが使用されます。このようなデフォルト動作によって、PDF 文書内でフォントの外観の一貫性が失われる場合があります。すべての PDF で統一するには、「コンテンツ編集」環境設定の「フォントオプション」を使用して、テキストの追加とテキストの編集の両方に対して特定のフォントを選択します。

  1. Acrobat の編集メニューで、「環境設定」を選択します。環境設定ダイアログボックスが表示されます。
    (または Windows では Ctrl + K キー、macOS では Command+K キーを押すこともできます)

  2. ダイアログボックスで、「分類」の「コンテンツの編集」をクリックします。次のスクリーンショットに示すように、「フォントオプション」が表示されます。

    PDF 内のテキストを追加および編集するデフォルトのフォントを変更
  3. ドロップダウンリストで適切なフォントを選択します。

    • 編集時に使用する代替フォント
    • テキストを追加するためのデフォルトのフォント」と「フォントサイズ
  4. OK」をクリックして変更を保存し、環境設定ダイアログボックスを閉じます。

システムにインストールされているいずれかのフォントを使用して、新規のテキストを PDF に追加または挿入できます。

  1. ツール/PDF を編集/テキストを追加を選択します。

    テキストを追加ツール
    PDF を開き、ツール/PDF を編集/テキストを追加を選択します。

  2. ドラッグして、追加するテキストブロックの幅を定義します。
  3. 縦書きのテキストにする場合、テキストボックスを右クリックし、「テキストの方向を縦書きにする」を選択します。

  4. テキストを追加ツールが、クリックした場所に近いテキストの次のプロパティをインテリジェントに検出します。

    • フォント名、サイズ、色
    • 文字、段落、行間
    • 水平比率

    これらのテキストのプロパティは、クリックした場所に追加されるテキストに対して自動的に適用されます。

    右側のパネルの「フォーマット」にあるオプションを使用してテキストのプロパティを変更できます。

  5. テキストを入力します。
  6. テキストボックスのサイズを変更するには、選択ハンドルをドラッグします。
  7. テキストボックスを移動するには、境界ボックスの線上にポインターを移動します(選択ハンドルにならないようにします)。カーソルが移動ポインター に変わったら、ボックスを新しい位置にドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、上下または左右の動きに限定されます。

テキストを編集すると、変更に合わせて段落のテキストがテキストボックス内で折り返されます。各テキストボックスは独立しているので、あるテキストブロックにテキストを挿入しても、隣接するテキストボックスが下に移動したり、次のページに送られることはありません。 

  1. ツール/PDF を編集編集を選択します。

    ツール/PDF を編集/編集を選択
    編集できるテキストと画像がドットのアウトラインで示されます。
  2. 編集するテキストを選択します。選択するとテキストボックスが青に変わり、選択したテキストボックスの上部に回転ハンドルが表示されます。

    編集するテキストを選択
  3. 次のいずれかの操作を行って、テキストを編集します。
    • 新しいテキストを入力し、選択したテキストを置き換えます。または、Delete キーを押して選択したテキストを削除します。
    • テキストボックスを回転させるには、選択したテキストボックスの上部にある回転ハンドルを使用します。
    • 右側のフォーマットパネルで、リストコントロール(箇条書きと番号付き)を使用してリスト項目を管理します。リスト項目の作成、既存の段落からリスト項目への変換、既存のリスト項目から段落への変換、あるリストの種類から別のリストの種類への変換をおこなえます。
    • 右側のフォーマットパネルで、フォント、フォントサイズまたはその他のフォーマットオプションを選択します。行間、文字の間隔、水平比率、線幅、カラーなどの詳細書式設定オプションも使用できます。
    フォーマットのオプション
    右側のパネルのフォーマットのオプション

    注意:

    ライセンス上の問題により、テキストを変更する際には、そのテキストで使用されているフォントを購入してシステムにインストールしておく必要があります。

    テキストに使用されているフォントがシステムにインストールされている場合にのみ、テキストを編集できます。フォントがシステムにインストールされておらず、PDF に埋め込まれている場合は、色またはフォントサイズのみ変更できます。フォントがインストールまたは埋め込みされていない場合は、どのテキストも編集できません。

  4. 選択を解除するには、選択範囲の外側をクリックします。

  1. ツール/PDF を編集編集を選択します。

    ツール/PDF を編集/編集を選択
    編集できるテキストと画像がドットのアウトラインで示されます。
  2. 変更するテキストを選択します。

  3. 右側のフォーマットパネルで、フォント、フォントサイズ、その他のフォーマットオプションを選択します。行間、文字の間隔、水平比率、線幅、カラーなどの詳細書式設定オプションも使用できます。

    フォーマットのオプション
    右側のパネルのフォーマットのオプション

    注意:

    ライセンス上の問題により、テキストを変更する際には、そのテキストで使用されているフォントを購入してシステムにインストールしておく必要があります。

    テキストに使用されているフォントがシステムにインストールされている場合にのみ、テキストを編集できます。フォントがシステムにインストールされておらず、PDF に埋め込まれている場合は、色またはフォントサイズのみ変更できます。フォントがインストールまたは埋め込みされていない場合は、どのテキストも編集できません。

  4. 選択を解除するには、選択範囲の外側をクリックします。

ページ上のテキストボックスを移動または回転できます。テキストと画像を編集ツールを使用すると、各テキストボックスのアウトラインが表示されるので、対象となるテキストが明確になります。編集はページ内に限定されます。テキストブロックを他のページにドラッグすることはできません。また、テキストボックス内で個別の文字や語句を移動したり、回転したりすることはできません。ただし、テキストボックスをコピーして他のページに貼り付けることはできます。

テキストボックスのサイズを変更すると、変更されたテキストボックスの境界内でテキストが折り返されます。テキストのサイズは変更されません。その他のテキスト編集と同様、サイズ変更は現在のページに限られます。テキストが次のページに送られることはありません。

  1. ツールPDF を編集編集を選択します

  2. 移動、回転またはサイズ変更をおこなうテキストボックスをクリックします。
    編集するテキストを選択
    クリックしたテキストボックスが境界ボックスで囲まれ、選択ハンドルが表示されます。
  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    移動

    ポインターを境界ボックスの線上に置きます(選択ハンドルにならないようにします)。カーソルが移動ポインター に変わったら、ボックスを目的の位置にドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、上下または左右の動きに限定されます。

    テキストボックスを移動

    回転

    回転ポインター をクリックして押さえたまま、回転させる方向にドラッグします。

    テキストボックスを回転

    サイズ変更

    いずれかの円形選択ハンドルの上にポインターを置き、ハンドルをドラッグしてテキストブロックのサイズを変更します。

    テキストボックスをサイズ変更

選択したテキストにハイライト、取り消し線、または下線を適用する場合は、注釈ツールを使用します。PDF では、実際のテキストは変更されません。それらのマークアップは、ソースファイル内でテキストを編集する必要がある場所と方法を示しているだけです。詳細については、「ハイライト、取り消し線または下線のテキストへの適用」を参照してください。

注釈を追加するには、注釈および描画マークアップツールを使用することができます。注釈とは、アイデアを伝達したり、PDF に関するフィードバックを提供したりするためのメモや図形によるメッセージのことです。ノート注釈ツールを使用してテキストメッセージを入力することができます。または、描画ツールを使用して線や円などの図形注釈を追加してから、関連付けられたポップアップノートにメッセージを入力することもできます。詳しくは、注釈ツールと描画マークアップツールを使用して PDF で注釈を追加を参照してください。

番号付きまたは箇条書きのリストへの項目の追加、リスト項目の作成、既存の段落からリスト項目への変換、既存のリスト項目から段落への変換、あるリストの種類から別のリストの種類への変換をおこなえます。

  1. ツールPDF を編集編集を選択します

    注意:

    Acrobat では、段落とリストを別々に検出します。そのため、編集中、段落とリストが同じ境界ボックス内に表示されるように見えます。変更したファイルを保存または名前を付けて保存して、再度開くと、段落と箇条書き項目は別の境界ボックスに表示されます。

  2. 次の手順を実行します。

    番号付きまたは箇条書きのリストの項目を追加または削除するには:

    • MS Office で使い慣れた操作方法により、すべてのネストレベルのリストに項目を追加または削除できます。例えば、リスト項目の最後で Enter キーを押すと、新しい行が挿入されます。Backspace キーを押すと、その新しい行が削除され、カーソル位置が前のリスト項目の末尾に戻ります。

    番号付きまたは箇条書きのリストを作成するには:

    1. 文書内のリストを追加する場所にカーソルを置きます。
    2. 右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類を選択します(箇条書きまたは番号付き)。

    既存の段落をリスト項目に変換するには:

    • 段落内にカーソルを置き、右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類を選択します(箇条書きまたは番号付き)。

    既存のリスト項目を段落に変換するには:

    1. リスト内のすべての項目を選択します。右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類が強調表示されます。
    2. 強調表示されたリストの種類をクリックします。

    あるリストの種類から別のリストの種類に変換するには:

    1. リスト項目にカーソルを置くか、リスト内のすべての項目を選択します。
    2. 右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類を選択します(箇条書きまたは番号付き)。
    フォーマットのオプション
    右側のパネルのフォーマットのオプション

    注意:

    キーボードを使用して箇条書き項目を追加することもできます。例えば、段落の前に、番号「a」に続けて右小括弧「)」を入力し、半角スペースを 1 つ追加します。これにより、「a)」で始まる番号付きリストが追加されます。

PDF をもっと活用する

PDF フォームの編集

入力と署名ツールを使用すれば、フォーム上の任意の場所にテキストやその他のシンボルを追加できます。詳しくは、PDF フォームの入力と署名を参照してください。

Acrobat を使用して、PDF フォームの作成、配布、トラック、入力、署名を行うことができます。詳しくは、PDF フォームヘルプを参照してください。

ヘッダー、フッター、背景、透かしの更新

Acrobat では、PDF 内にヘッダーとフッターを追加できます。ヘッダーとフッターには、日付、自動ページ番号、法律文書用の通し番号、タイトルと作成者を含めることができます。詳しくは、PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加を参照してください。

PDF の特定のページまたは指定範囲のページにのみ、背景を適用することができます。PDF で各ページに設定できる背景は 1 つのみですが、ページごとに背景を変更することができます。詳しくは、PDF への背景の追加を参照してください。

透かしとは、既存の文書コンテンツの前面または背面に表示したテキストまたは画像です。例えば、機密事項が書かれたページに「極秘」という透かしを適用することがあります。1 つまたは複数の PDF に複数の透かしを追加できます。ただし、透かしはそれぞれ個別に追加する必要があります。詳しくは、PDF へのウォーターマークの追加を参照してください。

ページの回転、移動、削除、抽出、再番号付け

PDF を編集する権限がある場合は、PDF 内のページを簡単に整理できます。詳しくは、PDF ページの回転、移動、削除、抽出、再番号付けを参照してください。