PDF ファイルのテキストを簡単に修正、更新、追加できます。元のソース文書に戻らずに、段落を折り返したり、入力ミスを修正したりできます。「テキストを追加」ツールを使用して、非インタラクティブな PDF フォームに入力することもできます。

注意:

このドキュメントでは、Acrobat DC および Acrobat 2017 での手順について説明します。Acrobat XI を使用している場合は、Acrobat XI ヘルプを参照してください。

PDF のテキストの編集

テキストと画像を編集ツールを使用すると、PDFのテキストを置換、編集および追加することができます。入力ミスの修正、フォントとフォントサイズの変更、整列、上付きおよび下付き文字の追加、テキストや段落のサイズ変更を行うことができます。

テキストと画像を編集ツール
Acrobat で PDF を開き、ツール/PDF を編集/編集を選択します。

PDFの編集は一度に 1 ページずつ行います。大幅に編集したり、文書全体にわたって一括して書式を変更する場合は、元の文書を編集します。元の文書を編集できない場合は、PDF を Microsoft Word 文書または PowerPoint プレゼンテーションとして保存し、保存したファイルを編集して、PDF を再度作成します。

ビデオチュートリアル:Acrobat で PDF のテキストと画像を編集する

デスクトップの Acrobat で PDF ファイルのテキストと画像を編集する方法と、モバイルデバイスの Acrobat Pro サブスクリプションで PDF を編集する方法について学習します。

ビデオ(05:07)| Matthew Pizzi(train simple

PDF のテキストの編集と書式設定

テキストを編集すると、変更に合わせて段落のテキストがテキストボックス内で折り返されます。各テキストボックスは独立しているので、あるテキストブロックにテキストを挿入しても、隣接するテキストボックスが下に移動したり、次のページに送られることはありません。

  1. ツールPDF を編集編集 を選択します。

    ツール/PDF を編集/編集を選択
    編集できるテキストと画像がアウトラインで示されます。

  2. 編集するテキストを選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行って、テキストを編集します。
    • 新しいテキストを入力し、選択したテキストを置き換えます。または、Delete キーを押して選択したテキストを削除します。
    • 右側のパネルの「フォーマット」で、リストコントロール(箇条書きおよび番号付き)を使用してリスト項目を管理します。新しいリスト項目の作成、既存の段落からリスト項目への変換、既存のリスト項目から段落への変換、あるリストの種類から別のリストの種類への変換を行えます。
    • 右側のパネルの「フォーマット」で、フォントやフォントサイズなどのフォーマットオプションを選択します。行間、文字の間隔、水平比率、線幅、カラーなどの詳細書式設定オプションも使用できます。
    フォーマットのオプション
    右側のパネルのフォーマットのオプション

    注意:

    ライセンス上の問題により、テキストを変更する際には、そのテキストで使用されているフォントを購入してシステムにインストールしておく必要があります。

    テキストに使用されているフォントがシステムにインストールされている場合にのみ、テキストを編集できます。フォントがシステムにインストールされておらず、PDF に埋め込まれている場合は、色またはフォントサイズのみ変更できます。フォントがインストールも埋め込みもされていない場合は、どのテキストも編集できません。

  4. 選択を解除するには、選択範囲の外側をクリックします。

番号付きまたは箇条書きのリストの追加または編集

番号付きまたは箇条書きのリストへの項目の追加、新しいリスト項目の作成、既存の段落からリスト項目への変換、既存のリスト項目から段落への変換、あるリストの種類から別のリストの種類への変換を行えます。

  1. ツールPDF を編集編集 を選択します。

    注意:

    Acrobat では、段落とリストを別々に検出します。したがって、編集中に段落とリストが両方とも同じ境界ボックスに表示される可能性があります。変更したファイルを保存または名前を付けて保存した後に再度開くと、段落とリスト項目が個別の境界ボックスに表示されます。

  2. 次の手順を実行します。

    番号付きまたは箇条書きのリストの項目を追加または削除するには:

    • MS Office で使い慣れた操作方法により、すべてのネストレベルのリストに項目を追加または削除できます。例えば、リスト項目の最後で Enter キーを押すと、新しい行が挿入されます。Backspace キーを押すと、その新しい行が削除され、カーソル位置が前のリスト項目の末尾に戻ります。

    番号付きまたは箇条書きのリストを作成するには:

    1. 文書内の新しいリストを追加する場所にカーソルを置きます。
    2. 右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類を選択します(箇条書きまたは番号付き)。

    既存の段落をリスト項目に変換するには:

    • 段落内にカーソルを置き、右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類を選択します(箇条書きまたは番号付き)。

    既存のリスト項目を段落に変換するには:

    1. リスト内のすべての項目を選択します。右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類が強調表示されます。
    2. 強調表示されたリストの種類をクリックします。

    あるリストの種類から別のリストの種類に変換するには:

    1. リスト項目にカーソルを置くか、リスト内のすべての項目を選択します。
    2. 右側のパネルの「フォーマット」で該当するリストの種類を選択します(箇条書きまたは番号付き)。
    フォーマットのオプション
    右側のパネルのフォーマットのオプション


    注意:

    キーボードを使用して箇条書き項目を追加することもできます。例えば、段落の前に、番号「a」に続けて右小括弧「)」を入力し、半角スペースを 1 つ追加します。これにより、「a)」で始まる番号付きリストが追加されます。

PDF への新規テキストの追加

システムにインストールされているいずれかのフォントを使用して、新規のテキストを PDF に追加または挿入できます。

  1. ツールPDF を編集テキストを追加 を選択します。

    テキストを追加ツール
    PDF を開き、ツール/PDF を編集/テキストを追加を選択します。

  2. ドラッグして、追加するテキストブロックの幅を定義します。
  3. 縦書きのテキストにする場合、テキストボックスを右クリックし、「テキストの方向を縦書きにする」を選択します。

  4. テキストを追加ツールが、クリックした場所に近いテキストの次のプロパティをインテリジェントに検出します。

    • フォント名、サイズ、色
    • 文字、段落、行間
    • 水平比率

    これらのテキストのプロパティは、クリックした場所に追加されるテキストに対して自動的に適用されます。

    右側のパネルの「フォーマット」にあるオプションを使用してテキストのプロパティを変更できます。

  5. テキストを入力します。
  6. テキストボックスのサイズを変更するには、選択ハンドルをドラッグします。
  7. テキストボックスを移動するには、境界ボックスの線上にポインターを移動します(選択ハンドルにならないようにします)。カーソルが移動ポインター に変わったら、ボックスを新しい位置にドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、上下または左右の動きに限定されます。

テキストボックスの移動、回転およびサイズ変更

ページ上のテキストボックスを移動または回転できます。テキストと画像を編集ツールを使用すると、各テキストボックスのアウトラインが表示されるので、対象となるテキストが明確になります。編集はページ内に限定されます。テキストブロックを他のページにドラッグすることはできません。また、テキストボックス内で個別の文字や語句を移動したり、回転したりすることはできません。ただし、テキストボックスをコピーして他のページに貼り付けることはできます。

テキストボックスのサイズを変更すると、変更されたテキストボックスの境界内でテキストが折り返されます。テキストのサイズは変更されません。フォントサイズを変更するには、PDF のテキストの編集と書式設定を参照してください。その他のテキスト編集と同様、サイズ変更は現在のページに限られます。テキストが次のページに送られることはありません。

  1. ツールPDF を編集編集 を選択します。

  2. 移動、回転またはサイズ変更を行うテキストボックスをクリックします。
    テキストボックスの移動、回転またはサイズ変更
    クリックしたテキストボックスが境界ボックスで囲まれ、選択ハンドルが表示されます。

  3. 次のいずれかの操作をおこないます。

    移動

    ポインターを境界ボックスの線上に置きます(選択ハンドルにならないようにします)。カーソルが移動ポインター に変わったら、ボックスを目的の位置にドラッグします。Shift キーを押しながらドラッグすると、上下または左右の動きに限定されます。

    テキストボックスを移動

    回転

    ポインターを選択ハンドルのすぐ外側に置きます。カーソルが回転ポインター に変わったら、回転したい方向にドラッグします。

    テキストボックスを回転

    サイズ変更

    ポインターを選択ハンドル上に置きます。カーソルがサイズ変更ポインター に変わったら、ハンドルをドラッグしてテキストブロックのサイズを変更します。

    テキストボックスをサイズ変更

非インタラクティブなフォームや署名時のテキストの追加、編集、移動

組織では、紙のフォームから変換した、インタラクティブなフォームフィールドのない PDF フォーム(「フラットフォーム」と呼びます)が使用されることがあります。注釈ツールバーのテキストを追加ツールを使用して、非インタラクティブなフォームに入力したり、署名が必要な文書にテキストを追加したりできます。このツールを使用して追加したテキストは注釈となり、元の PDF は変更されません。

非インタラクティブ(フラットフォーム)な PDF へのテキストの追加

  1. ツール注釈テキスト注釈を追加 を選択します。

  2. テキストを追加する場所をクリックします。

  3. テキストのプロパティツールバーで、追加するテキストの色、フォントおよびフォントサイズを選択します。

    テキストのプロパティツールバー
    テキストのプロパティツールバー

    注意:

    テキストのプロパティツールバーが表示されない場合は、注釈ツールバーでテキストのプロパティアイコンをクリックするか、または Ctrl + E キーを押します。

  4. テキストを入力します。Enter キーを押すと行を追加できます。

非インタラクティブ(フラットフォーム)な PDF でのテキストの編集

テキストのプロパティを変更するには、変更するテキストを選択します。テキストのプロパティツールバーで、次のいずれかのツールを使用します。

テキストのプロパティツールバー
ツールバーの様々なオプションを使用してテキストのプロパティを変更

注意:

テキストのプロパティツールバーが表示されない場合は、注釈ツールバーでテキストのプロパティアイコンをクリックするか、または Ctrl + E キーを押します。

  • フォントメニューからフォントを選択します。
  • ポップアップメニューからフォントのサイズを選択します。
  • 文字の色メニューから色を選択します。
  • 行間スペースを変更するには、「字間を縮小」ボタンまたは「字間を拡大」ボタンをクリックします。

非インタラクティブ(フラットフォーム)な PDF でのテキストの移動またはサイズ変更

テキストブロックを移動するか、テキストブロックのサイズを変更するには、ツール注釈を選択し、右側のパネルで「注釈のリスト」を選択します。注釈のリストで、移動またはサイズ変更を行うテキストを含む注釈をクリックします。境界ボックスが表示されたら、テキストブロックまたはテキストブロックのいずれかの隅をドラッグします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー