フォントの埋め込みと置換

フォントの埋め込みができるのは、フォントメーカーが埋め込みを許可している場合のみです。フォントを埋め込むことで、ファイルを表示したり印刷したりする際にフォントが置換されることが防止され、元のフォントでテキストが表示されることが保証されます。アジアの言語で一般に使用されている CID フォントフォーマットを使用していない限り、フォントを埋め込んでもファイルサイズは少し増加するだけです。フォントの埋め込みまたは置換は Acrobat で行います。また、InDesign ドキュメントを PDF に書き出すときにも行うことができます。

フォントは全体を埋め込むことも、ファイルで使用されている文字のサブセットのみを埋め込むこともできます。サブセット化によって、カスタムフォント名を作成して、フォントとフォントメトリクスが印刷時に使用されるようにすることができます。これにより、例えば、サービスプロバイダーは、サービスプロバイダーの Adobe Garamond® のバージョンではなく、ユーザーの Adobe Garamond のバージョンを常に使用して、表示や印刷を行うことができます。PostScript ファイルに含まれる場合、または Distiller が監視するフォントの場所にあり、埋め込みが制限されていない場合、Type 1 および TrueType フォントを埋め込むことができます。

フォントベンダーの設定によってフォントを埋め込むことができない場合、および PDF を開いたり印刷したりするユーザーに元のフォントへのアクセス権がない場合、マルチプルマスター書体が一時的に代用されます。例えば、serif フォントが見つからない場合は AdobeSerifMM、sans serif フォントが見つからない場合は AdobeSansMM が使用されます。

マルチプルマスターフォントは、伸縮や調整を行い、必ず改行と改ページの位置が元のドキュメントと同じになるようにします。ただし、特に手書き書体のような通常と異なる文字の場合など、この置換を行っても元の文字の形状と常に一致するわけではありません。

注意:

アジア言語のテキストの場合、Acrobat DC では、インストール済みのアジア言語キットのフォント、またはユーザーシステムの同様のフォントが使用されます。一部の言語のフォントまたはエンコーディングが不明なフォントは置換できません。このような場合、ファイルのテキストは中黒で表示されます。

フォントの文字
文字が一般的でない場合(左)、欧文置換フォントの形状はいつも一致するわけではありません(右)。

注意:

PDF からテキストをコピーしたり貼り付けたりするのが困難な場合、まず問題のフォントが埋め込まれているかどうかを確認します(ファイル/プロパティ/「フォント」タブ)。埋め込まれているフォントの場合、PostScript ファイル内に送信するのではなく、フォントを埋め込むポイントを変更してみてください。そのフォントを埋め込まずに PDF の Distiller 処理を実行します。次に、Acrobat で PDF を開き、プリフライトフィックスアップを使用してフォントを埋め込みます。

Distiller を使用したフォントへのアクセスと埋め込み

PostScript ファイルを PDF に変換する場合、PDF に適切な情報を挿入するために、Distiller はファイルのフォントにアクセスする必要があります。Distiller は最初に、PostScript ファイルで Type 1、TrueType および OpenType のフォントを検索します。フォントが PostScript ファイルに埋め込まれていない場合、Distiller はその他のフォントフォルダーを検索します。Windows では、Distiller は次のフォントフォルダーを検索します。

  • Acrobat フォルダーの /Resource/Font

  • \Program Files¥Common Files¥Adobe¥Fonts

    Mac OS では、Distiller は次のフォントフォルダーを検索します。

  • Acrobat フォルダーの /Resource/Font

  • /ユーザ/[user name]/ライブラリ/Fonts

  • /Library/Fonts

  • /System/Library/Fonts

    Acrobat のインストールには多くの一般的な中国語、日本語および韓国語フォントの幅情報バージョンが含まれているため、Distiller は Acrobat のこれらのフォントにアクセスできます。これらのフォントがお使いのコンピューターで使用できることを確認してください(Windows では、Acrobat のインストール時に「すべて」を選択するか、または「カスタム」を選択して「Adobe PDF を表示」カテゴリにある「日中韓言語サポート」オプションを選択します。Mac OS では、これらのフォントは自動的にインストールされます)。

    PostScript ファイルにフォント情報を含める方法については、PostScript ファイルの作成に使用するアプリケーションとプリンタドライバに添付されているマニュアルを参照してください。

注意:

Distiller は、Type 32 フォントをサポートしていません。

Distiller で検索する他のフォントフォルダーを指定するには、Acrobat Distiller で設定/フォントの場所を選択します。表示されたダイアログボックスで、「追加」をクリックしてフォントフォルダーを追加します。「欧文基本書体の TrueType バージョンは無視する」を選択し、PostScript 3 フォントコレクション内のフォントと同じ PostScript フォント名を持つ TrueType フォントを使用しないよう設定することもできます。

注意:

Distiller がアクセスするフォントフォルダーの場所を移動した場合は、このダイアログボックスを使用して、一覧にある以前の場所のフォルダーを削除し、新しい場所を追加します。

ローカルフォントを使用しない PDF のプレビュー

ローカルコンピューターでは使用できるが PDF には埋め込まれていないフォントが使用されているテキストをデフォルトのフォントに置き換えて、印刷可能な文書プレビューを作成できます。このプレビューにより、文書の外観を思い通りに仕上げるためにローカルフォントを PDF に埋め込むかどうかを決定することができます。

  1. 環境設定ダイアログボックスの「分類」で、「ページ表示」を選択し、「ローカルフォントを使用」の選択を解除します。

    注意:

    フォントの置き換えができない場合は、そのフォントのテキストが黒丸で表示され、エラーメッセージが表示されます。

PostScript フォント名の確認

Adobe PDF 設定ダイアログボックスのフォントパネルでフォント名を手動で入力する場合は、PDF を使用して、名前の正確なスペルを確認できます。

  1. 任意のアプリケーションで、フォント名を確認したいフォントを使用した 1 ページの文書を作成します。
  2. 文書から PDF を作成します。
  3. Acrobat DC で PDF を開き、ファイル/プロパティ/フォントを選択します。

  4. フォント情報ダイアログボックスに表示されたフォント名を、正確なスペルで、大文字と小文字を区別し、ハイフンも含めて正確に写し取ります。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー