文書のプロパティの表示

PDF のプロパティを表示すると、文書のタイトル、使用しているフォント、セキュリティ設定などのファイル情報を見ることができます。この情報には文書の作成者によって設定されたものと、自動的に生成されたものがあります。

Acrobat DC では、文書の作成者が設定した情報を変更できます。ただし、文書を変更できないようにファイルにセキュリティが設定されている場合は変更できません。

  1. ファイル/プロパティを選択します。
  2. 文書のプロパティダイアログボックスのタブをクリックします。

文書のプロパティ

概要

文書の基本情報を表示します。PDF の作成者によって、タイトル、作成者、サブタイトルおよびキーワードが設定されている場合があります。これらの情報を使用して特定の文書を検索できます。「キーワード」は、検索条件を絞り込むのに特に便利です。

多くの Web 検索エンジンでは、検索結果一覧に文書のタイトルが表示されます。PDF にタイトルが付いていない場合は、代わりにファイル名が表示されます。ファイルのタイトルは、必ずしもファイル名と同じではありません。

詳細情報の領域に、PDF のバージョン、ページサイズ、ページ数、文書がタグ付きかどうか、Web 表示用に最適化が設定されているかどうかが示されます(ページサイズが複数ある PDF または PDF ポートフォリオでは、最初のページのサイズが示されます)。この情報は自動的に生成され、変更できません。

セキュリティ

PDF 内でどのような変更および機能が許可されているのかを示します。パスワード、証明書、セキュリティポリシーが PDF に適用されている場合は、その方式がここにリストされます。

フォント

元の文書で使用されているフォントとフォントの種類、表示用に使用されている実際のフォントとフォントの種類、およびエンコーディングが一覧表示されます。

代替フォントが使用されているときに文書がきれいに表示されない場合は、システムに元のフォントをインストールするか、元のフォントを文書に埋め込んで文書を作成し直すように作成者に依頼してください。

開き方(Acrobat のみ)

PDF を開いたときにどのように表示されるのかを示します。ウィンドウのサイズ、開くページ番号と表示倍率、しおり、サムネール、ツールバー、およびメニューバーの表示の有無などを設定できます。これらの設定を変更して、次に文書を開くときの表示方法を変えることができます。また、ページを表示したり文書を開いたりするときなどに実行する JavaScript も作成できます。

カスタム(Acrobat のみ)

文書のプロパティを文書に追加できます。

詳細設定

PDF の設定、印刷ダイアログのプリセット、文書の読み上げオプションを示します。

Acrobat の PDF 設定で、文書内の Web リンクのベース URL を設定できます。ベース URL を指定しておくと、他の Web サイトへの Web リンクを簡単に処理できます。例えば、リンク先の URL が変わった場合は、ベース URL を編集するだけですみます。このサイトを参照する個々の Web リンクを編集する必要はありません。完全な URL アドレスがリンクに含まれている場合は、ベース URL は使用されません。

検索用インデックスファイル(PDX)を PDF に関連付けることもできます。その PDF が PDF を検索ウィンドウで検索された場合、指定の PDX ファイルでインデックスされているすべての PDF も同じように検索対象となります。

トラッピングなど、その文書のプリプレス情報を含めることができます。文書の印刷プリセットを定義できます。その結果、印刷ダイアログボックスに文書に固有の値が入力されます。読み上げオプションを設定し、スクリーンリーダーまたはその他の支援デバイスによって PDF を読み上げる方法を指示することもできます。

文書のプロパティへの説明の追加

他の人が PDF を見つけるために検索ユーティリティで使用する可能性のあるキーワードを PDF の文書のプロパティに追加できます。

  1. ファイル/プロパティを選択します。
  2. 「概要」タブをクリックし、作成者名、サブタイトルおよびキーワードを入力します。
  3. (オプション)「その他のメタデータ」をクリックして、著作権情報など、その他の記述情報を追加します。

文書のプロパティの作成

文書にカスタムプロパティを追加して、バージョン番号や会社名など、特定の種類のメタデータを PDF 内に格納することができます。作成したプロパティは、文書のプロパティダイアログボックスに表示されます。作成したプロパティの名前は、文書のプロパティダイアログボックスの他のタブにある標準のプロパティと同じ名前にすることはできません。必ず固有の名前にする必要があります。

  1. ファイル/プロパティを選択し、「カスタム」を選択します。
  2. プロパティを追加するには、「名前」と「値」を入力し、「追加」をクリックします。
  3. プロパティを変更するには、必要に応じて次の操作を行い、「OK」をクリックします。
    • プロパティを編集するには、プロパティを選択して「値」を変更し、「変更」をクリックします。

    • プロパティを削除するには、削除するプロパティを選択して「削除」をクリックします。

    カスタムプロパティの名前を変更するには、そのプロパティを削除して、別の名前で新しいカスタムプロパティを作成します。

文書メタデータの編集

Acrobat 5.0 以降で作成された PDF 文書には、XML 形式の 文書メタデータが含まれています。メタデータには、作成者の名前、キーワード、著作権情報など文書およびその内容に関する情報が含まれており、それらの情報は検索ユーティリティで使用されます。文書メタデータには、文書のプロパティダイアログボックスの「概要」タブに表示される情報も含まれます。文書のメタデータは、サードパーティの製品を利用して拡張したり修正したりできます。

Extensible Metadata Platform(XMP)は、複数のパブリッシングワークフロー間での文書メタデータの作成、処理、交換を標準化する、共通の XML フレームワークをアドビアプリケーションに提供します。文書メタデータの XML ソースコードは XMP 形式で保存また取り込むことができるため、文書間でメタデータを簡単に共有することができます。文書メタデータを、Acrobat で再使用できるメタデータテンプレートに保存することもできます。

文書メタデータの表示

  1. ファイル/プロパティを選択し、「概要」タブの「その他のメタデータ」ボタンをクリックします。
  2. 「詳細」をクリックして、文書に埋め込まれているすべてのメタデータを表示します (メタデータは、スキーマごとに表示されます。つまり、あらかじめ定義されているグループ単位で分類されて表示されます)。スキーマ名ごとにスキーマの情報を表示または非表示にします。判別可能なスキーマ名がない場合は、不明と表示されます。スキーマ名の後ろに、括弧で囲まれた XML ネームスペースがあります。

文書メタデータの編集または追加

  1. ファイル/プロパティを選択し、「概要」タブをクリックし、「その他のメタデータ」をクリックします。
  2. 左側のリストから「詳細」を選択します。
  3. メタデータを編集するには、次のいずれかの操作を行い、「OK」をクリックします。
    • 以前に保存した情報を追加するには、「追加」をクリックし、XMP または FFO ファイルを選択して「開く」をクリックします。

    • 新しい情報を追加し、現在のメタデータを XMP ファイルに格納されている情報で置き換えるには、「置換」をクリックし、保存されている XMP または FFO ファイルを選択して、「開く」をクリックします。新しいプロパティが追加され、既存のプロパティで新しいファイルにも指定されているプロパティは置き換えられ、置換ファイルに存在しない既存のプロパティはメタデータに残ります。

    • XML スキーマを削除するには、削除するスキーマを選択して「削除」をクリックします。

    • テンプレートのメタデータを使用して現在のメタデータを追加するには、Ctrl キー(Windows)または Command キー(Mac OS)を押しながら、右上隅のダイアログボックスのオプションからテンプレート名を選択します。

    注意:

    テンプレートからメタデータを読み込むには、メタデータテンプレートが保存されている必要があります。

    現在のメタデータをテンプレートのメタデータで置き換えるには、右上隅のダイアログボックスからテンプレートファイル(XMP)を選択します。

メタデータをテンプレートまたはファイルとして保存

  1. ファイル/プロパティを選択し、「概要」タブをクリックし、「その他のメタデータ」をクリックします。
  2. 左側のリストから「詳細」を選択します。
  3. 次のいずれかの操作を行い、「OK」をクリックします。
    • メタデータを外部ファイルに保存するには、「保存」をクリックして、ファイルに名前を付けます。メタデータは XMP フォーマットのファイルとして格納されます (保存したメタデータを別の PDF で使用するには、文書を開き、指示に従って文書内のメタデータを置換または追加します)。

    • メタデータをテンプレートとして保存するには、右上隅のオプションメニューから「メタデータテンプレートの保存」を選択し、ファイルに名前を付けます。

オブジェクトデータおよびメタデータの表示

PDF 内の特定のオブジェクト、タグおよび画像のメタデータ情報を表示できます。メタデータを編集し、書き出すことができるのは、Visio オブジェクトに限られます。

Acrobat のオブジェクトデータツール
オブジェクトのグループとオブジェクトデータを表示するには、オブジェクトデータツールを使用します。

オブジェクトメタデータの表示(Acrobat Pro)

  1. ツール/PDF を編集/テキストと画像を編集を選択します。

  2. オブジェクトを選択し、選択したオブジェクトを右クリックして、「メタデータを表示」を選択します(「メタデータを表示」が使用できない場合、オブジェクトにメタデータが関連付けられていません)。

Visio オブジェクトメタデータの表示および編集

  1. ツール/ものさし/オブジェクトデータツールを選択します。

  2. ページ上のオブジェクトをダブルクリックして、メタデータを表示します。

    モデルツリーが開き、すべての構造エレメントの階層一覧が表示されます。選択したオブジェクトのメタデータは、モデルツリーの下部に、編集可能なプロパティおよび値として表示されます。

    注意:

    選択したオブジェクトは、ページ上でハイライト表示されます。モデルツリーの上部にあるハイライト表示の色メニューを使用して、別の色を選択することもできます。

  3. メタデータを編集するには、モデルツリーの下部にあるボックスに入力します。
  4. オブジェクトメタデータを書き出すには、モデルツリーのすべてのオブジェクトを書き出す場合はオプションメニューから XML として書き出しツリー全体を、選択したオブジェクトとその子オブジェクトだけを書き出す場合は XML として書き出し現在のノードを選択します。ファイルに名前を付け、保存します。

Visio オブジェクトメタデータの書き出し

  1. ツール/ものさし/オブジェクトデータツールを選択します。

  2. ページ上のオブジェクトをダブルクリックして、メタデータを表示します。
  3. オプションメニュー  から、次のいずれかを選択します。
    • すべてのオブジェクトを書き出すには、XML として書き出しツリー全体を選択します。

    • 選択したオブジェクトとその子オブジェクトだけを書き出すには、XML として書き出し現在のノードを選択します。

  4. ファイルに名前を付け、保存します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー