マニュアル キャンセル

パスワードによる PDF の保護

  1. Acrobat ユーザーガイド
  2. Acrobat の概要
    1. デスクトップ、モバイル、web から Acrobat にアクセス
    2. Acrobat の新機能
    3. ショートカットキー
    4. システム要件
  3. ワークスペース
    1. ワークスペースの基本
    2. PDF を開いて表示
      1. PDF を開く
      2. PDF ページのナビゲーション
      3. PDF の環境設定の表示
      4. PDF の表示の調整
      5. PDF のサムネールプレビューを有効にする
      6. PDF をブラウザーで表示
    3. オンラインアカウントで操作
      1. Box からファイルにアクセス
      2. Dropbox からファイルにアクセス
      3. OneDrive からファイルにアクセス
      4. SharePoint からファイルにアクセス
      5. Google ドライブからファイルにアクセス
    4. Acrobat および macOS
    5. Acrobat 通知
    6. PDF のグリッド、ガイド、ものさし
    7. PDF での日中韓言語、キリル文字および右から左に表記されるテキスト
  4. PDF の作成
    1. PDF 作成の概要
    2. Acrobat での PDF の作成
    3. PDFMaker による PDF の作成
    4. Adobe PDF プリンターの使用
    5. Web ページを PDF に変換
    6. Acrobat Distiller による PDF の作成
    7. Adobe PDF 変換設定
    8. PDF のフォント
  5. PDF の編集
    1. PDF のテキストの編集
    2. PDF の画像またはオブジェクトの編集
    3. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    4. スキャンされた PDF の編集
    5. モバイルデバイスのカメラで撮影した文書内の写真の補正
    6. PDF の最適化
    7. PDF のプロパティとメタデータ
    8. PDF 内のリンクと添付ファイル
    9. PDF レイヤー
    10. PDF のサムネール画像としおり
    11. アクションウィザード(Acrobat Pro)
    12. Web ページから変換された PDF
    13. プレゼンテーション用の PDF の設定
    14. PDF のアーティクル
    15. 地図情報 PDF
    16. PDF へのアクションおよびスクリプトの適用
    17. テキスト追加時にデフォルトのフォントを変更
    18. PDF からページを削除
  6. スキャンと OCR
    1. 文書をスキャンして PDF に変換
    2. 文書の写真を補正
    3. Acrobat を使用してスキャンする際のスキャナーの問題のトラブルシューティング
  7. フォーム
    1. PDF フォームの基本
    2. Acrobat で新規フォームを作成
    3. PDF フォームの作成と配布
    4. PDF フォームに入力
    5. PDF フォームフィールドのプロパティ
    6. PDF フォームの入力と署名
    7. PDF フォームでの操作ボタンの設定
    8. インタラクティブな PDF Web フォームの公開
    9. PDF フォームフィールドの基本
    10. PDF バーコードフォームフィールド
    11. PDF フォームデータの収集と管理
    12. フォームトラッカーについて
    13. PDF フォームヘルプ
    14. 電子メールまたは内部サーバーを使用して PDF フォームを受信者に送信する
  8. ファイルの結合
    1. 単一 PDF へのファイルの結合
    2. PDF ページの回転、移動、削除およびページ番号の付け直し
    3. PDF へのヘッダー、フッターおよび通し番号の追加
    4. PDF ページのトリミング
    5. PDF への透かしの追加
    6. PDF への背景の追加
    7. PDF ポートフォリオ内のコンポーネントファイルでの作業
    8. PDF ポートフォリオの公開と共有
    9. PDF ポートフォリオの概要
    10. PDF ポートフォリオの作成およびカスタマイズ
  9. 共有、レビュー、およびコメント
    1. オンラインでの PDF の共有とトラック
    2. 校正箇所の指示
    3. PDF レビューの準備
    4. PDF レビューの開始
    5. SharePoint または Office 365 サイトでの共有レビューのホスト
    6. PDF レビューへの参加
    7. PDF への注釈の追加
    8. PDF へのスタンプの追加
    9. 承認プロセス
    10. 注釈の管理 | 表示、返信、印刷
    11. 注釈の取り込みと書き出し
    12. PDF レビューのトラックと管理
  10. PDF の保存と書き出し
    1. PDF の保存
    2. PDF を Word に変換
    3. PDF を JPG に変換
    4. 他のファイル形式への PDF の変換または書き出し
    5. PDF 書き出し時のファイル形式オプション
    6. PDF コンテンツの再使用
  11. セキュリティ
    1. PDF の拡張セキュリティ設定
    2. パスワードによる PDF の保護
    3. デジタル ID の管理
    4. 証明書による PDF の保護
    5. 保護された PDF を開く
    6. PDF 内の機密情報の削除
    7. PDF のセキュリティポリシーの設定
    8. PDF のセキュリティ方法の選択
    9. PDF を開くときのセキュリティ警告
    10. Adobe Experience Manager による PDF の保護
    11. PDF の保護ビュー機能
    12. Acrobat と PDF のセキュリティの概要
    13. セキュリティリスクとしての PDF の JavaScript
    14. セキュリティリスクとしての添付ファイル
    15. PDF のリンクの許可またはブロック
  12. 電子サイン
    1. PDF 文書への署名
    2. モバイルデバイスでキャプチャした署名をあらゆるデバイスで使用
    3. 電子サイン用に文書を送信
    4. 証明書の署名について
    5. 証明書ベースの署名
    6. デジタル署名の検証
    7. Adobe Approved Trust List
    8. 信頼済み証明書の管理
  13. 印刷
    1. 基本の PDF 印刷処理
    2. 小冊子と PDF ポートフォリオの印刷
    3. PDF 印刷の詳細設定
    4. PDF に印刷
    5. PDF のカラー印刷(Acrobat Pro)
    6. カスタムサイズでの PDF の印刷
  14. アクセシビリティ、タグ、および折り返し
    1. アクセシビリティ対応の PDF の作成および検証
    2. PDF のアクセシビリティ機能
    3. PDF の読み上げ順序ツール
    4. 折り返しおよびアクセシビリティ機能を使用した PDF の読み上げ
    5. コンテンツパネルとタグパネルでの文書構造の編集
    6. アクセシブルな PDF の作成
  15. 検索とインデックスの作成
    1. PDF のインデックスの作成
    2. PDF ファイルの検索
  16. マルチメディアと 3D モデル
    1. PDF にオーディオ、ビデオおよびインタラクティブオブジェクトを追加
    2. PDF への 3D モデルの追加(Acrobat Pro)
    3. PDF での 3D モデルの表示
    4. 3D モデルのインタラクティブな操作方法
    5. PDF での 3D オブジェクトの測定
    6. PDF での 3D ビューの設定
    7. PDF 内の 3D コンテンツの有効化
    8. PDF へのマルチメディアの追加
    9. PDF での 3D デザインへの注釈の追加
    10. PDF でのビデオ、オーディオ、マルチメディアの再生
    11. ビデオへの注釈の追加
  17. 印刷工程ツール(Acrobat Pro)
    1. 印刷工程ツールの概要
    2. トンボとヘアライン
    3. 出力のプレビュー
    4. 透明の分割・統合
    5. カラー変換とインキの管理
    6. トラップ
  18. プリフライト(Acrobat Pro)
    1. PDF/X、PDF/A、PDF/E 準拠ファイル
    2. プリフライトプロファイル
    3. プリフライトの詳細な検査
    4. プリフライトレポート
    5. プリフライト結果、オブジェクトおよびリソースの表示
    6. PDF の出力インテント
    7. プリフライトツールでの問題のある領域の修正
    8. ドロップレットまたはプリフライトアクションによる文書の分析の自動化
    9. プリフライトツールを使用した文書の分析
    10. プリフライトツールでの追加のチェック
    11. プリフライトライブラリ
    12. プリフライト変数
  19. カラーマネジメント
    1. 一貫した色の保持
    2. カラー設定
    3. 文書のカラーマネジメント
    4. カラープロファイルでの作業
    5. カラーマネジメントの解説

はじめる前に

アドビは、より直感的で新しい製品エクスペリエンスの提供を開始します。表示された画面が製品インターフェイスと一致していない場合は、現在の機能のヘルプを選択してください。

新しい機能では、ツールが画面の左側に表示されます。

Adobe Acrobat logo

まずは試してみる
直感的なPDF編集を7日間無料で体験いただけます。

パスワードのセキュリティに関する基本事項

パスワードを設定し、印刷や編集など特定の機能を使用禁止にすることで、PDF へのアクセスを制限することができます。ただし、PDF のコピーを保存できないようにすることはできません。このコピーには、元の PDF と同じ制限が適用されます。次の 2 種類のパスワードを使用できます。

文書を開くパスワード:

文書を開くパスワード(ユーザーパスワードとも呼ばれます)を使用した場合、PDF を開くためにパスワードの入力が必要です。

権限パスワード:

権限パスワード(プライマリパスワード)を使用した場合、権限設定を変更するときにパスワードが必要です。権限パスワードを使用して、PDF の内容の印刷、編集、コピーを制限できます。受信者が Acrobat または Acrobat Reader で文書を開くときにパスワードは必要ありません。設定されている制限を変更する場合は、パスワードが必要です。

PDF が両方のタイプのパスワードで保護されている場合は、いずれかのパスワードを使用すると開くことができます。ただし、制限された機能を変更できるのは権限パスワードだけです。通常、両方のタイプのパスワードを設定すると、セキュリティが強化されるので効果的です。

注意:

署名済みまたは証明済みの文書にパスワードを追加することはできません。

PDF へのパスワードの追加

Adobe Acrobat ディープリンク

アプリで試す
数回の簡単な手順で、パスワードで PDF を保護して、編集を制限します。

  1. Acrobat で PDF を開きます。

  2. 次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのツールPDF を保護パスワードで PDF を保護に移動します。
    • ファイルパスワードを使用して保護(macOS)を選択します。
  3. パスワードを使用して保護ダイアログボックスで、PDF を表示または編集するためにパスワードを設定するかどうかを選択します。

    パスワードを使用して保護

  4. パスワードを入力し、確認のため再入力します。パスワードは 6 文字以上にしてください。パスワードの横にパスワード強度が表示され、選択したパスワードが脆弱、中程度、強力、または最適であるかが示されます。

  5. 適用」を選択します。Acrobat に、パスワードを使用してファイルが正常に保護されたことを示す確認メッセージが表示されます。

    保護の確認メッセージ

  1. Acrobat で PDF を開き、次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのツールPDF を保護に移動します。左パネルの PDF を保護ツールセットから「パスワードで暗号化」を選択します。
    • ファイルパスワードを使用して保護を選択します。「詳細オプション」リストから、「パスワードで暗号化(macOS)」を選択します。
  2. メッセージが表示されたら、「はい」を選択してセキュリティを変更します。

  3. 文書を開くときにパスワードが必要」を選択し、対応するフィールドにパスワードを入力します。パスワードは 6 文字以上にしてください。キーストロークごとに、パスワード強度メーターがパスワードを評価し、パスワードの強度を示します。

    「文書を開くときにパスワードが必要」を選択
    パスワードによるセキュリティ - 設定で、PDF を開くときのパスワードを設定できます

  4. 互換性のある形式」ドロップダウンリストで Acrobat のバージョンを選択します。受信者の Acrobat または Acrobat Reader のバージョンと同じか、それ以前のバージョンを選択します。

    選択内容によって、以前のバージョンとの互換性や暗号化のタイプが制御されます
    選択内容によって、以前のバージョンとの互換性や暗号化のタイプが制御されます

    互換性のある形式」オプションでの選択によって、使用される暗号化のタイプが決まります。受信者の Acrobat または Acrobat Reader のバージョンと互換性のあるバージョンを選択することが重要です。例えば、Acrobat 7 では Acrobat X 以降用に暗号化された PDF を開くことができません。

    • Acrobat 6.0 およびそれ以降」(PDF 1.5)を選択すると、128-bit RC4 を使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat 7.0 およびそれ以降」(PDF 1.6)を選択すると、128-bit キーサイズの AES 暗号化アルゴリズムを使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat X およびそれ以降」(PDF 1.7)を選択すると、256-bit AES を使用して文書が暗号化されます。Acrobat 8 および 9 で作成した文書に 256-bit AES 暗号化を適用するには、「Acrobat X およびそれ以降」を選択します。
  5. 次の暗号化オプションを選択します。

    すべてのコンテンツを暗号化

    文書と文書のメタデータを暗号化します。このオプションを選択すると、検索エンジンは文書のメタデータにアクセスできなくなります。

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化

    このオプションを選択すると、文書は暗号化されますが、検索エンジンは文書のメタデータに引き続きアクセスできます。

    注意:

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化」オプションを選択しても、Acrobat の iFilter および、「簡易検索」または「高度な検索」コマンドでは、PDF のメタデータは検索されません。XMP メタデータを利用する検索ツールを使用できます。

    添付ファイルのみを暗号化

    添付ファイルを開くときにパスワードが必要です。文書を開くときにはパスワードは必要ありません。保護された電子封筒を作成するときに、このオプションを使用します。

  6. OK」を選択します。パスワードの確認を求めるメッセージが表示されたら、ボックスに適切なパスワードを再入力し、「OK」を選択します。

PDF 編集の制限

PDF が変更されるのを防ぐことができます。「編集を制限」オプションを選択すると、テキストの編集、オブジェクトの移動、フォームフィールドの追加が禁止されます。フォームフィールドへの入力、署名、コメントの追加は行うことができます。

  1. Acrobat で PDF を開き、次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのツールPDF を保護に移動して、左ペインの PDF を保護ツールセットから「パスワードで PDF を保護」を選択します。
    • ファイルパスワードを使用して保護(macOS)を選択します。
  2. メッセージが表示されたら、「はい」を選択してセキュリティを変更します。

  3. 編集」を選択し、パスワードを入力し、確認のため再入力します。パスワードは 6 文字以上にしてください。パスワードの横にパスワード強度が表示され、選択したパスワードが脆弱、中程度、または強力であるかが示されます。

    編集を制限

  4. 適用」を選択します。Acrobat に、パスワードを使用してファイルが正常に保護されたことを示す確認メッセージが表示されます。

    編集を制限の確認メッセージ

印刷、編集、コピーの制限

PDF の内容の印刷、編集、コピーを防ぐことができます。PDF に適用する制限を設定できます。ユーザーは、パスワードを入力しない限り、これらの制限を変更することはできません。

Adobe Illustrator、Photoshop、InDesign には読み取り専用モードがありません。このようなアプリで制限付き PDF を開くには、ユーザーは権限パスワードを入力する必要があります。

注意:

パスワードを忘れた場合、PDF から復元することはできません。パスワードで保護する前に、PDF のバックアップコピーを保存してください。

  1. Acrobat で PDF を開き、次のいずれかの操作を行います。

    • すべてのツールPDF を保護を選択してから、左ペインの PDF を保護ツールセットから「パスワードで暗号化」を選択します。
    • ファイルパスワードを使用して保護(macOS)を選択します。
  2. メッセージが表示されたら、「はい」をクリックしてセキュリティを変更します。

  3. 文書の印刷および編集を制限」を選択します。

    すべてのアドビ製品では、権限パスワードで設定された制限が適用されます。ただし、サードパーティ製品がこれらの設定をサポートしていない場合、文書の受信者は一部またはすべての制限を回避できます。

  4. 対応するフィールドにパスワードを入力します。パスワードは 6 文字以上にしてください。キーストロークごとに、パスワード強度メーターがパスワードを評価し、パスワードの強度を示します。

    パスワードによるセキュリティのオプション
    パスワードによるセキュリティ - 設定で、印刷、編集、コピーを制限できます

  5. 印刷を許可」で、許可する印刷レベルを選択します。

    なし

    ユーザーが文書を印刷できないようにします。

    低解像度(150 dpi)

    150 dpi 以下の解像度で印刷を許可します。各ページはビットマップ画像として印刷されるため、印刷速度が低下することがあります。このオプションは、「互換性のある形式」オプションが Acrobat 5(PDF 1.4)またはそれ以降に設定されている場合にのみ使用できます。

    高解像度

    ユーザーはドキュメントを任意の解像度でプリントすることができます。高度な高品質プリント機能をサポートする Adobe PostScript プリンターおよびその他のプリンターに、高品質のベクトル出力を送ることができます。

  6. 変更を許可」で、許可する変更内容を選択します。

    なし

    変更を許可」に表示されている文書への変更(フォームフィールドへの入力やコメントの追加など)をユーザーが実行できなくなります。

    ページの挿入、削除、回転

    ユーザーはページの挿入、削除、回転、およびしおりとサムネールの作成ができます。このオプションは、高レベルの暗号化(128-bit RC4 または AES)が設定されている場合にのみ使用できます。

    フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名

    ユーザーはフォームへの入力とデジタル署名の追加ができます。このオプションでは、コメントの追加とフォームフィールドの作成はできません。このオプションは、高レベルの暗号化(128-bit RC4 または AES)が設定されている場合にのみ使用できます。

    コメントの作成、フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名

    ユーザーはコメントの追加、デジタル署名の追加、フォームへの入力ができます。このオプションでは、ページオブジェクトの移動とフォームフィールドの作成はできません。

    ページの抽出を除くすべての操作

    ユーザーは文書の編集、フォームフィールドの作成と入力、コメントの追加、デジタル署名の追加ができます。

  7. 次のいずれかのオプションを選択します。

    テキスト、画像、およびその他の内容のコピーを有効にする

    PDF の内容を選択してコピーできます。

    スクリーンリーダーデバイスのテキストアクセスを有効にする

    視覚に障害を持つユーザーがスクリーンリーダーを使用して文書を判読できるようにしますが、文書の内容をコピーまたは抽出することはできません。このオプションは、高レベルの暗号化(128-bit RC4 または AES)が設定されている場合にのみ使用できます。

  8. 互換性のある形式」で Acrobat のバージョンを選択します。受信者の Acrobat または Acrobat Reader のバージョンと同じか、それ以前のバージョンを選択します。「互換性のある形式」オプションでの選択によって、使用される暗号化のタイプが決まります。受信者の Acrobat または Acrobat Reader のバージョンと互換性のあるバージョンを選択することが重要です。例えば、Acrobat 7 では Acrobat X 以降用に暗号化された PDF を開くことができません。

    PDF の互換性のオプション

    • Acrobat 6.0 およびそれ以降」(PDF 1.5)を選択すると、128-bit RC4 を使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat 7.0 およびそれ以降」(PDF 1.6)を選択すると、128-bit キーサイズの AES 暗号化アルゴリズムを使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat X およびそれ以降」(PDF 1.7)を選択すると、256-bit AES を使用して文書が暗号化されます。Acrobat 8 および 9 で作成した文書に 256-bit AES 暗号化を適用するには、「Acrobat X およびそれ以降」を選択します。
  9. 暗号化する対象を選択します。

    すべてのコンテンツを暗号化

    文書と文書のメタデータを暗号化します。このオプションを選択すると、検索エンジンは文書のメタデータにアクセスできなくなります。

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化

    このオプションを選択すると、文書は暗号化されますが、検索エンジンは文書のメタデータに引き続きアクセスできます。

    注意:

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化」オプションを選択しても、Acrobat の iFilter および、「簡易検索」または「高度な検索」コマンドでは、PDF のメタデータは検索されません。XMP メタデータを利用する検索ツールを使用できます。

    添付ファイルのみを暗号化

    添付ファイルを開くときにパスワードが必要です。文書を開くときにはパスワードは必要ありません。保護された電子封筒を作成するときに、このオプションを使用します。

  10. OK」を選択します。パスワードの確認を求めるメッセージが表示されたら、ボックスに適切なパスワードを再入力し、「OK」を選択します。

パスワードによるセキュリティの削除

セキュリティは、開いている PDF から削除することができます。ただし、そのための権限が必要になります。PDF がサーバーベースのセキュリティポリシーで保護されている場合、その PDF を変更できるのは、ポリシーの作成者またはサーバー管理者だけです。

  1. PDF を開いてから、すべてのツールPDF を保護セキュリティプロパティを選択します。

  2. 文書のプロパティウィンドウで、「セキュリティ」タブを選択してから、「設定を変更」を選択します。

  3. 使用できるオプションは、文書に付加されているパスワードセキュリティのタイプによって異なります。

    • 文書に文書を開くパスワードのみが設定されている場合は、「文書を開くときにパスワードが必要」オプションの選択を解除してから、「OK」をクリックして文書から削除します。
    • 文書に権限パスワードが設定されている場合は、「文書の印刷および編集を制限」オプションの選択を解除します。メッセージが表示されたら、「パスワードを入力」ボックスにパスワードを入力し、「OK」を選択します。「OK」をもう一度選択して操作を確定します。

アドビコミュニティで質問してみよう

アドビコミュニティへようこそ!

ここはアドビ製品について、ユーザー同士で助け合ったり、学ぶことができる場所です。
アドビ認定の Community Expert や他の詳しいユーザーから、アドバイスしてもらえます。

acrobat-community

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン