注意:

このドキュメントでは、Acrobat DC での手順について説明します。Acrobat Reader DC を使用している場合は、Adobe Reader でできること(英語)を参照してください。Acrobat XI を使用している場合は、Acrobat XI ヘルプを参照してください。Acrobat 8、9 または 10 を使用している場合は、以前のバージョンの Acrobat ヘルプを参照してください。

パスワードのセキュリティに関する基本事項

注意:

セキュリティに関する記事の一覧については、Acrobat DC と PDF のセキュリティの概要を参照してください。

パスワードを設定し、印刷や編集など特定の機能を使用禁止にすることで、PDF へのアクセスを制限することができます。ただし、PDF のコピーを保存できないようにすることはできません。このコピーには、元の PDF と同じ制限が適用されます。次の 2 種類のパスワードを使用できます。

文書を開くパスワード

文書を開くパスワード(ユーザーパスワードとも呼ばれます)を使用した場合、PDF を開くためにパスワードの入力が必要です。

権限パスワード

権限パスワード(マスターパスワードとも呼ばれます)を使用した場合、権限設定を変更するときにパスワードが必要です。権限パスワードを使用して、PDF の内容の印刷、編集、コピーを制限できます。受信者が Reader または Acrobat で文書を開くときにパスワードは必要ありません。設定されている制限を変更する場合は、パスワードが必要です。

PDF が両方のタイプのパスワードで保護されている場合は、いずれかのパスワードを使用すると開くことができます。ただし、制限された機能を変更できるのは権限パスワードだけです。通常、両方のタイプのパスワードを設定すると、セキュリティが強化されるので効果的です。

注意:

署名済みまたは証明済みの文書にパスワードを追加することはできません。

PDF へのパスワードの追加

  1. PDF を開き、ツール保護暗号化パスワードによる暗号化を選択します。

  2. メッセージが表示されたら、「はい」をクリックしてセキュリティを変更します。

  3. 文書を開くときにパスワードが必要」を選択し、対応するフィールドにパスワードを入力します。キーストロークごとに、パスワード強度メーターがパスワードを評価し、パスワードの強度を示します。

    「文書を開くときにパスワードが必要」を選択
    パスワードによるセキュリティ - 設定で、PDF を開くときのパスワードを設定できます

  4. 互換性のある形式」ドロップダウンメニューで Acrobat のバージョンを選択します。受信者の Acrobat または Reader のバージョンと同じか、それ以前のバージョンを選択します。

    選択内容によって、以前のバージョンとの互換性や暗号化のタイプが制御されます
    選択内容によって、以前のバージョンとの互換性や暗号化のタイプが制御されます

    互換性のある形式」オプションでの選択によって、使用される暗号化のタイプが決まります。受信者の Acrobat または Reader のバージョンと互換性のあるバージョンを選択することが重要です。例えば、Acrobat 7 では Acrobat X 以降用に暗号化された PDF を開くことができません。

    • Acrobat 6.0 およびそれ以降」(PDF 1.5)を選択すると、128-bit RC4 を使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat 7.0 およびそれ以降」(PDF 1.6)を選択すると、128-bit キーサイズの AES 暗号化アルゴリズムを使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat X およびそれ以降」(PDF 1.7)を選択すると、256-bit AES を使用して文書が暗号化されます。Acrobat 8 および 9 で作成した文書に 256-bit AES 暗号化を適用するには、「Acrobat X およびそれ以降」を選択します。
  5. 次の暗号化オプションを選択します。

    文書のすべてのコンテンツを暗号化

    文書と文書のメタデータを暗号化します。このオプションを選択すると、検索エンジンは文書のメタデータにアクセスできなくなります。

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化

    このオプションを選択すると、文書は暗号化されますが、検索エンジンは文書のメタデータに引き続きアクセスできます。

    注意:

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化」オプションを選択しても、Acrobat の iFilter および、「簡易検索」または「高度な検索」コマンドでは、PDF のメタデータは検索されません。XMP メタデータを利用する検索ツールを使用できます。

    添付ファイルのみを暗号化

    添付ファイルを開くときにパスワードが必要です。文書を開くときにはパスワードは必要ありません。保護された電子封筒を作成するときに、このオプションを使用します。

  6. OK」をクリックします。パスワードの確認を求めるメッセージに対して適切なパスワードを再び入力し、「OK」をクリックします。

PDF 編集の制限

PDF が変更されるのを防ぐことができます。「編集を制限」オプションを選択すると、テキストの編集、オブジェクトの移動、フォームフィールドの追加が禁止されます。フォームフィールドへの入力、署名、注釈の追加は行うことができます。

  1. PDF を開き、ツール保護編集を制限を選択します。

  2. メッセージが表示されたら、「はい」をクリックしてセキュリティを変更します。

  3. 対応するフィールドにパスワードを入力します。キーストロークごとに、パスワード強度メーターがパスワードを評価し、パスワードの強度を示します。

    権限パスワードによって編集が制限されます
    権限パスワードによって編集が制限されます

  4. OK」をクリックし、PDF を保存して制限を適用します。

印刷、編集、コピーの制限

PDF の内容の印刷、編集、コピーを防ぐことができます。PDF に適用する制限を設定できます。パスワードを付与しない限り、ユーザーはこの制限を変更できません。

Illustrator、Photoshop、InDesign には読み取り専用モードがありません。これらのアプリケーションで制限付きの PDF を開く場合は、権限パスワードを入力する必要があります。

注意:

パスワードを忘れた場合、PDF から復元することはできません。パスワードで保護する前に、PDF のバックアップコピーを保存してください。

  1. PDF を開き、ツール保護暗号化パスワードによる暗号化を選択します。

  2. メッセージが表示されたら、「はい」をクリックしてセキュリティを変更します。

  3. 文書の印刷および編集を制限」を選択します。

    すべてのアドビ製品では、権限パスワードで設定された制限が適用されます。ただし、サードパーティ製品がこのような設定をサポートしていない場合は、文書を受け取ったユーザーが設定された制限の一部またはすべてを迂回できる可能性があります。

  4. 対応するフィールドにパスワードを入力します。キーストロークごとに、パスワード強度メーターがパスワードを評価し、パスワードの強度を示します。

    パスワードによるセキュリティのオプション
    パスワードによるセキュリティ - 設定で、印刷、編集、コピーを制限できます

  5. 印刷を許可」で、許可する印刷レベルを選択します。

    なし

    ユーザーが文書を印刷できないようにします。

    低解像度 (150 dpi)

    150 dpi 以下の解像度で印刷を許可します。各ページはビットマップ画像として印刷されるため、印刷速度が低下することがあります。 このオプションは、「互換性のある形式」オプションが Acrobat 5(PDF 1.4)またはそれ以降に設定されている場合にのみ使用できます。

    高解像度

    ユーザーは文書を任意の解像度で印刷することができます。高度な高品質印刷機能をサポートする PostScript プリンターなどのプリンターに、高品質のベクトル出力を送ることができます。

  6. 変更を許可」で、許可する変更内容を選択します。

    なし

    変更を許可」に表示されている文書への変更(フォームフィールドへの入力や注釈の追加など)をユーザーが実行できなくなります。

    ページの挿入、削除、回転

    ユーザーはページの挿入、削除、回転、およびしおりとサムネールの作成ができます。このオプションは、高レベルの暗号化(128-bit RC4 または AES)が設定されている場合にのみ使用できます。

    フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名

    ユーザーはフォームへの入力と電子署名の追加ができます。このオプションでは、注釈の追加とフォームフィールドの作成はできません。このオプションは、高レベルの暗号化(128-bit RC4 または AES)が設定されている場合にのみ使用できます。

    注釈の作成、フォームフィールドの入力と既存の署名フィールドに署名

    ユーザーは注釈の追加、電子署名の追加、フォームへの入力ができます。このオプションでは、ページオブジェクトの移動とフォームフィールドの作成はできません。

    ページの抽出を除くすべての操作

    ユーザーは文書の編集、フォームフィールドの作成と入力、注釈の追加、電子署名の追加ができます。

  7. 次のいずれかのオプションを選択します。

    テキスト、画像、およびその他の内容のコピーを有効にする

    PDF の内容を選択してコピーできます。

    スクリーンリーダーデバイスのテキストアクセスを有効にする

    視覚に障害を持つユーザーがスクリーンリーダーを使用して文書を判読できるようにしますが、文書の内容をコピーまたは抽出することはできません。 このオプションは、高レベルの暗号化(128-bit RC4 または AES)が設定されている場合にのみ使用できます。

  8. 互換性のある形式」で Acrobat のバージョンを選択します。受信者の Acrobat または Reader のバージョンと同じか、それ以前のバージョンを選択します。「互換性のある形式」オプションでの選択によって、使用される暗号化のタイプが決まります。受信者の Acrobat または Reader のバージョンと互換性のあるバージョンを選択することが重要です。例えば、Acrobat 7 では Acrobat X 以降用に暗号化された PDF を開くことができません。

    PDF の互換性のオプション
    • Acrobat 6.0 およびそれ以降」(PDF 1.5)を選択すると、128-bit RC4 を使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat 7.0 およびそれ以降」(PDF 1.6)を選択すると、128-bit キーサイズの AES 暗号化アルゴリズムを使用して文書が暗号化されます。
    • Acrobat X およびそれ以降」(PDF 1.7)を選択すると、256-bit AES を使用して文書が暗号化されます。Acrobat 8 および 9 で作成した文書に 256-bit AES 暗号化を適用するには、「Acrobat X およびそれ以降」を選択します。
  9. 暗号化する対象を選択します。

    文書のすべてのコンテンツを暗号化

    文書と文書のメタデータを暗号化します。このオプションを選択すると、検索エンジンは文書のメタデータにアクセスできなくなります。

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化

    このオプションを選択すると、文書は暗号化されますが、検索エンジンは文書のメタデータに引き続きアクセスできます。

    注意:

    文書のメタデータを除くすべてのコンテンツを暗号化」オプションを選択しても、Acrobat の iFilter および、「簡易検索」または「高度な検索」コマンドでは、PDF のメタデータは検索されません。XMP メタデータを利用する検索ツールを使用できます。

    添付ファイルのみを暗号化

    添付ファイルを開くときにパスワードが必要です。文書を開くときにはパスワードは必要ありません。保護された電子封筒を作成するときに、このオプションを使用します。

  10. OK」をクリックします。パスワードの確認を求めるメッセージに対して適切なパスワードを再び入力し、「OK」をクリックします。

パスワードによるセキュリティの削除

セキュリティは、開いている PDF から削除することができます。ただし、そのための権限が必要になります。PDF がサーバーベースのセキュリティポリシーで保護されている場合、その PDF を変更できるのは、ポリシーの作成者またはサーバー管理者だけです。

  1. PDF を開き、ツール保護暗号化この文書からセキュリティ設定を削除を選択します。

  2. 使用できるオプションは、文書に付加されているパスワードセキュリティのタイプによって異なります。

    • 文書を開くパスワードだけがある場合は、「OK」をクリックして文書から削除します。
    • 文書に権限パスワードがある場合は、それを「パスワードを入力」ボックスに入力し、「OK」をクリックします。「OK」をもう一度クリックして操作を確定します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー