Creative Cloud アプリケーションのオペレーティングシステムサポートガイドライン

Creative Cloud アプリケーションのオペレーティングシステムに関する最新のガイドラインについて説明します。

Creative Cloud 2022 のアプリは、私の OS に対応していますか?

Creative Cloud デスクトップアプリは、macOS と Windows の最新のオペレーティングシステムと、それよりも 2 つ前までのバージョンをサポートしています。ほとんどの Creative Cloud 2022 デスクトップアプリは、次のオペレーティングシステムで動作します。

  • Windows 10 バージョン 21H1、20H2、2004、および 1909(LTSB ブランチはサポートされていません)
  • macOS 12(Monterey)、macOS 11と macOS 10.16(Big Sur)、および macOS 10.15(Catalina)

Creative Cloud アプリケーションの必要システム構成については、「Creative Cloud の必要システム構成」を参照してください。

オペレーティングシステムを最新の状態にしておく必要があるのはなぜですか?

当社では、パフォーマンスとセキュリティを最大限に高めるため、最新バージョンの Windows と Mac オペレーティングシステムを中心に開発作業を進めています。アドビの製品サービスは、Microsoft と Apple のオペレーティングシステムに関する最新のサポートポリシーに従って提供されます。最適なパフォーマンスとセキュリティを実現するため、お使いのコンピューターのオペレーティングシステムを最新の状態に保つことをおすすめします。

オペレーティングシステムのバージョンを確認する方法を教えてください。

お使いのオペレーティングシステムの手順に従ってください。

オペレーティングシステムをアップグレードできない場合はどうすればよいですか?

ご使用のオペレーティングシステムをすぐにアップグレードできない場合は、アップグレードできるようになるまで、現在インストールされている Creative Cloud アプリケーションのバージョンを、機能が制限されるかもしれませんが、引き続きご利用ください。

アドビのロゴ

アカウントにログイン