概要

人事部門向け Adobe Sign アプリケーションを使用すると、ネイティブの人事サービス機能を使用して、ServiceNow プラットフォームから Adobe Sign アカウントへ文書署名リクエストを送信できます。人事サービスにオプションを追加するだけで、Adobe Sign 経由での署名のリクエストに関する人事サービスを構築できます。

この文書は、コアアプリケーションをインストール、オプションを探索、および一般的なトラブルシューティングに関するヒントを公開するよう構築されています。

 


前提条件

人事部門向け Adobe Sign をインストールするための依存関係を以下に示します。

  • 必須のプラグイン

    • 人事を対象としたアプリケーション:Core

    • 人事を対象としたアプリケーション:サービスポータル

  • Adobe Sign エンタープライズ版ライセンス:アプリケーションを使用するには、Adobe Sign エンタープライズ版ライセンスが必要です。
  • ブラウザーのポップアップを有効にする:ポップアップがブラウザーでブロックされないようにしてください。OAuth アクセスでは、ポップアップ操作にアクセスする必要があります。


インストールプロセス

ServiceNow を対象としたその他のアプリケーションとして、インストールする前に ServiceNow ストアから人事部門向け Adobe Sign アプリケーションを登録および購入する必要があります。

注意:

この文書に示したプロセスに関するユーザーの役割は、他にもいくつかあります。人事部門モジュールと管理文書モジュールはいずれも、固有の役割を複数持っています。

人事管理またはシステム管理者の役割を持つユーザーは関与するすべてのアクションにアクセスできるので、これらのユーザーが以下の手順を実行することをお勧めします(正式な人事部門および管理文書プロセスが定められている場合を除く)。

詳細は以下を参照してください。

警告:

アプリケーションを実稼働環境にインストールする前に、テスト/開発環境にインストールすることを強くお勧めします。


人事部門向け Adobe Sign アプリケーションのインストール

人事部門向け Adobe Sign アプリケーションの登録や購入をおこなったら、ServiceNow インスタンスのシステムアプリケーション/アプリケーションメニューに表示されます。

1_servicenow_store-applications

 

メニュー:

インストールが完了すると、左ナビゲーションパネルで新しいアプリケーションメニュー「人事部門向け Adobe Sign」を使用できるようになります。

2_adobe_sign_forhrmenu

サブメニューオプションは次のとおりです。

  • Adobe Sign フォームデータ:契約書が署名されたら返されたフォームデータを含むテーブル。文書やフィールドデータについての報告に使用できます。この機能について詳しくは、レポートセクションを参照してください。
  • Adobe Sign 人事サービス:Adobe Sign を使用する人事サービス。いずれかのカスタム人事ケースオプションを使用している、任意のサービスによってフィルタリングされます。
  • 契約:署名プロセスのバックエンドの詳細。受け取って対応する JSON およびすべての Adobe Sign イベントを含みます。
  • Adobe Sign への接続:有効な Adobe Sign アカウントが ServiceNow にリンクされている接続画面
  • イベント:Adobe Sign イベントごとに送受信されるバックエンドの詳細
  • ヘルプ:Adobe Sign ヘルプへのリンク
  • 参加者:署名プロセスの署名者と詳細


「Adobe Sign - 人事コアアップデート」アップデートセットのインストール

人事部門向け Adobe Sign アプリケーションが正常にインストールされたら、Adobe Sign - 人事コアアップデートを適用する必要があります。

注意:

アプリケーションが機能するためには、人事コアアプリケーションに対するこれらのインストール後の設定を実行する必要があります。

以下の展開可能な箇条書きに手順の概要を示します。

  • 変更が加えられたことを認識し、現在の機能が危険にさらされていないということを確認するため、手動設定をお勧めします。
  • オプションとして、他の変更と競合しないという確信が持てる場合にのみ、添付されているアップデートセットをインストールできます。

 

実稼働環境にインストールする前に、テスト/開発環境ですべてが期待通り機能していることをテストおよび検証してください。

文書テンプレートで「署名を挿入」ボタンと「署名をマーク」ボタンを無効化

「署名を挿入」ボタン

HTML 文書テンプレートを作成する際、「署名を挿入」ボタンをクリックすると、ServiceNow 署名タグが入力されます。

  • このタグは Adobe Sign の使用時には必要ありません
  • Adobe Sign 用に作成」チェックボックスがオンになっている場合、ボタンは無効化されます。
insert_signaturebutton

 

「署名をマーク」ボタン

PDF テンプレートフォームの「署名をマーク」ボタンも Adobe Sign アプリケーションで使用できないので、同様に無効化されます。

  • Adobe Sign 用に作成」チェックボックスがオンになっている場合にも無効化されます。
mark_signatures_button

 

これらの手順は UI アクションに直接移動して条件を追加することにより、手動で実行できます。

  • 左ナビゲーションに「UI アクション」と入力します。
  • システム定義UI アクションメニューオプションを選択します。
1_ui_actions

 

  • 検索フィールドで、「名前」を選択します。
  • 署名を挿入」と入力します。
  • 署名を挿入」レコードが開きます。
2_insert_signature

 

  • 条件に「&& current.x_adosy_sign_hr_adobe_sign == false」を追加します。
    • Adobe Sign 用に作成」チェックボックスがオンになっている場合、これによってボタンが非表示になります。
3_add_current_adosy

同じプロセスをおこなうことで「署名をマーク」ボタンを非表示にすることができます。「署名を挿入」の代わりに、「署名をマーク」UI アクションを検索します。

 

「Adobe Sign 用に作成」チェックボックス

UI アクションを非表示にするため、条件 && current.x_adosy_sign_hr_adobe_sign == false(チェックボックスがオフになっている)が追加されました。

authored_for_adobesigncheckbox

人事ケースで「文書に署名」ボタンが無効になっている

文書のプレビューと生成をおこなうと、事前設定済の「文書に署名」ボタンが人事担当者に表示されます。

Adobe Sign を使用している場合、このボタンは「Adobe Sign で署名」ボタン(署名用に Adobe Sign へ送信する)と置き換えられます。

  • && current.x_adosy_sign_hr_agreement.nil()(契約フィールドは空)を UI アクション条件に追加すると、元の「文書に署名」ボタンが無効化されます。
hr_case_disabled

 

  • 左ナビゲーションに「UI アクション」と入力します。
  • システム定義UI アクションメニューオプションを選択します。
4_ui_actions
  • 検索フィールドで、「名前」を選択します。
  • 文書に署名」と入力します。
    • この名前値のレコードが 3 つ表示されます。
  • 「sn_hr_core_case」テーブルに対応するものを 1 つ選択します。
5_sign_document

 

  • 条件に「&& current.x_adosy_sign_hr_agreement.nil()」を追加します。
    • 契約書フィールドが空の場合、このボタンは非表示になります。
6_add_current_adosy

注意:

セミコロンの前に条件が追加されていることを確認します。

「Adobe Sign で文書に署名」タスクタイプ

人事タスクタイプに、新しいタスクタイプ「Adobe Sign で文書に署名」を追加する必要があります。

Adobe Sign プロセスで使用する人事タスクテンプレートでは、このタスクタイプを選択する必要があります。

task_type

 

このタスクタイプを作成するには:

  • 選択肢リストへ移動します。
  • 検索対象 :
    • テーブル - sn_hr_core_task
    • 要素 - hr_task_type

このリストに、新しいタスクタイプを作成する必要があります。

新規を選択して、以下のようにレコードを作成します。

  • ラベルには好きな名前を使用できますが、「値」は「adobe_sign_document」にする必要があります。
new_task_type

「Adobe Sign 用に作成」チェックボックスおよび「フォームデータテーブル」フィールド

sn_hr_core_document_template テーブルに 2 つのフィールドが追加されました。

  • Adobe Sign 用に作成」チェックボックス
  • フォームデータテーブルフィールド

文書テンプレートで「署名を挿入」ボタンと「署名をマーク」ボタンを無効化のセクションで説明したように、「Adobe Sign 用に作成」チェックボックスを使用して、不要なボタンを非表示/表示にします。

また、レポートセクションで説明したように、文書テンプレートが報告可能となっている場合に使用されるフォームデータテーブルフィールドを表示/非表示にする場合にも使用されます。

  • プッシュ先のフォームデータにテーブルを作成していない場合、テーブル名は「なし」のままとなります。
additional_tablefields

 

ドキュメントテンプレートレコードへ移動し、フォームレイアウトを設定することで、これらの手順を手動で実行できます。

7_navigate_to_formlayout

 

Adobe Sign 用に作成」および「フォームデータテーブル」フィールドを、「選択済み」スラッシュバケットに追加します。

8_add_fields

 

フィールドがフォームに配置されるようになりました。

9_complete_form

ダウンロード



人事ポータルタスクおよびチケットページへの署名ウィジェットの追加

署名者が契約書に署名できるよう、2 つのサービスポータルウィジェットを作成しました。

  • Adobe Sign 人事チケットページウィジェットは、人事チケットページ(hrj_ticket_page)用です。
  • Adobe Sign 人事タスクの詳細は、人事タスクの詳細ページ(hri_task_details)で使用できます。

 

注意:この操作は、人事サービスポータルスコープ内でおこなう必要があります。

サービスポータル/ページへ移動します。

13_pages_-_serviceportal

 

hrj_ticket_page を見つけ、レコードを開きます。

14_find_the_hrj_ticketpage

 

Designer で開く」を選択します。

15_open_in_designer

 

Adobe Sign 人事チケットページウィジェットを選択し、ウィジェットをドラッグ&ドロップして、ページ上の、署名者に表示したい場所へ移動させます。

現在使用中のレイアウトによっては、新しいウィジェットを格納する新しい行の追加が必要となる場合があります。

 

16_add_the_widgettothepage

同様の手順に従って、「hri_task_details」ページ(文書ウィジェットの下のスクリーンショットの注記)を使用して Adobe Sign 人事タスクの詳細ウィジェットを追加できます。


権限を持つユーザー(役割)

人事アプリケーションには、2 つの役割が含まれます。

  • 管理者(x_adosy_sign_hr.admin)
    • x_adosy_sign_hr__admin の役割を持つ ServiceNow ユーザーは、すべての機能に加え、両方のユーザーメニュー(インストールセクションのとおり)へのフルアクセス権限を持ちます。
  • ユーザー(x_adosy_sign_hr.sender)
    • x_adosy_sign_hr.sender を持つ ServiceNow ユーザーには、アプリケーションが機能するためのアクセス権が与えられています。
    • Adobe Sign アプリケーションを使用して文書を署名用に送信する機能を必要とする人事グループに、送信者の役割を追加する必要があります。


Adobe Sign と ServiceNow の間での OAuth 接続の確立

Adobe Sign アプリケーションと ServiceNow を接続するには、Adobe Sign のグループまたはアカウント管理者ユーザーが必要です。

人事部門向け Adobe Sign メニューのアドビに接続リンクをクリックして、ServiceNow と Adobe Sign の間にリンクを確立できます。

3_connect_to_adobesign

 

アプリケーションが接続されていないことを示すステータスページが表示されます。

接続」をクリックして、Adobe Sign ログインページを開きます。

4_adobe_sign_forhr-notconnected-small

 

アカウント管理者のユーザー資格情報を使用して Adobe Sign に認証する

5_adobe_sign_authenticationscreen

ログインすると、アプリケーションウィンドウに必要なアプリケーション権限がリストされます。

これらの権限を付与し、ServiceNow と Adobe Sign の間の接続を確立するには、「アクセスを許可」をクリックします。

注意:認証はポップアップウィンドウ内でおこなわれます。ブラウザーによってポップアップがブロックされている場合は、ブロックを解除する必要があります。

6_adobe_sign_-_allowaccess

 

人事部門向け Adobe Sign - 接続済み」というメッセージが表示され、Adobe Sign および ServiceNow アカウントが認証されます。

サービスを別のユーザーで接続する必要がある場合は、「再接続」ボタンをクリックし、新しいユーザーとして認証します。

 

注意:Safari ブラウザーには、ウィンドウが更新されないという既知のバグがあります。

この場合は、ポップアップをクリアして、ウィンドウを手動で更新する必要があります。

7_adobe_sign_forhr-conencted


設定のテスト

テストはいずれかのサービス例を使用して実行できます。

接続されており、ログインされているユーザーが適切な役割を持っている場合、例は正しく実行されるはずです。Adobe Sign アプリケーションが機能するために必要なのは、Adobe Sign への有効な接続のみです。

サポートが必要な場合は、サポートおよびトラブルシューティングセクションを参照してください。


インストール済みケース/タスクのコンポーネント

人事部門向け Adobe Sign アプリケーション専用に作成されたカスタムコンポーネントが複数あります。

  • アドビ署名者関連リスト:現在の人事ケースに関するすべての署名者をリストします
    • 新規署名者を追加できる
    • 署名順を変更できる

注意:これには、人事ケースビューに関連リストを追加する必要があります。詳細は、手動オプションセクションで説明しています。

8_adobe_signers_relatedlist

  • Adobe Sign に送信 UI アクション:添付 PDF を署名用に Adobe Sign へ送信するボタン。
10_send_to_adobesign

 

注意:このボタンは「Adobe Sign : ケースを有効にする」ケースオプションでアクティベート/アクティベート解除します。

人事サービスにケースオプションがない場合は、ボタンも表示されません。詳しくは、「サービス」セクションで説明しています。

9_hr_service_newrecord

  • Adobe Sign の詳細をレビュー:このボタンを使用すると、人事担当者は契約書の署名者を追加または並べ替えできます。

注意人事サービス設定レコードに「Adobe Sign : 送信時にプレビューを表示」ケースオプションを追加すると、このボタンがアクティベートされます。

11_review_adobe_signdetails

 

クリックすると、担当者は Adobe Sign の「送信」ページへリダイレクトされ、そこから変更を加えることができます。

12_adobe_sign_previewpage


オプション設定


人事ケースリストビューへ「署名ステータス」フィールドを追加

デフォルトでは、署名を受信した後であっても、人事ケースは「進行中の作業」ステータスのままとなります。

人事ケースのデフォルトリストビューに契約書の署名ステータスを追加して、ケースのレビュー/ケースを閉じる準備が整ったことを人事担当者が把握しやすくすることができます。

このフィールドは Adobe Sign 契約書のステータスを反映し、これに基づいて Adobe Sign 署名ステータスを表示します。

signature_state

 

デフォルトのビューを追加するには、管理者として人事部門のケースリストビューへ移動します。

hr_case_list_view

 

ヘッダーを右クリックし、設定/リストのレイアウトを選択します。

list_layout

 

契約書の署名ステータスフィールドを選択済みリストビューに追加します

add_the_agreementsignature

 

ビューを更新して新しいフィールドを表示するには、ユーザーが歯車アイコンをクリックし、列をデフォルトにリセットする必要があります。

reset_to_column_defaults


カスタムの人事ケースビュー/ルール

上記の手順では、デフォルトビューで署名ステータスフィールドを表示するよう設定しますが、カスタムビューを作成したり、ServiceNow の役割を持つユーザーのみが表示できるビュールールを作成したりできます。

上記のようにカスタムリストレイアウトフォームへ移動します。ただし、今回はビュー名ドロップダウンフィールドで「新規」を選択します。

default_view

新しいビューに名前を付けて保存します。この操作は新しいビューからおこなう必要があります。

デフォルトでは、デフォルトビューで使用されているフィールドは選択済みとなっています。

必要に応じてフィールドを変更してから、ビューを保存します。

list_view

 

ビューヘッダードロップダウンの選択肢として、新しいビューが表示されるようになりました。

example_view_menu

 

Adobe Sign ユーザーを除くすべてのユーザーに対して新しいビューを非表示にする、新しい表示ルールを作成できます。

システム UI/ルールを表示へ移動します

view_rules_menu

 

人事コアケーステーブルに対して新しいルールを作成し(「人事:コア」スコープ内にいることを確認)、ビューを役割によって制限します。

注意:役割による制限は、「詳細」オプションを使用し、スクリプトでおこないます。プロセスの概要とコードスニペットの例は、こちらで確認できます

最終的な結果/スクリプトは以下のスクリーンショットのようになります。

create_a_new_rule

ヘッダーを右クリックし、設定/関連リストを選択します。

configure_relatedlist

 

アドビ署名者」関連リストを、「利用可能」列から「選択済み」列へ移動させます。

また、関連リストを表示する必要があるグループへ、送信者の役割を追加する必要があります。

move_the_adobe_signersrelatedlist

 

人事ケースを開いたら、新しい署名者を追加し、署名順を変更できます。

add_new_signers


サービス

機能の仕組みや、この機能を使用して新しいサービスを作成、および既存のサービスに追加する方法を示すため、Adobe Sign 人事サービスが作成されました。これらは、人事部門向け Adobe Sign アプリケーションを活用するために必要な人事サービスの設定について、エンドツーエンドの例を提供しています。


サービス例

Adobe Sign の機能を示す、人事サービスの例を 3 つ示します。これらは、Adobe Sign 人事サービスメニューの下にリストされます。以下で説明するように、各サービスには独自のケーステンプレートと文書があります。

  • Adobe Sign - 株式投資選択サービス:アドビの電子サインおよび入力可能なフォームデータ用の PDF 文書を提供するサービスの例です。
  • Adobe Sign - 駐車許可サービス:事前に入力された ServiceNow 従業員データとともに、入力可能な Adobe Sign データフィールドおよび署名を含む文書テンプレートの例です。HTML 形式で作成され、プレビューの生成ステップで ServiceNow によって PDF へと変換されます。
  • Adobe Sign - 署名者が 2 人のペットポリシーの例:署名者が 2 人のペットポリシー PDF フォームの例です。ServiceNow 従業員データマッピングと、入力可能なフォームから取り込んだ署名者のデータを含みます。
example_hr_services

各コンポーネントに関する ServiceNow 文書へのリンクは以下に含まれます。

  • 人事サービス:ユーザーが表示して操作できるサービス。文書
  • 管理文書:PDF をアップロードして管理します。文書
  • 人事文書テンプレート:使用する文書や、署名が必要な文書の定義。文書
  • 人事ケースおよびタスクテンプレート:生成された人事ケースおよびタスクのパラメーターを定義します。文書
  • サービスアクティビティ:サービスによって生成および実行されるアクティビティを定義します。文書


人事サービスに Adobe Sign 機能を追加

プロセス中に表示される Adobe Sign 関連のコンポーネントをトリガーする、人事サービスの「ケースオプション」が追加されました。

adding_adobe_signtoservices
  • Adobe Sign : ケースを有効にする:Adobe Sign 機能を使用するために、人事サービスに追加する必要がある基本オプションです。人事ケースフローに「Adobe Sign で署名」ボタンが追加され、署名者は人事サービスポータルから Adobe Sign ウィジェットを(ページに手動で追加した後で)使用できるようになります。
  • Adobe Sign : 送信時にプレビューを表示:チケットに携わる人事担当者が Adobe Sign 文書のプレビューを表示し、署名者の追加/並び替えをおこなうことを許可します。


新しい文書/テンプレートの追加

(PDF の)管理文書モジュールや、人事文書テンプレートモジュール(HTML 形式)から新しい文書を追加できます。いずれの方法でも、文書を Adobe Sign とともに使用し、署名を取得することができます。


PDF - 管理文書モジュール

管理文書モジュールでは、新しい人事サービスの基盤となる新しい PDF 文書をアップロードすることもできます。

基本的な手順の概要は以下のとおりです。ここから管理文書の詳細を参照できます

 

管理文書モジュールへ移動し、「新規作成」をクリックします。

Doc1

文書の詳細を入力し、レコードを送信します。

注意:文書を人事に表示して、Adobe Sign で使用できるようにするには、部門フィールドを「人事」に設定する必要があります。

また、送信前にこのフィールドを生成する必要があることに注意してください。レコードが送信されると、部門フィールドは読み取り専用になります。

Doc2

 

送信が完了したら、レコードの下部にある改訂版のアップロード / チェックイン UI アクションを使用して PDF ファイルをアップロードできます。

Doc3

 

ポップアップウィンドウから目的の PDF をアップロードして保存します。

注意:アップロードした文書の名前は、下記のアップロード/チェックステップで指定した名前に変更されます。

Doc4

 

ドラフトモードの添付ファイルを含む、文書の改訂版レコードが作成されます。

Doc5

 

文書はまだドラフトのため、まだ使用する準備が整っていません。レビューをおこなってからパブリッシュする必要があります。

改訂版レコードを開き、「改訂版の送信」ボタンをクリックします。

Doc6

 

これにより、文書がパブリッシュ準備完了段階に進みます。

Doc7

 

もう一度改訂版レコードを開き、「改訂版のパブリッシュ」ボタンをクリックします。

Doc8

 

ポップアップが表示され、必要に応じて改訂版の名前または番号を変更できます。

パブリッシュ」をクリックします。

Doc9

 

人事管理/文書テンプレートへ移動します。

人事サービスの下で、文書テンプレートを作成できる管理文書を使用できるようになっているはずです。

Doc10

 

新規」ボタンをクリックします。

Doc11

 

PDF 文書テンプレート」を選択します。

Doc12

 

新しく作成された文書を使用して「文書の改訂版」フィールドを生成できます。

Doc13


HTML 形式の人事文書テンプレート

人事文書テンプレートは HTML 形式にすることができ、管理文書と同様に Adobe Sign の署名で使用できます。

人事モジュールでは、「教育契約サンプル」テンプレートなど、HTML 文書の基本的なアイデアの参考としてすぐに使用できるサンプルが複数付属しています。

人事管理/文書テンプレートへ移動します。

Doc14

 

HTML 形式の文書」を選択します。

注意:HTML を表示するには、選択したテンプレートが人事文書テンプレートであることを確認してください。

前のセクションで説明したように、PDF から人事 PDF テンプレートのタイプが生成され、HTML は関連付けられません

Doc15

 

選択したテーブルと関連付けられたフィールドは、変数として文書に追加できます。

以下のシンプルな文書例では、人事ケーステーブルの変数として subject_person が追加されます。

テンプレートを使用する場合、変数には、ケースの subject_person フィールドの名前が入ります。

その他のユーザー情報は、人事ユーザープロファイルから取り込むことができます。

Doc16

 

HTML 形式の人事関連文書テンプレートに Adobe Sign 署名機能を追加

HTML 形式の文書テンプレートに Adobe Sign 署名を追加するには、Adobe Sign タグを追加する必要があります。

プロセスは、上記と同じ文書例を使用してアウトライン化されます。

Doc17

 

上記のスクリーンショットでハイライトされている行に注意してください。

Adobe Sign に送信されると、この行は署名フィールドとなり、文書内の正確な場所に配置されます。

Doc18

様々なタイプのタグがあり、幅広い設定オプションを備えたあらゆる種類のフィールドを作成することができます。

テキストタグの詳細についてはこちらを参照してください


レポート

契約書への署名がおこなわれると、その契約書を PDF 形式でダウンロードして親人事ケースレコードに添付できます。

PDF の他に、トランザクションのフォームデータが契約レコードに含まれ、Adobe Sign フォームデータテーブルにも配置されます。

管理者はテーブルを活用して、署名入りレコード内のデータに関する詳細なレポートを作成します。

Report1

 

より詳細なレポートが必要な場合、基本テーブルを拡張するテーブルを構築し、レポートを作成できます(特定の文書テンプレートに対してなど)。

システム定義/テーブルと列に移動します。

テーブルを作成」をクリックします。

Report3

 

Adobe Sign フォームデータテーブルを拡張する新しいテーブルを作成し、「モジュールを作成」をオフにします。

注意:これは任意です。管理者が左ナビゲーションメニューからこのテーブルに移動できるようにしたい場合は、モジュールを作成して、人事部門向け Adobe Sign メニューに配置します。

Report4

 

テーブルを作成したら、文書フィールド名に対応した列を追加します。

注意:列名は文書フィールド名と正確に一致し、タイプは「文字列」にする必要があります(そのフィールドに対して返されるデータは文字列として列に配置されるため)。データが希望する列に正しく配置されない場合は、名前が正確に一致しており、タイプが「文字列」になっていることを確認してください。

Report5

 

報告したい人事文書テンプレートへ移動し、フォームデータテーブルフィールドにテーブルを追加します。このフィールドは、「Adobe Sign 用に作成」チェックボックスがオンになっている場合に表示されます。

Report6

次に、このテンプレートを使用する人事サービスは、データをフォームデータテーブルフィールドに記載されたテーブルへ、報告および/または追加されたケースをダッシュボードへプッシュします。


サポートとトラブルシューティング

サポートの連絡先情報

ヘルプ文書は管理メニューに含まれています。以下の Web サイトにもサポートの連絡先情報が掲載されています。

  • 連絡手段:Web サイト、電話またはメール(すべての方法が Web ページに記載されています)
  • 連絡先詳細:https://echosign.zendesk.com/hc/

 

トラブルシューティング

以下に、人事部門向け Adobe Sign の設定および使用時に発生するよくある問題をいくつか示します。

 

Adobe Sign 固有のボタンとコンポーネントが表示されない、または機能しない

人事サービスに、新しい Adobe Sign 人事サービスケースオプションが追加されていることを確認してください。これらは、特定の人事サービスに対して Adobe Sign 機能をオンにするトリガーです。

 

「Adobe Sign に接続」リンクにアクセスしようとすると接続エラーが発生する

 

接続しようとすると「接続されていません」という画面が表示される場合、「OAuth 接続の確立」の手順に従って再接続する必要があります。

access_not_connected

 

access_denied 画面が表示される場合、お使いの Adobe Sign アカウントが ServiceNow から接続する権限を持っていない可能性があります。

Adobe サポートにお問い合わせいただき、アカウントが必要な権限を持っていることを確認してください。

access_denied

Adobe Sign アカウントに接続しても Adobe Sign ウィンドウが表示されない

接続ウィンドウはポップアップであり、一部のブラウザーでブロックされる可能性があります。ポップアップがブロックされないようにしてください。

 

接続ポップアップが更新されない

Apple Safari では、このウィンドウがフリーズする/更新されないという既知のバグがあります。Safari をお使いの場合は、ポップアップを閉じてウィンドウを手動で更新してください。更新をおこなうと、新しい接続ステータスが表示されるはずです。

 

タスク/参加者レコードが「準備完了」または「署名用に送信」に設定されない

Adobe Sign アカウントが接続されていることを確認します。レコードステータスの変更は、Adobe Sign から戻されたデータの受信に依存します。接続されていない場合、ステータスを変更するためのトリガーが受信されません。

 

ユーザーにメニューオプションが表示される/表示されない

アプリケーションへのアクセス権を必要とするすべてのユーザーに、正しい役割が割り当てられていることを確認してください。グループを使用している場合は、グループにも必要な役割が割り当てられていることを確認してください。

注意:人事モジュールと管理文書モジュールにはそれぞれ、役割が関連付けられています。特定の機能を実行するために、Adobe ユーザーはこれらのモジュールから役割を追加する必要があることがあります。

ほとんどのアクションは、「人事管理」の役割を持つユーザーによって実行されます。

 

担当者が「Adobe Sign に送信」ボタンを使用すると、メールアドレスに関するエラーが表示される

署名者として設定されたユーザーが、有効な電子メールアドレスを持っていることを確認してください。送信時、ユーザー名と電子メールアドレスがチェックされます。

 

人事タスクがドラフトモードになっている/「Adobe Sign に送信」ボタンが表示されない

PDF 文書をプレビューおよび生成していることを確認してください。その場合は、親ケースに添付されます。この文書は、ボタンを表示するようトリガーします。

文書が Adobe に送信されると、タスクのステータスは「準備完了」に変わり、人事ポータルで署名者がタスクに対応できるようになります。

 

人事ケースレコードに「アドビ署名者」関連リストがない

関連リストを表示できないユーザー/グループの役割が「送信者」となっていることを確認してください。この関連リストは、役割が存在する場合にのみ表示されます。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー