マニュアル キャンセル

Salesforce 用 Acrobat Sign:パッケージのインストール(v24)

  1. Adobe Acrobat Sign の統合
  2. 新機能
  3. 製品バージョンとライフサイクル
  4. Salesforce 向け Acrobat Sign
    1. パッケージをインストール
    2. パッケージの設定
    3. ユーザーガイド
    4. デベロッパーガイド
    5. 詳細なカスタマイズガイド
    6. フィールドマッピングおよびテンプレートガイド
    7. モバイルアプリユーザーガイド
    8. フロー自動化ガイド
    9. Document Builder ガイド
    10. 大きな文書の設定
    11. アップグレードガイド
    12. リリースノート
    13. FAQ
    14. トラブルシューティング用のガイド
    15. 追加記事
  5. Microsoft 向け Acrobat Sign
    1. Microsoft 365 向け Acrobat Sign
      1. インストールガイド
    2. Outlook 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
    3. Word/PowerPoint 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
    4. Teams 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
      2. Live Sign ガイド
      3. モバイルユーザーガイド
      4. リリースノート
      5. Microsoft Teams の承認
    5. Microsoft PowerApps および Power Automate 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
      2. リリースノート
    6. Acrobat Sign Connector for Microsoft Search
      1. ユーザーガイド
      2. リリースノート
    7. Microsoft Dynamics 向け Acrobat Sign
      1. 概要
      2. Dynamics オンライン:インストールガイド
      3. Dynamics オンライン:ユーザーガイド
      4. Dynamics オンプレミス:インストールガイド 
      5. Dynamics オンプレミス:ユーザーガイド
      6. Dynamics ワークフローガイド
      7. Dynamics 365 for Talent
      8. アップグレードガイド
      9. リリースノート
    8. Microsoft SharePoint 向け Acrobat Sign
      1. 概要
      2. SharePoint オンプレミス:インストールガイド
      3. SharePoint オンプレミス:テンプレートマッピングガイド
      4. SharePoint オンプレミス:ユーザーガイド
      5. SharePoint オンプレミス:リリースノート
      6. SharePoint Online:インストールガイド
      7. SharePoint Online:テンプレートマッピングガイド
      8. SharePoint Online:ユーザーガイド
      9. SharePoint Online:Web フォームマッピングガイド
      10. SharePoint Online:リリースノート
  6. ServiceNow 向け Acrobat Sign
    1. 概要
    2. インストールガイド
    3. ユーザーガイド
    4. リリースノート
  7. HR ServiceNow 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
  8. SAP SuccessFactors 向け Acrobat Sign
    1. Cockpit インストールガイド(非推奨)
    2. Recruiting インストールガイド(非推奨)
    3. Recruiting ユーザーガイド
    4. Cloud Foundry インストールガイド
    5. リリースノート
  9. Acrobat Sign for Workday
    1. インストールガイド
    2. クイックスタートガイド
    3. 設定チュートリアル
  10. NetSuite 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
    2. リリースノート
  11. SugarCRM 向け Acrobat Sign
  12. VeevaVault 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
    2. ユーザーガイド
    3. アップグレードガイド
    4. リリースノート
  13. Coupa BSM Suite 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
  14. Acrobat Sign 開発者向けドキュメント
    1. 概要
    2. Webhooks
    3. テキストタグ

概要

Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign 統合は、次のような多様なメリットがあるスムーズな電子サインエクスペリエンスを提供するように設計されています。

  • 契約書を簡単にトラックおよび管理
  • Acrobat Sign と Salesforce の連携で、取引を迅速に完了
  • Acrobat Sign を Salesforce CPQ および Salesforce デジタルエクスペリエンスに統合
  • Document Builder の拡張パッケージで Salesforce データを使用して、文書を自動的に生成
  • Salesforce のチームに戻る署名済み文書を自動的に受け取ると、Acrobat Sign を使用して Salesforce で安全に支払いを回収
  • 署名プロセスと認証を自動化して、ビジネスリスクと法務リスクを最小限に

Salesforce 用 Acrobat Sign は、あらゆるブラウザーとモバイルデバイスで使用できます。AppExchange からアプリを入手でき、Professional、Enterprise、Unlimited、Developer、Performance エディションなど、様々なバージョンの Salesforce をサポートしています。

Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign をインストールするには、次の手順を実行します。

  1. 前提条件を確認
  2. サポートされているブラウザーがインストールされていることを確認
  3. パッケージをインストール
  4. 設定を完了
    • 商用クラウドの場合
    • 官公庁クラウドの場合
    • Salesforce Professional Edition の場合
  5. Adobe Acrobat Sign 権限セットを適用

質問がある場合、または追加のサポートが必要な場合は、Adobe Acrobat Sign サポートまたは担当のクライアントサクセスマネージャーにお問い合わせください。

インストールとセットアップが完了したら、要件に従って Salesforce 用 Acrobat Sign パッケージを設定できます。

前提条件を確認

Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign パッケージをインストールする前に、Acrobat Sign サポートチームに連絡して、以下のことを確認します。

  • Adobe Acrobat Sign アカウントが Salesforce チャネルに適切にプロビジョニングされている。
  • 正しいユーザー ID(電子メールアドレス)が、Acrobat Sign システムの管理者として指定されている。
  • (ユーザーが電子メールアドレスで使用する)可能性があるすべてのユーザードメインが含まれる。gmail.com や yahoo.com などの一般的なドメインは除きます。
  • 所有ドメインを使用している Adobe Acrobat Sign システム内のすべてのユーザーのリストがある。Adobe Acrobat Sign アカウントに有効なユーザーを移行するよう依頼しなければならない場合があります。

メモ: Adobe Acrobat Sign のユーザーの電子メールが、ユーザーの主な電子メールに一致している必要があります。一致しない場合は、Adobe Acrobat Sign の電子メールの設定値を変更する必要があります。

Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign を正常にインストールして使用するには、Salesforce 環境で次の設定を行うことが必要な場合があります。

  • インストールおよび設定中はポップアップブロッカーを無効にする。
  • ブラウザーで Cookie を有効にする。 
  • サードパーティ Cookie を有効にする。これは、一部のブラウザーで必要です。
  • 設定/設定/セキュリティ/セッションの設定に移動し、「ログイン時の IP アドレスとセッションをロックする」が無効になっていることを確認する。
  • 有効なライセンスを Adobe Acrobat Sign のユーザーと管理者に割り当てる。
  • アップロードのファイルサイズを確認する。ファイルのアップロードサイズは、Salesforce Lightning では最大 700 KB に制限されています。Salesforce を設定して、ライブラリから最大 9 MB の文書をバックグラウンドで送信できます。 設定方法を見る Salesforce 用Acrobat Sign 大きな文書の送信を選択します。

新しいお客様(テストとインストールを初めて実行):簡単にインストールして、数分以内にテスト契約書の送信を開始できます。基本的なインストールプロセスでは、インストールおよび導入の所要時間はわずか 15 分です。

既存のお客様(以前のバージョンからのアップグレード):既存のお客様には、最新バージョンのパッケージにアップグレードすることを強くお勧めします。これにより、最新機能を活用し、最適なサポートを受けることができます。以前のバージョンから Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign v23.x にアップグレードする方法について詳しくは、アップグレードガイドを参照してください。

Lightning Experience のサポート:Adobe Acrobat Sign パッケージは、Lightning Experience を完全にサポートしています。ここで説明されている手順は、Lightning インターフェイスを対象としています。

Salesforce サンドボックスでのテスト:Salesforce サンドボックスでテストを実行する際に、user@company.com.sandboxname などの、アクセスできない仮の電子メールアドレスを使用することがよくあります。仮の電子メールアドレスを使用すると、運用環境に移行して電子メールアドレスを変更する際に問題が発生する場合があります。Adobe Acrobat Sign アカウントが、存在しない電子メールアドレスに関連付けられているため、電子メールを確認して変更することができなくなります。
このような場合、テストを開始する前に、Salesforce サンドボックスの電子メールを実在する電子メールアドレスに変更することをお勧めします。こうすると、Adobe Acrobat Sign アカウントが有効な電子メールアドレスに関連付けられます。

サポートされているブラウザーの確認

  • Chrome - 最新バージョン
  • Firefox - 最新バージョン
  • Safari - 最新バージョン
  • Edge- 最新バージョン

メモ:Salesforce 管理者は、Edge ブラウザーで設定ウィザードを開始できません。

パッケージのインストール(v24)

Adobe Acrobat Sign パッケージをインストールするには、Salesforce アカウントが必要です。お持ちでない場合は、この後のインストールプロセス中に作成することができます。

  1. Salesforce AppExchange に移動して、Adobe Acrobat Sign アプリケーションパッケージをインストールします。

    官公庁クラウドのパッケージをインストールする場合は、官公庁クラウドの管理者資格情報を入力します。

  2. メッセージが表示されたら、インストール先の環境として Production または Sandbox を選択します。

  3. インストールの詳細を確認ページで、次の手順を実行します。

    1. インストール情報および利用条件を確認します。
    2. 利用条件」チェックボックスをオンにします。
    3. 確認してインストール」を選択します。
  4. Salesforce 組織にログインするように求めるメッセージが表示されたら、ログイン資格情報を指定し、「Salesforce にログイン」を選択します。

  5. Adobe Acrobat Sign のインストールページで、次の手順を実行します。

    1. パッケージをインストールする対象ユーザーを選択します。「管理者用のみにインストール」を選択することをお勧めします。
    2. インストール」を選択します。
      インストールに時間がかかることを示す通知が表示されます。
    3. 完了」を選択して続行します。

    インストールが完了すると、パッケージがインストールされたことを知らせる電子メール通知が届きます。

    管理者向けの Salesforce 用 Acrobat Sign パッケージをインストールします。

  6. インストールを確認するには、設定/プラットフォームツール/アプリ/インストール済みパッケージの順に選択します。

    インストール済みパッケージページにインストール情報が表示されます。

設定を完了

統合パッケージをアクティベートして契約書の送信を開始するには、セットアップウィザードを使用して設定プロセスを完了する必要があります。使用している環境に対応する設定プロセスの手順を参照してください。

  1. アプリケーションランチャー/Adobe Acrobat Sign for Salesforce
    を選択します。

  2. Adobe Acrobat Sign 管理者」タブを選択して、インストールウィザードを開始します。

  3. Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign セットアップウィザードで、次の手順を実行します。

    • 既存の Acrobat Sign アカウントがある場合:
      1. Adobe にログイン」を選択します。
      2. ログインダイアログで、Acrobat Sign 管理者の資格情報でログインします。 
      3. メッセージが表示されたら、「アクセスを許可」を選択します。
        アドビアカウントが正常に承認されました。」というメッセージが表示されます。
    • Acrobat Sign アカウントがない場合:
      1. 無料体験版の新規登録」を選択します。
      2. 開いた新規ブラウザーページでアカウントを作成します。 
      3. ブラウザーページを閉じ、Salesforce ページに戻り、「Adobe にログイン」を選択します。
      4. 上記の手順に従って、ログインプロセスを完了します。
    setup-wizard-1

    注意:

    Adobe Analytics を有効にして *.adobe.io を CSP の信頼済みサイトに追加する機能は、新規にインストールされたほとんどのアカウントで、デフォルトで有効になっています。

    この設定を使用すると、Adobe Acrobat Sign は製品の改善のために使用データを収集できるようになります。このデータは開発目的にのみ使用され、マーケティング目的には使用されません。管理者は、「Adobe Acrobat Sign 管理者」タブでこの機能を有効/無効にできます。

    メモ:カナダと EU で設立された組織では、このオプションはデフォルトで無効になっています。

  4. 次へ」を選択します。

  5. 「手順 2:Adobe Acrobat Sign のステータスの自動更新を有効にする」ページで、次の手順を実行します。

    1. 有効にする」を選択します。
    2. 表示されるダイアログで、「許可」を選択します。
      アドビアカウントが正常に承認されました。」というメッセージが表示されます。
  6. ページ下部から、「次へ」を選択します。

    設定が完了すると、セットアップウィザードに、次のメッセージが表示されます。セットアップが完了しました。

  7. 完了」を選択します。

    これで、Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign の使用を開始できるようになりました。

    初期設定が済むと、「Adobe Acrobat Sign 管理者」タブを使用して、Adobe Acrobat Sign の高度な機能、アカウント設定、その他のリソースにアクセスすることができます。 

    注意:
    • 契約書の送信で問題が発生した場合は、アドビカスタマーケアに連絡して、Salesforce ユーザーがデフォルトで使用する、Salesforce 統合用の正しいチャネルに Adobe Acrobat Sign アカウントが割り当てられていることを確認してください。
    • Salesforce Professional Edition をお使いの場合は、Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign の Professional Edition - 追加のインストール手順セクションで説明されている追加手順を実行してインストールを完了する必要があります。
  1. Government Cloud アカウントの資格情報を使用して、「Salesforce 用 Acrobat Sign」にログインします。

  2. Adobe Acrobat の環境設定が Government Cloud 環境用に設定されていることを確認します。次の手順を実行します。

    1. 設定カスタム設定に移動します。
    2. Adobe Sign 環境設定」ラベルを見つけ、「管理」を選択します。
    3. デフォルト環境が Government Cloud に設定されていない場合は、「編集」を選択して、「環境名」を「GovProduction」に変更します。
    4. 環境が指定されていない場合は、「新規」を選択して、「環境名」を「GovProduction」に設定します。
    5. 保存」を選択します。
    setup-account-1

  3. 「Sign for Salesforce」の Government Cloud アカウントが、通常の Acrobat Sign ユーザーに設定されていることを確認します。次の手順を実行します。

    1. 設定を選択します。
    2. 個人情報の詳細」に、通常の Acrobat Sign Government Cloud ユーザーの電子メール ID を入力します。
    3. 保存」を選択します。
      電子メールアドレスの変更を完了するために、関連付けられたアカウントに電子メールが送信されます。
    4. その電子メールを開き、リンクを選択して電子メールアドレスを変更します。
      電子メールアドレスが変更され、確認ページに移動します。
    5. 確認ページで、「続行」を選択します。
      Salesforce 用 Acrobat Sign Lightning ページに戻ります。
    Government Cloud で、Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign を設定します。

  4. Salesforce 用 Acrobat Sign 管理者」タブを選択します。

    Government Cloud の「Salesforce 用 Acrobat Sign」セットアップウィザードが起動します。

  5. 表示されたページで電子メールアドレスの を選択し、Acrobat Sign アカウント管理者の電子メールアドレスを入力します。

    Government Cloud で、Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign を設定します。

  6. 矢印アイコンを選択します。 

  7. アカウントが正常に認証されたことを示すメッセージが表示されたら、「次へ」を選択します。

  8. 次のページで「自動ステータス更新を有効にする」を選択し、確認ダイアログで「有効にする」を選択します。

  9. アクセスを許可」ダイアログで、管理者の電子メールアドレスを確認して、「許可」を選択します。

  10. 設定が完了したことを確認するページで、「完了」を選択します。

    Salesforce 用 Acrobat Sign 管理者」ページに戻るので、そこで、Salesforce アカウントが Acrobat Sign Government Cloud 管理者アカウントに関連付けられていることを確認できます。

Salesforce Professional Edition をお使いの場合は、標準的なインストール手順を完了した後、必ず以下のセクションの指示に従ってください。

手順 1:「Agreements Layout Professional」ページレイアウトへのフィールドの追加

  1. 設定/プラットフォームツール/オブジェクトとフィールド/オブジェクトマネージャーに移動します。

  2. 左パネルから、「契約書」を選択します。

  3. 左パネルから、「ページレイアウト」を選択します。

  4. 「ページレイアウト名」で、「契約書レイアウト(プロフェッショナル)」を選択します。

  5. フィールド」を選択した状態で、以下のフィールドをページレイアウトにドラッグ&ドロップします。

    • 受信者(ユーザー)
    • 追加の受信者 1(ユーザー)
    • 追加の受信者 2(ユーザー)
    • 追加の受信者 3(ユーザー)
    • 自動リマインダーを有効にする
    • 受信者アドレス
    • 結合
  6. 保存」を選択します。

手順 2. 受信者ページレイアウトへのフィールドの追加

  1. 設定/プラットフォームツール/オブジェクトとフィールド/オブジェクトマネージャーに移動します。

  2. 左パネルから、「受信者」を選択します。

  3. ページレイアウト」を選択します。

  4. 「レイアウト名」で、「EchoSign 受信者レイアウトページ」を選択します。

  5. 「フィールド」を選択した状態で、以下のフィールドをページレイアウトにドラッグ&ドロップします。

    • 契約書
    • 取引先担当者
    • 電子メールアドレス
    • リード
    • 注文番号
    • 個人取引先
    • 受信者タイプ
    • 電子メールアドレスを使用
    • ユーザー
    • 結合
  6. 保存」を選択します。

Salesforce にログインし、Salesforce 用 Adobe Sign アプリ/「Adobe Sign 管理者」タブ/アカウント設定/設定ウィザードを起動に移動して、Acrobat Sign アカウントにログインします。

Adobe Acrobat Sign 権限セットを適用

Salesforce からの Adobe Acrobat Sign 契約書の送信を開始する前に、適切な権限セットを持つユーザーを割り当てる必要があります。

Acrobat Sign では、4 つの権限セットをインストールして、カスタムオブジェクトに対するフィールドレベルのアクセス権を簡単に付与できます。

  • Adobe Acrobat Sign ユーザー:Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign の送信者ユーザーに必要な最低限の権限です。管理パッケージに含まれる必須コンポーネント(オブジェクト、フィールド、タブ、クラスおよびページ)への制限付きアクセス権が含まれています。
  • Adobe Acrobat Sign コミュニティユーザーSalesforce 用 Adobe Acrobat Sign のコミュニティユーザーに必要な最低限の権限です。これには、管理パッケージに含まれる必須コンポーネント(オブジェクト、フィールド、タブ、クラスおよびページ)への制限付きアクセス権が含まれています。
  • Adobe Acrobat Sign 管理者:Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign の管理者ユーザーに必要な最低限の権限です。これには、管理パッケージに含まれるすべてのコンポーネント(オブジェクト、フィールド、タブ、クラスおよびページ)への完全なアクセス権が含まれています。
  • Adobe Acrobat Sign 統合ユーザー:Salesforce 用 Adobe Acrobat Sign 統合ユーザーに必要なすべての権限です。すべての管理者アクセス権と、すべての組織データへのアクセス権が含まれます。

「代理送信」機能を有効にするには、「Adobe Acrobat Sign 管理者」権限セットを Salesforce 管理者に割り当てる必要があります。他のユーザーの代理送信を有効にする方法を参照してください。

permission-sets

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン