マニュアル キャンセル

Microsoft Word/PowerPoint 向け Adobe Acrobat Sign アドイン:ユーザーガイド

  1. Adobe Acrobat Sign の統合
  2. 新機能
  3. 製品バージョンとライフサイクル
  4. Salesforce 向け Acrobat Sign
    1. パッケージをインストール
    2. パッケージの設定
    3. ユーザーガイド
    4. デベロッパーガイド
    5. 詳細なカスタマイズガイド
    6. フィールドマッピングおよびテンプレートガイド
    7. モバイルアプリユーザーガイド
    8. フロー自動化ガイド
    9. Document Builder ガイド
    10. 大きな文書の設定
    11. アップグレードガイド
    12. リリースノート
    13. FAQ
    14. トラブルシューティング用のガイド
    15. 追加記事
  5. Microsoft 向け Acrobat Sign
    1. Microsoft 365 向け Acrobat Sign
      1. インストールガイド
    2. Outlook 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
    3. Word/PowerPoint 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
    4. Teams 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
      2. Live Sign ガイド
      3. モバイルユーザーガイド
      4. リリースノート
      5. Microsoft Teams の承認
    5. Microsoft PowerApps および Power Automate 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
      2. リリースノート
    6. Acrobat Sign Connector for Microsoft Search
      1. ユーザーガイド
      2. リリースノート
    7. Microsoft Dynamics 向け Acrobat Sign
      1. 概要
      2. Dynamics オンライン:インストールガイド
      3. Dynamics オンライン:ユーザーガイド
      4. Dynamics オンプレミス:インストールガイド 
      5. Dynamics オンプレミス:ユーザーガイド
      6. Dynamics ワークフローガイド
      7. Dynamics 365 for Talent
      8. アップグレードガイド
      9. リリースノート
    8. Microsoft SharePoint 向け Acrobat Sign
      1. 概要
      2. SharePoint オンプレミス:インストールガイド
      3. SharePoint オンプレミス:テンプレートマッピングガイド
      4. SharePoint オンプレミス:ユーザーガイド
      5. SharePoint オンプレミス:リリースノート
      6. SharePoint Online:インストールガイド
      7. SharePoint Online:テンプレートマッピングガイド
      8. SharePoint Online:ユーザーガイド
      9. SharePoint Online:Web フォームマッピングガイド
      10. SharePoint Online:リリースノート
  6. ServiceNow 向け Acrobat Sign
    1. 概要
    2. インストールガイド
    3. ユーザーガイド
    4. リリースノート
  7. HR ServiceNow 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
  8. SAP SuccessFactors 向け Acrobat Sign
    1. Cockpit インストールガイド(非推奨)
    2. Recruiting インストールガイド(非推奨)
    3. Recruiting ユーザーガイド
    4. Cloud Foundry インストールガイド
    5. リリースノート
  9. Acrobat Sign for Workday
    1. インストールガイド
    2. クイックスタートガイド
    3. 設定チュートリアル
  10. NetSuite 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
    2. リリースノート
  11. SugarCRM 向け Acrobat Sign
  12. VeevaVault 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
    2. ユーザーガイド
    3. アップグレードガイド
    4. リリースノート
  13. Coupa BSM Suite 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
  14. Acrobat Sign 開発者向けドキュメント
    1. 概要
    2. Webhooks
    3. テキストタグ

概要

Microsoft® Word および PowerPoint 向け Adobe Acrobat Sign アドインを使用すると、5 MB 以下の Word または PowerPoint ファイルを使用して契約書を作成するプロセスが簡素化されます。

このヘルプ文書では、次の方法について説明します。

Office 365 を使用する管理者の場合は、アドインをテナントレベルで一元的にインストールしてユーザーアクセス設定を管理するオプションがあります。これにより、テナント内のすべてのユーザーが Word と PowerPoint の両方にアクセスできるようになります。

アドインを個別にインストールすることを選択したユーザーの方は、Word と PowerPoint の両方でアドインを各自個別にインストールしてください。

前提条件

システムが次の要件を満たしていることを確認します。

Office の使用に関する Microsoft® の基本要件

Windows® オペレーティングシステム

  • Windows® 10(バージョン 1903 以降。これ以前の場合は、Microsoft® webview をインストール)
  • Windows® 11

Windows® のサポート対象の Microsoft® Office バージョン

  • Office 2016(ビルド 16.0.4390.1000 以降)
  • Office 2019(ビルド 16.0.12527.20720 以降)
  • Office 2021(ビルド 16.0.14326.204454 以降)
  • Office for Windows®、サブスクリプション(バージョン 1602、ビルド 6741.0000 以降)

サポート対象の Microsoft® Office バージョン(Mac 用)

  • Office for Mac(v15.34 以降)

サポート対象の Web ブラウザー:

  • Office Online(365)、Chrome、Firefox、Safari、または Edge の最新バージョンを使用
  • Office Online Server(バージョン 1608、ビルド 7601.6800 以降)

重要な注意事項:

  • プライベート/シークレットブラウザーセッションはサポートされていません。
  • モバイルブラウザーとモバイルアプリはサポートされていません。

Edge ブラウザーの設定:Edge ブラウザーでシームレスに操作するには、ブラウザーのセキュリティ設定で次のサイトを信頼してください。

  • https://*.echocdn.com
  • https://*.echosign.com
  • https://*.adobesigncdn.com
  • https://*.adobesign.com/
  • https://*.microsoftonline.com
  • https://*.office.com
  • https://*.office365.com
  • https://*.live.com(Live アカウントを使用している場合)
  • https://*.sharepoint.com
  • サードパーティの ID 管理システムを使用している場合は、その URL も追加します。

Mac High Sierra OS ユーザーの場合:Mac High Sierra で Word/PowerPoint デスクトップアプリ(バージョン 16.11 以降)からアドインにアクセスする際に問題が発生した場合:

  1. アドインの設定を開き、サインアウトします。
  2. 「開始」をクリックしてもう一度サービスへの認証を行います。
  3. 問題が解決しない場合は、カスタマーサポートにお問い合わせください。

この簡潔なガイドは、互換性の確保と問題の効果的なトラブルシューティングに役立ちます。

アドインのインストール

  1. .Microsoft 365 アカウントにログインして、Word または PowerPoint オプションを選択します。

  2. Word または PowerPoint ファイルを開きます。

  3. 挿入」タブを選択し、Office アドインを選択します。

    Office アドインページが開きます。

  4. ストアオプションを選択して、Adobe Acrobat Sign を選択します。

    注意:

    リボンオプションにストアボタンが表示されない場合は、個人がストアにアクセスすることを Office 管理者が許可していない可能性があります。

    Office 管理者または IT チームに連絡してアクセスを許可してもらうか、アドインを組織に導入してもらいます。

  5. Word/PowerPoint 向け Adobe Acrobat Sign アドインをリストから特定し、「追加」を選択します。

    connect-sign-2

  6. 表示されるダイアログで、利用条件とプライバシーポリシー情報を確認し、利用条件に同意するチェックボックスをオンにして「続行」を選択します。

    connect-sign-3

  7. アドインがインストールされると、Adobe Acrobat Sign のアイコンが「ホーム」タブのリボンに追加されます。アドインには次の 3 つのオプションがあります。

    • 入力と署名 - 自分だけが入力して署名する必要がある文書。
    • 署名用に送信 - 自分以外に最低 1 人の人物が署名する必要がある文書。
    • 契約状況 - 最近更新された 10 件の文書の一覧。
    acrobat-sign-word-addin

注意:

個人ユーザー向けの簡単なガイド:

  • アドインのインストールは、Word または PowerPoint のいずれかで 1 回のみ必要です。
  • アドインは、両方のアプリケーションに自動的にインストールされます。
  • リボンのボタンが表示されない場合は、「個人用アドイン」セクションに移動し、そこからアドインを有効にします。

認証された関係の構築

アドインを有効にした後、Microsoft® アカウントを Adobe Acrobat Sign アカウントに接続する必要があります。この関係を構築すれば、確実にあなたのみが Adobe Acrobat Sign ユーザーとして契約書を送信できるようになります。構成は迅速で、両方のシステムへの認証が必要です。

Adobe Acrobat Sign アカウントをお持ちでない場合は、無料で試すことができます(以下の手順 3 を参照)。Acrobat Sign for Government アカウントでは無料体験版を利用できません。

この接続を確立したら、アドインから明示的にログアウトしない限り、Adobe Acrobat Sign で再認証する必要はありません。

Office では、非アクティブ状態が 1 時間続いた後、または 24 時間後に再認証を求めるメッセージが表示されることがあります。

信頼を構築するには:

  1.  Word または PowerPoint で任意のファイルを開きます。

    アプリケーションに Acrobat Sign アドインがあることを確認します。 

  2. ホームメニューから Adobe Acrobat Sign パネルを特定し、「署名用に送信」を選択します。

    ウィンドウの右側に、アドインパネルが開きます。

  3. パネルで「開始」を選択します。

    無料体験版を入手」リンクをクリックすると、新しいウィンドウに、Adobe Acrobat Sign 30 日間無料体験版の登録ページが表示されます。Adobe Acrobat Sign アカウントを持っていない場合は、操作を続行する前に、無料体験版に登録してください。  Acrobat Sign for Government 環境のアカウントは、無料体験版にはアクセスできません。

    Adobe Acrobat Sign を接続
    Microsoft Word を Adobe Acrobat Sign に接続します。

  4. Microsoft 365 環境への認証を求められたら、使用するユーザーを選択します。認証済みのユーザーがリストの先頭に表示されます。

  5. アドインへのアクセス権を付与するように求められたら、「同意する」を選択します。

    Adobe Acrobat Sign の認証情報を入力する新しいウィンドウが開きます。

  6. Adobe Acrobat Sign の資格情報を使用して認証し、アクセスの確認ダイアログで「アクセスを許可」を選択します。

    Adobe Acrobat Sign の認証が成功すると、右側のアドインパネルが、アドインスプラッシュページに変わります。

  7. OK」をクリックして、設定パネルを開きます。

アドインの使用

アドインをアクティブにしたら、任意の Word ファイルや PowerPoint ファイルの署名プロセスを簡単に開始できます。操作は Adobe Acrobat Sign でログインしてファイルをアップロードする場合と同じようなものになります。

  • 署名機能:Word または PowerPoint の文書の場合、署名プロセスを開始すると、現在のファイルが自動的に添付されます。必要に応じて、さらにファイルを追加するオプションもあります。
  • 契約書ステータス:契約書ステータス機能では、最新の契約書が、現在のステータスに基づいた管理に役立つリンクと共に表示されます。

次のことに注意してください。

  • デスクトップアプリケーション(オンラインではない)を使用している場合は、署名または送信の前にファイルを少なくとも 1 回保存してください。
  • 非アクティブ状態が 1 時間に及ぶ場合、またはアドインを 24 時間続けて使用した場合は、再認証を求められることがあります。

文書の入力と署名

入力と署名機能を使用すると、文書に入力して署名を追加できます。このプロセスに他の受信者を含めることはできません。

署名を追加すると、文書は Adobe Acrobat Sign アカウントに保存されます。文書は、表示したり、PDF として保存したり、共有したりできます。

注意:

電子サインは、Microsoft Office Web アプリケーションでのみ使用できます。Microsoft Word デスクトップアプリケーションでは署名を使用できません。

  1. Adobe Acrobat Sign パネルの「ホーム」タブで、「入力と署名」を選択します。

  2. 「入力と署名」パネルで「+ ファイルを追加」を選択すると、ファイルを削除または追加できます。

  3. 選択したファイルを確認して「続行」を選択します。

  4. 署名インターフェイスで「Ab」を選択して、必須フィールドにテキストを入力します。ツールバーを使用してテキストサイズを調整できます。

    global-corp-sign

  5. オプションフィールドの場合、上部のメニューから適切な箇条書きオプションを選択します。

  6. 必要に応じて署名とイニシャルを適用し、「完了」を選択します。

    少なくとも 1 つの署名を適用する必要があります。 詳しくは、次の方法を参照してください 文書に入力して署名.

    文書の入力と署名が終わると、Word/PowerPoint インターフェイスの Adobe Acrobat Sign パネルが切り替わり、署名プロセスが正常に完了したことが表示されます。

    正常終了パネルには次の 3 つのオプションがあります。

    • 署名済み PDF を表示 - 新しいタブを開き、署名済み文書を表示します。
    • コピーを保存 - 署名済み PDF をローカルシステム上で開きます。ここで、コピーを保存できます。
    • Adobe Acrobat Sign メニュー - アドインパネルを更新して 3 つの機能を表示します。

署名用に送信

契約書を署名用に送信するには:

  1. ファイルを開き、Adobe Acrobat Sign パネルの上部メニューから「署名用に送信」を選択します。

    右側に次のような署名用に送信パネルが開きます。

    connect-sign-4

  2. 特定のグループから契約書を送信するには、「送信元:」フィールドでグループ名を選択します。

  3. 添付された文書ファイルのリストがパネルの上部に表示されます。 デフォルトの開いているファイルは自動的に添付されますが、削除できます。
    さらに文書を追加するには、「+ ファイルを追加」を選択します。

  4. 「受信者」フィールドに名前または電子メールアドレスを入力して、受信者を追加します。
    この順序により、署名シーケンスが決まります。 デフォルトでは、すべての受信者が署名者と見なされます。 その他の役割については、「詳細オプション」を選択します。

  5. 「メッセージ」セクションで次の手順を実行します。

    • 契約書名を確認し、必要に応じて手動で変更します。
    • 必要に応じて受信者のメッセージを変更します。
    • 「メッセージテンプレート」と「プライベートメッセージ」をチェックするには、「詳細オプション」を選択します。
  6. フォーム作成ツールを含むウィンドウ表示のオーサリングページを開くには、「プレビューと送信」チェックボックスをオンにします。

  7. 送信」(「プレビューと送信」オプションが選択されている場合は「続行」)を選択します。

    アドインパネルに成功を示す通知が表示されます。 送信後のオプションには、「契約書を表示」または追加機能のためのAdobe Acrobat Signメニューへのアクセスが含まれます。

サポートされているファイル形式:

  • Word(.docx)
  • PowerPoint(.pptx)
  • Excel(.xls、.xlsx)
  • PDF
  • HTML
  • RTF

 

  • TIF/TIFF
  • JPG/JPEG
  • BMP
  • GIF
  • PNG
警告:

Microsoft の制限に準拠するため、.doc ファイルや .ppt ファイルを表示すると、Acrobat Sign アドインは無効になります。.doc または .ppt 形式のファイルで署名を依頼するには、Acrobat Sign web 版の使用をお勧めします。

契約書ステータスを確認

契約書ステータス」オプションは、何らかの操作が必要なため開いたままの最新 10 件の契約書(最終更新日に基づく)を表示します。これには、オーサリング待ちのドラフトや、署名待ちの契約書、他の受信者待ちの契約書などが含まれます。

これらの各契約書を拡張して、その契約書のために投稿された最新イベントを公開し、署名プロセスにおける契約書の現在のフェーズを示すことができます。

  • 契約書に対して記録された最新の 3 つのイベント(作成済み、表示済み、署名済みなど)が一覧表示されます(最新のものが一番上に表示されます)。 
  • 契約書情報で「契約書を表示」を選択し、文書を現在の状態で表示します。
  • 契約書に署名」リンクをクリックすると、新しいウィンドウが開き、署名待ちの文書が表示されます。
  • イベントリストの下部に、「すべての契約書をトラック」リンクがあります。このリンクをクリックすると、アプリケーションから管理ページがウィンドウ表示されます。管理ページでは、アカウント履歴をすべて入手できます。

アドインの設定

アドインパネルの右下隅から を選択し、次のオプションにアクセスします。

  • アップグレード – 体験版アカウント:このリンクでは、新しいウィンドウに Adobe Acrobat Sign のアップグレードページが表示されます。このページでは、月単位で Adobe Acrobat Sign を購入できます。
  • ログアウト – 接続の終了:アドインは Outlook アカウントと Adobe Acrobat Sign アカウントの接続を記憶しているので、認証を続ける必要はありません。
    ただし、複数の Adobe Acrobat Sign アカウントを使用している場合は、ログアウト機能を使用して、既存の信頼済み接続を終了できます。これを行うには、アドインパネルの右下にある歯車アイコンをクリックし、表示されるメニューから「ログアウト」を選択します。
  • ヘルプ:このガイドへのリンクと、アドインに関連するその他の情報を検索します。
  • 概要:これをクリックすると、アドインに関する情報を含む簡単なドロップダウンリストが表示されます。
  • プライバシーポリシー:Adobe プライバシーポリシーが表示されます。

ユーザーがアプリケーションに同意できるようにする(管理者用)

Office 365 管理者は、次の手順に従って、ユーザーがアプリケーションを使用することに同意できるようにする必要があります。

  1. Office 365 管理者としてログインしてから、管理ポータルを選択します。

  2. 管理センターAzure AD に移動します。

    Azure Active Directory 管理センターが開きます。

  3. ユーザーとグループ/ユーザー設定を選択します。

    「ユーザーはアプリが自身の代わりに会社のデータにアクセスすることを許可できます」が「はい
    」に設定されていることを確認します。

    azure-2

テナントレベルでインストールする(管理者用)

テナントレベルでインストールすると、アドインをデフォルトで公開できるので、ユーザーのインストール手順を簡略化し、すべてのユーザーがスムーズにアクセスできることを保証できます。 

テナントレベルでインストールするには:

  1. テナント管理者としてログインし、管理パネルに移動します。

  2. 左側のメニューから、「サービスとアドイン」を選択します。

  3. + アドインをアップロード」を選択します。

    新しいアドインパネルが開きます。

  4. 次へ」を選択します。

    新しいアドインパネルが更新され、アドインファイルオプションが表示されます。

  5. Office ストアからアドインを追加」オプションを選択します。

  6. Adobe Acrobat Sign を検索して選択します。

  7. Adobe Acrobat Sign アドインパネルで「次へ」を選択します。

    Adobe Acrobat Sign パネルが開き、次のアクセスオプションが表示されます。

    • 全員:すべてのユーザーに対してアドインを有効にします。
    • 特定のユーザーまたはグループ:アドインアクセス用に特定のグループを選択します。
    • 自分のみ:自分のユーザーに対してのみアドインを有効にします。
  8. 有効化オプションを選択してから、「保存」を選択します。

  9. 最後のランディングパネルで、「保存」を選択します。

よくある質問

次の手順を実行してください。

  1. Word 2016/PowerPoint 2016 からログアウトします。
  2. Adobe Acrobat Sign アドインまたはその他のアドインをインストールします。
  3. Adobe アカウントで Word 2016 にログインします。
  4. 問題なくアドインを使用できます。

エラーが引き続き発生する場合は、次の操作を実行してください。

Windows® の場合:

  • %LOCALAPPDATA%\Microsoft\Office\16.0\Wef\ フォルダーの内容を削除します
  • …\16.0\WebServiceCache を消去します

Mac の場合:

  • /Users/{your_name_on_the_device}/Library/Containers/com.Microsoft.OsfWebHost/Data/ フォルダーの内容を削除します
  • Word を起動し、まだプロンプトが表示されていない場合はアドインを追加します
  • アドインを再度信頼するように求められます

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン