マニュアル キャンセル

Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign:アップグレードガイド

  1. Adobe Acrobat Sign の統合
  2. 新機能
  3. 製品バージョンとライフサイクル
  4. Salesforce 向け Acrobat Sign
    1. パッケージをインストール
    2. パッケージの設定
    3. ユーザーガイド
    4. デベロッパーガイド
    5. 詳細なカスタマイズガイド
    6. フィールドマッピングおよびテンプレートガイド
    7. モバイルアプリユーザーガイド
    8. フロー自動化ガイド
    9. Document Builder ガイド
    10. 大きな文書の設定
    11. アップグレードガイド
    12. リリースノート
    13. FAQ
    14. トラブルシューティング用のガイド
    15. 追加記事
  5. Microsoft 向け Acrobat Sign
    1. Microsoft 365 向け Acrobat Sign
      1. インストールガイド
    2. Outlook 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
    3. Word/PowerPoint 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
    4. Teams 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
      2. Live Sign ガイド
      3. モバイルユーザーガイド
      4. リリースノート
      5. Microsoft Teams の承認
    5. Microsoft PowerApps および Power Automate 向け Acrobat Sign
      1. ユーザーガイド
      2. リリースノート
    6. Acrobat Sign Connector for Microsoft Search
      1. ユーザーガイド
      2. リリースノート
    7. Microsoft Dynamics 向け Acrobat Sign
      1. 概要
      2. Dynamics オンライン:インストールガイド
      3. Dynamics オンライン:ユーザーガイド
      4. Dynamics オンプレミス:インストールガイド 
      5. Dynamics オンプレミス:ユーザーガイド
      6. Dynamics ワークフローガイド
      7. Dynamics 365 for Talent
      8. アップグレードガイド
      9. リリースノート
    8. Microsoft SharePoint 向け Acrobat Sign
      1. 概要
      2. SharePoint オンプレミス:インストールガイド
      3. SharePoint オンプレミス:テンプレートマッピングガイド
      4. SharePoint オンプレミス:ユーザーガイド
      5. SharePoint オンプレミス:リリースノート
      6. SharePoint Online:インストールガイド
      7. SharePoint Online:テンプレートマッピングガイド
      8. SharePoint Online:ユーザーガイド
      9. SharePoint Online:Web フォームマッピングガイド
      10. SharePoint Online:リリースノート
  6. ServiceNow 向け Acrobat Sign
    1. 概要
    2. インストールガイド
    3. ユーザーガイド
    4. リリースノート
  7. HR ServiceNow 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
  8. SAP SuccessFactors 向け Acrobat Sign
    1. Cockpit インストールガイド(非推奨)
    2. Recruiting インストールガイド(非推奨)
    3. Recruiting ユーザーガイド
    4. Cloud Foundry インストールガイド
    5. リリースノート
  9. Acrobat Sign for Workday
    1. インストールガイド
    2. クイックスタートガイド
    3. 設定チュートリアル
  10. NetSuite 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
    2. リリースノート
  11. SugarCRM 向け Acrobat Sign
  12. VeevaVault 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
    2. ユーザーガイド
    3. アップグレードガイド
    4. リリースノート
  13. Coupa BSM Suite 向け Acrobat Sign
    1. インストールガイド
  14. Acrobat Sign 開発者向けドキュメント
    1. 概要
    2. Webhooks
    3. テキストタグ

概要

Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign:アップグレードガイド』では、Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign パッケージを以前のバージョンから最新のリリースバージョンにアップグレードする方法について説明しています。

アドビでは、次の理由から、すべてのユーザーに最新バージョンの Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign にアップグレードすることをお願いしています。

  • Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign の各バージョンは、文書ワークフローを大幅に強化するための新しい機能と拡張機能を備えています。
  • Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign は、最新バージョン(N)と最新バージョンより前の 2 つのメジャーバージョン(N-1 および N-2)についてのみサポートを提供しています。サポートされていないバージョンは、セキュリティリスクが高いため、Adobe Acrobat Sign サービスへの API アクセスが拒否されます。

アップグレードに関する重要な注意

  • 既存の Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign パッケージをアンインストールしないでください。アンインストールすると、Salesforce の Acrobat Sign データが失われる場合があります。
  • Salesforce 組織のユーザーが複数の Acrobat Sign アカウントに属している場合は、アップグレードする前にアドビクライアントサクセスマネージャーかアドビカスタマーケアにご連絡ください。
  • 運用アカウントをアップグレードする前に、サンドボックス環境でアップグレードおよびテストを実行する必要があります。
    Acrobat Sign アカウントの電子メールを変更する必要がある場合は、サンドボックス環境の電子メールアドレスにアクセスできることを確認してください。
  • ログイン時の IP アドレスのセッションをロックする」設定を無効にするようにしてください。設定するには、設定/設定/セキュリティ/セッション設定に移動します。
  • 以下の「新機能」セクションを参照して、手動で設定する必要があるオプションがあるかどうかを判断してください。
    各リリースには、手動更新が必要になる場合がある多くの新機能および設定があります。
  • Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign の最新機能については、『Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign:リリースノート』を参照してください。
  • パッケージの新しいインスタンスをインストールする場合は、Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign:インストールガイド』を参照してください。
  • バージョン 24.14 以降、Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign では、自動ステータス更新のトリガーについては SOAP API ベースのプッシュモデルはサポートされていません。自動的な契約書ステータス更新は、REST API ベースのプルモデルのみを使用してトリガーされます。
    Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign パッケージバージョン 20.x 以前をインストールした場合は、サンドボックス組織でアップグレードをテストしてください。契約書ステータスのアップグレードが機能しない場合は、Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign ページの「管理者」タブに移動し、「自動ステータス更新を有効にする」を再実行してください。
  • Salesforce V 24.14 向け Adobe Acrobat Sign にアップグレードするユーザーは、契約書のリマインダーを設定するために、新しい選択リスト値を手動で追加する必要があります。ただし、パッケージ v 24.14 のクリーンインストールを行うユーザーは、新しい選択リスト値をデフォルトで使用できます。

現在のバージョンの確認

アップグレードする前に、現在インストールされているパッケージのバージョンを確認します。

  1. 管理者の資格情報を使用して Salesforce にログインします。
  2. 設定プラットフォームツールアプリパッケージインストール済みパッケージに移動し、Adobe Acrobat Sign パッケージのバージョン番号を確認します。
インストールされている Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign アプリのバージョンを確認します。

パッケージの更新

  1. Salesforce AppExchange に移動して最新の Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign パッケージにアクセスしてから、「今すぐ入手する」を選択します。

  2. AppExchange へログイン」を選択し、資格情報を入力して続行します。

  3. 表示されるダイアログで、次の操作を行います。

    • パッケージを本番環境でインストールするには、「本番環境でのインストール」を選択します。
    • パッケージをサンドボックス環境でインストールするには、「サンドボックス環境でのインストール」を選択します。

    初めに、サンドボックス環境で各インストールをテストすることをお勧めします。

  4. インストール情報と利用条件を確認し、条件を読んで同意することを確認してから、「確認してインストール」を選択します。

  5. Salesforce 組織にログインするように求められたら、ユーザー資格情報を入力してから、「Salesforce にログイン」を選択します。

  6. 表示された Adobe Acrobat Sign のアップグレードページで、すべてのユーザーのインストール」を選択してから、「アップグレード」を選択します。

    メモ:インストールには数分かかることがあります。

    Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign のパッケージバージョンをアップグレードします。

  7. サードパーティアクセスの承認ダイアログが表示された場合:

    • はい、これらのサードパーティ web サイトにアクセスを許可します」チェックボックスをオンにします。
    • 続行」を選択して、インストールを開始します。
  8. インストールに時間がかかる場合があるというメッセージでは、「完了」を選択し、パッケージが正常にインストールされたことを通知する電子メールを受信するまで待ちます。

    確認電子メールが届いたら、インストール済みパッケージページに現在のパッケージバージョンが表示されます。

    新しいパッケージを設定するには、「インストール後の設定」を参照してください。

    Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign パッケージバージョンのアップグレード。

更新されたパッケージの設定

Adobe Acrobat SignSalesforce の間の OAuth 接続を更新する必要があります。

Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign オブジェクトは、パッケージの進化に伴って変更されることがあるため、ワークフローを確認する必要があります。変更されたオブジェクトに依存するカスタムソリューションを構築する場合、カスタマイズを更新する必要が生じる可能性があります。

  1. 設定/プラットフォームツール/アプリ/パッケージ/インストール済みパッケージに移動します。

  2. Adobe Acrobat Sign パッケージの「設定」を選択します。

    Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign セットアップウィザードが起動されます。

    メモ:セットアップウィザードが自動的に起動しない場合は、Adobe Acrobat Sign 管理者」タブに移動し、「セットアップウィザードを起動」を選択してください。

    セットアップの起動

  3. セットアップウィザードの「手順 1:Adobe アカウントを Salesforce にリンク」で、次の操作を実行します。

    1. Adobe にログイン」を選択します。
    2. 管理者資格情報を使用して Adobe Acrobat Sign にログインします。
    3. メッセージが表示されたら、「アクセスを許可」を選択します。

    アドビアカウントが正常に承認されました。」というメッセージが表示されます。

  4. 手順 1 の成功通知で、「次へ」を選択します。

  5. 「手順 2:Adobe Sign のステータスの自動更新を有効化」で、次の操作を実行します。

    1. 有効にする」を選択します。
    2. Adobe Acrobat Sign へのアクセスを許可するように求められたら、「許可」を選択します。

    アカウントの自動ステータス更新が正常に有効化されました。」というポップアップメッセージが表示されます。

  6. 次へ」を選択します。

  7. セットアップウィザードに、「セットアップが完了しました。」というメッセージが表示されたら、「完了」を選択します。

  8. 必要に応じて、「新機能」セクションのリストにある手動アップデートを設定します。

注意:

新しいパッケージのインストールと設定が完了したら、『Salesforce 向け Acrobat Sign:アップグレードガイド』の適切なセクションを参照し、前のバージョンに追加された設定とフィールドに関する情報を確認してください。

新しいパッケージが正常に機能するように、これらの新しい設定とフィールド値を組織で手動で有効にします。例えば、v19 から v23 にアップグレードした場合は、v20、v21 および v22 のバージョンにリストされている手動編集を有効にする必要があります。

新機能

パッケージバージョン 24.26

「電子メールOTP」選択リスト値の追加

バージョン 24.26 からアップグレードしたモバイルユーザーの場合、デフォルトで電子メール OTP オプションは有効になっていません。次のように、手動で有効にする必要があります。

  1. 設定オブジェクトマネージャー受信者フィールドと関係署名者の確認方法を選択します。
  2. 」セクションまで下にスクロールして、「新規」を選択します。
  3. 電子メール OTP」と入力します。
  4. 保存」を選択します。

パッケージバージョン 24.14

  • Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign V 24.14 には、(次の画像に示すように)契約書テンプレートおよび契約書のリマインダーを設定するための新しい選択リスト値が含まれます。 
    パッケージ V 24.14 にアップグレードする場合、Salesforce 管理者は、契約テンプレートの「自動リマインダー」カスタムフィールドおよび契約書の「署名を受信者に通知」カスタムフィールドに、次の選択リスト値を手動で追加する必要があります。
    • 署名されるまで毎営業日
    • 署名されるまで 2 日ごと
    • 署名されるまで 3 日ごと
    • 署名されるまで 5 日ごと
Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign V 24.14 では、受信者へのリマインダーの送信や契約書テンプレートの自動リマインダーの生成を行うための新しい選択リスト値が追加されます。
Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign V 24.14 では、受信者へのリマインダーの送信や契約書テンプレートの自動リマインダーの生成を行うための新しい選択リスト値が追加されます。

  • 確認方法「Acrobat Sign」を有効にするには、Salesforce 管理者は、受信者(API 名 echosign_dev1SIGN_Recipients_c)オブジェクトで新しい「Acrobat Sign」選択リスト値を「署名者の確認方法」(API 名 echosign_dev1_Signer_Verification_Methodc)フィールドに追加する必要があります。
NewSignerVerificationPickListValue.png

  • V 24.14 では、すべての契約書の KBA 認証について受信者名を必須にする、受信者の名前ロック機能がサポートされています。KBA 名を必須とする設定を正常に実装するには、管理者は、次のように、契約オブジェクトおよび契約テンプレートオブジェクトで新しい選択リスト値「Acrobat Sign 認証」を「内部署名者の確認方法」に追加する必要があります。
AgreementTemplateInternalSignerVerificationMethod.png

AgreementTemplateNewPicklistValue.png

  • v 24.14 以降、Salesforce 向け Adobe Acrobat Sign では、自動ステータス更新のトリガーについては SOAP API ベースのプッシュモデルはサポートされていません。自動的な契約書ステータス更新は、REST API ベースのプルモデルのみを使用してトリガーされるようになりました。

パッケージバージョン 23.x

この機能は、製品の改善のために Adobe Sign が使用データを収集できるようにするために用意されました。このデータは開発目的にのみ使用され、マーケティング目的には使用されません。

管理者は、「Adobe Sign 管理者」タブでか、セットアップウィザードを実行して、この機能を有効または無効にすることができます。

Salesforce 向け Adobe Sign パッケージの v23 以降、ファイルドキュメントストレージオブジェクトが開発で使用されるメインオブジェクトになります。

V 23.0 以前からアップグレードする顧客のデフォルト保存タイプは、プロセスが中断しないように、アップグレードから除外されます(添付ファイルが通常

管理者は、将来の機能を最大限に活用できるように、文書保存タイプがファイルに変更になることの影響を評価する必要があります。

文書の保存タイプの管理コントロールをサポートするために、コントロールのカスタム設定/Adobe Sign 設定のセットに新しいコントロールが追加されました。

このユーザーインターフェイスは、カスタムオブジェクト Agreement_Document_Storage_Type__c にマップされます。

設定値は次のとおりです。

  • {空} - 値が空の場合、デフォルトの動作はパッケージのインストールバージョンに基づきます。
    • 23.0 以降のバージョンでは、デフォルト保存タイプはデフォルトでファイルに設定されています。
    • 23.0 以前のバージョンでは、デフォルト保存タイプはデフォルトで添付ファイルに設定されます。
  • ファイル - ファイルを Adobe Sign 文書のデフォルト保存オブジェクトとして厳密に定義します。
  • 添付ファイル - 添付ファイルを Adobe Sign 文書のデフォルト保存オブジェクトとして厳密に定義します。
文書タイプの設定

パッケージバージョン 22.x

Salesforce パッケージにワークフローを導入するには、他のアクセス権限を有効にする必要があります。

ワークフローを使用する場合は、OAuth リンクを更新する必要があります。

手動設定やシステム変更は必要ありません。

パッケージバージョン 21.5.11
v21.5.9 より前のすべてのバージョン用の必須インストールパッケージ

21.5.9 以前のバージョンからアップグレードする既存のインストールでは、まず 21.5.11 パッケージをインストールする必要があります。

v21.5.11 をインストールした後に、最新のパッケージをインストールできます。

21.5.9 以前のバージョンからアップグレードする既存のインストールでは、まず 21.5.11 パッケージをインストールする必要があります。v21.5.9 以降をインストールした後に、最新のパッケージをインストールできます。

v21.5.11 パッケージをインストールするには、Chatter を有効にする必要があります。

アップグレードプロセスを開始する前に、Chatter が有効になっていることを確認します。

  1. 設定/プラットフォームツール/機能設定/Chatter/Chatter 設定に移動します。
  2. Chatter が無効になっている場合は、「編集」を選択します。
  3. 有効」チェックボックスをオンにします。
  4. 保存」を選択します。
Chatter の有効化

パッケージバージョン v21.x

注意:

v21.x では、Salesforce 向け Adobe Sign の動作にいくつかの更新が加えられています。 

まず v21.x をサンドボックス環境にインストールして、アプリケーションのあらゆる側面が期待どおりに動作することを確認することを強くお勧めします。

開発者は、更新順序の変更と apex メソッドの変更を慎重に確認する必要があります。 

v21.0 以降、 SIGN_Signed_Agreement__c オブジェクト(ラベル名:署名済み契約書)は廃止されました。

署名済み契約書の URL を取得したい場合は、REST API 契約書 の呼び出し GET /agreements/{agreementId}/combinedDocument/urlを使用する必要があります。

メモ:API 呼び出しから返された URL はセキュリティ保護されており、制限時間内のみ使用可能です。

以下に、契約書およびその関連するオブジェクトが更新される新しい順序(v21.0 以降)を示します。

  1. 添付ファイル 
  2. 受信者 
  3. 契約書(ステータスおよび他の属性)
  4. 契約イベント
  5. Chatter フィード

v21.x 以降、自動更新とデータマッピングを含むすべての非同期プロセスが future メソッドから queueable に切り替えられています。これは、Salesforce が推奨する新しいアプローチです。

この変更により、自動更新やデータマッピングプロセスの一部として Salesforce キューにジョブを追加するサブスクライバー組織内のカスタマイズは、エラー「System.LimitException:キューに追加された queueable ジョブが多すぎます:2」で失敗します。

これは、queueable プロセスで追加できる子の queueable ジョブは 1 つだけであり、それは Adobe Sign によりすでに取得されているからです(この「Queueable Apex の制限事項」セクションを参照してください)。

ジョブチェーンを作成する場合、System.enqueueJob で実行するジョブは 1 つしか追加できません。つまり、各親の queueable ジョブには子ジョブが 1 つしか存在できません。同じ queueable ジョブからの複数の子ジョブ開始はサポートされていません

このエラーが発生すると、契約のステータスは変更されず、データマッピングは正しく実行されません。 

このエラーを解決するには、原因となっているトリガー、プロセスビルダー、またはワークフローを探して非アクティブ化するか、同期コールを使用するように切り替えるか、時間をずらして(1 時間後など)スケジュールしたりします。

  • 契約書ステータスは、文書および受信者が更新されたに更新されるようになりました。
    V 21 以前の場合、このステータスは、文書および受信者が更新される前に設定されていました。
  • 画像 URL を格納する署名済み契約書オブジェクトは現在、挿入されません。
    V21 の場合、他のすべての更新が完了した後で挿入されていました。
  • コールアウトの要求または応答の最大サイズは、Salesforce ガバナー制限により、非同期 apex では 12 MB に制限されます:https://developer.salesforce.com/docs/atlas.en-us.210.0.apexcode.meta/apexcode/apex_gov_limits.htm
    12 MB より大きい文書は、上記の制限により、Sign から取得できません。
  • 契約書のイベントの説明では、Sign API によって返された説明と監査レポートが一致するようになりました。
  • 更新プロセスは、Salesforce 内のネイティブ Apex バッチプロセス(非同期プロセス)として実行されるようになります。
    以前は、Salesforce の外部から API 呼び出しを使用した更新でした。Salesforce は、既に実行している非同期プロセスからの別の非同期プロセスの呼び出しを制限しているので、非同期プロセスを開始するこれらのステータス更新のトリガーは機能しない。
  • 契約書オブジェクトが一つのトランザクションですべて更新されるようになりました。
    V21 より前は、契約書属性の更新は個別の更新呼び出しに分割されていました。
  • 現在は、Sign は指定した回数だけ自動的に失敗したイベントの再試行に戻るので、更新の信頼性がより高くなります。
    V21 より前は、失敗した契約書は、Salesforce 内から手動更新を行うことでのみ再試行できました。
  • 手動更新は、関連するオブジェクトを含む契約書のすべての側面を更新します。
  • 契約書のプッシュは、通常の更新と同じように、非同期モードで実行されるようになり、他の属性が更新されるようになりました。
  • 契約書の様々な側面のアップデートを有効および無効化するための新しい設定が導入されました。
  • 署名済み PDF を Salesforce に保存した場合、PDF ファイル名の末尾に記述子(-signed または -approved)が追加されなくなります。

 

アップグレードが完了したら、次の手順に従って、Acrobat Sign への OAuth 接続を再確立します。

  1. Adobe Acrobat Sign 管理者」タブを選択します。
  2. 自動ステータス更新を有効にする」を選択します。
  3. 有効にする」を選択します。
  4. 許可」を選択します。

v20 では、Salesforce のコールバックユーザーが、Adobe Sign ライセンスユーザーである必要はありませんでした。 

v21 における転送マッピングの改善により、コールバックユーザーに、Salesforce 組織と紐づけされている Acrobat Sign アカウントのアクティブなユーザー ID が必要となります。

転送マッピングを使用している v20 のお客様は、アップグレード前に、コールバックユーザーが Adobe Acrobat Sign でプロビジョニング済みであることを確認する必要があります。そうでない場合、v21.へのアップグレード後に転送マッピングは機能しなくなります(ユーザーがプロビジョニングされるまで)。

「取引先担当者/取引先の商談をコピー」設定を使用して関連オブジェクトを自動的にリンクさせていた転送マッピング機能が拡張され、Salesforce から送信された契約書も含まれるようになりました。

  • 例:送信された契約書に取引先/商談がリンクされていない場合、Salesforce から送信された契約書は、第一取引先担当者受信者の商談参照を契約書の商談参照へ、第一取引先担当者の受信者の取引先参照を契約書の取引先参照へと自動的にコピーされます。

v21 より前のバージョンでは、Chatter フィードは Salesforce 内から契約書が送信された場合にのみ生成されていました。

この更新によって Chatter フィードの対象が広がり、Salesforce 以外から送信(プッシュ契約書)された契約書も含まれるようになりました。

v21 より前は、契約書ビューの PDF 画像と URL は、最初の受信者がアクションを完了した後にのみ更新されていました。

画像および URL が更新されるタイミングが早くなり、事前入力ステータスになったとき、または最初の受信者に署名用に送信されたときに更新されるようになりました。

 

この機能を有効にするために必要な設定はありません。

新しい契約書ステータス「自分の委任待ち」が導入されました。これにより、契約書が、送信者によって現在の受信者組織への委任を待機中である場合、反映されるようになりました。

 

このステータスを有効にするために必要な設定はありません。

契約テンプレートには「有効期限までの日数」フィールド(echosign_dev1__Days_Until_Expiration__c)がありました。  これは数値フィールドであり、v21 で廃止されました。

新しい「有効期限までの日数」フィールド(api 名:echosign_dev1__Days_Until_Expiration2__c)が追加されました。Master オブジェクト({!Expiry_Date__c})で他のフィールドを参照できるよう、このフィールドはテキストフィールドとなっています。

以前のバージョンからアップグレードする際、レガシーの有効期限フィールドにマッピングされていたフォームデータは新しいフィールドへ自動的にコピーされます。直接的なアクションは必要ありません。

取引先商談および取引先担当者フィールドは、テンプレートページで使用できなくなりました。

管理者はデータを契約フィールドにマッピング機能を使用してテンプレートでこれらのフィールドを設定できるようになりました。

以前、送信者は、「送信者が最初に署名」または「送信者が最後に署名」として署名スタック内の絶対的な位置を定義することができていました。

このフィールドは、新しいテンプレートページでは使用できなくなりました。送信者は、署名スタックの好きな部分に自分たちを挿入するよう選択できます。

全体的な署名フローを「順次」または「並列」として制御するためのトグルが削除されました。

新しいテンプレートスタイルでは、全体を順次(署名者インデックス 1 から 1+N)、並列(すべての署名者インデックスは 1)、または順次と並列の混合(署名インデックスを固有のワークフローに対して設定する)として完全に設定可能なワークフローを設定できます。

v21 では 5 つの設定が廃止されました。これらの設定はすべて、カスタム設定Adobe Sign 設定セクションにありました。

廃止された 5 つの設定は次のとおりです。

  • 添付ファイル一覧に監査 PDF を追加 - この設定を有効にすると、契約の署名後に、監査証跡の PDF が契約レコードに添付されます。
  • 署名済み PDF を別の添付ファイルとして追加 - この設定を有効にすると、1 回のトランザクションで送信された文書が複数ある場合、署名済み契約書の PDF が個別の添付ファイルとして添付されます。署名済み契約書を結合 PDF として受信しないようにするには、アドビカスタマーケアにお問い合わせください。
  • 補足ファイルを添付ファイル一覧に追加 - この設定を有効にすると、契約の署名後に、補足文書の PDF が契約レコードに添付されます。署名者は、契約書の補足文書フィールドを使用して補足文書をアップロードし、契約トランザクションに添付します。
  • 転送された契約の場合に署名済み PDF リンクを追加(デフォルトで有効) - この設定は、Salesforce 以外で転送された契約の場合にのみ適用されます。この設定を有効にすると、署名済み PDF のリンクが契約レコードに追加されます。
  • 転送された契約の場合に署名済み PDF を追加(デフォルトで有効) - この設定は、Salesforce 以外から Salesforce に転送された契約に適用されます。この設定を有効にすると、署名済み PDF が契約レコードに添付されます。

上記の設定を使用しているユーザーは、Adobe Sign 契約書更新設定で新しい設定をおこなうことができます。

廃止された設定(Adobe Sign 設定で)

新規設定(Adobe Sign 契約書更新設定の下)

添付ファイル一覧に監査 PDF を追加

監査レポートを追加

署名済み PDF を別の添付ファイルとして追加

署名済み PDF を別の添付ファイルとして追加

補足ファイルを添付ファイル一覧に追加

補足ファイルを追加

転送された契約の場合に署名済み PDF リンクを追加

署名済み PDF の URL を追加

転送された契約の場合に署名済み PDF を追加 

署名済み PDF を追加

 Adobe

ヘルプをすばやく簡単に入手

新規ユーザーの場合

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX 2024

Adobe MAX
クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン

Adobe MAX

クリエイティブカンファレンス

10 月 14 日~ 16 日 マイアミビーチおよびオンライン