SharePoint Online 用 Adobe Sign のリリースノートを次に示します

Web フォームサポート

SharePoint Online 用 Adobe Sign v2.0 では、SharePoint 管理者は、コードを 1 行も書かずに簡単に Adobe Sign Web フォームからデータと契約書をキャプチャして、SharePoint リストに入力することができます。

Adobe Sign Web フォームは、デジタルオンボーディング、顧客の同意、オンラインアプリケーション、権利放棄証書、インシデントレポートなどのさまざまな内外のユースケースで使用できます。

この機能には、次の 2 つの要素があります。

  • Web フォームマッピング - SharePoint 管理者は、SharePoint 内部で自分の Adobe Sign Web フォームのリストを表示し、完了した Web フォーム契約書から指定された SharePoint リストにデータを自動的にルーティングするように Web フォームマッピングルールを設定できます。
SharePoint の Web フォームリスト
  • 署名済みの Web フォームの保存 - SharePoint 管理者は、完了した Web フォーム契約書を自動的に保存するように SharePoint 内の指定されたフォルダーを設定できます。
出力先フォルダーを割り当て


v1.x からのアップグレード

SharePoint 用 Adobe Sign v2.0 には、OAuth を介して承認される追加の権限(webhooks 権限および Web フォーム権限)が必要です。

v1.x からアップグレードするお客様は、OAuth 認証情報を更新してこれらの新しい権限へのアクセスを取得する必要があります。

1. Adobe Sign アドインを 2.x パッケージに更新します。

2. 次のようにして、Adobe Sign への接続を更新します。

Office テナント管理者と Adobe Sign アカウント管理者の両方であるユーザーは、SharePoint 用 Sign 統合テナント用の設定ページを開く必要があります。 

  • 統合設定を開きます。
  • Adobe Sign 接続パネルで:
    • (「Office 365 テナント接続を更新」の横の)「更新」ボタンをクリックします。
    • 以前と同じ認証情報でサインインします。
      • 元の接続に使用された電子メールアドレスが最初の段落に表示されます。
  • SharePoint に戻って設定を閉じるか、またはウィンドウを更新します。

これで、テナント接続を使用するテナント内のすべてのサイトが Web フォーム機能を使用できるようになりました。

注意:

Adobe Sign で再度認証した後すぐに Web フォームのマッピングの設定を開始する場合でも、設定タブを閉じるか更新することが重要です。

設定ウィンドウを更新しないと、更新するまで「Web フォーム」タブでエラーが生成されます。

SharePoint 管理者および Adobe Sign アカウント管理者が別のユーザーである場合は、両方の管理者が協力してソリューションを設定する必要があります。

統合を使用するすべてのサイトについて、特定のサイトの SharePoint 管理者と Adobe Sign 管理者の両方であるユーザーは、そのサイトのサイト接続を更新する必要があります。

  • 統合設定を開きます。
  • Adobe Sign 接続パネルで:
    • (「SharePoint サイト接続を更新」の横の)「更新」ボタンをクリックします。
    • 以前と同じ認証情報でサインインします。
      • 元の接続に使用された電子メールアドレスが最初の段落に表示されます。
  • SharePoint に戻って設定を閉じるか、またはウィンドウを更新します。

完了すると、そのサイトのユーザーが Web フォーム機能を使用できるようになります。

注意:

Adobe Sign で再度認証した後すぐに Web フォームのマッピングの設定を開始する場合でも、設定タブを閉じるか更新することが重要です。

設定ウィンドウを更新しないと、更新するまで「Web フォーム」タブでエラーが生成されます。

SharePoint 管理者および Adobe Sign アカウント管理者が別のユーザーである場合は、両方の管理者が協力してソリューションを設定する必要があります。


以前のバージョン

OAuth2 ベースの信頼関係

Adobe Sign とお使いの SharePoint 環境の間に信頼関係を確立するために OAuth2 が使用されます。OAuth2 により、SharePoint から Adobe Sign で認証するのと同じように、簡単に信頼関係を確立できます。

信頼関係が確立されると、SharePoint サイト内のすべてのユーザーが Adobe Sign アドイン機能を使用できるようになります。ユーザーが個々に認証する必要はありません。

REST ベースの API 機能

REST ベースのソリューションを使用してアプリケーションを構築することで、Adobe Sign システムの今後開発されるすべての機能が SharePoint Online 用アドインの新しい更新ですぐに利用できます。

簡略化されたインストールプロセス

このアドインは、SharePoint オブジェクトに関する詳しい技術的な知識がなくてもすぐにインストールできます。ほとんどの管理者は、追加のユーザーライセンスを提供する必要がなく、わずか 20 分でパッケージをインストールして動作可能な状態にすることができます。

契約書と SharePoint の間のデータマッピング

Adobe Sign アドインは、SharePoint リストから契約書フォームフィールドにデータをプッシュする機能と、完成した契約書フォームフィールドからデータを収集して、その内容を SharePoint リストに入力する機能を備えています。

署名済み文書の集中ストレージ

SharePoint 管理者は、サイトコレクション内のすべてのユーザーからすべての署名済み契約書を収集する中央フォルダーを設定できます。

  • このパッチはインストールプロセスの依存関係を削除し、カスタムの Adobe Sign グループを作成します。

Adobe Sign ソリューションへのアクセスは、ネイティブの SharePoint サイトの Owner および Member グループによって完全に管理されます。

  • Adobe Sign と複数の SharePoint サイトの間のリンケージを、すべてのサイトで一度に実行できます。OAuth 接続の「グローバル」および「ローカル」スコープは、必要な粒度を提供します。

このバージョンには完全な後方互換性があり、アップグレードによって Adobe Sign グループ内のユーザーに悪影響が生じることはありません。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー