SharePoint Online 用 Adobe Sign - インストールガイド(v2.0)

SharePoint Online 用 Adobe Sign インストールパッケージは、Adobe Sign ソリューションのインストールに関心のあるすべてのエンタープライズレベルアカウントで使用できます。インストールの前に、サクセスマネージャーに連絡して、必要な API 機能を有効にするためにアカウントが正しいチャンネルに確立されていることを確認してください。

概要

Microsoft SharePoint 用 Adobe Sign 統合は、電子サインの作成、送信、追跡および管理のための統合ソリューションを提供します。

このドキュメントと参照されるインストールパッケージは、Microsoft SharePoint Online マルチテナント(このガイドでは「SharePoint」と呼びます)向けに作成されています。

このソリューションは、SharePoint のアドインアプリケーションとして開発され、次を提供します。

  • 任意の SharePoint 文書ライブラリまたはリストから契約書を署名用に送信する機能
  • 文書ライブラリまたはカスタム SharePoint リストから 1 人の受信者または受信者のグループに文書を送信する機能
  • 文書が署名のために送信されたときに、結合マッピングを使用して SharePoint リストおよび文書ライブラリのデータを文書にマップする機能
  • 文書が署名され、そのステータスが自動的に更新されるか、または契約状況ページで手動で更新されたときに、データマッピングを使用して、署名された契約書のフォームフィールドのデータを SharePoint リストおよび文書ライブラリのテキスト列にマップする機能
  • Adobe Sign Web フォームを使用してデータを収集し、そのデータを SharePoint リスト内の指定したフィールドに自動的にプッシュする機能
  • SharePoint 内のすべての署名済み契約書をアーカイブする機能
  • Adobe Sign の管理ページを、SharePoint ユーザーが契約書の追跡および更新のために使用できる SharePoint Web パーツとして追加する機能


要件

ソリューションを設定するには、SharePoint サイト管理者および Adobe Sign アカウント管理者の両方である必要があります。Adobe Sign アカウント管理者でない場合、Adobe Sign アカウント管理者と連携して統合を設定します。

Adobe Sign ソリューションは、Microsoft SharePoint サイト管理者のみがインストールおよび設定できます。SharePoint サイトソリューションをインストールするために必要な追加のシステム権限については、SharePoint のドキュメントおよび組織の SharePoint サイトを参照するか、テナントの管理者に問い合わせてください。

Microsoft Office 365 テナントでは、SharePoint サイトで Adobe Sign アドインにアクセスするすべての SharePoint ユーザーの氏名と勤務先電子メールアドレスを設定する必要があります。

Adobe Sign ソリューションのユーザーは全員、SharePoint のデフォルトのサイトメンバーまたはデフォルトのサイト所有者グループに属している必要があります。すべての Adobe Sign ユーザーは少なくともサイトの「編集」権限を持っている必要があります。


サポートされているブラウザー

現在のバージョンの Edge、Chrome、Firefox、Safari ブラウザーは、すべてサポートされています。

注意:

プライベート/シークレットブラウザセッションはサポートされていません

Edge ブラウザー

SharePoint アドインを Edge ブラウザーで使用するには、信頼済みサイトの設定が必要です。  Internet Explorer および古いバージョンの Edge はサポートされていません。

さらに、Edge ユーザーは、信頼済みサイトの設定を明示的に編集して次の URL を含める必要があります。

  • https://*.adobesigncdn.com
  • https://*.adobesign.com
  • https://*.echocdn.com
  • https://*.echosign.com
  • https://*.microsoftonline.com
  • https://*.sharepoint.com

 

信頼済みサイトを編集するには:

1. Edge を開きます

Windows+S キーを押します

2. 検索フィールドに「インターネットオプション」と入力します

Edge インターネットオプション

3. インターネット オプションメニューが開きます。「セキュリティ」タブを選択します。

4. 「信頼済みサイト」アイコンをクリックします。

5. 「サイト」ボタンをクリックします。

6. 上記の URL のいずれかを入力し、「追加」をクリックします。

7. 上記の各 URL に対してこの操作を繰り返します。

8. 作業が終了したら、インターネット オプションメニューを閉じます。


v1.x からのアップグレード

SharePoint 用 Adobe Sign v2.0 には、OAuth を介して承認される追加の権限(webhooks 権限および Web フォーム権限)が必要です。

v1.x からアップグレードするお客様は、OAuth 認証情報を更新してこれらの新しい権限へのアクセスを取得する必要があります。

1. Adobe Sign アドインを 2.x パッケージに更新します。

2. 次のようにして、Adobe Sign への接続を更新します。

Office テナント管理者と Adobe Sign アカウント管理者の両方であるユーザーは、SharePoint 用 Sign 統合テナント用の設定ページを開く必要があります。 

  • 統合設定を開きます。
  • Adobe Sign 接続パネルで:
    • (「Office 365 テナント接続を更新」の横の)「更新」ボタンをクリックします。
    • 以前と同じ認証情報でサインインします。
      • 元の接続に使用された電子メールアドレスが最初の段落に表示されます。
  • SharePoint に戻って設定を閉じるか、またはウィンドウを更新します。

これで、テナント接続を使用するテナント内のすべてのサイトが Web フォーム機能を使用できるようになりました。

注意:

Adobe Sign で再度認証した後すぐに Web フォームのマッピングの設定を開始する場合でも、設定タブを閉じるか更新することが重要です。

設定ウィンドウを更新しないと、更新するまで「Web フォーム」タブでエラーが生成されます。

SharePoint 管理者および Adobe Sign アカウント管理者が別のユーザーである場合は、両方の管理者が協力してソリューションを設定する必要があります。

統合を使用するすべてのサイトについて、そのサイトの SharePoint 管理者と Adobe Sign 管理者の両方であるユーザーがそのサイトのサイト接続を更新する必要があります。

  • 統合設定を開きます。
  • Adobe Sign 接続パネルで:
    • (「SharePoint サイト接続を更新」の横の)「更新」ボタンをクリックします。
    • 以前と同じ認証情報でサインインします。
      • 元の接続に使用された電子メールアドレスが最初の段落に表示されます。
  • SharePoint に戻って設定を閉じるか、またはウィンドウを更新します。

完了すると、そのサイトのユーザーが Web フォーム機能を使用できるようになります。

注意:

Adobe Sign で再度認証した後すぐに Web フォームのマッピングの設定を開始する場合でも、設定タブを閉じるか更新することが重要です。

設定ウィンドウを更新しないと、更新するまで「Web フォーム」タブでエラーが生成されます。

SharePoint 管理者および Adobe Sign アカウント管理者が別のユーザーである場合は、両方の管理者が協力してソリューションを設定する必要があります。


インストール

注意:

次の制限事項により、テナントスコープデプロイメントから複数のサイトに SharePoint Online 用 Adobe Sign アドオンを一括インストールすることはお勧めしません。

SharePoint 用 Adobe Sign パッケージのオンライン版をインストールするには:

1. サイトで認証します。

2. サイト コンテンツ/新規/アプリに移動します。

 

3. 「SharePoint ストア」をクリックします。

 

4. (ページの右上にある)「アプリの検索」ボックスで Adobe Sign を検索します。

5. 検索結果内の Adobe Sign のアイコンを 1 回クリックして選択します。

ストアの Adobe Sign

 

6. 「追加」ボタンをクリックして自動インストールを開始します。

アプリのインストールには数分かかります。

注意:

パッケージがインストールされたら、Adobe Sign の設定ページに移動し、この管理者/設定ガイド、ユーザーガイド、およびその他の Adobe Sign リソースのリンクにアクセスできます。

ラーニングとサポート


設定 - 必須

アプリケーションがインストールされたら、契約書の送信を開始するために必要な手順は 2 つだけです。

  1. OAuth で Adobe Sign に接続
  2. SharePoint ユーザー権限を付与


OAuth で Adobe Sign に接続

Adobe Sign は、SharePoint 環境との間に OAuth 接続を確立して、すべてのユーザーがアプリケーションをシームレスに使用できるようにします。

注意:

この関係を確立するには、Adobe Sign アプリケーションと SharePoint でのアカウントレベル管理者を使用する必要があります。 

何らかの理由で管理者アカウントが無効になるリスクを減らすために、可能であれば実際に有効な電子メールアドレス(例:AdobeSignAdmin@MyDomain.com)を使用することをお勧めします。

OAuth 接続を確立するには:

1. Adobe Sign の設定ページに移動します。

2. 「Adobe Sign 接続」タブをクリックします。

3. Adobe Sign をインストールするスコープを選択します。

► SharePoint サイト接続を確立します(サイトレベル - SharePoint サイト管理者向け)

• この機能は、アドインを現在の SharePoint サイトレベルで Adobe Sign アカウントに接続します。

Adobe Sign に接続する

1. 管理者ユーザー資格情報を使用して Adobe Sign に対する認証をおこないます。

2. 「アクセスを許可」をクリックして、Adobe Sign と SharePoint の間の信頼関係を承認します。

○ 接続が確立されると、成功メッセージが少しの間表示されます。

 

サイトレベルでの認証に成功すると、2 つのリンクの上に、Adobe Sign への認証が完了したユーザーの電子メールと名前が表示されます。

  • この接続を更新するには、次の 2 つのオプションがあります。
    • サイトレベルで別の Adobe Sign アカウントに更新する(SharePoint サイト管理者向け)
    • O365 テナントレベル接続に切り替える(O365 管理者向け。以下の詳細を参照してください)
Adobe Sign への接続の更新

SharePoint テナントを Adobe Sign アカウントに接続します(テナントスコープ - O365 テナント管理者のみ)

• テナントスコープで接続されたアドインインスタンスの場合、Adobe Sign で OAuth ログインを繰り返す必要はありません。

• グローバルスコープの単一のアドインインスタンスで実行された Adobe Sign OAuth は、テナントスコープでリンクされた他のすべてのインストール済みインスタンスへの Sign 結合を設定します。

                                    ○ OAuth は、少なくとも 1 つのテナントスコープのアドインで実行される必要があります。

• 新しくインストールされたアドインインスタンスは、テナントスコープで使用可能な Adobe Sign アカウントに自動的に接続されます。

テナントを Adobe Sign に接続する

テナントを Adobe Sign アカウントにリンクしようとしていることを示す確認ダイアログボックスが表示されます。これには、Microsoft Office 365 管理者ログインが必要です。

  • 続行」をクリックします。
テナントに関するチャレンジ

1. 管理者ユーザー資格情報を使用して SharePoint に対する認証をおこないます。

2. 「承認」をクリックして、SharePoint リソースへのアクセスを承認します。

3. 管理者ユーザー資格情報を使用して Adobe Sign に対する認証をおこないます。

4. 「アクセスを許可」をクリックして、Adobe Sign と SharePoint の間の信頼関係を承認します。

○ 接続が確立されると、成功メッセージが少しの間表示されます。

 

テナントレベルでの認証に成功すると、2 つのリンクの上に、Adobe Sign への認証が完了したユーザーの電子メールと名前とともに、アカウントが「Office 365 テナント管理者によって SharePoint テナント用に設定された」というアサーションが表示されます。

  • この接続を更新するには、2 つのオプションがあります。テナントレベルで別の Adobe Sign アカウントに更新するか、サイトレベル接続に切り替えることです。
Adobe Sign に接続済み

注意:

SharePoint デプロイメントに複数のサイトが含まれる場合、1 つ以上のサイトをサイトレベルで認証し、同時にテナントレベルでの認証も存在させることができます。

両方のタイプの認証が存在し、設定しようとしているサイトがサイトレベルで認証される場合、認証をテナントレベルへ昇格できるリンクが表示されます。

既存のテナントに昇格する


SharePoint ユーザー権限を付与

SharePoint ユーザーに Adobe Sign 統合へのアクセス権を付与するには、次の 2 つのメカニズムがあります。

  • 編集権限を持つユーザー
  • デフォルトのメンバー/所有者グループのユーザー


権限を持つユーザー - 「シームレスなオンボーディング」

シームレスなオンボーディングは、ユーザーを追加する最も簡単な構成です。

SharePoint サイトのデフォルトの編集権限レベルが割り当てられているユーザーには、Adobe Sign 統合にアクセスして使用する権限が自動的に付与されます。

  • admin.microsoft.com ユーティリティを使用して SharePoint サイトを作成し、そのグループに所有者、メンバー、および訪問者を割り当てた場合は、完了しています。

編集権限を持つユーザー」オプションを有効にすると、Adobe Sign アドインを開く(またはいずれかの機能を使用する)すべてのユーザーは、SharePoint サイトに対するユーザーの権限のチェックをトリガーします。ユーザーがエディターの標準的な権限セットを持っている場合、アドインへのアクセス権が付与されます。

次の表に、すべての SharePoint 権限、各権限レベルに割り当てられているデフォルト権限、ユーザー(ユーザーマスク)または管理者(管理者マスク)として認識されるために必要な権限のセットのリストを示します。

 

権限 Reader 投稿者 ユーザーマスク エディター 管理者マスク 設計者 フルアクセス
3 リスト:アイテムを追加  
7 リスト:アイテムを承認        
11 リスト:アラートを作成    
5 リスト:アイテムを削除    
10 リスト:バージョンを削除    
4 リスト:アイテムを編集  
1 リスト:リストを管理      
8 リスト:アイテムを開く
2 リスト:リストの動作を上書き        
12 リスト:アプリケーションページを表示
6

リスト:アイテムを表示

9 リスト:バージョンを表示  
32 個人:個人用 Web パーツを追加および削除    
31 個人:個人ビューを管理    
33 個人:個人用 Web パーツをアップデート    
17 サイト:ページを追加およびカスタマイズ          
19 サイト:スタイルシートを適用          
18 サイト:テーマと境界線を適用          
21 サイト:ディレクトリを参照    
25 サイト:ユーザー情報を参照
20 サイト:グループを作成            
15 サイト:サブサイトを作成            
30 サイト:個人ユーザー情報を編集      
24 サイト:権限を列挙            
26 サイト:アラートを管理            
13 サイト:権限を管理            
16 サイト:Web サイトを管理            
29 サイト:開く
28 サイト:クライアント統合機能を使用    
27 サイト:リモートインターフェイスを使用
22 サイト:セルフサービスサイトの作成を使用    
23 サイト:ページを表示
14 サイト:Web Analytics データを表示            

左端の列の数字は、SharePoint UI に権限が表示される順序です。

にマークされた行は、デフォルトのロールレベルに割り当てられた権限です。

にマークされた行は、Adobe Sign 統合によってユーザーまたは管理者として認識されるために必要な権限です。

Adobe Sign 統合の管理機能を正しく機能させるには、 でマークされた行が必要です。

  • 背景 - ユーザーに SharePoint サイトへのアクセス権を付与する方法

    ユーザーが SharePoint サイトに実際にアクセスする方法に関する背景:

    • 権限と権限レベル

      SharePoint には、ユーザーが個々のアクションを実行できるかどうかを制御する、33 個の個別の権限が用意されています。ユーザー権限の管理の煩雑さを軽減するために、SharePoint には権限レベルの構成があります。個々の権限のグループは、ブロックとして割り当てられ、ユーザーが従来の役割の使用に従ってタスクを実行できるようにすることができます。SharePoint サイトの作成に使用するサイトテンプレートによっては、異なる権限の役割が定義されている場合がありますが、3 つの基本的な権限レベルは、フルコントロール、編集、および読み取りです。これらは、デフォルトのアクセス制御 SharePoint グループの基礎となります。

      サイト管理者は、他の役割へのアクセスをサポートするために、カスタム権限レベルを定義することもできます

       

    •  グループ

      ユーザーは、SharePoint グループのメンバーシップによって SharePoint サイトへのアクセス権を付与されます。このメンバーシップは、直接または継承のいずれかになります。

      1.SharePoint グループ

      SharePoint グループは、SharePoint サイトへのアクセスを制御できるユーザーやユーザーのようなグループのシンプルなコレクションです。SharePoint グループのメンバーは、SharePoint グループに割り当てられた権限を継承します。

      多くの場合、SharePoint グループはほとんどがアクセス制御グループです。

      SharePoint サイトを作成すると、サイト名を使用して 3 つの SharePoint グループが作成されます。グループは、<siteName> 所有者、<siteName> メンバー、<siteName> 訪問者です。所有者グループには、 SharePoint サイトとすべてのサブサイトおよびアプリケーションに対するフルコントロール権限レベルが割り当てられます。メンバーグループには、SharePoint サイトとすべてのサブサイトおよびアプリケーションに対する編集権限レベルが割り当てられます。訪問者グループには、読み取り権限レベルが割り当てられます。

      サイト管理者は、カスタムの SharePoint グループを作成し、定義された権限レベルのいずれかをそのグループに割り当てることもできます。このカスタムグループは、サイトコレクション(このサイトおよび任意のサブサイト)で使用できます。

      これらの SharePoint グループのいずれかのメンバーは、そのグループに付与された権限を継承します。

       

      2.Office365 グループ

      Office365 グループは、共同作業を可能にするためにリソースへのアクセスを制御するユーザーの複雑なコレクションです。Office365 グループを新規作成する際には、グループの共有メールボックス用に電子メールアドレスが作成され、共同作業コンテンツを保存して整理するための SharePoint サイトが作成されて、共同作業リソースが割り当てられます。また、オプションで Teams サイトを作成して、グループのコミュニケーションを円滑にすることができます。Office365 グループには、メンバーのリストと所有者のリストが含まれています。所有者は Office365 グループを管理できます。メンバーには、Office365 グループが割り当てられているリソースへのアクセス権が付与されます。

      Office365 グループは、多くの点で従来のグループよりも共同作業に適した組織です。

      SharePoint 管理センターで SharePoint サイトが作成されると、または新しい Office365 グループが作成される一環で、SharePoint サイトと同じ名前の Office365 グループが作成されます。この Office365 グループは、SharePoint サイトで作成される SharePoint グループにリンクされています。Office365 グループの所有者は、SharePoint の所有者グループに追加されます。Office365 グループのメンバーは、SharePoint のメンバーグループに追加されます。

      SharePoint 管理者は、SharePoint サイトのコンテンツを別の Office365 グループと共有することができます。このグループは、SharePoint サイトで作成された Office365 グループとして、SharePoint サイトとその機能にアクセスできますが、共有メールボックスや Teams サイトなどの他のリソースにはアクセスできません。Office365 グループを SharePoint サイトの共有に招待すると、Office365 グループが SharePoint のメンバーグループに追加されます。

      Office365 グループと SharePoint サイトを共有すると、Office365 グループを SharePoint(アクセス制御)グループの 1 つのメンバーにする効果があります。

       

      3.Azure Active Directory セキュリティグループ

      Azure Active Directory セキュリティグループ(AD セキュリティグループ)は、ユーザーおよびその他の AD セキュリティグループのコレクションで、階層的に定義し、リソース(アクセス制御グループ)へのアクセスを管理するグループに追加して、AD セキュリティグループのメンバーに制御対象リソースへのアクセス権を付与できます。

      SharePoint 管理者は、SharePoint サイトのコンテンツを AD セキュリティグループと共有することができます。その AD セキュリティグループとその中に含まれている AD セキュリティグループのすべてのメンバーは、SharePoint サイトで作成された Office365 グループとして、SharePoint サイトとその機能にアクセスできますが、共有メールボックスや Teams サイトなどの他のリソースにはアクセスできません。

      AD セキュリティグループと SharePoint サイトを共有すると、AD セキュリティグループを SharePoint(アクセス制御)グループの 1 つのメンバーにする効果があります。

       

  • この新しいオンボーディングオプションでユーザーを識別する方法

    Adobe Sign アドインでは、編集権限を持つユーザーが選択されている場合、明示的なグループメンバーシップを探すのではなく、ユーザーに割り当てられている SharePoint 権限の特定のセットを確認します。ユーザーが管理者として認識される必要のある SharePoint 権限を持っている場合、そのユーザーはアドインの管理機能を使用できます。ユーザーがアドインユーザーとして認識される必要のある SharePoint 権限を持っている場合、そのユーザーはアドインの標準機能を使用できます。

    Adobe Sign アドインの管理者として認識される SharePoint 権限は、フルコントロール SharePoint の権限レベルに含まれます。Adobe Sign アドインのユーザーとして認識される SharePoint 権限は、編集 SharePoint の権限レベルに含まれます。

    • 必要なユーザー権限

      ユーザーがアドインユーザーとして認識されるには、次の SharePoint 権限が必要です。リストについては、ユーザーはアイテムの追加、アイテムの編集、アイテムの表示、アプリケーションページの表示、アイテムを開くことができる必要があります。サイトについては、ユーザーはページの表示、ユーザー情報の参照、リモートインタフェースの使用、サイトを開くことができる必要があります。

       

    • 必要な管理者権限

      ユーザーがアドイン管理者として認識されるには、アドインユーザーとして認識される SharePoint 権限と、さらに次の SharePoint 権限を持っている必要があります。リストについては、ユーザーはリストの動作の上書き、アイテムの削除、アイテムの承認、バージョンの表示、バージョンの削除ができる必要があります。サイトについては、ユーザーはディレクトリの参照を実行できる必要があります。個人の設定については、ユーザーは個人用ビューの管理、個人用 Web パーツの追加と削除、個人用 Web パーツの更新ができる必要があります。

  • この新しいオンボーディングオプションは、既に設定している Office 365 グループ、AAD セキュリティグループ、SharePoint のデフォルトのグループをサポートしますか?

    はい。

    ユーザーが SharePoint サイトにアクセスでき、アドインユーザーまたは管理者として認識されるために十分な権限を持つ SharePoint グループに割り当てられている限り、どのメカニズムでユーザーが SharePoint グループのメンバーになっているかは重要ではありません。

  • ユーザーは適切なメンバーグループ(SharePoint グループまたは Office365 グループ)に属していますが、Adobe Sign を使用できません。どうすればよいですか?

    1. ユーザーが SharePoint サイトへのアクセス権を付与されている SharePoint グループを検索します。
    2. その SharePoint の権限レベルに、Adobe Sign アドインユーザーまたは管理者として認識されるために必要な最小限の権限が含まれていることを確認します。

    ユーザーがアドインを開こうとすると、「Adobe Sign を使用するために必要な権限がありません」というエラーメッセージが表示されます。

    権限エラー

    このエラーは、ユーザーの SharePoint 権限が正しく設定されていないことが原因です。この問題を解決するには、まずユーザーに SharePoint サイトへのアクセス権が付与されている方法を把握してから、権限を調整するか、ユーザーを適切な権限を持つグループに追加する(またはその両方を行う)必要があります。

    • SharePoint グループのメンバーシップと権限レベルを確認

      「権限」タブ

      1. SharePoint サイトにサイト管理者としてログインします。
      2. ギアメニューメニューから「サイト権限」を選択します。
      3. 権限パネルで、「高度なアクセス許可の設定」リンクをクリックします。
      4. 権限コマンドバーで「権限の確認」をクリックし、ダイアログに問題のあるユーザーの電子メールアドレスを入力します。

      これにより、ユーザーの権限レベルと、その権限レベルを付与した SharePoint グループが表示されます。

    • 必要な最小限の権限を含めるように、「アクセス許可レベルの編集」を調整します

      権限リストで、「高度なアクセス許可の設定」リンクをクリックし、「権限」タブの「アクセス許可レベル」オプションをクリックします。

      権限レベルのリストから、「編集」レベルを選択して、「アクセス許可レベルの編集」に含まれる権限のリストを表示します。「アクセス許可レベルの編集」に、下の画像で黄色で下線が引かれているアクセス許可が含まれていることを確認します。

      権限のリスト

      具体的には、ユーザーはアイテムの追加、アイテムの編集、アイテムの表示、アプリケーションページの表示、アイテムを開くことができる必要があります。サイトについては、ユーザーはページの表示、ユーザー情報の参照、リモートインタフェースの使用、サイトを開くことができる必要があります。


デフォルトのメンバー/所有者グループのユーザー(編集権限あり)

Adobe Sign for SharePoint 統合を使用できるユーザーをより詳細に制御する必要がある場合は、このオプションを使用して、<サイト名> メンバー SharePoint グループの直接メンバーであるユーザーのみにアクセスを許可します。

  • 最新のエクスペリエンスを使用して SharePoint サイトをセットアップした場合、Office365 グループが作成され、サイトの権限が管理されます。
    • Office365 グループが同じ名前の SharePoint グループにメンバーとして追加され、アクセス権を一元管理できるようになります。 
    • 最新のエクスペリエンスを使用して SharePoint サイトにユーザーを追加すると、SharePoint グループではなく Office365 グループにメンバーが追加されます。

最新のエクスペリエンスを使用して SharePoint サイトにメンバーを追加するには、次の操作を行います。

  • 上部バーのギアメニューから設定パネルを開きます。
  • サイト権限」を選択します。
    • これにより、新しい右側の権限パネルが開きます。
  • 詳細な権限」リンクをクリックします。
注意:

ユーザーを招待する」ボタンを使用して SharePoint サイトにユーザーを招待しても、Adobe Sign 統合へのアクセス権は付与されません。

権限レール

 

  • <サイト名> メンバーグループの名前リンクをクリックして、SharePoint サイトメンバーグループのメンバーを表示します。
メンバーグループの名前リンクをクリック

 

  • 新規」ボタンをクリックして、新しいメンバーを SharePoint グループに追加するダイアログを表示します。
メンバーグループの名前リンクをクリック

 

完了すると、SharePoint グループの新しいメンバーがメンバーのリストに表示されます。

グループ内のユーザー

警告:

ユーザーをグループに追加した後、Microsoft のサーバー間で適切に同期がとられるまでに数分の遅延が生じることがあります。  この後の設定作業には影響ありませんが、遅延が生じている間は、ユーザーのテストや利用はできません。


設定 - オプション

必須ではありませんが、次のオプション設定を使用すると、Adobe Sign によってもたらされる価値を大幅に高めることができます。


署名済み契約ストレージを選択する

管理者は、サイト全体のすべての完了した契約書が保管されるグローバルターゲットフォルダーを定義できます。これは、 の署名済みファイルの設定ページで設定します。

グローバルストレージフォルダーが定義されると、すべての署名済み契約書と監査追跡 PDF ファイルが、そのグルーバルストレージフォルダーに自動的に保存されます。これには、文書ライブラリとリストから送信される契約書も含まれます。

署名済みファイルの設定

グローバルストレージフォルダーが Adobe Sign の署名済みファイルの設定ページで設定されていない場合、契約書が作成/送信された文書ライブラリに「署名済み契約書」という名前の新しいフォルダーが自動的に作成されます。同じライブラリから送信されたすべての完成した契約書について、完成した PDF が同じ署名済みの契約書フォルダーに返されます。

 

リストから送信された契約書は、デフォルトのグローバルファイルが識別されていない場合、リスト項目に(添付ファイルとして)添付されます。

Web フォームの契約書ストレージ

Web フォームを使用してデータを収集している場合は、署名済みの Web フォーム契約書に対して同様のストレージプロセスを使用できます。

管理者は、すべての署名済み Web フォームに対してグローバルストレージフォルダーを定義できます。

グローバルリポジトリが定義されていない場合、署名済み Web フォームは、自動的に作成された「署名済み Web フォーム」という名前のフォルダーに保存されます。

Web フォーム契約書を保存する


監査ログを有効にする

デフォルトでは、Adobe Sign は署名済み契約書 PDF のみを返します。  ただし、「署名済み契約書とともに監査証跡を保存する」を有効にすると、契約書の完全な監査証跡を含むもう 1 つの PDF が返されます。

契約書とともに監査証跡を保存する


テンプレートマッピング

Adobe Sign は、SharePoint リストと契約書フォームフィールドとの間でデータを関連付けるというアイデアをサポートしています。

ワークフローを使用してリストフィールドをフォームフィールドにマッピングすることで、文書を送信する前に自動的にデータを入力して、送信者や署名者がフォームを完成させるのにかかる時間を短縮し、データを誤って入力する可能性を軽減することができます。

反対に、署名された契約書からフォームフィールドデータを抽出して SharePoint リストに入力するマッピングを作成することもできます。

テンプレートマッピングの設定に関する完全なガイドは、こちらを参照してください。


Web フォームマッピング

テンプレートマッピングと同様に、Adobe Sign では、Adobe Sign Web フォーム契約書と SharePoint リストとの間でデータを関連付けるというアイデアをサポートしています。

Web フォームのフォームフィールドを SharePoint リストの列にマッピングすることにより、データを自動的に SharePoint にルーティングでき、時間とデータの入力ミスを削減することができます。

Web フォームマッピングの設定に関する完全なガイドは、こちらを参照してください。

注意:

Web フォームテンプレートマッピングは、SharePoint Online 用 Adobe Sign v2.0 以降のインストールでのみ使用できます。

これ以前のバージョンでこの機能にアクセスするには、アップグレードする必要があります。

アドビのロゴ

アカウントにログイン