このドキュメントでは、SAP Cloud Cockpit を使用した SuccessFactors 用 Adobe Sign のインストールとセットアップについて概説します。

注意:

SuccessFactors の拡張を Adobe Sign に含めるには、SAP Cloud Platform アカウントが必要です。

技術概要

SuccessFactors 用 Adobe Sign 統合は、SAP Cloud Platform(SCP)を介して SuccessFactors(SFSF)を拡張します。Recruiting Management(RCM)用統合では、SFSF 内から 1 名の受信者宛てにオファーレターを送信できます。署名された文書は、候補者プロファイルに保存されます。すべての署名は、電子メール通知で行われます。

インストールは、以下で構成されます。

1. SCP 内での 1 つ以上のサブアカウントの設定

2. MTAR ソリューションのデプロイ

  • MTAR は、Web アプリの Jar ファイルとその他のメタデータを含む SCP 専用のアーカイブです

3. SFSF プロビジョニングを使用した SFSF アプリケーション拡張の設定

これは非常に複雑な設定であるため、SCP におけるエキスパートレベルの経験を持つ担当者のみが実行する必要があります。

注意:

サブスクライバー - プロバイダーのトポグラフィをデプロイする場合は、プロバイダーのサブアカウントでのみ Web アプリを実行できます。サブスクライバーアカウントは、SCP と SuccessFactors インスタンス間の接続を容易にするためにのみ使用されます。


前提条件

1. SFSF プロビジョニングへのアクセス(例:https://mysfsfdemo.successfactors.com/provisioning_login)

  • これは、お客様にはまれなケースです。通常 SAP では、お客様にはプロビジョニングへのアクセス権限が許可されません。
  • SAP では、「認定エキスパート」のみにアクセス権限が許可されることが必要です。これは、開発/体験版アカウントでは問題ありませんが、実稼働デプロイメントでは問題となります。

2. Java コンピューティングユニット

  • Java Lite コンピューティング権利以上が必要です。
  • プロバイダー - サブスクライバーモデルをデプロイする場合は、この権利をプロバイダーのサブアカウントに割り当てる必要があります。
メインプロバイダー


Cockpit のインストール

以下の 2 つのデプロイメントトポロジがあります。

  1. スタンドアロン:単一のサブアカウント内で、SAP SuccessFactors 用 Adobe Sign をスタンドアロンソリューションとしてデプロイします。この場合、デプロイメントサブアカウントと SuccessFactors インスタンス間は 1:1 の関係です。
  2. サブスクライバー - プロバイダー:数多くの SuccessFactors インスタンスで登録できる「プロバイダー」サブアカウントに SAP SuccessFactors 用 Adobe Sign をソリューションとしてデプロイします。これにより、対応するサブアカウントを使用した数多くの SuccessFactor インスタンスに統合サービスを提供しながら、アプリを 1 か所で管理できます。

いずれかのデプロイメントの方法で、Adobe Sign MTAR ファイルをデプロイする必要があります。ソリューションは、マルチターゲットアプリケーションアーカイブ(MTAR)としてパッケージされ、スタンドアロンとプロバイダー/サブスクライバーオプションの両方を含んでいます。

こちらで MTAR ファイルをダウンロード

 

SAP のより詳細なドキュメントについては、下記を参照してください。


スタンドアロンデプロイメント

  1. サブアカウントを作成します。

  2. MTAR をデプロイする前に、サブアカウントを SuccessFactors インスタンスに接続する必要があります。

    • 統合トークンを選択します。次に、新しいトークンを作成します。トークン(例:92d13db51c779448f96c8b83d7ef1a8.eu3)をコピーします。
    • 「SuccessFactors 事前設定」ページで、会社/「拡張機能の管理の設定」の順に選択します。
    • 「新しいサブアカウントを追加」で、統合トークンを追加します。
  3. MTAR ファイルをソリューションとしてデプロイします。

デプロイ後、ソリューションは、SuccessFactors インスタンス内の「採用」タイルと「オンボーディング」タイルのインストールを完了します。


サブスクライバー - プロバイダーのデプロイメント

  1. プロバイダーサブアカウントを作成し、そこに MTAR をデプロイします。

  2. サブスクライバーのサブアカウントを作成します。各 SuccessFactors インスタンスに 1 つ必要です。このサブアカウントの「技術名」をメモします(例:hiwyrm997q)。

  3. プロバイダーサブアカウントで、デプロイしたソリューションをクリックします。左側に「権利」メニューが表示されます。

  4. サブスクライバーのサブアカウントとなるグローバル技術名を指定することで、権利を作成します。

  5. サブスクライバーのサブアカウントで、「ソリューション」を選択します。「利用できるサブスクリプションのソリューション」に、AdobeSign ソリューションがタイルとして表示されます。

  6. ソリューションに登録する前に、このサブスクライバーのサブアカウントを SuccessFactors インスタンスに接続する必要があります。

    • 統合トークンを選択します。 
      • 新しいトークンの作成
      • トークン(例:92d13db51cxxxxxxxc8b83d7ef1a8.eu3)をコピーします。
    • SAP SuccessFactors の ID レポートを使用」を選択します
    トークン
    トークン
    • 「SuccessFactors 事前設定」ページで、会社/「拡張機能の管理の設定」の順に選択します。
    • 「新しいサブアカウントを追加」で、統合トークンを追加します。
  7. ソリューションをクリックしてから、「購入」を選択します。MTAR 記述ファイルの指定は不要です。「購入」を選択するだけです。

登録したら、サブスクリプションソリューションは、SuccessFactors インスタンス内の「採用」タイルと「オンボーディング」タイルのインストールを完了します。

SuccessFactors 内で、Adobe Sign の「採用」タイルや「オンボーディング」タイルを「未使用」からデフォルトに移動できるようになります。

管理」/「ツール」/「ホームページを管理」の順に移動して、参照してください。


ソリューションの権利の付与

  1. 各サブスクライバーに対して Adobe Sign ソリューションを選択し、Cockpit から「権利」オプションを開いて、「新しい権利」ボタンを押します。

    SAP 権利
  2. 権利を作成パネルに次の情報を入力します。

    • サブスクライバーのサブアカウント名
    • 開始日
    • 権利の数

    入力が終わったら、保存をクリックします。

    SAP 権利の作成
  3. サブスクリプションメニューで、adobesign アプリケーションをクリックします。

    SAP サブスクリプション
  4. 宛先メニューで、新しい宛先を設定します。

    • 名前:sap_hcmcloud_core_tech
    • HTTP」と入力します
    • 説明:sap_hcmcloud_core_tech
    • URL:<既存の宛先 sap_hcmcloud_core_odata と同じ URL>
    • プロキシの種類:インターネット
    • 認証:BasicAuthentication
    • ユーザー:<SFSF API ユーザー>
    • パスワード:<SFSF API ユーザーパスワード>
    • デフォルトの JDK Keystore を使用:オプション
    SAP 宛先


一般的な問題

通常 500 のエラーは、データベースに未設定の項目があることを意味しています。

データベースが使用可能であり、設定済みであることを確認してください。

これには、類似した複数のエラーコードがあります。

システムログファイルを見つけて確認します。

  • Web アプリを実行しているサブアカウントを確認します。これは、プロバイダーのサブアカウントです
  • プロバイダーサブアカウント/ソリューション(Adobe Sign)/コンポーネント(Adobe Sign)/Java アプリ(Adobe Sign)で、Java アプリのデフォルトのトレースを確認します。
  • 監視/デフォルトのトレースを選択します。

 

リソースの可用性(データベース)またはアクセス権限(権利)が問題の原因となっている可能性があります。

  • リソースの問題の場合、スキーマとバインディングが作成済みであることを確認してください。
  • アクセス権限の場合、SAP SuccessFactors の統合トークンが作成済みであることを確認してください。

 

SuccessFactors から権利を解除してから、新しい権利の作成が必要となる場合があります。

すべてが適切に設定されていることを確認したら、プロバイダーで Java アプリを停止してから再起動します。


次の手順...