この文書では、Adobe Acrobat XI および Acrobat DC(2015) で、PDF ファイルにテキストを入力する方法について説明します。

注意:

注意 : 旧バージョンの Acrobat でテキストを入力する方法については、以下の弊社技術文書を参照してください。

A. PDF ファイルの既存のテキストを編集する

PDF ファイルの既存の文章を変更したり、追加・削除するには、編集ツールまたは、テキストと画像を編集ツールを使用します。

注意:

PDF ファイルの既存のテキストを編集すると、PDF の内部情報が変更されたり、フォントの問題が発生する可能性があります。詳細は追加情報を参照してください。

A-1. テキストの編集

  1. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ツール/PDF を編集 を選択します。
    • Acrobat XI
      表示/ツール/コンテンツ編集を選択します。
  2. 「編集」(Acrobat DC) / 「テキストと画像を編集」(Acrobat XI) をクリックします。

  3. PDF 内のテキストに枠が表示されます。変更する部分をクリックし、テキストの追加、変更、削除などを行うことができます。フォントの種類や文字サイズなどのスタイルを変更する場合は、次のステップに進みます。

  4. スタイルを変更するテキストをドラッグして選択します。

  5. 右側のパネルの形式(Acrobat DC) / フォーマット(Acrobat XI) セクションで、フォントの種類、フォントサイズ、フォントカラー、文字飾りや文字揃えなどを変更します。

A-2. 新しいテキスト行の作成とテキストの追加

既存のテキストとは別に、新しくテキストを追加するには、以下の操作を行います。

  1. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ツール/PDF を編集 を選択します。
    • Acrobat XI
      表示/ツール/コンテンツ編集を選択します。
  2. 「テキストを追加」をクリックします。

  3. テキストを入力する位置でクリックするか、または入力する領域の幅をあらかじめ固定する場合は、ドラッグします。

  4. テキストボックスが追加されます。そのまま文字を入力します。

B. テキスト注釈を追加する(旧タイプライターツール)

旧バージョンの Acrobat に用意されていたタイプライターツールは、テキスト注釈ツールとして Acrobat XI/DC でも引き続き利用可能です。テキスト注釈ツールを使用すると、インタラクティブなフォームフィールドが含まれていない PDF に、テキストボックスを新しく追加することができます。追加したテキストは、注釈のリストに表示されます(このツールを使用して追加したテキストは注釈となり、元の PDF は変更されません)。

注意:

注意 : 旧バージョンの Acrobat で開くと、注釈パネルにはタイプライターのアイコンで表示されます。

B-1. テキスト注釈ツールを使用したテキストボックスの追加

  1. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ツール/注釈 を選択します。
    • Acrobat XI
      表示/注釈/注釈を選択します。
  2. 「テキスト注釈を追加」をクリックします。

  3. テキストを挿入する位置でクリックします。

  4. テキストを入力します。

B-2. テキスト注釈のスタイルを変更

テキスト注釈の入力時、「テキスト注釈を追加」ツールバーが表示されます。ツールバーから行間、文字色、フォントの種類、フォントサイズを変更することができます。

注意 : ボックス内の一部のテキストのみスタイルを変更することはできません。指定したサイズや色、フォントの種類はボックス内のテキスト全体に反映されます。

B-3. テキスト注釈の情報を確認

  1. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ツール/注釈 を選択します。
    • Acrobat XI
      表示/注釈/注釈 を選択します。
  2. 右側のパネルに、追加されたテキスト注釈が表示されます。テキストの内容、作成者名、およびレビューの履歴などの情報を確認することができます。また、注釈のリスト上で入力済みのテキストを直接編集することもできます。

B-4. Adobe Reader(Acrobat Reader) でテキスト注釈ツールを有効にする(Acrobat Pro のみ)

Acrobat Pro では、旧バージョンの Adobe Reader のユーザーがテキスト注釈ツール(タイプライターツール)を使用できるように設定することができます。テキスト注釈ツールが有効にされた PDF 文書では、Adobe Reader(Acrobat Reader) を使用して PDF ファイルにテキスト注釈を入力することができるようになります。

注意:

この機能は、インタラクティブフォームが含まれる PDF ファイルでは有効にしないことを推奨します。インタラクティブフォームが含まれた PDF ファイルでタイプライターツールを有効にすると、Acrobat および Adobe Reader(Acrobat Reader) から、フォームフィールド内にデータを入力することができなくなります。

注意:

以前のバージョンの Adpbe Reader(Acrobat Reader) とは異なり、Adobe Reader XI と Acrobat Reader DC には、テキストを追加ツールとフォームデータの保存機能の両方が備わっています。特別な拡張機能を有効にしなくても、Acrobat DC ユーザーは入力可能でないフォームに入力したり、注釈を追加したり、PDF に電子署名を適用したりできます。

  1. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ファイル/その他の形式で保存/Reader 拡張機能が有効な PDF/注釈とものさしを有効にする を選択します。
    • Acrobat XI
      ファイル/その他の形式で保存/Reader 拡張機能が有効な PDF/PDF(PDF フォームではない)でテキストの追加を有効にするを選択します。
  2. 確認のメッセージが表示された場合は、「OK」をクリックします。

  3. ファイル名と保存場所を指定し、「保存」をクリックします。

  4. Acrobat XI の場合、文書の上部に紫色のバーが表示され、「この PDF はテキスト注釈を追加ツールを使用して入力できます。」と表示されます。

    旧バージョンの Adobe Reader で開いた場合にも同様にバーが表示されます。

C. PDF ファイルにテキストボックスを追加する(描画マークアップ)

テキストボックスは、描画マークアップでも追加することができます。描画マークアップでは、テキストボックスの枠線や背景色、文字スタイルなども設定することができます。

C-1. 描画マークアップを使用したテキストボックスの追加

  1. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ツール/注釈 を選択します。
    • Acrobat XI
      表示/注釈/描画マークアップを選択します。
  2. 「テキストボックスを追加」アイコンをクリックして選択します。

  3. 文字を入力する箇所でクリックします。画面上に赤い枠が表示されます。

  4. そのままテキストを入力します。

C-2. テキストボックスのプロパティバーを使用したスタイルの変更

  1. テキストボックスをクリックして選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Acrobat DC : 表示/表示切り替え/ツールバー項目/プロパティバーを表示 を選択します。
    • Acrobat XI : 表示/表示切り替え/ツールバー項目/プロパティバー を選択します。
    • Ctrl(Windows)/Command(Mac OS) + E キーを押します。
  3. テキストボックスのプロパティバーを表示して、テキストボックスの枠線や背景色を変更することができます。

  4. テキストボックスをダブルクリックすると、プロパティバーの表示が変わり、テキストのスタイルを変更できるようになります。

C-3. 入力したテキストの情報を確認する方法

注釈のリストを表示させることで、描画マークアップで入力されたテキストの内容、作成者名、およびレビューの履歴などの情報を確認することができます。また、注釈のリスト上で入力済みのテキストを編集することもできます。

D. ノート 注釈を追加する

D-1. ノート注釈の追加

  1. 以下の操作を行います。

    • Acrobat DC
      ツール/注釈 を選択します。
    • Acrobat XI
      表示/注釈/注釈を選択します。
  2. 「ノート注釈を追加」アイコンをクリックして選択します。

  3. 注釈を追加する位置をクリックします。

  4. 注釈を入力するボックスが表示されます。テキストを入力します。

D-2. ノート注釈のスタイルを変更

注釈内のテキストには、ボールド(太字)、イタリック(斜体)、下線、上付き、下付きのスタイルを指定することができます。

  1. スタイルを適用するテキストをドラッグして選択します。

  2. 右クリック(Windows)/Command キーを押しながらクリック(Mac OS)し、「テキストスタイル」から適用するスタイルを選択します。

    注意:

    スタイルは複数指定することができます。必要に応じてこの手順を繰り返してください。

  3. 選択したテキストにスタイルが反映されます。

D-3. プロパティバーの使用

ノート注釈のプロパティバーを使用して、注釈の色やアイコン、不透明度などを変更することができます。

プロパティバーを表示するには、以下の操作を行います。

  1. 注釈をクリックして選択します。

  2. 以下のいずれかの操作を行います。

    • Acrobat DC : 表示/表示切り替え/ツールバー項目/プロパティバーを表示 を選択します。
    • Acrobat XI : 表示/表示切り替え/ツールバー項目/プロパティバー を選択します。
    • Ctrl(Windows)/Command(Mac OS) + E キーを押します。

追加情報 (Additional Information)

PDF ファイルの既存のテキストを編集する場合、以下の点にご注意ください。

バックアップを作成

既存のテキストを変更する場合は、あらかじめ文書のバックアップを作成することをお勧めします。文書の内部構造を変更するため、意図しない編集結果になることがあるためです。

フォントのインストール

既存のテキストを編集するには、使用するフォントがシステム上にインストールされている必要があります。フォントが文書に埋め込まれている場合、既存のテキストのプロパティを変更することはできますが、テキストを追加したり置換することはできません。

注意:

システムにインストールされていないフォントが使用されているテキストを変更しようとすると、エラーメッセージが表示され、テキストの変更が行えません。この場合、フォントがインストールされているシステム上でテキストの変更を行うか、フォントをシステム上にインストールされているフォントに変更する必要があります。フォントを変更するには、A-2. テキストスタイルの変更 を参照してください。

PDF ファイルのセキュリティ設定

セキュリティが設定されている PDF ファイルは編集ができない場合があります。ファイルに設定されているセキュリティの内容については、PDF ファイルの作成者にお問い合わせください。

アドビコミュニティフォーラムをご利用下さい

この文章はお役に立てましたでしょうか?さらに情報をお探しになる場合には、アドビスタッフがお届けしている解決事例やメンバー同士での活発な意見交換をチェックできるコミュニティフォーラムをご利用下さい。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー