問題点

注意:

この記事は、Creative Suite 5.5 以前に適用されます。

Mac OS で Adobe アプリケーションを起動しようとすると、「この製品のライセンシングが動作していません」というエラーメッセージが表示されます。

解決策

重要:以下の解決策は順番どおりに行ってください。順番の前の解決策で問題が解決されない場合にのみ、次の解決策に進みます。以下の操作を行った後、ライセンス認証データの再入力と、ライセンス認証を行う必要があります。また、アドビソフトウェア体験版の起動が妨げられることがあります。

注: Adobe CS5.5 および CS5 製品では、これらのライセンス問題を解決した新しいライセンス認証技術を使用します。

解決策 1: FlexNet Publisher の環境設定フォルダーを削除する

  1. すべてのアドビアプリケーションを終了します。
  2. 起動ディスクで、次のフォルダーの場所を確認して削除します:
    [ハードドライブ]/ライブラリ/Preferences/FlexNet Publisher/

    次の点に注意してください。

    • 重要:上記のパスは、ご使用の起動ディスクのルートにあるライブラリフォルダー(ユーザーホームフォルダー内のライブラリフォルダーではなく)を指します。
    • Apple では、10.7 リリースでユーザーライブラリフォルダー(デフォルト)を非表示にしました。アドビ関連のトラブルシューティングを実行するためにこれらのファイルにアクセスする必要がある場合は、「非表示のユーザーライブラリファイルにアクセスする方法 | Mac OS 10.7 以降の手順を使用して、ユーザーライブラリのコンテンツを表示します。
  3. フォルダーの削除の認証を要求されたらパスワードを入力します。
  4. Adobe アプリケーションを起動します。

解決策 2:ライセンス修復ツールを実行する

  1. すべての Adobe アプリケーションを終了します。

  2. 起動ディスクで、以下のフォルダーの場所を探して削除します。

    [ハードドライブ]/ライブラリ/Application Support/FlexNet Publisher/

    重要:上記のパスは、ご使用の起動ディスクのルートにあるライブラリフォルダー(ユーザーホームフォルダー内のライブラリフォルダーではなく)を指します。

  3. フォルダーの削除の認証を要求されたらパスワードを入力します。

  4. アドビライセンス認証修復ツールをダウンロードします。

  5. ライセンスサービスの更新を実行します。

    Mac OS X 10.7

    a. 「LicenseRecovery111.dmg」をダブルクリックします。

    :このウィンドウを開いたまま、次のステップに進みます。

    b. ハードドライブをダブルクリックします。

    c. 「アプリケーション」をダブルクリックします。

    d. 「ユーティリティ」をダブルクリックします。

    e. 「端末」をダブルクリックします。

    f. sudo python と入力します。

    :「python」の後に空白があります。Return キーは押さないでください。

    g. LicenseRecovery111.dmg ウィンドウから LicenseRecoveryLauncher.app をターミナルウィンドウにドラッグし、Return キーを押します。

    :ターミナルウィンドウにコマンドと APP ファイルへのパスがあることを確認します。例:「sudo python /Volumes/LicenseRecovery\ 11.6.1/LicenseRecovery/LicenseRecover.py」

    h. 管理者のユーザー名とパスワードを要求されたら入力し、「OK」をクリックします。

    i. 画面に表示される指示に従います。

    Mac OS X 10.5 ~ 10.6

    a. 「LicenseRecovery111.dmg」をダブルクリックします。

    b. 「LicenseRecoveryLauncher.app」をダブルクリックします。

    c. 管理者のユーザー名とパスワードを要求されたら入力し、「OK」をクリックします。

    d. 画面に表示される指示に従います。

  6. Adobe アプリケーションを起動します。

重要:このパッチが適用されるのは、CS4/CS3 製品、Acrobat 9、Acrobat 8、Photoshop Elements 8、Photoshop Elements 6、Director、および Adobe Technical Communication Suite です。最初の試行で問題が解決しない場合は、もう一度パッチを実行します。画面の指示に従い、オプション 0 を入力します。

解決策 3:ディスクのアクセス許可を修復する

  1. Apple ディスクユーティリティを起動します。

    /Applications/Utilities/Disk Utility.app
  2. 起動ディスクを選択します。
  3. 「ディスクのアクセス権を修復」をクリックします。

    注:ディスクのアクセス権の修復にはかなり時間がかかります。ディスクユーティリティの使用の詳細については、Apple サポート Web サイトを参照してください。

  4. Adobe アプリケーションを起動します。

解決策 4:ライセンシングサービスフォルダーのアクセス権をリセットする

重要:下記のパスは、ご使用の起動ディスクのルートにあるライブラリフォルダー(ユーザーホームフォルダー内のライブラリフォルダーではなく)を指します。

解決策 5 のアクセス権の手順に従って、起動ディスクの次のフォルダーのアクセス権を変更します。
/Library/Application Support/FlexNet Publisher/

解決策 5: Adobe PCD フォルダーのアクセス権をリセットする

重要:下記のパスは、ご使用の起動ディスクのルートにあるライブラリフォルダー(ユーザーホームフォルダー内のライブラリフォルダーではなく)を指します。

以下の手順に従って、起動ディスクの次のフォルダーのアクセス権を変更します。

/Library/Application Support/Adobe/Adobe PCD/

アクセス権の手順

すべての Adobe アプリケーションを終了します。 次の指示に従い、フォルダーへのアクセス許可を変更します。

注意:この解決策には管理者権限と認証情報が必要です。

Mac OS X 10.7、10.6、および 10.5

  1. Finder を使用して、変更するフォルダーに移動します。
  2. Ctrl キーを押しながらフォルダーをクリックし、「情報を見る」を選択します。

  3. 「共有とアクセス権」セクションを展開します。
  4. 「詳細な情報」オプションをクリックして、いろいろなオーナーとグループのオプションを表示します。
  5. 右下隅のロックアイコンをクリックします。 管理者のユーザー名とパスワードを要求されたら入力し、「OK」をクリックします。

  6. ユーザー名を読み取り/書き込み権限を持つように変更します。
  7. adminを読み取り/書き込み権限を持つように変更します。
  8. Everyoneを読み取り/書き込み権限を持つように変更します。
  9. 歯車アイコンをクリックして、「内包している項目に適用する」を選択します。

  10. 情報を見るダイアログボックスを閉じます。
  11. Adobe Acrobat 9またはAdobe Creative Suite 4製品を起動します。

Mac OS X 10.4

  1. Finder を使用して、変更するフォルダーに移動します。
  2. Ctrl キーを押しながらフォルダーをクリックし、「情報を見る」を選択します。

  3. 「所有権とアクセス権」セクションを展開します。
  4. 「詳細な情報」オプションをクリックして、いろいろなオーナーとグループのオプションを表示します。
  5. 読み取り/書き込み権限があることを確認します。
  6. 「オーナー」フィールドの横にあるロックアイコンをクリックし、オーナーとして自分自身を選択します。管理者のユーザー名とパスワードを要求されたら入力し、「OK」をクリックします。

  7. オーナーをシステムに変更します。

  8. オーナーの読み取り/書き込みアクセス権を変更します。
  9. 内包している項目に適用する」をクリックし、警告ダイアログボックスで「OK」をクリックします。

  10. 管理者のユーザー名とパスワードを要求されたら入力し、「OK」をクリックします。

  11. 情報を見るダイアログボックスを閉じます。
  12. Adobe Acrobat 9またはAdobe Creative Suite 4製品を起動します。

解決策 6: SQLite ジャーナリングファイルを削除する

ジャーナリングファイルは、特定のオプションを有効にしてクライアントがデータベースファイルにアクセスしている特定の状況下でのみ存在します。 存在しない場合は、次の解決先へ進んでください。
Finderを使用して、次の場所に移動します。

/Library/Application Support/Adobe/Adobe PCD/cache

重要:上記のパスは、スタートアップドライブのルートにあるライブラリフォルダー(ユーザーホームフォルダー内のライブラリフォルダーではなく)を指します。

  1. cache.db-journalが存在する場合には削除します。
  2. Adobe Acrobat 9またはAdobe Creative Suite 4製品を起動します。

解決策 7:(Acrobat 9 のみ)大文字と小文字を区別しないファイルシステムに再インストールする

大文字と小文字を区別するファイルシステムでフォーマットされたオペレーティングシステムでは、Adobe アプリケーションはサポートされません。大文字と小文字を区別するボリュームに Adobe アプリケーションをインストールしようとすると、ファイルシステムがサポートされていないというエラーが表示されます。(大文字と小文字を区別するボリュームには、UFS、HFS+ 大文字と小文字を区別する [HFSX]、および SMB 形式のドライブなどがあります。)Acrobat 9 では、上記のようなエラーメッセージは表示されず、アプリケーションをインストールできます。ただし、Acrobat 9 を起動しようとすると、「この製品のライセンシングが動作していません(エラーコード 130:9)」というエラーが発生します。ドライブを大文字と小文字を区別しないファイルシステムに再フォーマットします。

Mac OS X が大文字と小文字を区別するファイルシステムでフォーマットされているかどうかを確認するには、以下の手順を実行します。

  1. アップルメニューをクリックして「この Mac について」を選択します。

  2. 詳細情報」をクリックします。

  3. 「ハードウェア」で、「シリアル-ATA」を選択します。

  4. Acrobat 9 がインストールされているドライブを選択し、リスト内のファイルシステムを確認します。大文字/小文字の区別があるファイルシステムの場合は記録します。

または、ディスクユーティリティを使用してファイルシステムを確認します。

  1. アプリケーション/ユーティリティを選択し、「ディスクユーティリティ」をダブルクリックします。

  2. Acrobat がインストールされているディスクを選択し、そのフォーマットを確認します。

解決策 8:再インストールする

警告! この処理には、すべての Adobe CS4 および CS3 ソフトウェアと Acrobat 9 および 8 のアンインストールと再インストールを必要とします。Adobeソフトウェアのインストールには管理者権限が必要です。 以下の手順を実行するには管理者アカウントでログインします。詳細についてはオペレーティングシステムのドキュメントを参照してください。

重要: ソフトウェアをアンインストールする前に、再インストールするためのインストールメディアがあることを確認します。 置き換えメディアは旧バージョンのAdobeソフトウェアには使用できません。

  1. Finder で、移動/ユーティリティを選択します。

  2. Adobe Installers フォルダーに移動します。
  3. アドビ製品のショートカットをダブルクリックします。
  4. 画面上の指示に従って、ソフトウェアを削除します。
  5. 別の Adobe CS4/CS3、Acrobat 9/Acrobat 8 製品に対しても手順 3 と4 を繰り返します。

  6. 次のフォルダーを削除します。 
    • [起動ディスク]/ライブラリ/Application Support/Adobe/Adobe PCD
    • [起動ディスク]/ライブラリ/Application Support/Adobe/caps
    • [起動ディスク]/ライブラリ/Application Support/Adobe/backup

  7. アップルメニューから「再起動」を選択し、「再起動」ボタンをクリックして確認します。

  8. コンピューターの再起動後、Adobe製品を元のメディアからインストールします。

  9. アドビ製品を起動します。

解決策 9:弊社テクニカルサポートに問い合わせる

弊社テクニカルサポートではお使いのコンピューターからログを取得して、エラーに関する追加情報を特定することができます。 提供されている情報では問題を解決できない場合は、弊社テクニカルサポートにお問い合わせください。

追加情報

このエラーは、以下のような様々な原因により発生します。

  • インストール直後にエラーが発生する場合は、オペレーティングシステムとの互換性を確保するためにコンポーネントをアップデートする必要があることもあります。または、このコンポーネントには、システムに若干異なる構成が必要です。
  • アプリケーションが以前に少なくとも 1 回は正常に起動した場合、または頻繁に使用されていた場合、問題はシステムリソースに関連している可能性があります。(システムリソースの問題には、メモリ不足、ディスク容量不足、または複数のプログラムの同時起動などがあります)。その結果、ライセンシングシステムに一時的な問題が発生しているか、またはライセンスデータが破損している可能性があります。
  • インストール処理が中断されている場合、ライセンシングシステムが正しく機能していない可能性があります。
  • プレリリースプログラムに参加した場合は、一時的に期限切れのシリアル番号が付与されることがあります。エラー「この製品のライセンス有効期限が切れています」 | CS4、CS5 を参照してください。

Adobe アプリケーションの実行に必要な FlexNet のフォルダーとファイルは、あるマシンから別のマシンに移動すると、破損したり、権限の問題が発生したりする可能性があります。また、Time Machine システムの復元によって破損することもあります。FlexNet サービスライセンスの失敗については、アプリケーションの再インストールや Adobe CS5 Cleaner ツールを使用して解決できません。アクセス権の問題によって FlexNet ライセンスサービスの起動、データへのアクセス、Adobe プロセスとの通信が妨げられると、ライセンス認証エラーが発生します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー