Microsoft Dynamics CRM 用 Adobe Sign のバージョン(5.0 以降)をアップグレードするために必要なすべての手順について説明します。

概要

Microsoft Dynamics 用 Adobe Sign ソリューションを 5.x バージョン以降からアップグレードするプロセスは簡単です。新しいパッケージをインポートし、いくつかの設定要素を確認してから、パッケージをインストールするだけです。このプロセスは一般に、開始してから完了するまで 15 分かかりません。

既存のパッケージをアンインストールしないでください。

このアップグレードプロセスは、既存のパッケージを新しいコンテンツに更新します。

これまでのカスタマイズは維持され、操作環境は変更されません。

 

アップグレードパッケージの入手については、ご利用のアカウントのカスタマーサクセスマネージャーにお問い合わせください。

パッケージのインストール

Dynamics CRM 環境に管理者としてログインします。

  • 設定/ソリューションに移動します。
メイン/設定/ソリューションに移動

すべてのソリューションページが読み込まれます。

  • インポートアイコンをクリックします。
インポートアイコン

ソリューションパッケージの選択ページが読み込まれます。

  • ダウンロードした Adobe Sign v6 ファイルを参照します。
  • 次へ」をクリックします。
Adobe Sign v5 のバイナリを参照

ソリューション情報ページが読み込まれます。

  • 次へ」をクリックします。
ソリューション情報ページ

インポートオプションページが読み込まれます。

  • アップグレード」が選択されていることを確認します。
  • カスタマイズを上書き」が選択されていることを確認します。
  • すべての SDK メッセージ処理手順を有効にします」チェックボックスをオンにします。
  • インポート」をクリックします。
インポートオプションのアップグレード

インポートするソリューションページが読み込まれ、パッケージがインポートされます。

この処理には数分間かかることがあります。処理が完了すると、成功メッセージが表示されます。

  • 閉じる」をクリックします。
インポートされたパッケージ

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー