Salesforce 用 Adobe Sign を設定して、大きな文書(契約書の送信ページからの 4.0 MB および一括送信時の 9.0 MB を超えるサイズ)を送信したり、Salesforce 環境以外で作成した契約書を転送したりします。

前提条件

コールバックユーザー(大きな文書および契約書の転送を設定するのに必要)には、次の 2 つの要素が必要です。

注意:

Salesforce Professional Edition では、大きな文書のトランザクションと契約書の転送のどちらもサポートされません。


サービス用のサイトの構築

大きな文書および契約書の転送サービスの構築では、最初に、コールバック環境を定義する必要があります。

1 つまたは両方のサービスに同じサイトおよびユーザーを使用できます。

次に説明する方法では、新規および専用のユーザーおよびプロファイルを構築することをお勧めします。これにより、既知の、最小限の承認された権限のセットが有効になり、無効になって機能を停止させる可能性の低いユーザーを構築できます。

必要な手順の概要を次に示します。

コールバックユーザーの定義

コールバックサイトの構築

個々のサービスの設定


Adobe Sign コールバックユーザーの定義

専用のユーザーにコールバックプロセスのためのオブジェクト権限を付与することをお勧めします。

1. 新しいコールバックユーザープロファイルを作成します。

  • 標準ユーザー プロファイルをクローンします。
    • 新しいプロファイルにわかりやすい名前を付けます(例:Adobe Sign コールバックユーザー)。
  • プロファイルを編集します。
    • カスタムタブ設定」で、両方のAdobe Sign 管理者」タブが「デフォルトでオン」に設定されていることを確認します。
    • これらの Visualforce ページが有効になっていることを確認します。
      • echosign_dev1.EchosignAdmin
      • echosign_dev1.SalesforceOAuthPage
  • プロファイルを保存します。
1_clone_standarduserprofile
2_name_the_profile

2. 標準の Salesforce ライセンスを使用して新しいユーザーを作成します。

  • ユーザーにわかりやすい名前を付けます(例:Adobe Sign コールバック)。
  • Salesforce ライセンスを割り当てます。
  • 上記で作成したプロファイルを割り当てます。
4_create_a_new_user
  • 新しいユーザーを保存します。
  • ユーザーを検証して、パスワードを認識させます。

 

3. コールバックユーザーに Adobe Sign 統合権限セットを追加します。

  • セットアップ/管理/ユーザー/ユーザーに移動します。
  • コールバックユーザーの「氏名」リンクをクリックします。
  • ページの上部にある「権限セットの割り当て」リンクにマウスカーソルを合わせ、「割り当てを編集」ボタンをクリックします。
権限セット

権限セット割当」ページが開いたら、次の手順を実行します。

  • Adobe Sign 統合ユーザー権限セットを選択します。
  • 追加」ボタンをクリックして、権限セットを「有効」列に移動します。
  • 保存」をクリックします。
セットを追加します。

 

4. Adobe Sign でコールバックユーザーをアクティベートします。

契約書を送信することにより、Adobe Sign アカウントでユーザーを生成およびアクティベートします。

  • Salesforce にコールバックユーザーとしてログインします。
  • 「契約書」タブ(アプリランチャー/Salesforce 用 Adobe Sign/契約書)へ移動します。
  • 新規」をクリックして新しい契約書ページを開きます。
  • 基本契約書の設定
    • 受信者を追加します。完全に架空の電子メールアドレスを含め、どのタイプの受信者でも構いません。
    • ファイル(どのタイプでも可能)を添付します。
  • 送信」をクリックします。
send_agreement
  • 送信後のページで「OK」をクリックして契約書に戻ります。
  • キャンセル」ボタンをクリックして契約書をキャンセルします。

 

 

5. コールバックユーザーを Adobe Sign にリンクします。

  • Adobe Sign 管理者ページに移動します(App Launcher/Salesforce 用 Adobe Sign/Adobe Sign 管理者)。
  • コールバックユーザーヘッダーの下の「アカウントをリンク」をクリックします。
5_1_link_the_callbackuser

アクセスを許可 ージが表示されます。

  • 許可」をクリックします。
5_4_allow_access-accept
  • Adobe Sign 管理者ページで、コールバックユーザーが正しくリンクされていることを確認します。
5_5_authenticatedcallbackuser
  • Salesforce からログアウトします。
  • Salesforce 管理者としてログインし直します。


コールバックサイトの構築

Adobe Sign コールバック用のサイトを設定して、契約書の更新が迅速に Salesforce に反映されるようにする必要があります。

注意:

Salesforce 組織でこれまでに Salesforce サイトを使用したことがない場合は、まず、アカウントのすべての Salesforce サイトで使用する Force.com ドメイン名を登録する必要があります(Salesforce.com ヘルプの Force.com カスタムドメインの登録を参照してください)。新しいドメイン名を登録する場合は、長すぎるドメイン名を設定しないことが推奨されます。ドメイン名が長いと、セキュア Web URL が Adobe Sign コールバック URL の文字制限である 255 文字を超える可能性があります。

  1. セットアップ/プラットフォームツール/ユーザーインターフェイス/サイトとドメイン/サイトに移動します。
  2. サイトのドメイン名を登録します。
    1. http:// の後ろのテキストフィールドに任意のドメイン名を入力します。
    2. 利用可能か確認」ボタンをクリックして、ドメインが使用できることを確認します。
      1. ドメインが使用可能な場合、成功メッセージが表示されます。
    3. 利用条件に同意して、「マイ Force.com ドメインの登録」ボタンをクリックします。
サイトの設定パネル

サイトページが更新されて、自分の新しいサイトが表示されます。

  3.「新規」ボタンをクリックします。

  • サイト編集 ページが読み込まれます。
Adobe Sign コールバックのパラメーター

4. サイト編集 ページで次の操作を実行します。

  • サイトラベル」の値を Adobe Sign コールバックに設定します。
  • サイト名」の値を Adobe_Sign_Callback に設定します。
  • サイトの連絡先」の値を、サイトに関する通知を受け取る Salesforce ユーザーに設定します。多くの場合、これはアカウント管理者になります。
  • デフォルトの Web アドレス」の値を AdobeSignCallback に設定します。
  • アクティブなコントロールを有効化します。
  • アクティブなサイトのホームページ」の値を EchoSignCallback に設定します。
    • EchoSign は Adobe Sign 製品の旧称です。

 

フィールドは次のようになります。

Adobe Sign コールバック

    5.「保存」をクリックします。 

 


サイト用の IP 範囲の追加

    6.サイトのパブリックアクセス設定に IP 範囲を追加して、Adobe Sign IP に適切に限定されるように設定します。

        a. コールバックサイト用のサイトの詳細ページで、「パブリックアクセスの設定」ボタンをクリックします。

        b. 「ログイン IP 範囲」リンクをクリックして、適切なセクションにジャンプします。

        c. 「新規」ボタンをクリックします。

        d. ログイン IP 範囲ダイアログで、次のように 1 つ目の IP アドレス範囲を入力します。

○ 開始 IP アドレス:52.71.63.224

○ 終了 IP アドレス:52.71.63.255

○ 説明:Adobe Sign

        e. 「保存」をクリックします。

enter_the_ip_addressrange

注意:

IP 範囲のリストに現在の IP アドレスが含まれません」というエラーが表示される場合は、「現在の IP アドレスを含まない場合も、この IP 範囲を保存する」オプションを有効にして、再度「保存」をクリックします。

 

        f. 以下のすべての IP アドレス範囲について、上記の手順 b ~ e を繰り返します。

開始 IP

終了 IP

説明

40.67.154.249 40.67.154.249 Adobe Sign
40.67.155.112 40.67.155.112 Adobe Sign
40.67.155.147 40.67.155.147 Adobe Sign
40.67.155.185 40.67.155.185 Adobe Sign
51.105.221.160 51.105.221.191 Adobe Sign

52.35.253.64

52.35.253.95

Adobe Sign

52.48.127.160

52.48.127.191

Adobe Sign

52.58.63.192

52.58.63.223

Adobe Sign

52.196.191.224

52.196.191.255

Adobe Sign

52.65.255.192

52.65.255.223

Adobe Sign

13.126.23.0 13.126.23.31 Adobe Sign

 

Adobe Sign コールバックサイトの最終的なログイン IP 範囲が次のように表示されます。

ip_ranges


個々のサービスの設定

大きな文書は、送信処理およびバックグラウンドアクションで自動的にサポートされますが、一定の上限があります。

  • 送信処理—契約書ページで「署名用に送信」ボタンをクリックする場合は、最大 4.0 MB の単一の文書、または合計サイズが最大 4.0 MB の複数の文書を送信できます。
  • バックグラウンドアクション—バックグラウンドアクションを使用して文書を送信する場合は、最大 9.0 MB の単一の文書、または合計サイズが最大 9.0 MB の複数の文書を送信できます(バックグラウンドアクションについて詳しくは、『高度なカスタマイズに関するガイド』を参照してください)。

 

大きな文書を設定するには、次の操作を実行する必要があります。

  • 追加のアクセス権を付与するためのコールバックユーザープロファイルの編集
  • コールバックユーザープロファイルの「添付ファイルサービスの呼び出し回数」の有効化
  • LargeFileDownloadService Apex クラスを有効にするためのサイトの編集
  • コールバック URL を使用するためのカスタム設定の更新


コールバックユーザープロファイルの編集

Adobe Sign コールバックのサイトユーザーのオブジェクトレベルの権限を有効化するには、次の操作を実行します。

  • Adobe Sign コールバックのプロファイルページで「編集」ボタンをクリックして下にスクロールし、「カスタムオブジェクトの権限」を表示します。
  • すべての契約オブジェクトの権限(読み取り、作成、編集、削除、すべて表示、すべて変更)を有効化します。
  • echosign_dev1.AgreementAttachmentDownloadService Apex クラスを有効にします。
  • 保存」をクリックします。
カスタムオブジェクトの権限


コールバックユーザープロファイルの「添付ファイルサービスの呼び出し回数」の有効化

  • オブジェクトマネージャー/契約/フィールドと関係性に移動します。
  • フィールドラベル「添付ファイルサービスの呼び出し回数」をクリックします。
  • フィールドレベルセキュリティを設定」ボタンをクリックします。
  • コールバックユーザープロファイルの Visible および Read-Only の両方を有効にします。
  • 保存」をクリックします。
invocation_countsettings


LargeFileDownloadService Apex クラスを有効にするためのサイトの編集

また、Adobe Sign コールバックサイトのプロファイルをカスタマイズして、LargeFileDownloadService Apex クラスを追加し、表示されるようにする必要があります。

  1. セットアップ/プラットフォームツール/ユーザーインターフェイス/サイトとドメイン/サイトに移動します。
  2. Adobe Sign コールバックサイトのサイトラベルをクリックします。
  3. パブリックアクセス設定」ボタンをクリックします。
パブリックアクセス

 

    4.「 Apex クラスへのアクセスの有効化」リンクをクリックして、このセクションにジャンプし、「編集」をクリックします。

Apex クラスの有効化

 

  • 左側に表示される「利用可能な Apex クラス」のリストから、echosign_dev1.LargeFileDownloadService を選択して「追加」をクリックし、以下に示すように、右側の「有効化された Apex クラス」リストにこれを追加します。
  • 保存」をクリックします。
Apex クラスの有効化


コールバック URL を使用するためのカスタム設定の更新

1. セットアップ/ユーザーインターフェイス/サイトとドメイン/サイトに移動します。

2. コールバックサイトの サイトラベル をクリックします。

3. 「カスタム URL」セクションで「表示」リンクをクリックします。

  • 新しいタブが開きます。
2b_sites_configdsaved

4. 新しいタブから、ブラウザーの URL の値をコピーして、テキストファイルに貼り付けます。

  • サンドボックスでテストしている場合は、https の URL ではなく、http の URL をコピーします。

URL は次のようなものになります。

サイトの URL

 

5. セットアップ/プラットフォームツール/カスタムコード/カスタム設定に移動します。

  • これにより、カスタム設定ページが読み込まれます。

6. 「Adobe Sign 設定」ラベルをクリックします。

  • Adobe Sign 設定ページが読み込まれます。
Adobe Sign 設定

 

7. 「管理」ボタンをクリックします。

Adobe Sign 設定:管理

 

8.「新規」または「編集」をクリックします。

  • Adobe Sign 設定の編集ページが読み込まれます。
Adobe Sign 設定:新規

 

9. 「Adobe から Salesforce サイトへのコールバック URL」の値を、Adobe Sign コールバックサイトの設定後にコピーした「セキュア Web アドレス」の値に設定します(前述の手順 7 を参照)。

  • アドレスの接頭辞が「http」ではなく、「https」であることを確認してください。
コールバック URL の設定

10.「保存」をクリックして、設定を保存します。

 

大きな文書サービスが有効になります。

Adobe Sign API を使用すると、署名用に契約書を送信するか、Web フォームを作成して Web サイトに埋め込むことで、その契約書すべてを Salesforce から送信した場合と同じように Salesforce で転送して作成できます。echosign.adobe.com Web アプリケーション経由で契約書を送信し、その契約書すべてを Salesforce に転送することもできます。

これらの契約書の転送を有効にするには、次の操作を実行する必要があります。

  • Adobe Sign 統合ユーザー 権限セットを提供するためのコールバックユーザーの編集 
  • EchoSignAgreementPushCallback Visualforce ページを追加するためのコールバックサイトの編集
  • サイトオブジェクトおよびフィールドレベル権限の編集
  • Adobe Sign の使用意図に応じた特定の設定の使用


Adobe Sign 統合ユーザー権限セットを提供するためのコールバックユーザーの編集

  1. セットアップ/管理/ユーザー/ユーザーに移動します。
  2. コールバックユーザーを見つけて、「氏名」リンクをクリックし、ユーザーの詳細ページを開きます。
click_the_full_namelinkofthecallbackuser

 

3. 「権限セットの割り当て」リンクの上にマウスポインターを置いて、「割り当てを編集」ボタンをクリックします。

edit_assigned_permissionsets

 

4. 「利用可能な権限セット」セクションで「Adobe Sign 統合ユーザー」を選択します

  • 追加」ボタンをクリックします。
  • 保存」をクリックします。
assign_permission


EchoSignAgreementPushCallback Visualforce ページを追加するためのコールバックサイトの編集

  1. セットアップ/プラットフォームツール/ユーザーインターフェイス/サイトとドメイン/サイトに移動します。
  2. Adobe Sign コールバックサイトのサイトラベルをクリックします。
6_click_the_sitelabel

 

3. 「サイト Visualforce ページ」セクションまでスクロールして、「編集」をクリックします。

callback_vf_page

4. echosign_dev1.EchoSignAgreementPushCallback を探し、シングルクリックして選択します。

5.「追加」をクリックして、「有効化された Visualforce ページ」側にページを移動します。

6. 「保存」をクリックします。

callback_add_vf


サイトオブジェクトおよびフィールドレベル権限の編集

Visualforce ページの追加後、コールバックサイトのサイト詳細ページに戻ります。

  • パブリックアクセス設定」をクリックしてプロファイルページを開きます
  • プロファイルページで「編集」をクリックします
  • 標準オブジェクト権限」セクションが表示されるまで下にスクロールします
  • 以下のオブジェクトの読み取り作成を有効にします
    • 取引先
    • 取引先担当者
    • 契約
    • リード
    • 商談
  • 保存」をクリックするとコールバックプロファイルに戻ります

 

また、フィールドレベルでの調整が必要なオブジェクトもいくつかあります。

  • フィールドレベルのセキュリティ」セクションが表示されるまで下にスクロールして、以下を編集します。
    • 標準フィールドレベルセキュリティ
      • 取引先担当者
        • 取引先の読み取りと編集のアクセス権を有効にします
        • 電子メールの読み取りと編集のアクセス権を有効にします
        • 名前の読み取りと編集のアクセス権を有効にします
      • リード
        • 会社名の読み取りと編集のアクセス権を有効化します
        • 電子メールの読み取りと編集のアクセス権を有効化します
        • 名前の読み取りと編集のアクセス権を有効にします


特定の設定の使用

Adobe Sign 以外で送信されたアカウント内のすべての契約書を、Salesforce で作成して転送するには、次の手順に従います。

  • セキュア URL アドレスを、作成した Adobe Sign コールバックサイトからコピーし、/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback に追加して、コールバック URL を作成します。アドビサポートに連絡し、コールバック URL を提供して、Adobe Sign アカウントのデフォルト URL として設定します。例えば、サイトアドレスが https://echov11-dev.na12.force.com/AdobeSignCallback の場合、コールバック URL は https://echov11-dev.na12.force.com/AdobeSignCallback/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback になります。
  • アドビサポートは、デフォルトのコールバック URL API ユーザー設定の Adobe Sign userID を入力する必要もあります。また、Salesforce を使用しているすべてのアカウントが、コールバック URL に文書キーを追加するように設定されていなければなりません。

 

API 経由で契約書を送信するには、次の手順に従います。

  • セキュア URL アドレスを、作成した Adobe Sign コールバックサイトからコピーし、/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback に追加して、Adobe Sign API で使用するコールバック URL を作成します。
    • 例えば、サイトアドレスが https://echov11-dev.na12.force.com/AdobeSignCallback
      の場合、Adobe Sign API で使用する URL は https://echov11-dev.na12.force.com/AdobeSignCallback/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback になります。
  • API を使用して契約書を送信したり Web フォームを作成したりする場合は、コールバック URL を提供する必要があります(https://secure.echosign.com/redirect/latestApiMethods の API パラメーター「CallbackInfo」を参照)。
  • また、文書キーをコールバック URL に追加するようにアカウントが設定されていることを確認します。Adobe Sign を使用している Salesforce のお客様については、デフォルトでこのように設定されています。問題が発生した場合は、Adobe Sign サポートにお問い合わせください。
  • また、転送マッピング設定に移動して、契約書が Salesforce に転送されたときのレコードの作成方法に関する設定を定義します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

リーガルノーティス   |   プライバシーポリシー