この情報は、米国アドビシステムズ社が提供している情報をもとにローカライズし、作成したものです。日本語環境での動作保証はしておりませんのでご了承ください。

問題点 (Issue)

検証により、Mac OS X v10.11(EL Capitan)で Adobe Photoshop CC 2015 を実行すると、以下の互換性問題が発生することが判明しました。

Mac OS X v10.11 が現在のハードウェアとドライバで動作するかどうか、セカンダリパーティション上などにインストールして確認することをお勧めいたします。

この文書内に記載されていない問題が発生した場合は、Adobe コミュニティフォーラムでご報告ください。

詳細 (Detail)

A. アプリケーションの遅延

アプリケーション内の様々な機能において描画の遅延が発生します。確認されている状況には、以下のようなものがあります。

  • スクラブズーム使用時
  • ツールバーのサブツールへのアクセス時
  • ドロップダウンリストの展開、収納時

B. 「画像解像度」実行時の問題

「画像解像度」機能を実行中に画像解像度ダイアログボックス内のプレビュー画面が黒くなったり、「画像解像度」実行後に画像が黒くなったりします。

解決方法 (Solution)

A. アプリケーションの遅延

この問題への一時的な回避策として、プラグインを用意しました。以下の手順を参照し、プラグインをインストールして下さい。

  1. Photoshop を終了します。

  2. 以下のプラグインをダウンロードします。

    ダウンロード

  3. ダウンロードしたプラグインのパッケージファイルをダブルクリックして展開します。確認メッセージが表示された場合は、すべてのファイルを展開します。

  4. 以下の Photoshop アプリケーションフォルダー内の「Plug-ins」フォルダーに、「OSXCompatibility.plugin」ファイルをコピーします。

    Macintosh HD/Applications/Adobe Photoshop CC 2015/Plug-ins

  5. Photoshop を再起動します。

この問題をできる限り早急に根本的に修正するため、現在、弊社のエンジニアチームが Apple と共同で対応しています。

B. 「画像解像度」実行時の問題

この問題を解決するには、以下のいずれか、または両方の操作を行います。

B-1. 「再サンプル」オプションの変更

  1. Photoshop を起動します。

  2. イメージ/画像解像度 を選択します。

  3. 画像解像度 ダイアログボックスの「再サンプル」オプションで、「自動」または「ディテールを保持(拡大)」以外のオプションを選択します。

B-2. 「OpenCL を使用」をオフにする

  1. Photoshop を起動し、Photoshop CC/環境設定/パフォーマンス を選択します。

  2. 環境設定ダイアログボックスのパフォーマンス設定で、「詳細設定」ボタンをクリックします。

  3. グラフィックプロセッサーの詳細設定 ダイアログボックスで「OpenCL を使用」のチェックを外します。

  4. 開いているドキュメントをすべて閉じるか終了させ、Photoshop を再起動します。

この問題は nVidia 製のグラフィックカードで発生します。

現在、問題の修正、および将来的に修正プログラムを提供するため、弊社のエンジニアチームがパートナーと共に対応しております。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー