Salesforce 用 Adobe Sign パッケージで利用できるカスタム設定ガイド

概要

Salesforce 用 Adobe Sign には、カスタマイズ可能な機能が多数用意されており、文書署名プロセスを調整して、全体的なワークフローにシームレスに統合できます。

この文書は Salesforce インストールガイドを補足するもので、管理者が使用できるすべてのカスタム機能およびバックエンドプロセスについて説明しています。アプリケーションを Adobe Sign アプリに接続することを検討している開発者は、開発者向けドキュメントを参照してください。

ここで説明する設定のほとんどは、Salesforce 設定を有効にするだけで使用できます。Adobe Sign 側で設定が必要な一部の設定は、その旨が記載されています。

Adobe Sign のタブ

タブ

Adobe Sign では 10 個のカスタムタブがインストールされ、すべてがデフォルトでオンになっています(すべてのユーザーがアクセスできるようにインストールした場合)。それぞれのタブとその機能を確認し、そのタブがすべてまたは一部のユーザーに必要か、またはどのユーザーにも必要ないかを判断したうえで、不要なタブは、ユーザー側での煩雑さを軽減するために無効にすることをお勧めします。

Adobe Sign のタブ

契約

データマッピング

グループマッピング

契約テンプレート

Adobe Sign マネージャー

契約を管理

契約書一括作成

Adobe Sign 管理者

結合マッピング

契約タイプ    

機能別のタブ

ユーザー

  • 契約 - 主な目的は、ユーザーが契約を作成および確認できるようにすることです。アプリケーションを使用するすべてのユーザーに対して有効にします。
  • Adobe Sign マネージャー - Adobe Sign を Salesforce1 に導入した場合に主に使用します。Salesforce1 を使用していない場合、このタブは非表示にすることをお勧めします。
  • 契約を管理 - このタブでは、Adobe Sign 管理ページへのポータルを開きます。このページに含まれるツールを使用すると、ユーザーが Adobe Sign Web 領域で契約を直接かつ完全に操作できます。Salesforce のお客様は一般的に Salesforce 環境内でのみ契約/文書を操作したいと考えているので、イベントは完全に CRM システムに記録されます。このため、このタブは、管理者以外のユーザーには非表示にします。

 

パワーユーザー

  • 契約書一括作成 - Adobe Sign テンプレートと Salesforce クエリに基づいて(受信者を定義し)、大量の契約書を生成する必要があるユーザーが使用します。このタブは、同じ文書を多数送信するユーザー/プロファイルにのみ表示します(例:年間ポリシー契約、契約更新文書)。

 

管理者

  • Adobe Sign 管理者 - このタブは Salesforce 管理者プロファイルにのみ表示します。管理者以外のユーザーがこの内容にアクセスする必要はありません。
  • グループマッピング - この設定を使用すると、Salesforce 管理者が Adobe Sign でユーザーを SFDC プロファイルに基づいて自動的にグループ化できます。管理者にのみ有用です。
  • 契約タイプ - 特定のカテゴリーに含まれるすべての契約の特定と検索に役立ちます。
  • 契約テンプレート - 契約テンプレートをデザインするためのタブです。ほとんどの場合、管理者のみを対象とします。
  • データマッピング - 文書コンテンツを Salesforce に戻すデータマッピングを定義するためだけに使用します。ほとんどのお客様については、管理者のみを対象とします。
  • 結合マッピング - 「データマッピング」に対応します。署名用に文書が送信される前に、文書に結合できる Salesforce コンテンツを定義します。これも基本的に管理者のみを対象とします。

Salesforce 向けカスタマイズ

設定を使用すると、Salesforce 用 Adobe Sign の動作を変更し、その動作をビジネスニーズに合わせてカスタマイズできます。デフォルト値には、お客様が最もよく使用する設定が反映されており、明示的に変更しない限りその値が有効になります。

Salesforce 用 Adobe Sign では様々なカスタム設定がサポートされています。

  • Adobe Sign 設定:Adobe Sign ユーザーに表示する機能と、アプリケーションの動作を制御します。アプリケーションの主要な設定です。
  • Adobe Sign 環境設定:デフォルトの URL と環境設定を制御します。
  • Adobe Sign ツールバー設定:Adobe Sign ツールバーに表示するボタンを制御します。
  • Adobe Sign 結合マッピング設定:結合マッピングが使用されている場合の添付ファイルの処理方法を制御します。
  • Adobe Sign 転送マッピング設定:Salesforce 以外で作成された契約書が Salesforce に転送されたときに、受信者レコードをどのように作成または更新するかを制御します。
  • Adobe Sign Chatter 設定:Chatter 投稿につながる契約イベントと、その Chatter 投稿が表示される場所を制御します。この設定は、組織で Adobe Sign for Chatter アプリをインストールしている場合に表示されます。
  • Adobe Sign リード変換設定:リードが取引先、取引先責任者または商談に変換されるときの、そのリードに関連付けられている契約の処理を制御します。

Salesforce 組織全体または特定のユーザーおよびプロファイルに対して設定できます。

デフォルトの組織レベルの設定

デフォルトの組織レベルの設定を上書きしない限り、この設定は組織内のすべてのユーザーとプロファイルに影響します(以下を参照)。

1. Setup/Platform Tools/Custom Code/Custom Settings に移動します。

Custom Settings ページが表示されます。

Custom Settings ページ

2. 必要に応じて、次のいずれかのリンクをクリックします。

o Adobe Sign Chatter Settings

o Adobe Sign Environment Settings

o Adobe Sign Lead Conversion Settings

o Adobe Sign Merge Mapping Settings

o Adobe Sign Push Mapping Settings

o Adobe Sign Settings

o Adobe Sign Toolbar

(以下の図に Adobe Sign Settings の例を示します。)

 

3. 「Manage」ボタンをクリックします。

「Manage」ボタンをクリック

4. Default Organization Level Value 行の上にある「New」(前に変更している場合は「Edit」)をクリックします。

組織レベルの「New」ボタン

5. 適切な設定を更新します。

6. 「Save」ボタンをクリックします。

設定を編集

特定のユーザーおよびプロファイルの設定

この設定は、定義するユーザーとプロファイルにのみ影響します。複数のプロファイルのカスタマイズは、個別におこなう必要があります。

1. Setup/Platform Tools/Custom Code/Custom Settings に移動します。

Custom Settings ページが表示されます。

Custom Settings ページ

2. 必要に応じて、次のいずれかのリンクをクリックします。

o Adobe Sign Chatter Settings

o Adobe Sign Environment Settings

o Adobe Sign Lead Conversion Settings

o Adobe Sign Merge Mapping Settings

o Adobe Sign Push Mapping Settings

o Adobe Sign Settings

o Adobe Sign Toolbar

(以下の図に Adobe Sign Settings の例を示します。)

 

3. 「Manage」ボタンをクリックします。

「Manage」ボタンをクリック

4. 「Setup Owner」テーブルの上にある「New」(または「Edit」)ボタンをクリックして、特定のユーザーまたはプロファイルのカスタム設定を作成します。この設定により、デフォルトの組織レベルは上書きされます(定義されている場合)。

                ○ Setup Owner テーブルはページの下部(設定のリストの下)にあります。

注意:

表示切り替え(►)を使用して、「Default Organization Level Value」セクションを折りたたむことができます。

「Setup Owner」セクションの「New」ボタンをクリック

5. 「場所」ドロップダウンリストから「ユーザー」または「プロファイル」を選択し、検索アイコンを使用して、設定を変更するプロファイルを見つけたうえで、該当する設定の値を設定します。

6. 必要に応じて、プロファイルの設定を編集します

プロファイルの設定を編集

7. 「Save」ボタンをクリックします。

カスタマイズ可能な設定

カスタマイズ可能な設定は、Salesforce の機能セクションごとにまとめられています。その構造を以下に示します。個別の設定は、機能別設定に示されています。

o Adobe Sign Chatter Settings

o Adobe Sign Environment Settings

o Adobe Sign Lead Conversion Settings

o Adobe Sign Merge Mapping Settings

o Adobe Sign Push Mapping Settings

o Adobe Sign Settings

o Adobe Sign Toolbar

 

Adobe Sign Settings」セクションのアイテム数の関係で、コンテンツは 2 回示されています。

  • 機能別 - 機能目標の達成を促進し、関連するすべての設定を確実かつ迅速に検討できます。
  • アルファベット順 - 特定の設定をすばやく見つけることができます。

Adobe Sign カスタム設定

Adobe Sign 設定(機能別)

Salesforce 管理者

Salesforce プロファイルに基づいてユーザーを特定の Adobe Sign グループに割り当てて、適切な送信設定とブランドが確実に割り当てられるようにする必要がありますか?

  • グループマッピングを自動同期 - この設定を有効にすると、Salesforce ユーザープロファイルが更新されたときに適切な Adobe Sign グループが自動的に移動されます。

 

合計ファイルサイズが 2 MB を超える契約を送信する必要がありますか?(必要な場合は、大きな文書を送信するために Salesforce を設定するを参照してください)

  • Adobe から Salesforce サイトへのコールバック URL - (2 MB を超える)大きな文書のトランザクションを送信する場合は、このボックスにコールバック URL を入力する必要があります。この設定は、大きなファイルを送信するために設定された Adobe Sign コールバックサイトからコピーしたセキュア Web アドレスです。

 

Salesforce でアプリケーションを使用するときに、Adobe Sign で新しいユーザーを自動的に作成する必要がありますか?

  • ユーザープロビジョニングを無効にする - この設定を有効にすると、ユーザーが契約を送信または管理するときに、アドビユーザーアカウントによるユーザーの自動プロビジョニングがおこなわれなくなります。ただし、この設定を有効にしても、契約リストで「契約を更新」をクリックすると、ユーザーの自動プロビジョニングが実行されます。


Chatter

契約オブジェクトの Chatter フィードを無効にしますか?

  • 契約の Chatter フィードを無効にする - この設定を有効にすると、契約オブジェクトの Chatter フィードが無効になります。


データ/結合マッピング

データマッピングまたは結合マッピングが失敗したときに電子メールを受け取りますか?

  • マッピングエラー通知を有効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、マッピングの実行でエラーが発生した場合に必ず電子メール通知がデータマッピングまたは結合マッピングの所有者に送信されます。


ユーザーインターフェイス

特定のタイプのユーザーインターフェイスを実装する必要がありますか(ウィンドウとフレーム)?

  • 操作ウィンドウタイプ - ユーザーのブラウザーで Adobe Sign ウィンドウをどのように開くかを決めます。新しいウィンドウとして開くには「ウィンドウ」と、契約書ページの上部でレイヤーとして開くには「フレーム」と入力します。また、デフォルトの動作をそのまま使用するには、フィールドを空のままにします。デフォルトの動作は、ユーザーのブラウザーの機能に基づいて自動的に検出されます。

注意:

この設定は、Lightning ページを使用しているお客様には適用されず、契約書(詳細)ページレイアウトを使用している設定でのみ使用できます。


ワークフローオプション

送信者(自身)のみが署名する契約書を送信者が生成する必要がありますか?

  • 送信者の署名のみを有効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページの「受信者」セクションに「送信者の署名のみ」オプションが表示され、有効になります。「送信者の署名のみ」オプションを使用すると、契約書または文書は、署名する送信者に表示されます。この機能は、アドビサービスの「自分のみが署名」機能と似ています。このオプションを読み取り専用に設定するには、「送信者署名のみを読み取り専用にする」設定を使用します。

 

文書の送信者がその文書に署名する必要はありますか?

  • 送信者署名を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に送信者署名オプションが非表示になります。

 

送信者が、署名オプションとしてシリアルと並列のどちらかを選択できるようにしますか?

  • 受信者署名順序オプションを表示 - この設定を有効にすると、受信者署名の 2 つのオプション、シリアル(入力された順序)または並列(任意の順序)が表示されます。


受信者オプション

どのタイプの受信者オブジェクト(取引先責任者、リードなど)に契約書を送信しますか?

  • 取引先責任者の受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページで取引先責任者を受信者として選択するオプションが非表示になります。
  • 電子メールの受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページで電子メールアドレスを受信者として入力するオプションが非表示になります。
  • グループ受信者タイプを無効にする - この設定では、ユーザーがグループレコードを契約書の受信者として使用できるかどうかを制御します。
  • リード受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページでリードを受信者として選択するオプションが非表示になります。
  • ユーザー受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページでユーザーを受信者として選択するオプションが非表示になります。
  • 受信者の承認者の役割を有効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、受信者を承認者としてマークするオプションが有効になります。承認者は文書を確認して承認しますが、署名する必要はありません。
  • 受信者の委任承認者の役割を有効にする - 委任者としてマークされている受信者は、文書の確認はできますが、署名、承認、同意はできません。委任者は適切な操作をおこなう別のユーザーに文書を転送する必要があります。
  • 受信者の委任署名者の役割を有効にする - 委任者としてマークされている受信者は、文書の確認はできますが、署名、承認、同意はできません。委任者は適切な操作をおこなう別のユーザーに文書を転送する必要があります。

 

送信者が契約の CC 先を定義できるようにしますか?

  • 電子メールコピーの送信先を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に「電子メールコピーの送信先:」オプションが非表示になります。

 

カスタムフィールドを使用して受信者を定義しますか?

  • 受信者フィールド一覧を上書き - このフィールドでは、契約フィールドのデフォルト設定を変更できます。この設定により、署名用に送信する契約書の受信者を選択するときに、使用される契約フィールドが決まります。この設定を使用する場合は、契約レコードの API フィールド名をカンマ区切りのリストを含めます。このフィールドは、受信者が読む順に並んでいる必要があります(例:SignerA_Email__c,SignerB_Email__c)。


受信者確認オプション

どのタイプの受信者確認を許可しますか?

  • ナレッジベース認証を無効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、契約のナレッジベース認証(KBA)ID 確認オプションが非表示になります。これは、文書に署名する際に個人情報の入力と確認を署名者に求める、署名者の ID 確認方法です。この機能の使用は制限されており、追加の費用が発生する場合があります。また、Salesforce で KBA を使用できるように、echosign.adobe.com の取引先の送信設定で KBA が有効になっていることも確認してください。
  • ソーシャル ID 確認を無効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、契約のソーシャル ID 確認オプションが非表示になります。Web ID 確認では、署名者は、Facebook、Google、LinkedIn、Twitter、Yahoo または Microsoft Live のいずれかのサイトにログインして ID を確認する必要があります。また、Salesforce で Web ID を使用できるように、echosign.adobe.com の取引先の送信設定で Web ID が有効になっていることも確認してください。
  • 電話認証を有効にする - この設定を有効にすると、受信者 ID を確認するための電話認証オプションが表示されます。この機能の使用は制限されており、追加の費用が発生する場合があります。
  • 署名パスワードを非表示 - この設定を有効にすると、署名パスワードオプションが非表示になります。
  • 署名者に様々な確認方法を適用する必要がありますか?
  • 署名者ごとの ID 確認を有効にする - この設定を有効にすると、各署名者が異なる ID 確認方法を使用できます(例:パスワード、電話、ソーシャル ID、KBA)。
  • 別の署名者 ID 確認方法を有効にする - この設定を有効にすると、Adobe Sign アカウントの受信者と Adobe Sign アカウント以外の受信者に対して異なる ID 確認方法を選択できます。ナレッジベース認証(KBA)、ソーシャル ID 確認および署名パスワードを選択できます。例えば、お客様には文書に署名する前にナレッジベース ID での確認を要求し、セールスマネージャーには文書に署名するためのパスワードを入力するように要求できます。このチェックボックスをオフにすると、すべての署名者または承認者は、送信者が選択した同じ方法を使用して確認します。


文書の添付

送信者がどの場所にある文書を添付することを許可しますか?

  • Salesforce コンテンツ / ファイルの添付を非表示- この設定を有効にすると、Salesforce コンテンツまたはファイルをドラフト契約に追加するためのオプションが非表示になります。
  • Salesforce 文書の添付ファイルを非表示 - この設定を有効にすると、Salesforce 文書をドラフト契約に追加するためのオプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルのアップロードを非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約のローカルファイルをアップロードするためのオプションが非表示になります。
  • Adobe Sign ライブラリの添付ファイルを表示 - この設定を有効にすると、Adobe Sign 文書テンプレートを追加するためのオプションが表示されます。
  • Adobe Sign フィールドテンプレートを表示 - この設定を有効にすると、Adobe Sign フォームフィールドレイヤーテンプレートを選択して、文書に適用するためのオプションが表示されます。

 

ユーザーがフィールドテンプレートを使用できるようにしますか?

  • フィールドテンプレートの追加機能を非表示 - この設定を有効にすると、送信者がドラフト文書で「フォームフィールドテンプレートを追加」を実行するためのリンクが非表示になります。

 

契約名を、最初の添付文書のファイル名に自動的に変更しますか?

  • 添付ファイルの名前を使用して契約の名前を変更 - この設定を使用すると、添付文書の名前を使用して、契約名を変更できます。


送信オプション

Salesforce ユーザーが他のユーザーの代わりに送信できるようにしますか?

  • 他ユーザーの代理送信を許可する - この設定を使用すると、他のユーザーの代理で契約を送信できます。

 

期間終了後に契約を自動的に期限切れにしますか?

  • 署名期限のリマインダーイベントを作成 - この設定を使用すると、送信された契約書の有効期限が近づいたことをユーザーに知らせる Salesforce のアラートが表示されます。「署名期限日数のリマインダーイベントを作成」設定を使用して、契約書の有効期限の何日前にアラートを表示するかを指定します。
  • 署名期限日数のリマインダーイベントを作成 - 日数を入力して、「署名期限のリマインダーイベントを作成」設定を有効にします。この設定によって、「有効期限が近い契約のアラート」を Salesforce のユーザーに表示できます。アラートは、契約書の有効期限の指定された日数前に表示されます。
  • 署名の有効期限を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に署名の有効期限オプションが非表示になります。

 

契約書の関係性を他の Salesforce オブジェクトに拡張できるようにする必要がありますか?

  • 取引先の参照を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に(「契約の詳細」セクションにある)取引先の参照オプションが非表示になります。
  • 契約書の参照を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に(「契約の詳細」セクションにある)契約書の参照オプションが非表示になります。
  • 商談の参照を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に(「契約の詳細」セクションにある)商談の参照オプションが非表示になります。

 

契約書を送信する前にユーザーがフィールドの位置を操作できるようにしますか?

  • プレビューまたは位置設定を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合にプレビューまたは位置設定のオプションが非表示になります。

 

受信者または添付ファイルの順序をユーザーが変更できるようにしますか?

  • 添付ファイルの順序変更を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に添付ファイルの並べ替えオプションが非表示になります。
  • 受信者の順序変更を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に受信者の並べ替えオプションが非表示になります。

 

電子サインのほかに手書き署名を許可しますか?

  • 署名タイプを非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に署名タイプオプション(電子サインまたは手書き署名)が非表示になります。

 

契約書を作成しているときにユーザーが署名者へのリマインダーを定義できるようにしますか?

  • 署名のリマインダーを非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に署名のリマインダーオプションが非表示になります。

 

送信者のシステムで署名をホストする必要がありますか(対面署名)?

  • ホスト署名オプションを表示(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、対面署名を取得するための「最初の署名者の署名をホストする」フィールドが契約書ページに表示されます。


テンプレートユーザーの送信オプション

テンプレートを使用していますか?使用している場合は、事前入力されたフィールドの一部を非表示にするか、読み取り専用にして、送信者が編集できないようにする必要がありますか?

  • 受信者の追加を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に受信者の追加オプションが非表示になります。
  • 受信者の削除を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に受信者の削除オプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルの編集を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約に関連する添付ファイルの編集オプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルの削除を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約から(「添付ファイル」セクションにある)契約の添付ファイルの削除オプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルの表示を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約に関連する添付ファイルの表示オプションが非表示になります。
  • 取引先を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「取引先」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。これは、フィールドに事前に入力し、送信者にその値の編集を許可しない場合に便利です。
  • 契約名を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「契約名」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 契約書を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「契約書」参照フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 電子メールコピーを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「電子メールコピーの送信先」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • フィールドセットを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の「追加フィールド」セクションが読み取り専用になります。
  • ホスト署名を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「ホスト署名」チェックボックスが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 言語を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「言語」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • メッセージを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「メッセージ」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 商談を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「商談」参照フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • プレビューまたは位置設定を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「文書のプレビューまたは署名フィールドの位置設定」チェックボックスが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 受信者を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の「受信者」セクションが読み取り専用になります。
  • 読み取り専用の受信者署名順序 - この設定を有効にすると、契約書の受信者署名順序のオプションが読み取り専用になります。
  • セキュリティオプションを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の「セキュリティオプション」セクションが読み取り専用になります。
  • 送信者署名を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「この文書への署名も必須にする」チェックボックスが読み取り専用の契約書フィールドになります。
  • 送信者署名のみを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の送信ページの「受信者」セクションに「送信者の署名のみ」オプションが読み取り専用として表示されます。この設定は、「送信者の署名のみを有効にする」と共に使用します。
  • 署名タイプを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「署名タイプ」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 署名の有効期限を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「署名者にこの文書への署名を X 日間許可する」が読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 署名のリマインダーを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「受信者に署名を求める」チェックボックスが読み取り専用の契約フィールドになります。


送信後オプション

処理中の契約書に対する受信者の電子メールアドレスを送信者が変更できるようにしますか?

  • 署名者の置き換えを非表示 - この設定を有効にすると、契約書の送信後に現在の署名者または承認者を置き換える機能が非表示になります。


Salesforce の署名後コンテンツ

契約書の署名後、文書/監査証跡をどのように Salesforce に表示しますか?

注意:

テンプレートを使用すると、さらに多くの方法で Salesforce オブジェクトに完成した文書を添付することができます。以下のオプションでは、最終的な文書のみを契約オブジェクトに添付できます。

  • 添付ファイル一覧に監査 PDF を追加 - この設定を有効にすると、契約の署名後に、監査証跡の PDF が契約レコードに添付されます。
  • 署名済み PDF を別の添付ファイルとして追加 - この設定を有効にすると、1 回のトランザクションで送信された文書が複数ある場合に、署名済み契約書の PDF が個別の添付ファイルとして添付されます。署名済み契約書を結合 PDF として受信しないようにするには、アドビサポートにお問い合わせください。
  • 補足ファイルを添付ファイル一覧に追加 - この設定を有効にすると、契約の署名後に、補足文書の PDF が契約レコードに添付されます。署名者は、契約書の補足文書フィールドを使用して補足文書をアップロードし、契約トランザクションに添付します。
  • 転送された契約の場合に署名済み PDF リンクを追加(デフォルトで有効) - この設定は、Salesforce 以外で転送された契約の場合にのみ適用されます。この設定を有効にすると、署名済み PDF のリンクが契約レコードに追加されます。
  • 転送された契約の場合に署名済み PDF を追加(デフォルトで有効) - この設定は、Salesforce 以外から Salesforce に転送された契約に適用されます。この設定を有効にすると、署名済み PDF が契約レコードに添付されます。


署名後リダイレクト

文書に署名した後の署名者のリダイレクト先を制御しますか(また、デフォルトの Adobe Sign ページにリダイレクトしますか)?

  • 署名後オプションを有効にする - このオプションを有効にすると、選択したランディングページが署名者に表示されます。これにより、「署名後リダイレクト URL」オプションと「署名後リダイレクト遅延」オプションが契約を送信ページで使用可能になります。契約書の署名者は、署名後、指定された URL にリダイレクトされます。例えば、会社の Web サイトやアンケートページにリダイレクトできます。「署名後オプションを読み取り専用にする」設定を使用して、送信者に対してこのオプションを読み取り専用にできます。
  • 署名後オプションを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「署名後リダイレクト URL」オプションと「署名後リダイレクト遅延」オプションが、契約を送信ページの「受信者」セクションで読み取り専用になります。この設定は、「署名後オプションを有効にする」と共に使用します。


署名済み PDF のセキュリティ

最終的な PDF をパスワードで保護して、表示アクセスを制御しますか?

  • 署名済み PDF のパスワードを非表示 - この設定を有効にすると、署名済み契約書の PDF を開くためのパスワードを設定するパスワードオプションが非表示になります。
  • 契約パスワードを消去(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、契約の送信後に、契約の暗号化されたパスワードフィールドが Salesforce に保存されません。これは、契約書の署名または表示用に設定されているパスワードに適用されます。

Adobe Sign 設定(アルファベット順)

Salesforce の各設定には、疑問符アイコンがあります。そのアイコンをクリックすると、設定の説明を確認できます。

  • 操作ウィンドウタイプ - ユーザーのブラウザーで Adobe Sign ウィンドウをどのように開くかを決めます。新しいウィンドウとして開くには「ウィンドウ」と、契約書ページの上部でレイヤーとして開くには「フレーム」と入力します。また、デフォルトの動作をそのまま使用するには、フィールドを空のままにします。デフォルトの動作は、ユーザーのブラウザーの機能に基づいて自動的に検出されます。

注意:

この設定は、Lightning ページを使用しているお客様には適用されず、契約書(詳細)ページレイアウトを使用している設定でのみ使用できます。

  • 添付ファイル一覧に監査 PDF を追加 - この設定を有効にすると、契約の署名後に、監査証跡の PDF が契約レコードに添付されます。
  • 転送された契約の場合に署名済み PDF リンクを追加(デフォルトで有効) - この設定は、Salesforce 以外で転送された契約の場合にのみ適用されます。この設定を有効にすると、署名済み PDF のリンクが契約レコードに追加されます。
  • 署名済み PDF を別の添付ファイルとして追加 - この設定を有効にすると、1 回のトランザクションで送信された文書が複数ある場合に、署名済み契約書の PDF が個別の添付ファイルとして添付されます。署名済み契約書を結合 PDF として受信しないようにするには、アドビサポートにお問い合わせください。
  • 転送された契約の場合に署名済み PDF を追加(デフォルトで有効) - この設定は、Salesforce 以外から Salesforce に転送された契約に適用されます。この設定を有効にすると、署名済み PDF が契約レコードに添付されます。
  • 転送された契約の場合に署名済み PDF リンクを追加(デフォルトで有効) - この設定は、Salesforce 外から転送された契約の場合にのみ適用されます。この設定を有効にすると、署名済み PDF のリンクが契約レコードに追加されます。
  • 補足ファイルを添付ファイル一覧に追加 - この設定を有効にすると、契約の署名後に、補足文書の PDF が契約レコードに添付されます。署名者は、契約書の補足文書フィールドを使用して補足文書をアップロードし、契約トランザクションに添付します。
  • 他ユーザーの代理送信を許可する - この設定を使用すると、他のユーザーの代理で契約を送信できます。
  • グループマッピングを自動同期 - この設定を有効にすると、Salesforce ユーザープロファイルが更新されたときに適切な Adobe Sign グループが自動的に移動されます。
  • Adobe から Salesforce サイトへのコールバック URL - (2 MB を超える)大きな文書のトランザクションを送信する場合は、このボックスにコールバック URL を入力する必要があります。この設定は、大きなファイルを送信するために設定された Adobe Sign コールバックサイトからコピーしたセキュア Web アドレスです。署名について詳しくは、「大きな文書を送信するために Salesforce を設定する」を参照してください。
  • 署名期限のリマインダーイベントを作成 - この設定を使用すると、送信された契約書の有効期限が近づいたことをユーザーに知らせる Salesforce のアラートが表示されます。「署名期限日数のリマインダーイベントを作成」設定を使用して、契約書の有効期限の何日前にアラートを表示するかを指定します。
  • 署名期限日数のリマインダーイベントを作成 - 日数を入力して、「署名期限のリマインダーイベントを作成」設定を有効にします。この設定によって、「有効期限が近い契約のアラート」を Salesforce のユーザーに表示できます。アラートは、契約書の有効期限の指定された日数前に表示されます。
  • 契約の Chatter フィードを無効にする - この設定を有効にすると、契約オブジェクトの Chatter フィードが無効になります。
  • 取引先責任者の受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページで取引先責任者を受信者として選択するオプションが非表示になります。
  • 電子メールの受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページで電子メールアドレスを受信者として入力するオプションが非表示になります。
  • グループ受信者タイプを無効にする - この設定では、ユーザーがグループレコードを契約書の受信者として使用できるかどうかを制御します。
  • ナレッジベース認証を無効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、契約のナレッジベース認証(KBA)ID 確認オプションが非表示になります。これは、文書に署名する際に個人情報の入力と確認を署名者に求める、署名者の ID 確認方法です。この機能の使用は制限されており、追加の費用が発生する場合があります。また、Salesforce で KBA を使用できるように、echosign.adobe.com の取引先の送信設定で KBA が有効になっていることも確認してください。
  • リード受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページでリードを受信者として選択するオプションが非表示になります。
  • ソーシャル ID 確認を無効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、契約のソーシャル ID 確認オプションが非表示になります。Web ID 確認では、署名者は、Facebook、Google、LinkedIn、Twitter、Yahoo または Microsoft Live のいずれかのサイトにログインして ID を確認する必要があります。また、Salesforce で Web ID を使用できるように、echosign.adobe.com の取引先の送信設定で Web ID が有効になっていることも確認してください。
  • ユーザープロビジョニングを無効にする - この設定を有効にすると、ユーザーが契約を送信または管理するときに、アドビユーザーアカウントによるユーザーの自動プロビジョニングがおこなわれなくなります。ただし、この設定を有効にしても、契約リストで「契約を更新」をクリックすると、ユーザーの自動プロビジョニングが実行されます。
  • ユーザー受信者タイプを無効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページでユーザーを受信者として選択するオプションが非表示になります。
  • マッピングエラー通知を有効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、マッピングの実行でエラーが発生した場合に必ず電子メール通知がデータマッピングまたは結合マッピングの所有者に送信されます。
  • 署名者ごとの ID 確認を有効にする - この設定を有効にすると、各署名者が異なる ID 確認方法を使用できます(例:パスワード、電話、ソーシャル ID、KBA)。
  • 電話認証を有効にする - この設定を有効にすると、受信者 ID を確認するための電話認証オプションが表示されます。この機能の使用は制限されており、追加の費用が発生する場合があります。
  • 署名後オプションを有効にする - このオプションを有効にすると、選択したランディングページが署名者に表示されます。これにより、「署名後リダイレクト URL」オプションと「署名後リダイレクト遅延」オプションが契約を送信ページで使用可能になります。契約書の署名者は、署名後、指定された URL にリダイレクトされます。例えば、会社の Web サイトやアンケートページにリダイレクトできます。「署名後オプションを読み取り専用にする」設定を使用して、送信者に対してこのオプションを読み取り専用にできます。
  • 受信者の承認者の役割を有効にする(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、受信者を承認者としてマークするオプションが有効になります。承認者は文書を確認して承認しますが、署名する必要はありません。
  • 受信者の委任承認者の役割を有効にする - 委任者としてマークされている受信者は、文書の確認はできますが、署名、承認、同意はできません。委任者は適切な操作をおこなう別のユーザーに文書を転送する必要があります。
  • 受信者の委任署名者の役割を有効にする - 委任者としてマークされている受信者は、文書の確認はできますが、署名、承認、同意はできません。委任者は適切な操作をおこなう別のユーザーに文書を転送する必要があります。
  • 送信者の署名のみを有効にする - この設定を有効にすると、契約を送信ページの「受信者」セクションに「送信者の署名のみ」オプションが表示され、有効になります。「送信者の署名のみ」オプションを使用すると、契約書または文書は、署名する送信者に表示されます。この機能は、アドビサービスの「自分のみが署名」機能と似ています。このオプションを読み取り専用に設定するには、「送信者署名のみを読み取り専用にする」設定を使用します。
  • 別の署名者 ID 確認方法を有効にする - この設定を有効にすると、Adobe Sign アカウントの受信者と Adobe Sign アカウント以外の受信者に対して異なる ID 確認方法を選択できます。ナレッジベース認証(KBA)、ソーシャル ID 確認および署名パスワードを選択できます。例えば、お客様には文書に署名する前にナレッジベース ID での確認を要求し、セールスマネージャーには文書に署名するためのパスワードを入力するように要求できます。このチェックボックスをオフにすると、すべての署名者または承認者は、送信者が選択した同じ方法を使用して確認します。
  • フィールドテンプレートの追加機能を非表示 - この設定を有効にすると、送信者がドラフト文書で「フォームフィールドテンプレートを追加」を実行するためのリンクが非表示になります。
  • 取引先の参照を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に(「契約の詳細」セクションにある)取引先の参照オプションが非表示になります。
  • 受信者の追加を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に受信者の追加オプションが非表示になります。
  • 契約書の参照を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に(「契約の詳細」セクションにある)契約書の参照オプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルの削除を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約から(「添付ファイル」セクションにある)契約の添付ファイルの削除オプションが非表示になります。
  • 受信者の削除を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に受信者の削除オプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルの編集を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約に関連する添付ファイルの編集オプションが非表示になります。
  • 商談の参照を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に(「契約の詳細」セクションにある)商談の参照オプションが非表示になります。
  • 署名済み PDF のパスワードを非表示 - この設定を有効にすると、署名済み契約書の PDF を開くためのパスワードを設定するパスワードオプションが非表示になります。
  • プレビューまたは位置設定を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合にプレビューまたは位置設定のオプションが非表示になります。
  • 添付ファイルの順序変更を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に添付ファイルの並べ替えオプションが非表示になります。
  • 受信者の順序変更を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に受信者の並べ替えオプションが非表示になります。
  • 署名者の置き換えを非表示 - この設定を有効にすると、契約書の送信後に現在の署名者または承認者を置き換える機能が非表示になります。
  • Salesforce コンテンツ / ファイルの添付を非表示 - この設定を有効にすると、Salesforce コンテンツまたはファイルをドラフト契約に追加するためのオプションが非表示になります。
  • Salesforce 文書の添付ファイルを非表示 - この設定を有効にすると、Salesforce 文書をドラフト契約に追加するためのオプションが非表示になります。
  • 電子メールコピーの送信先を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に「電子メールコピーの送信先:」オプションが非表示になります。
  • 送信者署名を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に送信者署名オプションが非表示になります。
  • 契約書エディターページのサイドバーを非表示 - この設定を有効にすると、契約書エディターページのサイドバーが非表示になります。サイドバー、契約書ホームページまたは関連するオブジェクトの契約書のリスト内のサイドバーに表示される契約書の名前をクリックすると、契約書エディターページにアクセスできます。

注意:この設定で解決しようとしていた VF ページの問題は、サイドバーコンポーネントへのカスタム JavaScript の追加方法に対する Salesforce の最近の制限によって解決されました。適用されるのは VF ページのみであり、新しい Lightning ページレイアウトを使用している場合はサポートされません。

  • 署名の有効期限を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に署名の有効期限オプションが非表示になります。
  • 署名のリマインダーを非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に署名のリマインダーオプションが非表示になります。
  • 署名タイプを非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約の場合に署名タイプオプション(電子サインまたは手書き署名)が非表示になります。
  • 署名パスワードを非表示 - この設定を有効にすると、署名パスワードオプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルのアップロードを非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約のローカルファイルをアップロードするためのオプションが非表示になります。
  • 契約の添付ファイルの表示を非表示 - この設定を有効にすると、ドラフト契約に関連する添付ファイルの表示オプションが非表示になります。
  • 受信者フィールド一覧を上書き - このフィールドでは、契約フィールドのデフォルト設定を変更できます。この設定により、署名用に送信する契約書の受信者を選択するときに、使用される契約フィールドが決まります。この設定を使用する場合は、契約レコードの API フィールド名をカンマ区切りのリストを含めます。このフィールドは、受信者が読む順に並んでいる必要があります(例:SignerA_Email__c,SignerB_Email__c)。
  • 取引先を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「取引先」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。これは、フィールドに事前に入力し、送信者にその値の編集を許可しない場合に便利です。
  • 契約名を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「契約名」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 契約書を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「契約書」参照フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 電子メールコピーを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「電子メールコピーの送信先」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • フィールドセットを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の「追加フィールド」セクションが読み取り専用になります。
  • ホスト署名を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「ホスト署名」チェックボックスが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 言語を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「言語」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • メッセージを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「メッセージ」フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 商談を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「商談」参照フィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 署名後オプションを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「署名後リダイレクト URL」オプションと「署名後リダイレクト遅延」オプションが、契約を送信ページの「受信者」セクションで読み取り専用になります。この設定は、「署名後オプションを有効にする」と共に使用します。
  • プレビューまたは位置設定を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「文書のプレビューまたは署名フィールドの位置設定」チェックボックスが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 受信者を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の「受信者」セクションが読み取り専用になります。
  • 読み取り専用の受信者署名順序 - この設定を有効にすると、契約書の受信者署名順序のオプションが読み取り専用になります。
  • セキュリティオプションを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の「セキュリティオプション」セクションが読み取り専用になります。
  • 送信者署名を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「この文書への署名も必須にする」チェックボックスが読み取り専用の契約書フィールドになります。
  • 送信者署名のみを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、契約書の送信ページの「受信者」セクションに「送信者の署名のみ」オプションが読み取り専用として表示されます。この設定は、「送信者の署名のみを有効にする」と共に使用します。
  • 署名の有効期限を読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「署名者にこの文書への署名を X 日間許可する」が読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 署名のリマインダーを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、「受信者に署名を求める」チェックボックスが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 署名タイプを読み取り専用にする - この設定を有効にすると、署名タイプフィールドが読み取り専用の契約フィールドになります。
  • 添付ファイルの名前を使用して契約の名前を変更 - この設定を使用すると、添付文書の名前を使用して、契約名を変更できます。
  • Adobe Sign フィールドテンプレートを表示 - この設定を有効にすると、Adobe Sign フォームフィールドレイヤーテンプレートを選択して、文書に適用するためのオプションが表示されます。
  • Adobe Sign ライブラリの添付ファイルを表示 - この設定を有効にすると、Adobe Sign 文書テンプレートを追加するためのオプションが表示されます。
  • ホスト署名オプションを表示(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、対面署名を取得するための「最初の署名者の署名をホストする」フィールドが契約書ページに表示されます。
  • 受信者署名順序オプションを表示 - この設定を有効にすると、受信者署名の 2 つのオプション、シリアル(入力された順序)または並列(任意の順序)が表示されます。
  • 契約パスワードを消去(デフォルトで有効) - この設定を有効にすると、契約の送信後に、契約の暗号化されたパスワードフィールドが Salesforce に保存されません。これは、契約書の署名または表示用に設定されているパスワードに適用されます。

Adobe Sign 環境設定

環境設定を使用すると、Salesforce の接続先の環境を Adobe Sign 側で制御できます。

注意:

この設定は、Adobe Sign サポートから特別な指示がない限り変更しないでください

  • API の URL を設定 - 指定した環境のデフォルトの Adobe API URL を上書きする URL を入力します。
  • OAuth API の URL を設定 - デフォルトの Adobe OAuth API URL を上書きする URL を入力します。           
  • URL を設定 - 指定した環境のデフォルトの旧 Adobe 統合 URL を上書きする URL を入力します。
  • 環境名 - 環境名(Prod、Stage、Preview、Demo)を指定して、いずれかの Adobe Sign 環境を指定します。

Adobe Sign ツールバー設定

ツールバー設定を使用すると、アカウントで使用できるようにする Adobe Sign ツールバー操作を制御できます。プロファイルまたはユーザーごとに異なるツールバー設定を作成することができます。

  • 取り消し (ドラフト) - 契約書が未送信の場合にのみ使用できます。このボタンをクリックすると、Salesforce の契約書が削除されます。デフォルトでは非表示になっています。
  • 契約書をキャンセル - 署名用に送信された契約書をキャンセルします。ただし、レコードは Salesforce に保持されます。
  • 契約書を削除 - 署名用に送信された契約書をキャンセルし、レコードを Salesforce から削除します。
  • 契約確認ロゴを無効にする - AppExchange で Salesforce 用 Adobe Sign アプリを確認するようユーザーに求める、契約書ページのロゴとテキストを非表示にします。
  • 契約の一括キャンセルを無効にする - 文書を一括でキャンセルする機能を無効にします。詳しくは、契約書の一括送信および管理を参照してください。
  • 契約の一括削除を無効にする - 文書を一括で削除する機能を無効にします。
  • 契約の一括送信を無効にする - 文書を一括で送信する機能を無効にします。
  • 一括送信のリマインダーを無効にする - リマインダーを一括で送信する機能を無効にします。
  • 契約の一括更新を無効にする - 文書を一括で更新する機能を無効にします。
  • 読み込み時アクションを有効にする - ユーザーがアクションを HTTP パラメーターとして契約書ページに渡すことができます。パラメーターを受け取ったページは、そのアクションをすぐに実行します。
  • 契約を保存 - 契約を保存します。
  • 契約を送信 - 署名用に契約を送信します。
  • リマインダーを送信 - リマインダーを現在の署名者に送信します。
  • 状況を更新 - Adobe Sign に対してクエリを実行して、Salesforce で契約状況を更新します。
  • 契約書を表示 - Adobe Sign の契約書を表示ページを開きます。ユーザーはこのページで契約を確認し、追加の作業をおこなうことができます。

Adobe Sign 結合マッピング設定

結合マッピング設定を使用すると、結合マッピングを使用して契約書を送信するとき、添付ファイルをどのように管理するかを制御できます。詳しくは、結合マッピングの文書を参照してください。

  • 結合文書を添付 - 契約書に結合マッピングを使用する場合、このオプションを選択すると、契約書の送信後、結合データを含む文書が契約レコードに添付されます。
  • 元の文書を削除 - 契約書に結合マッピングを使用する場合、このオプションを選択すると、契約書の送信後、契約レコードから元のテンプレート文書が削除されます。

Adobe Sign 転送マッピング設定

転送マッピング設定を使用すると、Salesforce 以外で作成された契約書が Salesforce に転送されたときに、受信者レコードをどのように作成または更新するかを制御できます。別の場所で作成された文書が Salesforce に自動的に作成されるように Salesforce を設定する方法について詳しくは、契約書の転送マッピングに関する文書を参照してください。

  • 受信者オブジェクトを自動作成 - このフィールドには、元の契約書の受信者と一致する取引先責任者が Salesforce に存在しない場合に作成する受信者タイプ(取引先責任者またはリード)を指定します。必要に応じて、「取引先責任者」または「リード」をこのフィールドに入力します。受信者の参照は、「受信者の参照順」フィールドのエントリにも基づいています。
  • 取引先責任者をコピー - このオプションを選択すると、最初の取引先責任者の受信者に指定されている取引先の参照が、契約書の取引先の参照にコピーされます。
  • 取引先責任者の商談をコピー - このオプションを選択すると、最初の取引先責任者の受信者に指定されている商談の参照が、契約書の商談の参照にコピーされます。
  • 受信者参照ドメインの無視一覧 - 受信者の電子メールが、このフィールドに入力したドメインのいずれかに属している場合、受信者の対応付けは実行されず、受信者は電子メールアドレスとして Salesforce に保存されます。
  • 受信者の参照順 - このフィールドでは、契約書の受信者が Salesforce で検索される順序を指定します。例えば、取引先責任者、リード、ユーザーの順に受信者を参照する場合は、このフィールドにはその順番で入力します。

Adobe Sign Chatter 設定

Adobe Sign Chatter 設定は、組織で Adobe Sign for Chatter アプリをインストールしている場合に表示されます。この設定によって、Chatter の更新の投稿先と Chatter の投稿をトリガーするイベントを決定します。組織用に 1 セットだけ Chatter 設定を定義してください。設定には名前を付けることができます。Adobe Sign for Chatter の詳細およびインストールと設定の手順については、こちらを参照してください。

  • 名前 - このフィールドでは、カスタム設定データが Apex によって使用される場合のデータセットの名前を指定します。
  • Adobe Sign Chatter の更新を有効にする - この設定をオンにすると、Adobe Sign 契約書の Chatter の更新が有効になります。
  • 取引先レコードの場合に投稿 - 関連する取引先レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 契約レコードの場合に投稿 - 関連する契約レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 契約レコードの場合に投稿 - 関連する契約レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 商談レコードの場合に投稿 - 関連する商談レコードに関する Adobe Sign 契約の場合に Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の取り消し時に投稿 - 契約が取り消されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の拒否時に投稿 - 契約が拒否されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の期限切れ時に投稿 - 契約の有効期限が切れたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の送信時に投稿 - 契約が送信されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の署名時または承認時に投稿 - 契約が署名または承認されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約の表示時に投稿 - 契約が表示されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 受信者の電子メールが不達の場合に投稿 - 受信者の電子メールが宛先不明で不達になったときに Chatter の更新を投稿します。
  • リマインダーの送信時に投稿 - リマインダーが送信されたときに Chatter の更新を投稿します。
  • 契約への署名を求める通知を送信 - 契約に署名者の署名が必要な場合に署名者に非公開 Chatter メッセージを投稿します。

注意:

メインの Adobe Sign 設定には他の Chatter 設定があります。デフォルトでは、契約レコードは Chatter フィードに対して有効になりますが、「契約の Chatter フィードを無効にする」設定でオフにすることができます。

Adobe Sign リード変換設定

リード変換設定を使用すると、リードを取引先、取引先責任者または商談に変換した後も、契約の関係性を保持できます。

  • 取引先保持契約 - このオプションをオンにすると、リードが取引先に変換された場合にリードの契約が保持されます。
  • 取引先責任者保持契約 - このオプションをオンにすると、リードが取引先責任者に変換されたときにリードの契約が保持されます。
  • 商談保持契約 - このオプションをオンにすると、リードが商談に変換されたときにリードの契約が保持されます。

契約が転送された場合の Salesforce の更新

注意:

この機能は、Salesforce Professional Edition ではサポートされていません

Adobe Sign API を使用すると、署名用に契約書を送信するか、Widget を作成して Web サイトに埋め込むことで、その契約書すべてを Salesforce から送信した場合と同じように Salesforce で転送して作成できます。echosign.adobe.com Web アプリケーション経由で契約書を送信し、その契約書すべてを Salesforce に転送することもできます。

このシナリオを有効にするには:

  • サイトのコールバックプロファイルに Visualforce ページを追加します
  • コールバックサイトプロファイルでオブジェクトまたはフィールドレベルの権限を有効にします
  • コールバックサイトプロファイルでAdobe Sign 統合ユーザー権限セットを有効にします


Visualforce ページの追加

1. Adobe Sign コールバックサイトを設定していない場合、この機能を使用するには、Salesforce サイトを作成する必要があります(詳しくは、インストールガイドのコールバックサイトの設定を参照してください)。

 

2. Setup/Platform Tools/User Interface/Sites and Domains/Sites に移動します。

3. Adobe Sign Callback サイトラベルをクリックします。

「Adobe Sign Callback」リンク

4. 「Site Visualforce Pages」セクションまでスクロールし、「Edit」をクリックします。

「Site Visualforce Pages」セクションまでスクロール

5. スクロールして echosign_dev1.EchoSignAgreementPushCallback を探して選択し、「Add」をクリックします。

6. 「Save」をクリックします。

Visualforce ページを追加

Adobe Sign 以外で送信されたアカウント内のすべての契約書を、Salesforce で作成して転送するには、次の手順に従います。

  • セキュア URL アドレスを、作成した Adobe Sign コールバックサイトからコピーし、/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback に追加してコールバック URL を作成します。アドビサポートに連絡し、コールバック URL を提供して、Adobe Sign アカウントのデフォルト URL として設定します。例えば、サイトアドレスが https://echov11-dev.na12.force.com/EchoSignCallback の場合、コールバック URL は https://echov11-dev.na12.force.com/EchoSignCallback/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback になります。
  • アドビサポートは、デフォルトのコールバック URL API ユーザー設定の Adobe Sign userID を入力する必要もあります。また、Salesforce を使用しているすべてのアカウントが、コールバック URL に文書キーを追加するように設定されていなければなりません。

API 経由で契約書を送信するには、次の手順に従います。

  • セキュア URL アドレスを、作成した Adobe Sign コールバックサイトからコピーし、/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback に追加して、Adobe Sign API で使用するコールバック URL を作成します。
    • 例えば、サイトアドレスが https://echov11-dev.na12.force.com/EchoSignCallback
      の場合、Adobe Sign API で使用する URL は https://echov11-dev.na12.force.com/EchoSignCallback/echosign_dev1__EchoSignAgreementPushCallback になります。
  • API を使用して、契約書を送信するか、Widget を作成する場合は、コールバック URL を提供する必要があります(https://secure.echosign.com/redirect/latestApiMethods の API パラメーター「CallbackInfo」を参照してください)。
  • また、文書キーをコールバック URL に追加するようにアカウントが設定されていることを確認します。Adobe Sign を使用している Salesforce のお客様については、デフォルトでこのように設定されています。問題が発生した場合は、Adobe Sign サポートにお問い合わせください
  • また、転送マッピング設定に移動して、契約書が Salesforce に転送されたときのレコードの作成方法に関する設定を定義します。


オブジェクトレベルおよびフィールドレベルの権限の有効化

Visualforce ページの追加後、コールバックサイトのサイト詳細ページに戻ります。

  • パブリックアクセス設定」をクリックしてプロファイルページを開きます
  • プロファイルページで「編集」をクリックします
  • 標準オブジェクト権限」セクションが表示されるまで下にスクロールします
  • 以下のオブジェクトの読み取り作成を有効にします
取引先責任者 取引先 商談
リード ユーザー  

 

  • カスタムオブジェクト権限」セクションが表示されるまで下にスクロールします
  • 以下のオブジェクトですべての値を有効にします。
契約 契約イベント 契約タイプ
データマッピング
文書キー mutex
結合マッピング
受信者 トリガー  

 

  • 保存」をクリックするとコールバックプロファイルに戻ります

 

また、フィールドレベルでの調整が必要なオブジェクトもいくつかあります。

  • フィールドレベルのセキュリティ」セクションが表示されるまで下にスクロールして、以下を編集します。
    • 標準フィールドレベルセキュリティ
      • 取引先責任者
        • 取引先の読み取りと編集のアクセス権を有効にします
        • 電子メールの読み取りと編集のアクセス権を有効にします
        • 名前の読み取りと編集のアクセス権を有効にします
      • リード
        • 会社名の読み取りと編集のアクセス権を有効化します
        • 電子メールの読み取りと編集のアクセス権を有効化します
        • 名前の読み取りと編集のアクセス権を有効にします
      • ユーザー
        • 電子メールの読み取りのアクセス権を有効にします
        • 名前の読み取りのアクセス権を有効にします
    • カスタムフィールドレベルセキュリティ
      • 文書キー mutex
        • 文書キーの読み取りと編集のアクセス権を有効にします
      • トリガー
        • すべてのフィールドで編集のアクセス権を有効にします


コールバックサイトプロファイルで Adobe Sign 統合ユーザー権限セットを有効にします

フィールドレベルの権限を編集した後も、サイトプロファイルページから移動しないでください。

  • ユーザーを表示」ボタンをクリックします
  • サイトユーザーの「氏名」リンクをクリックします
site_user

 

  • 権限セットの割り当てリンクにマウスカーソルを合わせ、「割り当てを編集」ボタンをクリックします。
edit_permissionssets

 

  • 利用可能な権限セット」セクションで「Adobe Sign 統合ユーザー」を選択します
  • 追加」ボタンをクリックします。
  • 保存」をクリックします。
permission_set_assigned

自動化およびバックグラウンドアクション

Salesforce 用 Adobe Sign には、契約書に対してバックグラウンドアクションを有効にして、ワークフローを自動化する機能が用意されています。これには、契約書の送信、リマインダーの送信、契約状況の更新、契約書の削除、契約書のキャンセルが含まれます。

バックグラウンドアクション

  • 自動ワークフローまたはトリガーによって、Salesforce は、追加のユーザー操作なしで署名用に文書を自動送信できます。リマインダーの送信、契約書の削除、キャンセルまたは更新を自動的におこなうように、トリガーまたはワークフローを設定することもできます。これをおこなうには、ユーザーまたはワークフローが他のユーザーの代理で送信できるようにすることが必要になる場合があります。
  • バックグラウンドアクションを有効にするには、「バックグラウンドアクション」という契約書選択リストフィールドを使用します。フィールドの値が切り替わると、アクションがトリガーされます。必ず契約状況に対して許可されているアクションのみをトリガーしてください(例えば、既にキャンセルされている契約については、リマインダーを送信することはできません)。
  • また、「署名用に送信」ボタンを有効にして、ユーザーに契約書を最初に確認するよう求めずに、事前定義された契約テンプレートを使用した契約書を自動送信することもできます。これを実現するには、契約テンプレートで「自動送信」オプションを有効にします。詳しくは、契約テンプレートを参照してください。

onLoadActions

Salesforce は、Adobe Sign が契約書のボタンアクション(送信、通知、キャンセル、更新および表示)に対してサポートしている onLoadAction URL パラメーターを使用して、アクションを自動的にトリガーできます。URL パラメーターでは、管理者が設定したツールバー設定が考慮されます。そのため、有効になっているツールバー設定のみが使用可能になります。

onLoadAction を使用した URL の例:

送信:アカウントで契約状況がドラフトであることを確認してください。

https://echosign-dev1.ap1.visual.force.com/apex/EchoSignAgreementAdvanced?id=[agreementID]&sfdc.override=1&onLoadAction=send

 

通知:アカウントで契約状況が署名用に送信であることを確認してください。

https://echosign-dev1.ap1.visual.force.com/apex/EchoSignAgreementAdvanced?id=[agreementID]&sfdc.override=1&onLoadAction=remind

 

削除:アカウントで契約状況が署名用に送信であることを確認してください。

https://echosign-dev1.ap1.visual.force.com/apex/EchoSignAgreementAdvanced?id=[agreementID]&sfdc.override=1&onLoadAction=delete

 

キャンセル:アカウントで契約状況が署名用に送信であることを確認してください。

https://echosign-dev1.ap1.visual.force.com/apex/EchoSignAgreementAdvanced?id=[agreementID]&sfdc.override=1&onLoadAction=cancel

 

更新:アカウントで契約状況が署名用に送信であることを確認してください。

https://echosign-dev1.ap1.visual.force.com/apex/EchoSignAgreementAdvanced?id=[agreementID]&sfdc.override=1&onLoadAction=update

 

表示:アカウントで契約状況がドラフト、署名用に送信、署名済みまたはキャンセル済みであることを確認してください。

https://echosign-dev1.ap1.visual.force.com/apex/EchoSignAgreementAdvanced?id=[agreementID]&sfdc.override=1&onLoadAction=view

Adobe Sign と他の Salesforce アプリの統合

Adobe Sign は複数の Salesforce アプリと統合されています。これにより、Salesforce ワークフローをさらに拡張できます。各アプリの詳細を確認してください。アプリは AppExchange から入手できます。

高度な文書生成

サブスクリプションと請求

契約、提案および見積管理

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー