マニュアル キャンセル

Adobe Connect のアクセシビリティ機能

  1. Adobe Connect ユーザーガイド
  2. 概要
    1. Adobe Connect の新機能
    2. Adobe Connect 会議室の基礎
    3. HTML クライアントの Adobe Connect 機能
    4. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    5. Adobe Connect の技術仕様と必要システム構成
    6. Adobe Connect のキーボードショートカット
  3. Adobe Connect Meeting
    1. Adobe Connect 会議室の基礎
    2. Adobe Connect 会議とセッションの開始、出席、管理
    3. Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーション
    4. Adobe Connect 会議前診断テスト
    5. Adobe Connect Central のホームページ
    6. Adobe Connect 会議でのコンテンツ共有
    7. Adobe Connect 会議の更新と管理
    8. 会議レポートおよび分析データの表示
    9. Adobe Connect 会議のノート、チャット、Q&A および投票
    10. Adobe Connect のアクセシビリティ機能
    11. Adobe Connect のキーボードショートカット
    12. 仮想会議室の作成とレイアウトの配置
    13. Adobe Connect 会議の小会議室
    14. Adobe Connect の会議出席者の管理
  4. Adobe Connect の管理とメンテナンス
    1. Adobe Connect HTML クライアントの有効化
    2. Adobe Connect でのシングルサインオンの有効化
    3. タイムアウト期間の変更
    4. Universal Voice オーディオプロバイダーの設定
    5. Adobe Connect でのユーザーとグループの作成および読み込み
    6. Adobe Connect アカウントセキュリティの拡張
    7. Adobe Connect Central での使用状況レポートの生成
    8. Adobe Connect アカウントの管理
    9. ユーザーとグループの管理
    10. ライブラリファイルおよびフォルダーのアクセス権の設定
    11. Adobe Connect Server のユーザーデータ、データベース、設定のバックアップ
    12. Adobe Connect データベースを使用したカスタムレポートの構築
    13. Adobe Connect Server のディスク容量の管理とキャッシュの消去
    14. Adobe Connect Server ログの管理と監視
    15. Adobe Connect サービスの起動と停止
  5. Adobe Connect Events
    1. Adobe Connect Events について
    2. Adobe Connect Events の管理
    3. Adobe Connect Events への出席
    4. Adobe Connect Events の作成と編集
  6. Adobe Connect のトレーニングとセミナー
    1. Adobe Connect のトレーニング向けコースとカリキュラムについて
    2. Adobe Connect によるトレーニングの実施
    3. セミナーの作成と管理
    4. Adobe Connect でのトレーニングコースの作成
    5. Adobe Connect でのトレーニングカリキュラムの作成と管理
    6. Adobe Connect の仮想教室について
    7. トレーニング機能を監視する Adobe Connect のレポート
    8. Adobe Connect トレーニングセッションおよび会議への参加
    9. Adobe Connect のクローズドキャプション
  7. Adobe Connect のオーディオおよびビデオによるコンファレンス
    1. Adobe Connect 会議でのオーディオ
    2. Adobe Connect 会議の録画と再生
    3. Adobe Connect 会議でのビデオ
  8. Adobe Connect でユーザーコンテンツの管理
    1. アップロードされたコンテンツに関するレポートと使用状況の情報の表示
    2. コンテンツライブラリのコンテンツの使用
    3. Adobe Connect ライブラリのファイルおよびフォルダーの使用

 

Adobe Connect の視覚、聴覚、運動機能の観点から見たアクセシビリティと、アクセシビリティ機能の米国連邦法 508 条への準拠について学習します。また、様々なニーズに合わせたポッドの使用方法についても説明します。

運動障害、視覚障害、視力低下などの障害を持つ方は、アクセシブルなドキュメントまたはアプリケーションを必要とします。 Adobe Connect のアクセシビリティ機能により、障害を持つユーザーがマウスを使用しなくても、会議の機能をできる限り使用することができます。

以下のアクセシビリティ機能だけでなく、Adobe Connect には、各種のキーボードショートカット機能が用意されています。キーボードを使用して一般的なタスクを実行したり、ポッドとメニューをナビゲートしたり、関連オプションを選択したり、会議室の基本的な管理作業を行ったりすることができます。詳しくは、「Adobe Connect のキーボードショートカット」を参照してください。

注意:

スクリーンリーダーなどの支援技術で適切な結果を得るために、デスクトップ向けアプリケーションを使用することをお勧めします。

メニューのナビゲーション

キーボードを使用して会議クライアント(アプリケーションバーメニュー)の上部にあるメニューに移動し、メニューオプションを実行することができます。

注意:

Windows の場合、オーディオコンファレンスのダイアログが表示されたら、主催者は Esc を押し、続けて Ctrl+Space キーを押すことで会議オーディオを開始できます。

  • Ctrl+Space/Command+F2 キーを使用すると、上部のナビゲーションバーがフォーカスされます。
  • Tab/Shift+tab キーを使用すると、上部のナビゲーションバーにあるボタン間を移動できます。

    Ctrl+Space キーを押すと、会議メニューがアクティブになります。Mac の Chrome ブラウザーでは、会議に参加した後に Tab を押して会議メニューを有効にし、その後 Ctrl+Space を使用します。

  • 注意:オーディオコンファレンスのダイアログが表示されたら、主催者は Esc を押し、続けて Ctrl+Space を押すことで会議オーディオを開始できます。

  • 左右矢印キーでアプリケーションバーの隣のメニューを有効にします。左矢印キーを使って右端のメニューにアクセスし、右矢印キーを使って左端のメニューにアクセスします。

  • 下矢印キーで現在のメニューを有効にします。メニュー内の項目を選択するには、上下左右の矢印キーを使用します。

  • Enter キーで現在のメニュー項目を選択します。

  • Escape キーを押すと、現在のメニューが閉じます。

ポッドのアクセシビリティ

キーボードのみで表示ポッド間を移動できます。

  • キーボードショートカット Ctrl+F9 を使用して、ポッドにフォーカスします。Mac の Chrome では Tab を 2 回押してから Command+F9 を使ってポッド間を移動します。
  • 会議室で使用できるポッドを切り替えてフォーカスで表示するには、Ctrl+F9 を長押しします。 ポッドの周囲の色の境界線は、ポッドがフォーカスされていることを示します。

  • 特定のポッドには、フォーカスを前提にしたデフォルトのフィールドがあります。 例えば、次の編集を行います。

    チャットポッド

    焦点のデフォルトは新しいメッセージフィールドに設定されます。 または、Ctrl+;/Command+; を押して、フォーカスをメッセージフィールドに移動します。

キーボードで移動時、チャットポッドは色つきの境界線でハイライト表示されます
キーボードで移動時、チャットポッドは色つきの境界線でハイライト表示されます

  • ポッドにフォーカスしたら、タブを使用してポッド内を移動するか Ctrl+F8 を押して「ポッドオプション」メニューにアクセスします。
  • ボタンをハイライト表示したら、スペースバーを押して有効にします。
  • タブをフォーカスしたまま左矢印キーを押すと、タブリスト内の前のタブにフォーカスが移動します。タブリスト内の最初のタブをフォーカスしたまま左矢印キーを押すと、フォーカスが移動して、リスト内の最後のタブが有効になります。
  • タブをフォーカスしたまま右矢印キーを押すと、タブリスト内の次のタブにフォーカスが移動します。タブリスト内の最後のタブをフォーカスしているときに右矢印キーを押すと、フォーカスが移動して、リスト内の最初のタブが有効になります。
  • 上矢印キーと下矢印キーを使用して、メニュー項目や出席者などの間でカーソルを上下に移動します。一方、左矢印キーと右矢印キーは、タブを水平方向に切り替えたり、サブメニューに入ったりするために使用します。
  • タブの削除が許可されている場合、タブをフォーカスしたまま Delete キーを押すと、タブとタブ付きパネルが、タブ付きのインターフェイスから削除されます。他のタブがタブ付きのインターフェイスに残っている場合、タブリスト内の次のタブにフォーカスが移動します。

Windows では、Adobe Connect クライアントが起動されると、デフォルトの焦点は表示チャットポッドのメッセージ入力領域に設定されます。 オーディオコンファレンスのダイアログが表示されたら、デフォルトの焦点はダイアログにあります。

Adobe Connect クライアントは、焦点を失い(たとえば別のアプリケーションに切り替えた場合など)、その後再び焦点が戻ることがあります。 この場合、会議アプリケーションは表示チャットポッドのメッセージ入力領域に戻ります。クライアントが焦点を失った場合は、Tab を押して左上隅の Adobe ロゴをハイライト表示します。Tab または Ctrl+F9 を押してその先に進みます。

出席者ポッドで参加者の役割を変更します。

  1. ポッドをフォーカスに取り込むには、キーボードショートカット Ctrl+F9 を使用します。

  2. 会議室で使用できるポッドを切り替えてフォーカスで表示するには、Ctrl+F9 を長押しします。 ポッドの周囲の色の境界線は、ポッドがフォーカスされていることを示します。

  3. 出席者ポッドを選択したら、Tab を数回押して参加者をリストする領域をハイライトします。

    出席者ポッドの一部分が色つきの境界線でハイライト表示されます(キーボードでナビゲーション時)
    出席者ポッドの一部分が色つきの境界線でハイライト表示されます(キーボードでナビゲーション時)

  4. Enter キーで該当セクションを展開し、ユーザーをハイライトし、役割を表示します。

  5. 矢印キーで会議出席者を選択します。

  6. 出席者が通知されたら、Ctrl+F8 キーを押してポッドオプションメニューに移動します。 矢印キーで「ポッドメニュー」オプション内を移動します。

    注意:

    または、Ctrl+F8 を押してポッドのオプションメニューに移動します。ポッドの左上隅のメニューに含まれるすべてのオプションは、ポッドのオプションメニューからも利用できます。

  7. 「出席者オプション」のサブメニューが通知されたら、右矢印キーを押してサブメニューにアクセスし、許可する権限が読み上げられるまで下矢印キーを押します。適切なオプションが見つかったら入室してください。

投票ポッドの投票の質問にお答えください

  1. ポッドをフォーカスに取り込むには、キーボードショートカット Ctrl+F9 を使用します。

  2. 会議室で使用できるポッドを切り替えてフォーカスで表示するには、Ctrl+F9 を長押しします。 ポッドの周囲の色の境界線は、ポッドがフォーカスされていることを示します。

  3. 作成された投票の種類による投票ポッドを選択した後で、次のいずれかを実行します。

    複数回答

    最初のチェックボックスをハイライトするには Tab キーを押し、次に Windows では矢印キー、Mac では Tab を使用して他のチェックボックスに移動します。 スペースキーを押してハイライトされたチェックボックスをオンにします。選択範囲は自動的に送信されます。 選択を取り消すには、チェックボックスを選択し、スペースキーを押します。

    複数選択

    最初のラジオボタンを選択するには Tab キーを押し、必要なオプションを選択するには矢印キーを使用します。選択範囲を送信するにはスペースキーを押します。送信を変更するには、矢印キーを使用して別のラジオボタンをハイライト表示し、スペースキーを押します。

    短い回答

    テキストフィールドを強調したり短い回答を入力するには、Tab キーを押します。「回答を送信」ボタンを選択するには、Tab キーを押します。回答を送信するには、スペースキーを押します。 送信した回答を更新するには、新しい回答を再入力して送信します。 以前の送信が上書きされます。

    キーボードを使用した「短い回答」タイプの投票の質問の送信
    キーボードを使用した「短い回答」タイプの投票の質問の送信

PDF のアクセシビリティ

JAWS、NVDA および VoiceOver のスクリーンリーダーなどの支援技術で、Adobe Connect 内のPDF ドキュメントにアクセスできるようになりました。これにより、タイトル、テキスト、ハイパーリンク、配置されているグラフィックの代替テキストを、視覚障害のあるユーザーがスクリーンリーダーで利用可能になります。

アクセシビリティ関連のアカウント設定

Adobe Connect の管理者は、デプロイメントを使用してユーザーのアクセシビリティを向上させるために、アカウント全体の設定を更新できます。 管理者は、ユーザーのニーズに合わせて、ログイン画面、会議室、Adobe Connect Central のユーザーインターフェイスのカラーテーマをカスタマイズすることができます。

また、管理者はフォーカスされたポッドを強調するために、境界線の色を変更できます。

アクセシビリティの向上のために選択されたポッドの境界線の色をカスタマイズします。
アクセシビリティの向上のために選択されたポッドの境界線の色をカスタマイズします。

アドビのロゴ

アカウントにログイン