Adobe Connect セッション非アクティブ時のタイムアウト期間を変更し、セキュリティを向上します。

Adobe Connect Central をセキュリティが確保された状態に保つために、活動のないセッションをオープンに保つ時間の長さを変更できます。 セッションが指定したタイムアウト期間に達すると、保存されていないデータはすべて失われます。

  1. Adobe Connect Central ウィンドウの上部で「管理」をクリックします。

  2. 「アカウント」をクリックします。

  3. 「セッション設定」をクリックします。

  4. タイムアウトまでの長さを分単位で入力します。

    Connect_central_set_timeout

    「Web セッションのタイムアウト (分)」フィールドは、Adobe Connect Central のタイムアウト値を制御します。このパラメーターの最小値は 5、最大値は 720 です。デフォルトの値は 30 分です。

    「Connect デスクトップ向けアプリケーションのセッションはタイムアウト (分)」フィールドは、Windows および Mac のデスクトップ向け Adobe Connect アプリケーションでの会議セッションのタイムアウト値を制御します。このパラメーターの最小値は 0、最大値は 43,200(30 日間)です。デフォルトは 4 日間です。

  5. 「保存」をクリックします。

上で設定したタイムアウト時間内には、ログイン資格情報を再入力せずに、Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションで任意の数のセッションを閉じたり、再度開いたりすることができます。この動作は、Windows 向けと Mac 向けの両方のアプリケーションに適用されます。

アカウントレベルでタイムアウトを設定するには、「セッションタイムアウト値の設定」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー