タイムアウト期間の変更

Adobe Connect セッション非アクティブ時のタイムアウト期間を変更し、セキュリティを向上します。

Adobe Connect Central をセキュリティが確保された状態に保つために、活動のないセッションをオープンに保つ時間の長さを変更できます。 セッションが指定したタイムアウト期間に達すると、保存されていないデータはすべて失われます。

  1. Adobe Connect Central ウィンドウの上部で「管理」をクリックします。

  2. 「アカウント」をクリックします。

  3. 「セッション設定」をクリックします。

  4. タイムアウトまでの長さを分単位で入力します。

    「Web セッションのタイムアウト (分)」フィールドは、Adobe Connect Central のタイムアウト値を制御します。このパラメーターの最小値は 5、最大値は 720 です。デフォルトの値は 30 分です。

    「Connect デスクトップ向けアプリケーションのセッションはタイムアウト (分)」フィールドは、Windows および Mac のデスクトップ向け Adobe Connect アプリケーションでの会議セッションのタイムアウト値を制御します。このパラメーターの最小値は 0、最大値は 43,200(30 日間)です。デフォルトは 4 日間です。

  5. 「保存」をクリックします。

上で設定したタイムアウト時間内には、ログイン資格情報を再入力せずに、Adobe Connect デスクトップ向けアプリケーションで任意の数のセッションを閉じたり、再度開いたりすることができます。この動作は、Windows 向けと Mac 向けの両方のアプリケーションに適用されます。

アカウントレベルでタイムアウトを設定するには、「セッションタイムアウト値の設定」を参照してください。

その他の関連ヘルプ

アドビのロゴ

アカウントにログイン