Adobe Connect により、トレーニングと仮想教室を実施します。トレーニングカタログの管理方法とベストプラクティスを学習します。

トレーニングカタログの管理

トレーニングマネージャーは、トレーニングカタログを利用してコースやカリキュラムを編成できます。例えば、トレーニングマネージャーはトレーニングカタログを使って、すべてのコースをカリキュラムに入れなくても、学習者が多くのコースを利用できるようにすることができます。または、トレーニングマネージャーはカリキュラムを作成してから、トレーニングカタログで様々な追加情報を学習者に示すこともできます。

注意:

トレーニングカタログを使用する場合、すべての学習者を学習者アクセス権グループに追加します。これで、学習者はカタログ内のすべてのトレーニングオプションを参照できるようになります。 アクセス権をカタログ内の特定のトレーニングオプションに制限する場合は、トレーニング教材をフォルダーに整理し、フォルダーレベルでアクセス権をカスタマイズします。

Adobe Connect 管理者はトレーニングカタログへのアクセス権を設定します。 詳しくは、「トレーニングカタログの設定」を参照してください。

注意:

Adobe Connect 管理者は、ガバナンス基準を遵守するために、自己登録およびトレーニングカタログの設定を変更することができます。 詳しくは、「承諾と制御の設定の使用」を参照してください。

トレーニングカタログを開く

初めてトレーニングカタログを使用するときは、フォルダーを使用して情報を整理することをお勧めします。 例えば、部署ごと(経理、人事、施設など)またはトレーニングの種類ごと(Beginning、Intermediate、Advanced など)にそれぞれフォルダーを作成します。

  1. Adobe Connect Central の「トレーニング」タブをクリックします。
  2. 「トレーニングカタログ」をクリックします。
  3. 「新規フォルダー」をクリックして、フォルダーを作成し、カタログを整理します。 フォルダー内にフォルダーを作成して、階層構造を設定することもできます。

トレーニングカタログでのアクセス権の設定

トレーニングカタログ内のフォルダーおよびアイテムのアクセス権を設定できます。 これは、トレーニングカタログがフォルダー構造内で整理され、各フォルダーを管理および公開するユーザーを制御する場合に便利です。

  1. Adobe Connect Central の「トレーニング」タブをクリックします。
  2. 「トレーニングカタログ」をクリックします。
  3. フォルダーまたはアイテムの横のチェックボックスをオンにします。
  4. 「アクセス権の設定」をクリックします。
  5. 「現在のアクセス権」リストで、個人またはグループを選択し「アクセス権」をクリックして、アクセス権レベル(「拒否」、「表示」、「パブリッシュ」、「管理」)を選択します。

注意:

デフォルトでは、学習者グループは、トレーニングカタログのルートレベルに対して「表示」アクセス権を持ちます。 このデフォルト設定では、学習者グループの誰もが、トレーニングカタログのルートレベルを参照できます。 アクセス権を変更して、トレーニングカタログを表示できるユーザーを制御できます。

トレーニングカタログへのアイテムの追加

コース、カリキュラムおよび仮想教室のみをトレーニングカタログに追加することができます。トレーニングカタログ内のコンテンツを使用するには、コンテンツをコースにします。 コースまたはカリキュラムをトレーニングカタログに追加する場合、学習者自身が自己登録できるかどうかも指定します。

  1. Adobe Connect Central の「トレーニング」タブをクリックします。
  2. トレーニングカタログに追加するコースまたはカリキュラムに移動し、コースまたはカリキュラムをクリックします。

  3. 「トレーニングカタログの設定」をクリックします。
  4. 「学習者が自己登録できるようにトレーニングカタログにリストする」を選択します。 これで、登録済みユーザーが、トレーニングカタログ内のコースまたはカリキュラムのアクセス権リストに自分自身を追加できるようになります。
  5. 次のいずれかの操作を行います。
    • トレーニングカタログ内のコースまたはカリキュラムにアクセスする前に、学習者が承認を受けることを必要とするには、「登録にはコースマネージャーの承認が必要です」を選択します。 学習者からの自己登録の要求があるたびに電子メールメッセージが送信されるようにするには、「承認要求をコースマネージャーに電子メールで通知する」を選択します。(このオプションを選択しない場合は、トレーニングカタログで承認待ちステータスの学習者がいないか確認します)。

    • すべての学習者がコースまたはカリキュラムにアクセスできるようにするには、「登録はオープンです」を選択します。

  6. 「トレーニングカタログに表示します」を選択します。
  7. 場所またはブラウザーを選択し、この項目に表示するフォルダーを 1 つまたは複数選択します。
  8. フォルダーを選択したら、「リスト表示を適用する」をクリックします。
  9. (オプション)コース/カリキュラムをレベルの異なる複数のフォルダーに追加するには、「リスト表示を適用し、他にも追加する」を選択します。

注意:

トレーニングレポートには自己登録情報は含まれていません。

トレーニングカタログについての学習者への通知

コンテンツを整理してトレーニングカタログに追加したら、学習者に通知します。

注意:

カリキュラムについて学習者に電子メールメッセージで通知を送信していて、カリキュラムの追加情報がトレーニングカタログにある場合は、単に通知テキストを編集してトレーニングカタログへのリンクを含めます。 こうすると、学習者は 1 通の電子メールメッセージで必要なすべての情報を受け取ることができます。

  1. 次のいずれかの方法で、学習者にトレーニングカタログについて通知します。
    • 新しい「トレーニングカタログ」タブが Adobe Connect ホームページにできたことを通知します。

    • トレーニングカタログへのリンクを含む電子メールメッセージを送信します。

    • Web ポータルにトレーニングカタログへのリンクを配置します。

    注意:

    電子メールメッセージ内のリンクまたは Web ポータル上のリンクは、トレーニングカタログ内のコースを直接示すこともできます。

トレーニング登録者の承認

コース、カリキュラム、または仮想教室のトレーニングカタログへの追加の際に、承認要求オプションを選択した場合、学習者がカタログのアイテムの表示を希望したときに学習者を管理および承認します。 承認を要求することにより、トレーニングマネージャーは承認をずらし、特定のコース、カリキュラム、または仮想教室に同時にアクセスできる学習者の数を制限できます。

  1. 次のいずれかの操作を行います。
    • 学習者がトレーニングカタログのコース、カリキュラム、または仮想教室の承認を要求すると電子メールで通知するオプションを選択した場合、電子メールメッセージのリンクをクリックします。

    • 電子メールによる通知オプションを選択しなかった場合は、「トレーニング」タブをクリックし、学習者を承認するコース、カリキュラム、または仮想教室に移動して、コース、カリキュラム、または仮想教室をクリックします。

  2. 「登録者の管理」をクリックします。
  3. 現在の登録者リストで、ステータスが「承認待ち」になっている人を選択します。
  4. 「アクセス権」をクリックし、「登録済み」を選択します (学習者のアクセス権は「拒否」または「承認待ち」に変更することができます)。

  5. 表示されるダイアログボックスで、登録されたことを学習者に通知する場合は「はい」を選択します。

仮想教室の実施

仮想教室のレイアウトは柔軟性があり、様々な方法で情報を提供し、教室の出席者とやり取りすることができます。

注意:

管理者が利用規約の注意事項のコンプライアンスを有効にしている場合、仮想教室に入室する前にこれを承諾します。 (詳しくは、「承諾と制御の設定の使用」を参照してください)。

  1. Adobe Connect Central の「トレーニング」タブで、入室する仮想教室に移動します。
  2. ナビゲーションバーの下のリストの仮想教室名をクリックします。

  3. 「仮想教室を入力」または教室の URL をクリックします。
  4. 出席者の入室要求を承認または拒否することによって、新しい出席者を管理します。 詳しくは、「出席者を招待およびアクセスの許可または拒否」を参照してください。
  5. 「スクリーンを共有/コースを共有/コースライブラリから選択」。 コースライブラリで使用できるコースを選択します。 Adobe Captivate で作成したコースを仮想教室で共有することができます。
  6. 以下に出席者のトレーニングについて、いくつかの例を示します。 いくつかのアイデアを紹介します。
    • 「ロビー」、「教室」、および「分析」の仮想教室のレイアウトを切り替えます。 出席者が互いに自己紹介するための大きなチャットポッドを含む「ロビー」から始めることをお勧めします。 次に、コースを共有する時点で「教室」レイアウトに変更します。 最後に、投票ポッドのある「分析」レイアウトで、出席者に仮想教室での体験を評価するよう依頼することができます。

    • 「コース共有ポッド」でコースを起動します。 必要に応じて、コースを同期化および非同期化します。 詳しくは、「出席者を招待およびアクセスの許可または拒否」を参照してください。

    • 出席者ポッドを使用して、出席者と対話します。 出席者に顔文字アイコンを使用して応答できる質問を出し、仮想的に発言を要求して質問するよう促します。 詳しくは、「トレーニングセッションおよび会議への参加」を参照してください。

    • ビデオポッドを使用して、ユーザーまたは出席者の画像や音声をブロードキャストします。 詳しくは、「コンピューターを使用する出席者のためにマイクを有効化」を参照してください。

    • 小規模のグループ設定で共同作業できるように、出席者をサブ会議室に移します。 詳しくは、「小会議室」を参照してください。

    • ホワイトボードを使用して出席者と共同作業したり、出席者が相互の共同作業により質問に答えたりアイデアを引き出したりできるようにします。 詳しくは、「ホワイトボードの共有」を参照してください。

    • チャットポッドを使用して出席者と通信したり、質問に回答します。 詳しくは、「会議でのチャット」を参照してください。

    • ノートポッドで、調査する質問、コースに追加する情報、または仮想教室を改善するためのアイデアなどのメモをとります。 詳しくは、「会議中にノートをとる」を参照してください。

  7. 仮想教室セッションを閉じるには、会議/会議の終了を選択します。

注意:

Adobe Connect 管理者は、ガバナンス基準を遵守するために、ポッド、共有、その他の設定を変更することができます。 これらの設定は、仮想教室のレイアウトおよび仮想教室で実施できる内容に影響します。 詳しくは、「承諾と制御の設定の使用」を参照してください。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー