キーフレームを使用すると、グレード、マスク、パン & スキャン調整の状態を一定時間をかけて変化させることができます。キーフレームはマスクの位置などの状態を指定する時点をマークします。通常は、少なくとも 2 つのキーフレーム(変化の開始時の状態と変化の終了時の新しい状態)を使用します。必要な数だけのキーフレームをトラックに追加できます。キーフレーム間の値は補間され、キーフレーム間にディゾルブを作成します。

キーフレームの追加

新しく作成されるグレーディングトラックには開始位置に 1 つのキーフレームがあります。そのままキーフレームを追加しないと、調整はクリップ全体に影響します。

キーフレームをトラックに追加するには、次の操作を実行します。

  1. キーフレームを追加する場所に再生ヘッドを移動します。

  2. 「Record Keyframe」ボタンをクリックします。

    「Record keyframe」ボタン
  3. 新しいキーフレームの位置に、グレード、マスク、パン & スキャン調整などの調整を適用します。

  4. 現在のキーフレームに再生ヘッドがある状態で 2 回目に Record Keyframe ボタンを押すと、前のキーフレームから現在のキーフレームへのディゾルブが作成されます。キーフレーム間でディゾルブを作成するためのワークフローを参照してください。

    トラックのキーフレーム間の矢印は、2 つの位置の間の線状ディゾルブを表します。

    ディゾルブ矢印

キーフレーム間でディゾルブを作成するためのワークフロー

それぞれの新しいキーフレーム位置で 2 回目に Record Keyframe ボタンをクリックすると、2 つのキーフレームの間でディゾルブが作成されます。一般的なワークフローは次のとおりです。

  1. タイムライン上で、再生ヘッドをディゾルブの開始位置に移動します。

  2. 「Record Keyframe」をクリックして、キーフレームを追加します。

  3. タイムライン上で、再生ヘッドをディゾルブの終了位置に移動します。

  4. 「Record Keyframe」を 2 回クリックして、キーフレームを追加します。すべての設定を前のキーフレームから現在のキーフレームへとスムーズに変化させます。

  5. 2 つのキーフレーム位置でグレード、マスク、またはパン & スキャンを調整します。

編集時のキーフレームの自動記録

自動キーフレームモードが有効になっている場合、プロパティを変更すると、新しい位置のそれぞれでキーフレームが自動的に追加されます。

  1. Auto-keyframe ボタンをクリックして、自動キーフレームモードのオンとオフを切替えます。

    Auto keyframe ボタン

キーフレーム間での移動

  1. キーフレームツールバーで、左向きまたは右向き矢印ボタンを押します。

    Next keyframe ボタン

     

    ヒント:キーボードショートカット Ctrl + Shift + 左向き / 右向き矢印を使用することもできます。

キーフレームの削除

キーフレームを 1 つだけ削除するには:

  1. 削除するキーフレームに移動します。

  2. Delete keyframe ボタンをクリックします。

    Delete keyframe ボタン

    同じトラックにある他のキーフレームには影響しません。

トラックにあるすべてのキーフレームを削除するには:

  1. Delete All Keyframs ボタンをクリックします。

    Delete all keyframes ボタン

    現在のグレーディングクリップの上または下にある他のグレーディング、マスク、またはパン & スキャントラックのキーフレームには影響しません。

関連トピック

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー