EDL を読み込み、シーケンスをカラーグレーディングするには、シーケンスのカラーグレーディングを参照してください。

クリップの選択

  1. SpeedGrade で、ユーザーインターフェースの左上コーナーにあるファイルブラウザを使用して、ビデオクリップを格納するフォルダーを選択します。

    デスクトップウィンドウに、選択したフォルダーの内容のサムネイルバージョンが表示されます。

    注意:

    ファイルの種類でサムネイルをフィルタするには、右上コーナーの「All Files」を選択して、ファイルの種類を選択します。

  2. デスクトップでクリップをダブルクリックして、タイムラインにクリップを配置します。

  3. イメージを表示するには、左上コーナーの「Monitor」タブをクリックします。

    注意:

    初期設定の表示サイズは 100% です。イメージをモニターウィンドウに合わせるには、インターフェースの右側のスコープウィンドウの下にある「Zoom to Fit」ボタンをクリックします。

    「Zoom to fit」ボタン

一次カラーグレーディングの適用

イメージ全体に、色温度、ホワイトポイント、ブラックポイントなどの基本カラー変更を適用します。変更は一次グレーディングレイヤーに適用されます。

左下のタイムラインの下の「Look」タブをクリックして、グレーディングコントロールにアクセスします。

「Look」タブ

グローバル変更を適用する

Look パネルの上部にあるスライダーで、イメージにグローバル変更を適用します。

グローバル調整スライダー
グローバル調整スライダー

グローバル設定を調整するには、次のようにします。

  1. スライダーの三角形のアイコンを右クリックし、クリックボタンを放します。
  2. マウスを左右に動かして、値を変更します。
  3. 三角形のアイコンをもう一度右クリックして、設定を受け入れます。

特定の領域に変更を適用する

Look パネルのカラーコントロールホイールを使用して、イメージのシャドウ、ミッドトーン、ハイライト領域のカラー値と輝度値を変更します。

カラーコントロールホイール
カラーコントロールホイール

輝度を調整するには、次のようにします。

  • ホイールの三角形のアイコンをクリックし、直線でマウスを右または左にドラッグします。円内でマウスをドラッグしないでください。左または右にドラッグするほどに、変化が大きくなります。

カラーを調整するには、次のようにします。

  1. 円の内側を右クリックし、クリックボタンを放します。
  2. マウスをあらゆる方向に動かして、値を変更します。
  3. もう一度右クリックして、設定を受け入れます。

コントロールホイールの代わりに、カラースライダーを使用できます。スライダーにアクセスするには、Shift + Enter キーを押します。

カラースライダー
カラースライダー

注意:

前および後のクイックビューで、グレーディングのオンとオフを切り替えるには、数値キーパッドのゼロ(0)キーを使用します。キーボードの NumLock キーが選択されていることを確認します。

二次リカラーグレーディングの適用

イメージの特定の色相範囲に、目的の調整を適用します。変更は二次グレーディングレイヤーに適用されます。

  1. 二次カラーグレーディングツールにアクセスするには、Layers ウィンドウの左下コーナーにある「+S」アイコンを選択します。

    「Secondary tools」ボタン
  2. 次のようにして、色相範囲を選択します。

    • プリセット色相オプションを選択するには、「Hue selection」ツールの上部に並んだカラーボタンのいずれかをクリックします。
    • 色相範囲をサンプリングするには、スポイトツールと「+」アイコンをクリックし、ドラッグして Monitor ウィンドウ内のイメージの部分を選択します。

    注意:

    スポイトツールを表示するために、Desktop ウィンドウの下の境界線のサイズを変更する必要がある場合があります。ウィンドウのサイズを変更するには、タイムラインの下中央にあるドラッグサイズ変更ツールを使用します。

    「Hue selection」ツール
  3. 色相範囲選択によって対象とするイメージの部分を表示するには、「Look」タブの右上コーナーにある Gray-out メニューからオプションを選択します。

    Gray out メニュー
  4. 選択を調整するには、スライダーの上の三角形を使用します。下げるには、スライダーの下の三角形を使用します。

  5. 「Look」ウィンドウの中央の「Off-set」および「Gain」コントロールホイールを使用して、二次補正を適用します。

  6. 二次補正をソフトにし、ブレンドするには、「Look」ウィンドウの右の「Denoise」および「Blur」スライダーを使用します。

  7. 二次補正を適用したら、「Gray-out」を「None」に設定します。

グレーディングしたクリップのレンダリング

  1. 右上の「Output」タブをクリックし、Metadata Render Engine を開きます。

    「Output」タブ
  2. Desktop メニューをクリックして目的のフォルダーを選択します。

  3. 「File Name」テキストボックスで、レンダリングするファイルに名前を割り当てます。

  4. 「Format & Options」で、レンダリングの出力ファイル形式を選択します。

    目的のプリセットが存在しない場合、「Other」をクリックして新しい設定を作成します。

  5. 「Render」セクションの「Online Quality」をクリックします。

  6. 「Render」ボタンをクリックします。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー