マスクされたオブジェクトの自動追跡

  1. トラックの最初のフレームで、ターゲットオブジェクトでマスクを適用してグレーディングします。 

    操作方法については、マスクの適用を参照してください。

  2. Mask パネルで「Track Object」ボタンをクリックします。

    このボタンは Mask パネルの右下にあります。パネルを下にスクロールしないと表示されない場合があります。

ショットでマスクは自動的にターゲットオブジェクトを追跡します。

以下に該当する場合は、次のセクションを参照してください。

  • 「Track Object」ボタンをクリックしても、マスクがオブジェクトを追跡できない。
  • ショット内の後の部分で追跡を開始または終了する。

マスクの動作の手動制御

キーフレームを使用すると、マスクの位置を一定時間をかけて手動で制御できます。キーフレームはマスクの形状や位置などを指定する時点をマークします。通常は、少なくとも 2 つのキーフレーム(変化の開始時の位置と変化の終了時の新しい位置)を使用します。SpeedGrade でキーフレーム間の推移がアニメートされます。詳細については、キーフレームの操作を参照してください。

キーフレームは、ターゲットオブジェクトを自動的に追跡できない場合に便利です。また、キーフレームを使用して、マスクの形状やぼかしを一定時間をかけて変化させることができます。

  1. Mask パネルで、次の操作を実行します。

    1. タイムライン上で、マスクでオブジェクトのトラッキングを開始する位置に再生ヘッドを移動します。
    2. 「Record Keyframe」ボタンをクリックして、キーフレームを挿入します。
    「Record keyframe」ボタン
    「Record keyframe」ボタン

    注意:

    マスクでトラックの最初のフレームからターゲットオブジェクトをトラッキングする場合は、開始キーフレームを挿入する必要はありません。調整クリップを追加すると、すぐにキーフレームが最初のフレームに追加されます。

  2. キーフレームのターゲットオブジェクトにマスクを適用し、Look パネルでマスクを調整します。

    操作方法については、マスクの適用を参照してください。

    注意:

    マスクでショットの前方の点からオブジェクトが自動的にトラッキングされるようにする場合、Mask パネルの右下にある「Track Object」ボタンをクリックします。

  3. タイムラインに 2 番目のキーフレームを挿入するには、次の操作を実行します。

    1. Mask パネルに切り替え、タイムライン上のマスクの動作が終了する 2 番目の位置に再生ヘッドを移動します。
    2. 「Record Keyframe」をクリックします。
  4. 2 番目のキーフレームで、ターゲットオブジェクト上にマスクを再配置します。

  5. 2 つのキーフレームの間のディゾルブを作成するには、2 番目の位置で 2 回目に Record Keyframe ボタンをクリックします。

    SpeedGrade で、ディゾルブはトラック上にある 2 つの位置の間の矢印で示されます。

    ディゾルブ矢印
  6. 必要に応じて、キーフレームをさらに追加し、各キーフレームでマスクの位置を調整します。

本作品は Creative Commons Attribution-Noncommercial-Share Alike 3.0 Unported License によってライセンス許可を受けています。  Twitter™ および Facebook の投稿には、Creative Commons の規約内容は適用されません。

法律上の注意   |   プライバシーポリシー